06/10/2014

久々に、どっぷりストラ浸けとなり(大橋俊夫)

 なんで久々かとゆうと、2月に母が意識障害で入院したのです。それで音楽など聴いてる余裕なかったけど、快復して今月20日に退院が決まりました。そんな家庭の情事もとい事情はともかくストラです。

Stranglers40th_2 錆びてないね、音の芯から。ピストルズやクラッシュの雄叫びを今聴くと、母校の遊具を見たような「なーつかしいですねっ」(とんねるずか)の気分がするのに対しストラは、初期のものでさえ今どきのロックともタイマン(死語か?)張れる切れ味がある。
 Ⅳはドアーズ的要素のため渋さはあるものの古臭さはない。多くのベテラングループは、昔の曲に新しいアレンジを加えたがる。年老いたメロディーとリズム(及びメンバーの体力)に厚化粧してしまうのだな。しかしストラは、ライブごとの変化と言うメリハリ以上の小細工はしてこなかった。常に曲のスッピンで勝負できるからです。

 「サムシンベラチェイン!」をJJがシャウトしなくなったのは声が出なくなったわけではなく、叫びで伝えていたメッセージを「語る」大人に成長したからでしょうね。

Stranglers_2 ブラック&ホワイトのライナーは「新型のハードロック」と評してたけど私は「デジタルパンク」と呼びたい。当時テクノから流行ったシンセベースをJJは、自らの肉体からハジき出してたんだね。本来クールなシンセビートを太い弦楽器特有の唸りで表現することで、キョーレツに厚く熱いアタックが生まれる。そいつにガンガン耳揺さぶられる快感ったら、もおタマりませんですね(熱い耳ヨダレじゅるじゅる)。しかもよおっ、その図太い音がパンクのスピードで迫って来やがるんだからシンセベースの単調で貧弱な低音なんざ問題にならねえぜ(書きながら興奮して敬語忘れた)。パンクジャンルにいながら流行りのテクノを取り入れ、なおかつブッ潰す。当時のJJは人だけでなく、他ジャンルの音楽にも喧嘩売ってたんだね。

 ヒューの時代から現在まで様々な素晴らしい曲を提供してくれてるストラだけど、どの時期でも共通してるのは根底に男くさいR&Bがあること。
 デリケートに乾いた音世界で自閉アートに突き進んだデヴィッドシルヴィアンなどは、より遠くR&Bの大衆性から離れることを目指し、それを理解する固定客のためだけに才能を全力で使って来たように聴こえる。料理に例えるならば、キャビアの味噌漬けの塩抜き(そんな料理ないけど)みたいな。対してストラは、前衛的なことやっても、例えば「爆弾焼き鳥」のように物騒な名前つけても皆に食べてもらいたい欲求がある。そのためには万人が受け入れやすいR&Bと言う出汁が不可欠なんだろうね。

 長々とダベりました。ほんと久々にストラエキスを輸血してもらい元気出たので。それではごきげんよう、さようなら。(ここに来て朝ドラネタで締めるんかい)

_2wj1012logo2

※大橋さんからいただいたメールの内容が素晴らしかったので、冒頭部分を省略したものを掲載しました。

| | Comments (2)

11/18/2012

士道館空手観戦レポート(報告者GPZ)

Dsc07761s_2 10時ごろに新木場駅到着。今回御一緒していただけるMM21さんと駅で偶然に再会しました。この方も私以上のストラファン。しっかりしていて心強いです。今日はよろしくお願いします。5分ほど歩いて会場に到着しました。

Dsc07759s_2 メインアリーナの入り口には垂れ幕が有りました。こう言う大会です。

 会場はコートが2面有って、1面はプロレスのリングのようにロープが張って有ります。2階の観覧席から見ると1階にJJとyukaさんが見えました。JJは黒いスーツを着ています。

 11時から予選です。試合を近くで見ようと1階に降りて行きました。JJが師範をしている士道館GB、イギリス道場からは1名選手が参加しています。彼の試合中、JJはコートの横で腕組みをして選手を見守っていました。他の先生と同じように。・・・残念な事に彼は予選1回戦で敗退してしまいました。

Dsc07769s_2 一区切りついたのでもう声を掛けて良いかなと、yukaさんに御挨拶しました。おはようございます。お世話になります。先程、参りました。Yukaさん、今日は
士道館GBのアテンド(付き添い人)として彼と御一緒されています。

 yukaさんとお話ししていたらJJが気が付いて声を掛けてくれました。御挨拶、、、、のみ! 良いんです、今日は空手の役員として忙しいんですからお邪魔になってはいけません。こちらはJJに会えたし、あちらにもファンが来たって判って貰えたしこれで十分。

 駅で買って来たお弁当で昼ごはんを済ませて、1時から本戦です。開会式は緊張感でピリピリしていました。

Dsc07790s_3 選手は館長の空手道50周年記念も有って、世界各国の支部から集まり国際色豊かです。開会式の太鼓のゲストには選手たちもビデオ撮影、なんだか微笑ましいです。

 自分も少し空手を習っているので、ちゃんと試合も観戦しました。士道館は3秒までなら掴み有りで、寝技も有るようです。女子の試合は突きと蹴りのみでした。時間は3分、延長一回1分。自分の所と比べるとちょっと長いです。延長がその分?短い。

Dsc07776s フルコン重量、軽量、グローブ有り、女子、型。本選は黒帯ばかりなのでレベルが高くどれも目を丸くして見ていました。

 一生懸命見ていたら、たまたまJJが近くに居て、手が空いたらしく声を掛けてくれました。アクセルを回す仕草をしながら、バイク?って。はい、今日は新幹線で来ましたが、バイク乗っていますよって、すかさず携帯の待ち受けにして有る我がバイクを見てもらいました。

Dsc07799s_2
 ちょっと目を見開いたので、感心してくれたのかな?彼が大好きなバイクで、ファンも同じように楽しんで居るって知ったら、嬉しいんじゃないかと思って、機会が有ったら話したかったんです。この瞬間は私の夢が叶った幸せな時でも有りました。

 時間が来たので決勝戦の前に退出しました。かなり残念です。後ろを見ながら渋々会場を後にしました。

 品川駅でご一緒していたMM21さんとお別れ。また、ストラが来たらコンサートで会いましょうね。でも、いつになるんだろうね?


 ずっと行きたかった空手の観戦、今年は日程が11月になったので行く事が出来て幸運でした。JJ目当ての不純な動機だけど、迷惑にならなかったかな?

 士道館の方、yukaさん、会長さん、MM21さん、そしてJJ、有難うございました。

Dsc07781s_6








 

| | Comments (3) | TrackBack (0)

10/07/2009

人生初めての空手観戦 by MM21

P9270183s
 本戦開始ぎりぎりの午後2時に着いたため、間に合うかどうか心配しながら、子供と二人会場へと急ぐ。チケットを買って中へ入ると いきなり“Peaches”がかかっているではないか。はやる気持ちを抑えながら後ろの方に席を取る。リングはもとより、会場全体が見えて、中々良い感じ。
 まだ本戦は始まってないようだ。早速バーネル師範(以下、師範と単純に書いてある時はJJのことと思ってください)を捜してきょろきょろと会場内を見渡すものの、人が多くてよく分からない。
「あっ、キース(敬称略、以下同じ)だ!」濃いブルーのバンダナを頭に巻き黒いTシャツを着たいつものキースが立っている。師範との長く変わらない友情の一端がうかがえる気がした。
近くの薄暗がりの端の席で、スーツ姿で眼鏡のないトルシエ元監督に似た人物が女性としゃべっている。あれっ、女性に見覚えがある、ということは・・・
「師、師範がスーツを着ている!」
スーツ姿とは、予想していなかった。あの身長、体格、かっこよすぎます、師範。
師範は、生徒さん達だろうか、数人と一緒に座って何か話している。
今回は全くのプライベートで、しかもお弟子さんも一緒との事だったので、いつものミーハー根性丸出しはまずい、しかし全く無視もどうかなあ、挨拶だけでもしておこうと思い、Yukaさんに近づき、「Yukaさんですか?」と声をかける。
「MM21さん?」Yukaさんもわかってくれたようだ。
せっかくだから写真を一緒にどうですか、と言って下さるYukaさんに、うちの子どもも一緒に来ているし、と、訳の分からない理由をつけて頑なに固辞する。師範はキースと話し込んでいる、邪魔してはいけないと思い、席に戻る。やがて試合が始まる時間が近づくと、キースを含めた三人は前方の関係者席へ移っていった。 
 太鼓の音頭で開会式の幕が開いた。本戦に出場する選手が一人ずつ名前を呼ばれ、ステージへ入場してくる。村上塾長の開会の言葉、国旗掲揚、添野館長のお言葉、と厳粛に進んでいく。世界各国からの参加者を代表して、という事なのだろうか、各国の支部長がリングに上がって、盾を受け取る。もちろん、英国支部長の師範もだ。
男性は皆お揃いのような遠目からはワイン色に見えるネクタイを締めておられる。頭一つ大きく足も長い師範、ジェントルマンそのものだ。不謹慎なのは重々承知だが、つい見とれてしまう。

 これから一体どんな試合が行われるのだろうか。子供の頃はTV中継でキックボクシング、プロレスとか見ていたけれど、空手は見た事もなかったので、変な表現だがわくわくした気分になってきた。
 初めて見る空手、私の感想を一言で言えば「死闘」に尽きる。
リングに上ったら、自分が相手を倒すか、相手に倒されるまで、時間いっぱい戦い続ける。審判4人のうち、二人が「勝ち」と判定しないと、延長戦にもつれ込む。遠目からでも、二人ともフラフラなのが分かる程なのだが、試合が再開されると再び闘志むき出しで殴り、蹴り、戦い続ける。仲間や家族の声援を受けながら。
 決着が付くと、お互いの健闘をたたえるように抱き合い、一礼をして退場していく。準決勝で敗れた選手が、知人がいたのか私の近くの席にやってきた。表情を見ていると、とてもさばさばしているように見えた。持てる力を出し切ったのだろう。
 試合を見ていると、あれ?Yukaさんがこちらの席へ向かって来るではないか。
「JJに、『さっきの人はSISの人だろう、なんで声をかけてくれなかったんだ?』とおこられたの、『きっとキースと話をしていたから邪魔をしては悪いと思ったのよ』と言っておいたけれど、後でJJが来るから、帰らないで待っていて下さいね。」
ひぇ~~っ、そんな~~っ。Yukaさんは決して悪くないのに~~。それに今回は遠目で見られるだけで良かったのに~~。Yukaさんに済まないのと感謝の気持ちでいっぱいになる。

 準決勝と決勝戦の間に「演武」(演舞ではないと思うのだがパンフレットを買ってないので字が分かりません、すみません)が執り行われる。
 リング上の一人が、もう一人の臑を木製バットで「殴る」のだ。場内アナウンスで「破片が飛び散ると大変危険です、リングそばの方はご注意下さい。」と流れたので、なんのこっちゃと思っていたが、そりゃ、危ないどころか、折れたバットが直撃する可能性も在るって事!!!以前投稿動画で、師範がワインか何かの空き瓶で臑を叩いて訓練しているのがあったが、それにしても凄まじい。殴られた方は、冷静そうに見えるけれど、「無」の境地に達しないと耐えられないのじゃなかろうか。とにかく、限られた者にしかできないであろう。

 決勝戦も素晴らしいものだった。蹴り、パンチ、皆、全力で戦っていく。ただ「勝つ」事だけを目指して。

P9270185s
 すべての試合が終わり、閉会式および表彰式が始まる。
 死闘を尽くした選手達が再びリング上に登場してきた。表彰を受ける選手達に惜しみない拍手が贈られる。関係者席にいたはずの師範がいつの間にか、試合が始まる前に座っていた席に戻ってきている。後でこちらから挨拶に伺おう。そう思ってリングを見続けていた。
 左隣に気配を感じて振り向くと、師範が笑顔で立っておられるではないか。
「師範、わざわざ席まで来て下さったんですか!!!」
“How are you?”「ハ、ハーイ、アイムファイン、アンドユー?」もう、だめである。
(以下、意訳)
師範「ロフトのボクのギグに来てくれたんだろう、友達と一緒に。」
M「ハ、ハイ」
M「師範、スーツ姿、かっこいいです。」
師範「ありがとう、でも、この格好は苦手でね。いつもの黒Tシャツ、ジーンズ、ドクター・マーチンの靴が好きなんだ。」
M「イイエ」(似合ってますよ、師範)
そうだ、これだけは事前に練習しておいた
“Let me introduce my daughter to you.”
師範 、娘に向かって“How do you do?” うちの娘、一応英会話教室には通っているのだが一般的な日本人の例に漏れず、「ハ、ハウ・・・」もう、後が続かない。英会話教室で習いそうな質問を何個か、師範はして下さるのだが、全然答えられない。
師範に「君の娘さんは、かわいいけれど(ありがとうございます)shyだね」と言われてしまった。やれやれ、英会話教室へ行った甲斐がない・・・
M「ワタシ、ハジメテ、空手ノシアイ、見ルノ」
師範「そうなの?面白かったけど、飽きてきただろう?」
M「イイエ、オモシロカッタ」
師範「ええ、そうなの?」と、少し、にやり。いえいえ、本当ですよ、師範。
純粋に力と力でぶつかり合い、戦っていく。
師範「去年、ボクは伊豆の道場に6週間も滞在したんだ。」
M 「ハイ、6シュウカン・・・」
師範「しかも、ずっと一人だったんだ」
M 「ヒトリ・・・」   私も子供のことは言えませんな。
師範「とても寒くてねえ。ところで、今日はとても暑いね。」確かに館内は半袖でも暑かったし、師範はスーツにネクタイ姿、暑苦しいのは当然だろう。ところが自分でもなんでこんな事を言ったのか分からないのだが
M「ここ数日前は寒かったんですよ。」確かに朝晩は涼しかったが、寒いという程ではなかった。もう、とんちんかんである。
M「R.I.B(本名)さんが、師範によろしく、とおっしゃっていました。」
師範「R.I.Bが? 彼女がそう伝えてくれと?」
M「はい、彼女はとてもこちらに来たがっていたのですが、忙しくて、しかも・・・」
師範「福岡と東京はとても遠い、そして(旅費が)とても高い。」
師範「ところで、君はどこに住んでいるの?」
M「○○○です」
師範「それはとても近いね」と師範は地名をスラスラと挙げた。伊豆の道場へ移動する時に覚えたらしい。
M「ナンニン、ドウジョウニ・・・?」
師範「ボクはロンドンの道場で・・・」
M「日本ニ・・・」師範は私の聞きたいことが分かったらしく
師範「三人の生徒と来たんだ。あそこの二人と一人の女の子だよ。」
みんな遠いところから大変ですね、と言いたいところだが、もちろんしゃべれる訳もなく
M「イツカ、ストラングラーズガ 来日シタラ、SISノ 他ノトモダチト見ニ 行キマスネ」
師範「分かったよ。R.I.Bによろしく伝えておいてほしい。」
M「約束シマス。アリガトウゴザイマシタ」
師範はご自分の席へ戻って行かれた。
表彰は続いていたが、もうテンション上がりっぱなし状態になってしまった。

P9270184s
 閉会式が無事に終わり、こちらも緊張感から解放された気持ちだった。
 最後に師範達に挨拶してから帰ろうと思い、丁度Yukaさんも師範と一緒にいらしたので近づいていった。
M「もう帰ります。Yukaさん、いろいろありがとうございました。」
そして、自分でも何を思ったのか師範の生徒さん達に
“How do you do?” Nice to meet you.”と、挨拶をして回った。
 皆さんは空手の選手だから「押忍」と、挨拶をしたのだが、かえって失礼ではなかったか、悪のりしすぎたかな、すみませんでした。
 士道館U.K.のホームページも見ています。と英語で伝えたのだが、皆さん分かってくれただろうか。
 Yukaさんが記念写真をと言って下さったので、師範とうちの娘との三人で写真を撮ってもらう。最後に師範に「押忍」と挨拶すると“O.K.”と笑顔で挨拶して下さった。
 Yukaさんにお礼を言い、そばの席で待っていたキースにも挨拶をして、会場を後にした。

後記
 
 試合の進行の順番は、うろ覚えなので違っているかもしれません。
 最後になりますが、試合を見るきっかけを作ってくれたR.I.B さん、そしてYukaさんには本当に色々気を遣っていただきました。この場をお借りしてお礼を申し上げます。
 有難うございました。
                       押忍


P.S.
 後で確認したところ、師範はスーツ着用ではなく、黒のジャケット、黒のジーンズという装いでした。
 会場が暗かったのと、老眼で見事に見誤ったようだ。(笑)


                             ★Report : MM21
                             ★Photos : Yuka Takahashi


【参考サイト】

   ■士道館本部

   ■士道館UK支部


| | Comments (11)