« 15日JJソロライブ セットリスト | トップページ | JJのアコースティックな夜(新宿ロフト3月15日) »

2008年3月27日 (木)

JJ・バーネル アコースティック・ナイト 2日目

★GPZさん投稿★

Midnight Spring Dream
           ~JJ ソロライブ 2日目


5f85_blog  「ダイジョブ!」 音程を確かめるようにギターをちょっと爪弾いてから、JJは力強く言いました。

軽やかに始まった曲はインスト曲、巌窟王より"Sorrow"、アルバムそのままで曲が進む。静かな波打ち際を歩いているみたい。好きなクラッシック・ギターの名曲CD聞いている気分だわ。
 「ウォーム・アップ OK  ムカシ サムイ、イマ ホット!」 ? あ、指がね。ムカシでなく、さっきまで、って事か。
 さっきも日本語でなにやらあやしげな事を言ってましたけど、緊張してトイレ休憩してましたので、私はしっかり聞いてません。ええ、おやじギャグなんて聞いてません(笑)。気になるわあ、特に前半の部分。

 すぐに"European Femail" やったー、あの歌い方がねー、いいですよ。歌い終わって「カンパイ!」 あ、出た、えびすビール。えと、花とワインのプレゼントがあったようで、お礼言ってました。律儀ー。こういう事言ってくれると、嬉しいよなあ。

 次は"Skin Deep"  「ハジメテ ブルース ソング」「モリアワセ」 JJが初めて作ったブルース曲で、ヒューと一緒にモリアワセ、編曲ストラングラーズって事か。和音を1音1音丁寧に弾いて、やさしく慰めるように歌ってくれました。たまりませんな、くらくらしてきました。元々大好きな曲ですが、それを別としても 本日№1ソング でした。

 "Never to Look Back" あの特徴あるフレーズを、なんとpapapaでやってました。でも眉をひそめてそーっと歌っていたので、お笑い芸人にはなってません。

A9e3_blog_3  "Jelly Fish" 「ムカシ ユーロマン・カメス」しかわかりませんでした。すみません。英語わかった方、誰でもいいので補足説明お願いします。最前列のモロ秋葉原な方達がLPジャケットを持って来ていて、盛んにアピールしてましたわ。客層は、いかにもロッカーという元、現兄さんたちが大多数で女性もまあまあ、20そこそこのかわいい女の子や50いや60近い父さんも見えました。JJのファン層、幅広いです。曲はと言うとオルガンの音をなんとpapparapa-で口ずさんでいて、超明るい。最後は 「fu,fu,fu,(ビール ゴクン) fish !」 ああ、お笑い系になってしまった。お客?もち、大笑いっす。

8819_blog  "In the End" 前回このあたりで離婚の話しがでたのかな?ビボーストしか聞き取れなかったけど、後で調べたらまさにそれでした。英語の判る方、以下同文。Coup de Grace はあまり聞き込んでいないけど、この曲はいいなあと思います。子供の頃、暖炉に薪が燃えててギターと渋い男の人のスキャットが流れていたウイスキーのTVCMがお気に入りでねー。この曲聴くたびに思い出すんですよ。

 "Outside Tokyo"  Black and Whiteからのワルツ曲。ある時JJがギターでワルツを爪弾いていたら、取り巻きの一人に「ストラにワルツは似合わないよ」と言われた、その時に作った曲とか。東京の片隅で聞く Outsaid Tokyo はやっぱ特別、と感慨にひたっていたら! JJ師範、ミスりました。すぐ「ゴメナサイ!」 いえ、いいんですよ。生はこういうアクシデントが楽しいんですから。そんな真剣に謝られちゃあ恐縮しちゃいます。「ディス イズ ハジメテ」とあと何とか。ストラでもあまりやらないのと、アコギ初演奏なのとでらしいです。始めからやり直してもらえて得した気分。

 次、「ガンクツオー」「フランスゴー、ワカリマスカ?」自慢じゃないけど、さっぱり判りません。でもCD買ったから意味わかるよ、ダイジョウブ。"Waltzin Blue" フランス語いいなあ。イギリス英語はキーが高くて(Where I Live など)、フランス語はのど広げて低い声で話すでしょ( 英詩だけど例えばEuropean female,We Were Lovers などそれっぽい)。JJの声質と生い立ちについてはまたの機会にして、この曲、昔のJJしか知らない人が聞いたら同一人物ってわかるかなあ?

Aafe_blog  「ネクストソング ガンクツオー」 多分 "We Were Lovers" だ。昨年夏にインストアライブでもやってくれましたが、その後巌窟王のサントラを買って訳詞を見たら泣けましたよ。ここのMCでは「ジョルジュ・サンド、ショパン、ハクロクジュネン?ヒャクーロクジュー、ネン!」「ラフ」?「愛」「アイ」、「トレイル」「裏切り」「ウラギリー」、「リベンジ」あ「復讐」「フックシュー」てな具合に観客に聞きながら話してました。もうじき日本語ぺらぺらかも?内容についてはインストアライブのR.I.Bさんのレポをごらんください。原曲も聴いたけど、良さを損なわずに仕上げてあってすばらしいです。

 ここからはいつもの「ストラのジャン・ジャック」になって、強気の男の歌になっていきます。"Unbroken" 生ギター一本なのにこの迫力!すごすぎー。I need nothing from you の所で皆でOoh!って入ったの。ラストのUnbrokenはレコードが止まるような声でふざけてました。

 "North Winds" では途中演奏を止めて「チベット ニュース ラサ ブッダズ・モンク」とか言ってました。ニュース知ってる?と、言っていたのでしょうか? 皆、うんうんと頷いてました。先週無かった曲なので、急遽入れたんでしょうか?歌詞もメロディーもとてもお気に入りの1曲で嬉しいんですが、素直に喜べませんでした。

F6b1_blog_s  "Where I Live"  「Hey Man, I love your beard 」プーッと噴出して中断、「beard ?ヒ、ゲ?」何か話してます。「I got two big balls 」プーッと、また中断。うっ、出たおやじギャグー。元々、話し言葉に近い曲なのに、さらに話し言葉そのもので、もう、歌だか何だか(笑)。ここ、ちゃんと歌詞変えないで歌っていたか、ようわかりません。(今日アップした燐さんのレポ見たら、やっぱりー?でした。)ラスト、「Ah,this is it 」の後に「Japan!」ってそこだけ聞けば嬉しいですけどね。まあ、リラックスして「実に嬉しそう」に歌ってました。JJ相変わらずだねえ、とこっちもニコニコではなくニヤニヤ(苦笑いとも言う)。

31da_blog  続く "I hate you"  では「マイ ニュー フレンド、カッシー」とゲストの鹿志村茂臣さんを招き入れて紹介。上手ー、ってプロですから。でも、ホントいい感じでした。ありがとうございました。でもね、この曲だけはJJと目を合わせたくないですね。歌詞の上とは言え「I hate you」なんて言われたくありませんよ。歌詞、原曲のままで歌ってましたか?何か変だなあという気がしました。

 「ラスト・ソング イズ~」 何ですと?観客みんなで NO、と大ブーイング。ブーブー言ってたら、わかった、わかった、とでも言うように静止の手振り。無理やり話しはじめちゃったので、仕方なく静かになった。パンク初期のころの話し?「クラッシュ ピストルズ ストラングラーズ №1」とか、で、デイゲナム・デイブの話しになって「ア マン&20フィンチュリーボーイズ、スィサイド ロンドンブリッジ」と。英語の出来る方お願いします。"Dagenham Dave" 間奏のデイブ(ややこしい)のキーボード部分はwawawaでやってました。観客も参加。実はちょっと間違えました、私。インストア・ライブの時は口笛でしたよ。先週も口笛だったんですね。

 「アリガトゴザイマシタ、押忍!」 道場バージョンのでっかい声だった。この時だったか、アンコールの時、ギターを置くときジャンプしてくれました。コードが千切れそうでヒヤッとしました。あー、退場しちゃった。アンコール求める手拍子、テンポ速かったですよー、皆、必死。

Loft007_s_2 ああ、出てきてくれた、ホッ。「レッディース&ジェントルマン!」大うけ。「シックス・ウィーク シドウカン・ドウジョー トレーニング ライク・モンク、、、モンク  カミング・シンジュク」道場で修業僧みたいな生活してるから、新宿で息抜きねー、てか?今このライブも息抜きに入っている事を祈りましょう。ここで自分の空手の弟子で今、士道館本部道場に修行に来ている子の紹介してました。そして"Something Better Change"  良いですねー、この超前向きな言葉。JJに背中押されて(蹴られて)人生変わった気がする。

 「ラストソング」またもや観客、大ブーイング。えーい、JJが相手だろうが、やなもんはやだい。おお、ちゃんと自己主張してますよ、私。JJが話し始めてじきに客席から「"Go Buddy Go"」 JJがそうそうって感じで「イエス、イエス」 「オリジナル・バージョン・トゥナイト マイ・ペアレンツ・オトウサン、オカサン、フランスジン アイ・ボーン・オン・ロンドンホスピタル、ジミ・ヘンドリクス、、、ダイド!」えーっ!「ホント!ジミヘンドリクス・ダイド」まーっ、なんてありがたくない縁だこと。あと、聞き取れませんでした。先週のレポ見てやっと、ジミー・ヘンドリックスと話しが繋がりました。ラストの部分は会場中で大合唱。最後のテンポの変わるのも、ゴーが1個なのも皆さん難なくクリア、さすが!

Fc43blog  「アリガトゴザイマス、ジャネ!」あー、そんな殺生な、まだ聞いていたいよう。ん?立ち止まった。「エイプリル チャンス」はて?後で聞いたらチャンスがあればもう1回って言ってたそうです。嬉しいけど、来たいけど、来れるかなあ?(冷や汗)

 終わってしまった時は一同脱力ー。恍惚ー。少し待った後、楽屋から出てきたJJはあっという間に取り囲まれ、握手&サイン責めでした。そりゃあー、無理ないっす。童心に返ったかのような皆さんの笑顔からどれだけJJを好きか伝わってきますわ。私もあれだけ必死こいて(方言?)手に入れたラウンドハウスのDVDにしっかりサインいただきました。インストアライブの時しそびれた握手もついで?に、二回分両手できゅうきゅうと、手大丈夫だったかな?やっとの事出口に辿り着いたJJはみんなの見送りを受けて去っていきました。今度いつ会えるのかなあ。いや、いつか会える日来るのかなあ。あーっ、もう重症だよ。

 あと、前半のどこかで元ユーロスター、現台湾新幹線の運転手の方の紹介してました。私(JJ)より恐いそうで「ナゼデスカ(というと)?ユーロスター エブリタイム 、、、ドランク!」キャー!「ホント!ヒー・イズ・グッド・ジョブ・オン・レール」レールの上に乗ってるから飲んでいても大丈夫、、、、。そう、聞こえてしまったが気のせい、多分気のせい。この方がセットリストを持ってて写真を写させてもらいました。ありがとうございました。おかげでレポ書けました。英文レポつまみ読みましたがド根性ストーリーでした。尊敬。

 JJがゆっくり簡単に話してくれた事と、急いで仕上げてくれたキヨさんとMM21さんのレポートのお陰で、MCの内容が少しは見当つきました。ありがとうございました。

 JJ自身も始終ニコニコで冗談とばしまくり、このライブを楽しんでいるように見えました。観客も野次飛ばしたり、拍手したり、一緒に歌ったりとても盛り上がりました。

 コンサート前半、We Were Loversまでは自分の中を向いた曲、うーん、この中に巌窟王のDesireが入ってなくてよかった。Unbrokenからは意識が外向きの強気の曲、North Winds, Something Better Change,メッセージも貰った(気がする)。どちらもJJでどちらか一方だけではつまらない。両方が上手くブレンドされたコンサートだった。

 JJと関係者の方々へ、心からお礼します。こんなに貴重な機会をくださりありがとうございました。

(終)

【追記】

ここからはコンサート前後の事になります。

当日午後4時に家を出て最寄のJR駅へ、豊橋駅から新幹線こだまで東京へ向かいました。昨年夏は名古屋からのぞみで1時間半、今回は2時間半。途中少しでも寝ておきたいし、片道3000円違うのであえて各駅停車。今夜の事を考えるとドキドキしてくるのでなるべく考えないようにしてじっとしていました。端から見たら疲れ果てて昏睡状態に見えたかもしれません。新宿駅には8時頃着いたので、せっかく来たんだからとタワレコに行きました。ストラのCDの所に入ったら手に取っている2人の女の人が居て、まさか、いやもしかするとと思ったけど、DVDのコーナーなどを見に入っていたらみえなくなってました。。もひとつ、閉店後の高島屋百貨店フロアーを通ってHMVへ。買ったのは、中は全部持っていたがジャケット欲しさのストラの企画盤。

さて、そろそろ時間になるので集合場所に向かいましょ、駅まで戻ってと?まずー、工事現場迂回したら方角わからん。太陽出てないし(笑)、困ったなあ。駅はあっちのはず、あった。アルタのある(舌かみそ)出口どっちよー?駅構内で迷子。やっとの事迷宮から脱出出来たら、西武新宿駅でまたうろうろ。集合時間なっちゃうよ。RPGのダンジョンじゃねーんだよ、いい加減にしてくれよ。(←誰に怒ってンのあんた。)あっ、さっきの女の人達だ。追いついて声掛けようとしたら集合場所に着きましたとさ。迷ったおかげでちょっと遅刻、すみません。

途中合流したyukaさん(いつもお世話になってありがとうございます)と、計7名で名古屋めしのお店に落ちつけた。交渉してくれたyukaさんありがとうございました。名古屋めし、、地元のはずだがあまり外食しない私はみんなと一緒に興味津々。注文して飲み物が来たので乾杯。yukaさんはここで時間切れ。残念です。yukaさんと入れ違いにMM21さんが見えました。

料理来ましたよ、手羽先、塩胡椒たっぷりでぱりぱりに揚げてあっておいしい!土手に(正しくはどて煮、変換できん。豚小腸、こんにゃく、大根を豆味噌と砂糖で煮てある)、(調味)みそ(をかけた串)カツはなじみの味だけど、皆さんお初、不思議がってました。少しの間味噌談義。とりあえず他地方でも豆味噌、売ってるんですねえ。豆味噌に砂糖を入れ酒などでゆるめた調味味噌をマヨネーズみたいにして売ってると言ったら驚かれました。どんぶりご飯に千切りキャベツととんかつ乗せて(エビフライ高いもんで)調味味噌かけて食べるの好きですね。でもあんこは私嫌いなので食卓には登場しません。TVでコーヒーに入れるって? いやーっ、やめてー。

食べながら改めて自己紹介、R.I.Bさん、中年パンクさん、キヨさん、MM21さん、先ほどのお二方(AさんとIさん)、と私で7人。実はこの方たちHN言われないんで?だったんですが、イギリスのコンベンションにR.I.Bさんと行ったSISのベテランさんでした。失礼しました。その後はストラ談義したり、Tシャツ見せ合ったりしました。私、寒がりだもんでTシャツの上にたくさん着込んできてしまい、思わぬ所でストリップするハメに。皆様のお目を汚してしまいすみません(汗)。バーガンディーと言う色を花のパンジーで知っていましたので、例のDVDと一緒に注文しました。いわゆる小豆色でロゴはグレーでした。ロック系Tシャツは黒が多い中、かえって目立つかな?と、割と好評でした。

11時過ぎたのでいざロフトへ。もうすでに方向判りません。はぐれないように必死で歩きました。人間多過ぎ。11時だよ?信じられん。ロフトの入り口には先週も居たというお兄さん。キヨさんが「お兄ちゃん、今週も来たでー!」と人懐っこくあいさつ。覚えてましたよ、お兄さん。とっても気さくな感じでした。「こちらにお願いします。」ハイハイ。集まって来ましたね、皆ストラファン。いいじゃありませんか。いよいよなんだなあって、心臓がバクバクしてきました。

整理番号順に入り口へ。9番。早よ買ってよかった。ロフトなのにB2Fなんだよ、うそーん。いす席2列目をゲットしたら、何と、キヨさんが「私2回目だから場所変わったげるわ。」と最前列真中を譲ってくれました。1歩でJJに手が届く距離、いいのかー?でも嬉しー!(きゃぴ!ってか?)恩にきます。なにやら熱気が、人いきれが。熱いので今度はこっそり(のはず)脱いでTシャツ1枚に。やでも目につくだろう。いや、近すぎてスルーかも。あーっ、もう緊張してきた、どうしようー。じたばたしてたら、後ろの席に居たキヨさんと中年パンクさんに「リラックスねー。」って言われてしまった。サンキュー、ドキドキ。まだ遠藤ミチロウさんがいるんだった。

あ、ミチロウさん登場。スターリンだった昔の話しをさっき聞いたけど、血の付いた臓物投げてたって?げー、それはちょっとねえ。えーっと、今日は歌詞が血なまぐさくてダメでした。カン高い雄たけびもゴメンナサーイ。もう、勘弁して(泣)。本人は一生懸命やってましたです、はい。あの雄たけびの中、最前列でこっくり船漕いでいたお嬢さん、あなたなかなかの猛者ですよ(笑)。15分程休憩でいよいよJJの出番です。まずい、トイレ行きたい、あー、やば、混んでるわ。  前半終了。


後半。AさんとIさんを見送った後、5人でうろうろ。ネカフェ満員で、ここ空いてるって入った所は喫茶店。広くてホームレスの人がちらほら寝てました。お休み中ごめんなさいネ、静かに話しますから。飲み物だけで800円ほど。深夜料金?新宿料金?田舎者には不明である。もうギグ疲れやら、眠いやらで口数減り気味。でも女性陣がんばってしゃべる(笑)。ストラの話題で話しができるのって嬉しいし、5人もいて全く黙っているのもねえ、ほほほ。中年パンクさんがあきれて見てましたのであなたもお話の輪に入るのよって、無理やり引きずり込んだ事、数回。仕事でへろへろだっちゅうに、お疲れ様でした。ちなみに1番あくびをしていたのは私でした。そろそろ始発が出る時間になりMM21さんがお帰りに。楽しかったです、お気をつけてね。

閉店が朝6時で開店は朝8時というので、仕方無しに朝6時の新宿を駅に向かう。からすがすぐ目の前を飛び交う中、さすがに人が少ないなと思ったら甘かった。駅に近づくにつれ増える人の群れ。駅前は人でいっぱいだった。中にはまだアルコールの残っているグループも居て大きな声で騒いでる。皆、徹夜で夜遊びして今帰るんだ。JJがこの人達見てたらと思ったら頭痛がしてきた。

駅近くでR.I.Bさんと別れる。彼女、ホテルが取ってあるのにお付き合い下さってました。義理堅い人です。ありがとうございました。朝ご飯食べに駅前の喫茶店へ。ホットサンドと紅茶で1000円、やはり高いなあと思う。食べ終わった所で中年パンクさん帰宅。おみやげ頂いて道案内してもらってとてもお世話になりました。ありがとうございました。そしてキヨさんの9時ごろ発のバスまでもう少し居て、時間になったのでお別れ。席ホントにありがとう。

駅で東京ばななを買って、家には昼頃着けば良いので新幹線はやっぱり、こだま。中でレポの下書きメモ作っていたけど、何時の間にやら意識が飛んでて目を開けたら豊橋で新幹線が止まってました。やばーっ、と大急ぎで降りたのでホームで少しの間ふらふらしました。電柱にぶつかる人ってこーゆー人?いや、今回はぶつかりませんでしたよ。今回はね。

家に着いたのはちょうどお昼で娘がご飯を作ってました。食後別の子が「土筆取り付き合って」と言ったので親子のふれあいしましたが、睡眠不足と春のぽかぽか陽気に奇妙な浮遊感が生じてきて、昨日というか今日の夜の事がまるで夢だったような気がしてきました。DVDにはちゃんとJJのサインがあって何度見てもなくならないけれど、まるで極上の夢としか思えない、そんな春の一夜でした。お後がよろしいようで。

|

« 15日JJソロライブ セットリスト | トップページ | JJのアコースティックな夜(新宿ロフト3月15日) »

コメント

なかなか読みごたえのあるレポート
ありがとうございます。
素晴らしい記憶力に完敗・・・イヤ乾杯~

楽しかった一日が、事細かく思い出されます。
とってもイイ記念になりますよ♪
GPZさんの文面が楽しいから思わず
何度も読み返してしまう (≧∇≦)

投稿: kiyo | 2008年3月28日 (金) 06時11分

春の夜の夢ではなく、皆さんと素晴らしい一時を
共有できて、本当にうれしかったです。
今度は、ストラングラーズの単独公演で
皆さんとお会いしたいですね。

投稿: MM21 | 2008年3月28日 (金) 21時50分

GPZさ~ん、わたくし、ああたのファンになりました!ええ。実はずっと以前から告白しようと機会をウカガッテいた次第ですの・・。レポートがとっても面白くって、特にjjのミョーな日本語の描写がたまらないです。ダンナ様とお子様がいらっしゃるといういうのに、2週続けてのjjへのロイヤリティー、ど根性でしたわね!!素晴らしいですわ。 家についたら娘さんがご飯を作っていたというクダリで泣けました。4月にまたまたギグがありそうな気配・・・・。ああっ! わ、わたくし、イタリアから駆けつけちゃおうかしら・・。でも、jjのミョーなニホンゴーを実際にこの耳で聞いたりしたら、きっと「お仕置きよ!!」とか叫びながらjjのズボンを脱がせたりするかもしれませんので、やめておいたほうが・・・いい・・・でしょう・・ね。ええ。

投稿: イタリアの奥さん | 2008年3月29日 (土) 04時54分

GPZさん
素晴らしいライブレポありがとうございます

>最前列のモロ秋葉原な方達がLPジャケットを持って来ていて

あっ、それ自分ですわ(汗)、でも秋葉系って言われたのは初めてです。

投稿: ヒロポン | 2008年3月30日 (日) 23時51分

kiyoさん>ありがとうございます。素晴らしい記憶力なんてそんな事ありませんー。細切れに覚えていた場面を、セットリストを見て辻褄の合うように並び替えただけなんですよ。だからセットリストのないオフ会の記憶が大ざっぱ(笑)

MM21さん>ストラングラーズの話題で話が出来たのはホント楽しかったです。一晩あるからとゆっくり構えすぎて、話忘れた事も数知れず。単独公演でまた皆さんとお会いしてお話したいです。

イタリアの奥さんさん>この前、さんが1個抜けてましてごめんなさい。私のファンなんてそんな、恐縮です。面白く読んでもらえてよかったです、単純に喜んじゃオ。4月のギグ、無さそうな気配ですねえ。もしあって、奥さんさんが見えたら、、、ですか。いやいやいや、一緒にお話ししたいです。きっと楽しいに違いない。ヨーロッパ方面のレポよろしくです。

ヒロポンさん>コメントありがとうございます。家族に聞いたら、叱られました。すみません。「最前列の方たちがLPジャケットを持ってきていて」に訂正します。あれ嵩張るから持ってくるの大変じゃなかったですか?でもアピール度高そう。いいギグでしたよね。また彼らのコンサートで会ったらよろしくお願いします。

投稿: GPZ | 2008年4月 2日 (水) 23時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 15日JJソロライブ セットリスト | トップページ | JJのアコースティックな夜(新宿ロフト3月15日) »