トップページ

「Heaven or Hell 小説館」にようこそ。  
 九州の地方都市で謎のホームレス集団死が発生、それに関わった少年が虫が炎に飛び込むように自ら命を絶った。彼らが死ぬ前に言った共通の言葉は「アカイ」。それは、ある男の野望の下に仕掛けられた、バイオテロの始まりであった・・・。 

笑いと涙と恐怖、そしてトンデモや特撮などの小ネタと盛り沢山でお届けする『ご当地』バイオテロ小説です。ごく、たま~に18禁表現がありますし、かなり残酷な表現もありますので、18歳以下の方はご遠慮ください。

はじめに■ (←初めての方は、必ずここをお読みください) 
総目次  (小説読み始めはここから)
 試し読みでどうぞ→プロローグ

★最新★
第4部_
.暗転 (6)沈黙の行進」です。('16年12月30日UP) 
 大変お待たせしてしまいました(こう書くのもすでに心苦しいです)。これで第4部斎3章が終わりました。長いマラソンだ~。

 ☆10周年に向けての年頭のご挨拶を書きました。コメント欄もオープンにしています。

 感想をお待ちしております。ここのコメント欄か、掲示板、あるいは黒木燐つーしん にどうぞ。必ずお返事いたします。

 アンケートもよろしく! アンケート(簡易版)。 通常アンケートはこちら

★日本のレヴェル4実験室は、エボラの世界的流行を受けて動き出した模様。いつか書き変えなきゃいかんなあ。

 ******* 

テーマ曲:ブレス・ユー(ストラングラーズ)
 シフトを押しながらクリックすると別窓で立ち上がるので、BGMにすることが出来ます。すごくドラマチックな名曲です。是非、聴いてみてください。
 因みにエンディング・テーマはこれ。Relentless。教授がバイクに乗って走っている時のBGMにも。

★あなたのクリックでランクアップします。どうぞよろしく。
 アルファポリス(PC・ケイタイ対応→

 日本ブログ村ランキング(PCのみ対応)→にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ ←圏外に落ちてました。ぽちっとレスキューよろしく。m(_ _)m 
 この小説のCM (YOUTUBE版) ←クリック(内容紹介です)

 ギルフォード教授シリーズ巨大生物編はこちら ←クリック(未完結)

予告編 ←注:ダイジェスト版でもあるので、ある程度ストーリーの流れがわかります。純粋にストーリーを追いたいという方は、最新版まで読まれた後でお読みになったほうが楽しめると思います。 

 ※ 「部」に分けました。
※ココログの改訂でカテゴリーが「新しい記事が上」表示しか出来ない状態になっています。それで、一気読みがし辛い状態になっていますので、目次からお読みになってください。早く元にもどしてくれ~~~(汗)。
 各部一気読みをされたい方はこれで(パソコン推奨)。但し読み込みにけっこう時間がかかるので、注意してください。環境によってはフリーズします。
    プロローグ(了)
    第一部(了。読み込みに時間がかかります)
    第二部(了。読み込みにかなり時間がかかります)
    第三部(了。読み込みにかなり時間がかかります)
    第四部(進行中)

◆おねがい◆
  トラックバックはこのページに、コメントはこのページか「はじめに」のページにお願いします。

. danger この話はフィクションです。
        登場人物・団体等すべて仮想世界のものです。
     リアル世界で同じ名称の団体等も、仮想世界にあります。
     出てくる学校関連も実在するものではありません。
       (因みにQ大は九大とは別の架空の大学です)。

【この新型ウイルスによる現在までの死亡者数】

 総数 32 (但し、潜在死亡者数を入れるともう少し数が増えると思われる)

■死亡者名に関しては、こちらを参照のこと → 死亡者名簿(ケイタイ用はこっち→死亡者名簿
※ネタバレになる可能性があるのでリンク先に移しました。読み始めて間もない方は、出来るだけ最新話を読み終わるまで見ないようにしてください。

【お知らせ】

  • 更新再開。
    それに合わせて長沼間の身分を警備部公安第二課所属(表向き)に変更しました。(というか、元に戻しました)2014年5月11日)

  • 旧アンケート結果 

  • 第3回ドリーム小説大賞に投票してくださった方、ご協力ありがとうございました。あいにく今回は不調でしたが、来年もあればチャレンジしてみたいと思います。

  • 第2回ドリーム小説大賞に投票ご協力ありがとうございました。投票は終了しました。
     結果は、去年のミステリー小説大賞と同じく13位でした。しかし、皆さんの投票がなければこの順位はありえませんでした。投票をしてくださった方々、本当にありがとうございました。Dream1_2

  • 新型インフルエンザ発生以降の世界に若干書き換えました。ただし、大筋は全く変わりません。(2009年8月30日)
  • アルファポリスの『第2回ミステリー小説大賞』は、無事に終了しました。結果は13位。
    ある意味なかなかふさわしい数字ですね。投票してくださった方々、どうもありがとうございました。おかげでなんとか上位にいることができました。(2009年8月1日)
  • 小説内の日にちを変更しました。2日進めています。
    理由は、今年の日付と曜日が合致していたので、非常に書きづらかったからです。起きた事件の日にちより曜日を主体としていますので、ストーリーには影響ないと思います。(2009年6月14日)
  • ☆バナー作ってみました。→ココ参照
    ついでにタイトルトップに使ってみました(PCのみ)。キャライメージが固定されて良くないかな?元の方が良かったら遠慮なく言ってくださいね。
  • 長沼間を公安調査官に変更。
  • 登場人物紹介の長兄に本名を追加、兄、都築の紹介を追加しました。(2009年4月26日)
  • アンケートにご協力ください。→アンケートへ (注意事項
  • 第2部4章(1)ポックスの一部を変更しました。蟲捕獲役をジュリアスが申し出た後、葛西をサポートにつけるように流れを変えました。(2009年3月17日)
  • とおみさんが、ギルフォード教授を描いてくださいましたheart04。→ココ
  • 登場人物紹介」に鷹峰紗弥の愛車を追記しました。
  • 掲示板に「黒木 燐のひとりごと」というスレッドを作りました。単に私が独り言のようにいろいろ書いているだけですが、小説の進行状況もわかったりします。
  • 「お知らせ」の下に、このウイルスによる死亡者数を記述(2008年12月31日)
  • この小説内のサイトカイン・ストームの治療法に関して
    治療法は実在するものを適用しましたが、結果については全くのフィクションです。また、今更こういうことを書くのも何ですが、小説内の謎のウイルスも全くのフィクションです。(2008年12月2日)
  • たま~にですが、R18シーンがあります。ご注意ください。
  • 教授がゲイなので、これまた時たまですがそういうシーンがありますご注意下さい。
  • この小説の「感染症対策センター」は、まったくの架空のものです。福岡に実在する感染症対策専門の病院は、子ども病院・感染症センターです。1類感染症対応の病室もあります。まあ、いろいろ問題もあるようですが。
  • プロローグを若干書き直しました。(2008年10月3日) 
  • ココログ小説」で、ピックアップしていただきました。(8/27、9月25日でピックアップ期間終了)
  • 小説中に「タミフルで異常行動」という記述がありますが、あくまでキャラクターがニュースを思い出したもので、タミフルと異常行動は関係ありません。インフルエンザにはタミフルは有効です
  • 感想をよろしくお願いします。 →  BBS
  • イメージ曲はストラングラーズの「ブレス・ユー(Bless You)」です(ドラマティックなシーンなどを考える時にBGMとしてかけているだけで、いただいたわけではないですが)。ここで試聴できます(一番下の曲)。別窓で開いて(シフトを押しながらクリック)聴きながら読んでみてください。気に入ったら邦盤も出てますんでCD買ってね(さり気なく宣伝)。  
  • 日付を設定しました。発生年は架空ですが、曜日は来年(2009年)を参考にしました。(2008.3.20変更)
  • 登場人物紹介を作りました。
  • ”  ”内は英語で会話している設定です。
  • ギルフォード教授のバイク決定
  • 携帯電話で読めるようにしていると、けっこう時間つぶしになります。 

☆投票☆
1回目
(2008年8月~10月) 
【終了しました。ご協力ありがとうございました。】
 1.
この小説で一番好きなキャラは?
 2.この小説で、活躍して欲しいキャラは? 
また気が向いたらやりますんで、その時はまたお付き合い下さい。

2回目 (2009年4月~6月) 
終了しました。ご協力ありがとうございました。】 
 ◇キャラ投票1  ◇キャラ投票2
参加された方、ほんとうにありがとうございます。貴重なご感想もありがたかったです。ギル教授強いです。しかし、男性陣をさしおいて由利子さんが漢前ナンバーワンになってしまいました(笑)。

☆投票所☆ 
 終了しました。ご協力ありがとうございました。 o(_ _)oペコッ

» 続きを読む

| | コメント (47)

«登場人物紹介