カテゴリー「放談」の8件の記事

2013年10月 7日 (月)

最近心霊動画の質がひどすぎる件

 なんと、7年ぶりの放談である。

 久々の放談の話題は、夏定番の心霊番組について。さて、楽しく語らっていただきましょう。

【人物紹介】
Natsuki2_1 山川夏輝:長身のショートカットが似合う美人だが、実はそこらへんの男より男らしいと評判。漢(おとこ)らしすぎて付き合う男が片端から脱落してしまうらしい。由利子さんのモデル。
Miha_1 多田野美羽:小ぶりで美人というより可愛いタイプ。HNは「ただのミーハー」からつけたらしいが、陰でタママ美羽といわれる。見かけで人を特に女性を判断してはいけない。美葉さんのモデル。
1148996271_539jp_1 黒木燐:いわずと知れたここのブログ主。男言葉で勇ましいことを言う割には意外と弱気である。ただし滅多にないがキレた時にはこの限りではない。

 ***********************

続きを読む "最近心霊動画の質がひどすぎる件"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月17日 (水)

我が家の庭事情

 とある土曜日、ウチの猫たちが見たいと言うことで、美羽が家に来ることになった。駅で待ち合わせをして家まで案内をし、さて家に入ろうとしたら、鍵を家の中に忘れていた。妹は会社だし、母は玉遊びにいそいそと出かけており家の中には猫しかいない。それで、庭のベランダに座って母の帰りを待つことにした。愛犬コロナが喜んでまとわりついてくる。

燐:ごめんね~。だいたいバッグに入れてるのに、昨日出したこと忘れてたよ。猫が開けてくれたらいいんだけどなあ。

美:それが出来たら「動物奇想天外」や「ぽちたま」に出れますわよ。

燐:そうだよな~。それよりボロイ家だけど驚いた?

美:(話題を少しずらして)それにしても、庭が広いわねぇ。天気も良いし、こうやってまったりと庭でくつろぐのもたまにはいいわね。

燐:そういってもらえるとうれしいよ。

美:マンションとの境の塀に沿って幅広く延び放題なあの木は何?

燐:サカキだと思うんだけど、毎年春になるとすごい毛虫がつくんだよね。正面にあるのはサザンカなんだけど、一回チャドクガの幼虫が大量発生して、焦って殺虫剤を撒いたことがあるよ。ツバキ科の木は毛虫がつきやすいんだ。それから玄関の近くに植わってるハーブのルーくんことヘンルーダには、しょっちゅうアゲハの幼虫がついてるよ。だいたいカラタチやミカン系の植物につくんだけどな。ルー君みたいな臭いハーブも食草とは思わなかった。でもな~、近くにミカンの木もカラタチもあるのに。多分ウチがあまり薬を撒かないからかも。犬がいるし。

美:そうね。農薬はあまり撒かないほうがいいわ。たまに足の多いカエルとか見ますもの。

燐:うはwww。跳ねるのに大変そうだ。確かに両生類にはキツイだろうなあ。昨今の酸性雨もこたえるだろうな・・・。

美:「原子力の叡智の光で、2倍肉の取れる牛」ってネタを思い出しますわね。

燐:「原子力犬むつ」とか「謎の国から来た挑戦」とか・・・。って、「ラジヲマン」※ネタは、危ないからやめよう。

美:燐ちゃんとこだって、けっこうきわどいじゃないの。この前だって、じゅ・・・

燐:(焦って遮る様に)こっちはレヴェル2、アッチはレヴェル4のホットゾーンなの!あさりよしとお作品の中でも特にキワモノで、未だにコミックス化出来ないんだ。というより不可能・・・。

美:まあ、あの黄色い可愛い花はなぁに?

燐:切り替え早いな。あれはアレチマツヨイグサ。北米原産の外来種だよ。今じゃあちこちで生えてる。

美:あそこにたくさん生えてる背の高い野菊みたいなのは?

燐:オオアレチノギク。もうぽやぽやの種になってるけど、南米原産の外来種だよ。花は筒状で開かないんだよ。これも空き地に掃いて捨てるほど生えてる。

美:なんか荒れ地がつくのばっかりねえ。

燐:外来種でどんどん野良生えしている雑草は元々生命力が強いから、荒れ地でもどんどん増えることが出来るよね。だからアレチウリとかアレチハナガサとか、アレチがつく草が多いんだよ。油断すると庭だって占領されてしまうぞ。

美:外来種で問題になってるセイタカアワダチソウは、最近何となく定着して秋の風物みたいになってるわね。

燐:あれも北米産だね。アレロオパシーとかいって、他の植物が生えないようにする物質を出すから、大群落を作るんだ。秋の花粉アレルギーのモトでもあるね。ウチでも以前は時々生えてたな。

美:草もアメリカものに蹂躙されてるのね。

燐:そうでもないよ。逆に日本からアメリカに渡ってカナリ迷惑をかけている植物があるんだ。例えばクズがそうだよ。

美:くず?ワンナイの企画で人気の出たパロディデュオ?

燐:ベタなボケはおいといて、マメ科の植物で生命力が強いので、緑化のために意図的に持ち帰って植えたらしいよ。マメ科だけあって藤に似た綺麗な花が咲くんだけど、これがまた野性では葉に隠れて目立たない。
美:クズってあのくず餅のモトになる粉がとれるのよね。

燐:地下茎を叩き潰してでんぷんをとったものがくず粉だよ。地下茎は葛根っていって有名な風邪薬のモトにもなるんだ。ま、これも大昔に日本に渡ってきたのかもね。大昔の移入種としては、田圃でよく見る雑草の多くは稲や麦が入って来たころに一緒に渡ってきたものらしい。

美:へえ、日本の草とばかり思ってたわ。

燐:田圃によく見るとはいっても、すでに雑草の定番だけど。ウチの庭にもけっこう生えてるね。スズメノテッポウとかペンペングサことナズナとか小鳥の餌にするハコベとか・・・。ま、日本に入ってきたのが稲等といっしょなら弥生時代くらいだろうから、もう日本在来種でしょ。

美:クローバーもけっこう生えてるわね。

燐:これは背が高くならないし、生命力が強くて蔓延るから、よく法面緑化とかで使われてるよ。元々は江戸時代に輸入品の詰め物として使われていたのが、落種から発芽して増えたらしい。和名のシロツメクサのツメクサは詰める草→詰草になったらしいよ。

美:白い爪のような花びらの草って意味かと思ってた。そういう由来があったんだ~。あ、これも知ってるわよ。黄色い花にハート形の葉っぱみっつ。カタバミでしょ。うっかり実をさわると種がはじけてびっくりする・・・。

Ottachikatabami 燐:これはオッタチカタバミっていうんだよ。

美:

燐:あれ?どしたの。イキナリ視界から消えたと思ったら、何コケてんの?コロナにおしり舐められてるよ。

美:ちょwwwwwwおまwwwww・・・。オ・・・オッタチ・・・オッタチって、誰よ、そんなセンスのないオヤジな命名をしたのは!

燐:最初が2ちゃんねらになっとるぞ。私に怒るな。普通のカタバミは地面をはうように広がるけど、これはどんどん立ち上がって、すなわちおっ立って背が高くなる。だから、多少側に高い植物があっても競合出来るんだ。歩道の植樹帯で、低木のマメツゲの高さより伸びているのを見たことがあるよ。これも北米産だ。カタバミの園芸種は学名からオキザリスと言う名で売られてるね。
 だけど、すごい名前と言ったらイヌノフグリオオイヌノフグリに勝るものはないね。オオイヌ(ノ)フグリはヨーロッパ産の外来種だ。タンポポのように在来種が外来種に蹂躙されてるものの一つだよ。

美:まったくもう、誰があんな可憐な花にそんな名を付けたんだか。

燐:オオイヌフグリの英名はバーズ・アイでカッコイイのにね。まあ、イヌフグリのあの実を見たら、ムラムラとそーゆー名前を付けたくなったのはわかる気がする。

美:コロナちゃんはメスだから確認出来ないわね。

燐:雄だったら確認するんかい(笑)。でも、疑問に思うことがあるんだ。オオイヌフグリの意味は「大きい犬」のフグリか、「フグリが大きい」犬か。

美:そりゃあ、「イヌフグリ」大型種って意味でしょ。

燐:またミもフタもないことを・・・。

美:なんとなく前回の話題の続きみたいになったわね。

 このあと、近所の喫茶店で母が帰るまで時間を潰しました。


●ラジヲマン
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%83%B2%E3%83%9E%E3%83%B3
 こりゃ危なくてコミックス化は絶対無理な気がします、やっぱ。

クリックして「項目がありません」になった場合は、アドレス欄にコピーペーストでご覧下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月13日 (土)

【放談】かわいいね~。

 前にも書いたが、連休はどこにも行けなかったので部屋の模様替えをした。正確にはまだしている途中になるのだが、天候がはっきりしないためなかなか大胆な行動が取れない。
 大型連休が終わって、いやいやながら出社すると、5月2日に各部の代表が集まって話をした時配られたという紙をもらい、その話を聞いた。その件については後日その紙とともにUPするとして、その内容は翌日からまた大型連休を取ろうかと思ったということから推察して欲しい。

Bn_index2  ところで、最近電車の吊広告に「海の中道マリンワールド」のポスターがわんさと貼ってある。「海の赤ちゃん展」の広告である。

【人物紹介】
Natsuki2_1 山川夏輝:長身のショートカットが似合う美人だが、実はそこらへんの男より男らしいと評判。漢(おとこ)らしすぎて付き合う男が片端から脱落してしまうらしい。
Miha_1 多田野美羽:小ぶりで美人というより可愛いタイプ。HNは「ただのミーハー」からつけたらしいが、陰でタママ美羽といわれる。見かけで人を特に女性を判断してはいけない。
1148996271_539jp_1 黒木燐:いわずと知れたここのブログ主。男言葉で勇ましいことを言う割には意外と弱気である。ただし滅多にないがキレた時にはこの限りではない。

燐:マリンワールドかあ。しばし行ってないなあ。改装してから一度もいってないや。
美:まあ、なかなか面白いわよ。行くべきだわ。
夏:最近「海遊館」とか「海饗館」とか「うみたまご」とか、面白い水族館がたくさん出来て、そこそこ集客もあるみたいですね。
美:動物園も「旭川動物園」の成功から、いろいろな動物園が出来そうよね。
燐:ま、従来の囲い込み型の動物園じゃ限界があるし、動物たちにもストレスが大きいだろうから、よい試みならどんどんやるべきだよ。そろそろ赤ちゃんラッシュで可愛いのがいっぱい見れるかもね。
美:動物の赤ちゃんって可愛いわよね。
燐:哺乳類や鳥類は特にね。でも、生まれたてはなんでもちょいとキモいよ。特に鳥。産羽は濡れてるわそのせいでしわしわな皮膚が目立つし、目は膨れてるだけで開いてないわで・・・。
夏:羽が乾いてふわふわ状態になったらめっちゃ可愛いですけどね。特に後姿がたまらん。
燐:だけど、海凄生物の赤ちゃんとなると微妙だなあ。中には最近まで別種と思われてたくらい、形態の違うのが多い。
美:いわゆる鬼っ子だらけ。
燐:ノープリウスとかベリジャーとかトロコフォアとかストロビラとかエフィラとかゾーエラスティアとか、まあ、人によっては可愛いと思うかもしれないけど、中には拡大したら兵隊レギオンみたいなのがいたりするし。
夏:こら!ドサクサに紛れて妙なものまで列記すな!ゾーエラスティアじゃなくてゾエアだろ。
燐:バレたか。
夏:バレるわ!!純真な子どもが本気にしたらどうするんだ。
美:純真な子どもはこんなブログ読まないと思うけど。で、そのゾーナントカってのは何のこと?
燐:ニワトリとかヒツジとか、動物がと~~~~~っても好きな人たちのことだよ。
夏:どーゆー意味で大好きなんだか。むしろ虐待ですよ。それにこの場合人ではなくその行為を・・・いや、失礼。
燐:そもそも船に羊を乗せていたのは、ナニ人間の女性のにそっくりらしくて船員の欲求不満の解消に・・・。
夏:もうその話題はいいから・・・。
美:「マリンワールド」の「海の赤ちゃん展」、面白そうだから、ご家族で見に行ってくださいね。
夏:カニの幼生を見たら、妙なものまで思い出しそうですがね。

Photo011_2

 
♪まっし~ろな こやぎ~♪

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2006年4月13日 (木)

またまた先の読めない依存男が自宅に放火

「定職就かず小言を言われ」夫婦死亡火事で逮捕の二男http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060413i402.htm

夏輝:記事、転載しなくてもこれだけで内容がわかるなあ。
美羽:うわぁ・・・。
燐:以前27歳のニートが母親からフィギュア買ってもらえなかったのを逆恨みした放火があったけど。あれは母親が留守で無事だったんだよね。
美:最初7歳かと思ったら27歳であきれたわ。ダダをこねていいのは10歳までよね~。父親に学校に行けと怒られた中2男子が家に放火して生後2ヶ月の異母妹を焼死させた痛ましい事件もあったわね。
夏:中坊とはいえ普通そんなことで放火しますかねえ、と思ってたら今度は49歳住所不定ですよ。殺された両親は78歳と77歳。
美:ほんとなら楽隠居している筈の歳よねえ。気の毒に。
夏:家を燃やして両親まで殺しちゃったら後どうなるかってこと考えなかったんですかねえ。
燐:働きたくないから小うるさい両親殺して、3食付の別荘にでも行きたかったんじゃないの?
夏:う~ん、でもあそこって朝早いし夜の消灯時間も早いし昼間はそれなりに労働しなきゃいけないし懲罰だから賃金は安いし入浴も毎日じゃない上に監視付きで分刻みだし食事もわがままいえないしネットも出来ないし、ナマケモノヒッキーにはかなりつらい環境だと思いますけど。
美:ずいぶん詳しいわね。
夏:入ったことはないですけどね(笑)。
燐:健康になれていいんじゃないの?どうせ運動不足で太ってたんだろ(←憶測)。
夏:だけど、自分の親とはいえ二人も、それも身勝手極まりない理由で焼殺してるから、死刑までいかなくても無期くらいは食らうんじゃないですか?ただでさえ放火は重罪なんだから。江戸時代ならそれだけで極刑ですよ。
燐:やはり終身刑がないのが悔やまれるな。
美:こういう人って出てからの方が大変じゃない?
燐:そうねえ、模範囚で思ったより早く出所できたとして、また事件起こして捕まるんじゃない?下関駅燃やしたじいさんみたいに。
美:ホント馬鹿よね。小言くらい聞き流しとけばこの先も楽に暮らせたのにね。こういう馬鹿に限ってプライドだけは富士山よりも高いから、根に持った挙げ句に火をつけちゃうんのよ。
燐:なんだよ、ちゃうんのよってのは(笑)。二男ってことは兄がいるんだよね。でも多分面倒は見ちゃくれないだろうね。放火だけならまだしも殺意を持って両親殺してるんだから、普通なら縁を切るね。
夏:これらの事件はさすがに極端な例だけど、今の日本人ってこらえ性がありませんよねえ。
燐:欲しいものを買うのに簡単に金を借りるしね。それも町金に。あんな高い利子払いたくねぇよ。
夏:なんで電車に乗っている数十分の間くらい、携帯電話を扱うのがガマンできないのかと(笑)。
燐:わたしゃケイタイのせいで人間が熟考しなくなったんじゃないかとすら思うけどね。なんかなし暇になったらケイタイ見てるかかけてるだろ?私は持ってないから本読んでるか、そうでない時は人間ウォッチングとか考え事とかしてるから。
美:妄想の間違いでしょ。燐ちゃん見てるとだからって考え深くなるとは思えないけど。たまに妙なアイデアは思いついてるみたいだけど。
燐:そうそう、テロを仕掛ける時はここが・・・って何を言わせる。このブログが公安からマークされたらどうするんだ。でもまあ、私もやっぱケイタイ持ったらみんなと同じような行動をとると思うんだ。パソコンじゃしょっちゅうメールチェックしてるもんね。それが嫌で携帯電話を拒否してるところもある。
夏:黒木の言うことは一理あると思いますよ。未だに公共の場で大声で電話している輩を良く見かけますからねえ。モラルハザードもいいとこだ。
美:この先も似たような放火事件が続くみたいな気がする。ニート放火の連鎖。
夏:単にそう思うだけかもしれないけど、似たような事件って続きますよね。
美:いやだね~。
夏:ほんと、いやだね~。
燐:君たちは風藤松原か?
美:結局お笑いネタオチね(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年1月17日 (火)

証人喚問vs.強制捜査

小者燐:ちょっと前にここでも話題になった「きっこの日記」で、例の元気玉が発射されましたよ。
漢夏輝:相変わらず飛ばしてますな。
タママ美羽:どこからあんな情報を集めてくるのかしら?
燐:なんかあちこちアンテナを張り巡らせているらしいけど。
夏:複数ライター説があるくらいですからねえ。ヘアメークは虚像とか。
美:案外普通の主婦だったりして。
燐:それはそれですごいぞ。
夏:期待しすぎたせいか、いまいち物足りなかったな。
燐:どーゆー内容を想像してたんだよっ。
夏:もっと大きいメガトン級の暴露。
燐:小出しにするってんだから、きっとあんたの期待したような暴露はいつかあるよ(笑)。
夏:とりあえず、ターゲットは伊藤某に絞られてたようだけど。まあ、詳しくは「きっこの日記」読んでもらうとして・・・。
燐:それにしても、ヒューザー社長の証人喚問にあわせた様にライブドアの強制捜査だ。なんかくさいね。
美:くさい?悪代官みたいなヤツが「堀江にはもうひと働きしてもらわんとな。」って?
夏:で、越後屋みたいなのが「あやつもあの選挙に受かってさえすれば、かような目には遭わなかったものを。つくづく詰めの甘いやつですなあ。」
夏/美(バルタン星人のポーズで):ふぉっふぉっふぉっふぉ。
燐:そこで即興芝居をするなあ~!。」
夏:ついでに明日は宮崎さんちの勤くんの判決もでるし、阪神大震災11年目でもある。そういや今年は曜日も一緒だったと思いますよ。
燐:う~~~む、重なるな。あざとい日を選びおって。それだけじゃ心配だからノドン発射かぁ?
美:あと原発事故でも起こったら完璧だわねぇ。
夏/燐:なんちゅう物騒なことを・・・。
夏:気をつけなきゃいけないのは、情報を得ても鵜呑みにしないこと、ちゃんと自分の頭で考えることですよ。
燐:「きっこの日記」であれ「阿修羅」であれ「2ちゃんねる」であれ「らいおんはーと」であれ(笑)。

17日のヒューザー社長証人喚問を見たくても見れなかった方はこちらで見られます。
   衆議院テレビ ビデオライブラリ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月 5日 (木)

放談2006年犬談義から・・・

【人物紹介】
山川夏輝:長身のショートカットが似合う美人だが、実はそこらへんの男より男らしいと評判。漢(おとこ)らしすぎて付き合う男が片端から脱落してしまうらしい。
多田野美羽:小ぶりで美人というより可愛いタイプ。HNは「ただのミーハー」からつけたらしいが、陰でタママ美羽といわれる。見かけで人を特に女性を判断してはいけない。
黒木燐:いわずと知れたここのブログ主。男言葉で勇ましいことを言う割には意外と弱気である。ただし滅多にないがキレた時にはこの限りではない。

燐:あけましておめでとうございま~す。
夏:おめでとうございまーす。
美:おめでとうで~す(はぁと)。
燐:しかし、年をとると1年が早いっすね。ついこないだ年賀状を書いたと思ったらまた年賀状書きだよ。まいったね。
夏:そりゃ早すぎでしょーが。
美:でも最近全部パソコンで出来るし、プリンタも性能が良くなって印刷も早いし、便利になったものよねえ。今年は私のセクシー写真を送ったから、楽しみにね。
燐:セクシー写真って、まさか、プードルのコスプレじゃぁねーだろうな。
美:いやぁねぇ、ジョークよジョーク。ちゃんと私の実家の愛犬ベラドンナちゃんの写真で作ったから安心して。
夏:ベラドンナちゃんって、あのメス犬なのに異様に凶暴なあのドーベルマンですか。深夜に進入した泥棒の後を匍匐前進で音も無くつけまわして、金庫に手を伸ばした瞬間に飛び掛って強盗を襲い、警察が来て逮捕された後もなかなか泥棒のお尻に食いついたまま離れなかったという、すっぽんみたいな・・・。
美:狼みたいと言って。そうそう、そのベラドンナちゃんよ。良かったわ、お尻で。太った男の人だったし。腕だったらきっと今頃彼、第3級障害者よ。
燐:新年早々危ないこというなよ(泣)。しかし、名前どおりの毒姫だなぁ。フツーメス犬ってのは比較的おとなしいものなんだがなあ。ウチのコロナなんか良く吼えてちゃんと番犬してるけど、かなり臆病だよ。
夏:まったく吼えないでいきなり食いつくってのがインケンですねえ。
燐:ホント吼えないんだよ。私は犬好きだからドーベルマンだって怖くないけど、あいつだけは何を考えているかわからんので怖いよ。おまけに黒っぽいから陰にいるとわからないし、おまえ、そんなキケンなモノ、いくら庭の中とはいえ、放し飼いにするなよな。
夏:件の泥棒は、お尻の怪我よりも心のケアに時間がかかったらしいじゃないですか。犬と暗闇恐怖症になって二度と泥棒には復帰できないという話だし。
燐:泥棒に復帰できないならいい話じゃないか。
美:そうよ。ウチのベラドンナちゃんは泥棒を更生させたのよ。
夏:更生どころか下手すりゃ一生病院で心のケアですからねぇ、入った家が悪いのか・・・。
燐:それとも、オレが、悪い~~~のか~♪
夏:歌うな。そりゃ泥棒が一番悪いに決まってるでしょうが。
美:文字通り犬に噛まれたと思ってあきらめるしかないわね。
燐:じっさい犬にかまれたんだろ!
夏:なんか、上手い具合に戌年らしく犬の話題になってますねえ。
燐:正月にするようなめでたい話じゃないけどな。ところで夏輝、なんでそんな清四郎みたいなしゃべり方してるんだ?
夏:実は前回の放談で黒木と区別がつかないと友人からクレームがつきまして・・・。
燐:なんだよ、クレームって。まあ読んでくれる人がいるだけいいか。
夏:クレームといえば、強度擬装疑惑のこと、あまり話題にならなくなりましたねえ。
燐:お正月だからだろ。でも退去命令が出ているのに未だ出て行けない人たちがいるようだけど、気の毒だねえ。
美:これがホントの「安物買いのジェニーはゴキゲン斜め」ってやつね。
夏:懐かしいネタで、被害者に鞭打つような発言はやめなさい。確かに安かろう悪かろうの見本みたいな物件だけど。
燐:ハリボテみたいなマンションをつかまされた方にも多少の非はあるだろうけれども、作為的にそんなもの設計して許可して作って売ってぼろ儲けした連中の方が悪いだろう。まあ、ヒューザーの小嶋社長の証人喚問もあることだし、正月が開けたらまた盛り上がるんじゃないかな。
夏:盛り上がるって、また問題発言をする。
燐:盛り上げてもらわなくっちゃ困るだろ、言い方は悪いけど。このままうやむやにされたら、またぞろ同じようなことが起きるのは自明のことだろ。末端から大元までずずずいっと、とことん追求してもらわなくっちゃ。
夏:でも、結局うやむやに終わるんじゃないですか、いつものパターンで。
燐:とりあえず、この事件に関しては珍しく世間の関心が高いので、ひょっとしたら違うパターンに転がるかも知れないし、うやむやにされるにしても、どこまで突っ込めるか注目していきたいね。
美:「政」にどこまで迫れるかだわね。それといくつ死体ができるか・・・。
夏:すでに死体はひとつ出来ていますよ。
燐:新年早々ヤバイ話をするんじゃねーよ!しかし「きっこの日記」はすごいね。「社会派君がゆく!」にまで話題にされてるやん。
夏:う~ん、あれは時々どこまで鵜呑みにしていいかわからないよーな記事もあるけど、この件に関しては感服しましたよ。またああいう風にどんどんマスコミの鬼門ネタを書くもんだから、ますます注目されて、更にどんどん彼女に情報が集まっちゃったようだし。
燐:17日の小嶋社長の証人喚問前あたりに、鉄筋擬装マンションの話題を総力掲載するらしいので、その頃「きっこの日記」を忘れずにチェックしたら、証人喚問がますます面白く見れますよ・・・って、ちゃんとテレビ中継するんだろうな。
美:それより、きっこさんの身辺は大丈夫なのかしら。
夏:これだけ注目されているんだから、彼女に万一のことがあったら益々あらぬ疑惑が広がるでしょ。2ちゃんねらあたりもかなり注目しているから、そんなことがあったらトンデモない祭りになってしまいますよ。テキは出来るだけコトを荒げたくないでしょうから、とりあえずきっこさんは監視下に置くだけにして、証拠隠滅のほうに総力を注ぐと思いますよ。
燐:馬渕議員もすごかったよね。それにしても、民主は馬渕さんだけに特攻させているようだけど、もう少し党としてもヤル気を出してほしいよね。本当に政権とる気あんのかね。あんがい民主の中にもスネに傷を持つ議員がいたりなんかして。
夏:有り得ないこともなさそうですが。
燐:馬渕議員自身に危害は及ばないのかも心配だね。
夏:きっこさんと同じ理由で、今身辺に危険が迫る確率は低いと思いますよ。ただし、ほとぼりが冷めたころに報復としてスキャンダルを撒かれて失脚させられる可能性はありますね。どっかの大阪弁議員の時みたいに。とはいえ、まったく危険がないとは言いがたいので、危機管理はしっかりとしておいた方がいいと思うんですけどねぇ、サイトやブログを見る限りでは一抹の不安を感じますねぇ。
燐:とにかく、馬渕さんにはがんばってほしいものです。まあ、この話題はキリがないし、進展があってからまた話すとして、暮れにこのブログで今年こそは明るい話題をって書いた端から、新年早々子供御輿に飲酒運転の車が突っ込んだり、初詣夫婦が仲良くひき逃げされたり、火事で留守番の幼児が死んじゃったりで、ろくなことがないなあ。
夏:仲良くひき逃げされるって表現もどうかと・・・。
美:だいたい燐ちゃんってば、地震の時だって、ブログに「このまま治まって欲しい」って書くたびに最大級の余震とか強い地震が起こってたじゃない。
燐:ぬれぎぬだ~。そういえば、しばらく大きめの地震はおきてないなあ。落着いたのかな。
夏:あ~あ、言っちゃった。
美:しばらく注意しておいたほうがいいわねぇ、地震。
燐:なんだよ、それは。
美:明るいニュースといえば、去年の暮れの話だけど、ヤワラちゃんが出産したそうじゃない。
燐:自分をなんか思い切りカンチガイしているタワラの話なんざどうでもいいよ。そもそも有名人が誰とつきあおうが結婚しようが出産しようが離婚しようがマニアであろうが本人達の自由だし知ったこっちゃないや。
夏:ひがみと思われるからやめたほうがいいですよ。
燐:ひがんどるわい。暮れといえば、また曙が負けたらしいね。いい加減横綱の面汚しは辞めればいいのに。
夏:でかいだけに足が弱いんでようかねぇ。妙に足が細いし。
美:もう、マケボノの名を恣(ほしいまま)にしているわね。いつまでやるのかしら。いっそあきらめずに毎年やれば、負け続けてもくじけずにがんばるその姿に感動してファンが増えるかも。
燐:ハルウララかよ。ないない、あんな暑っ苦しいのが無様に負け続けるのを見て誰が感動するもんかい。2ちゃんねるの芸スポニュース速報+の看板になっちまってるじゃないか。
美:いっそ戦おうとか考えずに、初っ端から覆いかぶさって相手を押しつぶしたら勝てるんじゃない?(実際覆い被さったらしいが、重いより死ぬほど汗くさかったらしい
燐:勝つどころか相手があの世に行ってしまうわ!
夏:格闘技としては、猪木対アリ戦よりつまらない戦いになりそうですね。
燐:すでにつまらない戦いを続けてるやん。見てないけど。
美:ボビーに負けちゃったもんねえ。
燐:しかし、ボビーってホントに格闘技素人だったのか?あの身体、半端じゃないやん。変な日本語も嘘くさいし、お邦の実家は資産家らしいね。からくりTVのあのコーナー、邪魔だったからチャンネル変えてたよ、ウチ。でもなんか憎めないとこあるけど。
夏:格闘家殺しですね。彼のおかげでボブ・サップも影が薄れまくりでしょ。バカっぽく振る舞ってるからウケがいいのかな。
燐:実際はかなり頭が良いやつなのは確かだね。しかし、曙はガチンコ勝負には向かないってことだね。相撲みたいに伝統があってきっちりしたルールに則ってやる分には強かったけど。
夏:年齢的なものもあるんじゃないですか?太りかたも半端じゃないし。曙にはもう痛々しさすら感じますよ。
美:ま、弱いものいじめはそれくらいにして、新年らしく今年の豊富でも述べないこと?
夏:そうですねぇ。では私から・・・。今年こそ、がんばってマンション購入に向けてしっかりと貯金したいと思います。もちろんマンションは鉄筋のちゃんと入ったしっかり耐震構造しているやつね。あとサボらずにジムに通って体型維持に努めたいと思います。
美:あたしはァ、今年こそ素敵なカレをと言いたいところだけど、そろそろうっとおしくなってきたので、やめにして、今年は国内でも海外でもいいから、絶対に3回以上旅行したいです。去年はなんか近場の温泉にしか行ってないもん。
燐:私は今年は少し無理をしてでもストラングラーズのライブを見に行きたいなあ。あと、せっかくビオトープ管理士の資格が取れたんだから、その関係の仕事ができたらいいなと思います。二つともちょっと無理っぽいけど。
夏:そうだった、資格、取れたんですよね。遅くなったけどおめでとう!
美:よかったね、おめでとう(はぁと)。
燐:ありがとう。でも、なんか催促したみたいで悪いなあ(大テレ)。
夏:ということで、今日はお祝いですよ。黒木が資格取得祝いで奢ってくれるそうですよ。
美:うわぁ、嬉しい!燐ちゃんどうもゴチになりま~す!
燐:ええ~~~~~ッ?! 普通逆だろ?え?マジ?かんべんしてくださ~~~い。

(結局ワリカンで支払いました。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月12日 (土)

毒物人体実験少女タリちゃん

 先週の日曜日に友人達とお茶会。しかし、話題はやはりアノ事件へ・・・。

黒木燐(以下燐):11月に入るとさすがに肌寒くなったね。
多田野美葉(以下美):なんかホントに寒くなるのかと心配になるくらい暖かだったけどね。
山川夏輝(以下夏):しかし、なんぼ九州は福岡でも、11月になってもストーブなしでOKなんて、やっぱ異常だよ。
燐:まあ、暖冬なら灯油代が少なくなって助かるけどね。なんだよ、馬鹿高いあの値段は!
夏:イラク戦争の上に米国のハリケーンで追い討ちがかかってるからなあ。
美:百円ショップの人が泣いてたわよ。このままじゃやっていけないって。
燐:異常といえば、あの薬物人体実験少女だ。なんじゃありゃ。正に「事実は小説より奇なり」だ。実の母親をマルタ扱いしてたんだって?
夏:マルタって731部隊かい。まあ、やってることは似たようなもんだろうけど。
燐:ひとり731部隊だ。
美:不謹慎ですわよ。
燐:最初事件のことを聞いたとき、ブランヴィリエ侯爵夫人かよって思ったけど、グレアム・ヤング大好きっ娘だって?いずれにしろ世も末だな。
夏:そうだね、年齢的にしても、毒物盛った動機にしても、グレアム・ヤングだね。ブランヴィリエ夫人の動機は色と欲だったわけで、凡人にはまだナントカ理解できる動機だし。
燐:要するに興味本位だったわけだろ?殺すつもりはなく、どうなるか実際確認したかったっていう。余計タチが悪いわッ!ああ、胸糞悪ッ( `д´)、テロリスト予備軍だ。将来はアタマにMADのつく科学者だ。
夏:まあ、昔なら火あぶりの刑だな。しかし、どうやらもともと精神的に何かが欠如している子供のような感じがするけど、「社会復帰」できるのかね。
燐:絶対無理だと思うぞ。半端な措置をすると「ゾンビ屋れい子」の百合川サキ並みのバケモノを世に放つことになるぞ。
美:百合川は壊れすぎだとオモ。
燐:出てきたら真っ先にオウムアレフ北朝鮮が勧誘にくるぞ、きっと!
美:「ウチの研究室に是非」とか言って?
燐:「ウチなら好きなだけ人体実験できますよ」とか?
美:「足らなくなったらまた拉致って来ますから」とか?
夏:おまいら、洒落になってないからやめれ。
例えば私だってある程度生物テロについての知識はあるわけだけど、実行してみようとは思わないよ。ところが彼女はなんの抵抗もなく、しかも身内、それも母親にやっちまうってんだから。そもそも手近ですまそうって根性が気に食わん!!
燐:手近って、そっちが気に食わないんかい。まあ、ポットにアジ化ナトリウム混入した女子社員の気持ちのほうがよっぽど理解できるけどね。
夏:まったく罪の意識がないらしいね。警官相手に元素のあてっこをしてるって?
燐:水兵リーベ僕の船・・・。ネオンまでしか覚えてないや。「書かないまあアテにするなひどすぎる借金」?
夏:そりゃイオン化傾向だ。
美:富士山麓にオウム鳴く。
夏:それはルート5の・・・ってオウムつながりかい。しかし、毒殺マニアってのはなんでこうも自己顕示欲が強いのかね。タリちゃんも自分のブログにいろいろ書き込んでたんだろ。わざわざ証拠を残すようなことをして自滅ってこいつらのセオリーだな。それだけ精神的に未成熟なのかもしれないね。
燐:ところで話は変わるけど、昨夜変な夢をみちゃってさ。
美:変って、どんな夢???稲妻号に乗っていて気がついたら地球を回っていたとか、宇宙人に巨大化させられたとか、バラとゴジラ細胞と合体させられたとか・・・。
夏:そりゃ、変な夢じゃなくてマニアな夢だ。
燐:聞いて驚け。なんと19歳男子に口説かれる夢だ!!!
夏/美:そりゃ変だわ!!
燐:おい!
しかし、なんでそんな夢を見たのかさっぱりわからん。そんな小説もドラマもマンガも見てないし。そもそも私はそんな年下には興味ないし。おまけに夢の中で私は必死になって「血迷うんじゃない、多分あたしゃアンタのお母さんより年上だ!」って説得してやんの。どうせ夢なんだから自分も18歳くらいになってしまえばいいのにさ。その前の晩、食欲のない猫に強制的に食事させていて、うっかり指を噛まれて、それがけっこう深手だったから、もうパスツレラ菌とかが脳に回ってしもうたんかと(笑)。
美:今更19歳のガキに口説かれてもねえ。
夏:ってか第一身がもたんわ。
美:喜んでついていったら、タリちゃんの男版で、そのまま監禁されて実験台に・・・。
夏:「これを注射したらどーなるかな~~~」なんちって・・・。
美:「これ、吸うのと食べるのと体に塗るの、どれを選ぶ~~~?」とか。
夏:炭疽菌か?致死率からして塗るのが一番無難そうだな。塗った部位がえらいことになりそうだけど。しかしその台詞だけだとただの変態プレイだよ。
燐:人の夢を勝手に発展させるな!
夏:しかし、そういうガキがいないとは言い切れないからな。ってか実際いたわけだけど。これからも、もっとぎょっとさせられる少年犯罪がどんどん出てくるはずだよ。
燐:オレオレ詐欺で荒稼ぎをする演劇部員とか、危ない病原菌を大量に培養する生物部員とか。大麻や芥子を栽培してぼろ儲けをする園芸部員とか。
夏:部活ぐるみの犯罪!
美:これもゆとり教育の副産物でしょうかねえ。
夏:いや、根本的な何かが狂っているんじゃないかと思うよ。物質面ではとても恵まれているんだけどね。
燐:そこら辺の地べたにへたり込んでる奴ら、目が死んでるもんなあ。もっとハングリーにならないと。
夏:目標をしっかりと。
燐:目指せボーナス二桁(単位:万円)!!
夏:こまいハングリー精神じゃこと。
美:ところで燐ちゃん、あなたが中ったセレウス菌って、炭疽菌や納豆菌の親戚らしいわよ。
燐:どうりで納豆のニオイがしたわけだわ。
美:セレウス菌は食べた人をゲロゲロに、納豆菌は大豆をねとねとに・・・。
燐:やめろ、思い出すやんか。納豆が嫌いになったらどーする。
夏:まあ人体実験するならまず自分の身体を使ってやりなさいってこった。
燐:人体実験したわけじゃないやい。
美:とりあえず、納豆の匂いのカレーには気をつけましょうね。
燐:そのネタはもういいです。

参考
2ちゃんねる発:母毒殺未遂少女まとめ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月16日 (日)

内容のない放談:あれからひと月

 友人達と選挙ネタで話していた筈が、何故か途中で特撮ネタが・・・。小選挙区制度についてのお勉強もできます(多分・・・)。

黒木燐(以下燐):いや~、あれからひと月経ちましたねぇ~。
多田野美葉(以下美):そっか、はっや~~~!
篠崎哲平(以下哲):オレはあれは予想していたし、票も自民に入れたけどね。
燐:なんだとぉ~~~ッ!
哲:だから自民に入れたわけで小泉さんに賛成して入れたわけじゃないって。
燐:どっちでも同じじゃぁ~~~!!
哲:だってよ、実際民主が頼りになる感じがしたか?
燐:う~~~。
哲:しなかったろ?オレには政権を任せるにたるとは思えなかったんで、単に当て馬として入れることは出来ない性分だからそうしたんだ。お前だって頼りないとか書いていたじゃないか。
燐:だけど、やらせてみなければわからないだろ!
哲:もっと悪くなる可能性のほうが高いだろ。だいたい、政策はほぼ自民と同じだし、今の状態で彼らが政権を取ったら益々混沌に近づくだけだ。とりあえず現政権で継続して、約束どおり小泉さんにはあと1年で退陣してもらう。そのほうが無難と思ったんだ。第一抵抗勢力ったってヘタレばかりだったじゃないか。恐ろしくってあんな連中に任せられるもんか。
燐:確かに民主のヘタレ加減は私もブログに書いてたけど。でもね、やっぱりあの人の好き勝手にさせてはいけないと思うんだ。なんかあの顔を見るたびにチリチリと本能的に危険を感じるんだ。
哲:お前が小泉嫌いなのはよくわかってるけど、それだけで他が見えなくなっているのはどうかと思うぞ。
燐:違うぞ。確かにあの冷血男は特別に嫌いだけど、わたしゃもともとアンチ自民だからな。はなっから自民に入れる気なんかなかったぞ。
哲:だから好き嫌いではなくしっかりと政策や面子を吟味してから投票しろって言ってんの。
燐:あのね、私だってそこらへんは考えてたんだよ。でもやっぱりこのままではいけないと判断したんだ。
美:まあまあ、ほっとくとループし続けそうだからそれくらいにしたら?終わったことは仕方ないことだし。
 でも自民党があれだけ圧勝したのにはびっくりしっちゃった。私は体調が悪くてあの日は早く寝たんだけど、朝テレビを見て、さすがに目が覚めましたわ。
燐:ふん、あたしゃムカついたんで早く寝たワ。
哲:オレもさすがに240議席とるとは思ってなかったから、薄ら寒い気がしたのは確かだな。正直しまったと思ったよ。
 ただね、実際のところ、自民と民主の票は議席数ほど離れてないんだ。むしろ良い勝負だったといっていい。
美:え?そうなの?
燐:そういうことらしい。私も選挙翌日は愕然としたけど、いわゆる小選挙区マジックというものらしいよ。実は批判的な人も多かったんだなって少しはほっとしたけどね。自民が過半数取ったのは確実なんだけど。
哲:とりあえずこれをみてごらん。(と手持ちのノートパソコンを立ち上げる。)
燐:いいな、それ。欲しいな。

るいネットより「小泉圧勝」?国民の半分は「反小泉」という事実

哲:だけど、実際報道されているのは小泉圧勝という事実のみなわけだ。
美:まさに勝てば官軍ですねぇ。
燐:もともと官軍だろw。
美:ってことは燐ちゃんやあたしが入れた票は役に立たなかった可能性があるわけね。死に票ってやつ?
哲:まあそういうことだけど、そういうシステムだから仕方がない。だから票の取り方によっては民主圧勝という可能性もあったわけだ。だから2大政権向きといわれるんだ。小選挙区についてはここが詳しいよ。

Financial Journal::選挙区制度について考えてみた

美/燐:ゲリマンダー・・・。
哲:二人同時に突っ込み入れるなよ。消防かおまえら。
燐:怪獣の名前みたいだな。スカトロ怪獣ゲリマンダー。うわぁ。
美:ゲリマンダー、カクマンダー、ハトマンダー、3人合わせてサンマンダー!みたいな。
哲:怪獣も戦隊もどっちも嫌な戦い方をしそうだな。
燐:とん~でこ~い、マンダー♪
哲:そりゃバンダーだろ。
燐:サンダとマンダ。
哲:それはガイラだ。そもそもマンダって龍タイプの怪獣がいたろ。それより大年増がばれるぞ。
燐:だれがゴジラが最初に暴れた島じゃ。
哲:それは大戸島だ。
美:いい加減特撮から離れなさい!
哲/燐:おまえもふっただろーが!
美:きゃ~~~。
哲:ところで阪神乗っ取られそうだね。大丈夫なんか?あんなのに身売りして。
燐:そろそろいやんな動きが出て来たようだね。ま、ソフトバンクがホークスといういい買い物をしたからなあ。
美:昨日のホークスの逆転劇はすごかったわ。
哲:いや、あそこであれだけ粘るとは思わなかったよ。あれがホークスの底力だっての!
美:で、やっぱり郵政民営化通っちゃったね。
燐:ああ現実に戻ってしまったよ。
哲:あの状態で通らないほうがおかしいわけだが。もう野田聖子なんか見てらんないよ。
燐:反対していた時はなかなか骨があると思ってたけど、やっぱヘタレだったな。
哲:一回権力を持った人間なんてそんなもんだよ。ちゃぶ台をひっくり返して出て行くのにはそうとうな勇気がいる。今のままじゃ終わってしまうのがわかっている。わかっているから余計にあせる。
 確かに「民営化には賛成だけど、小泉さんの民営化案ではまずい」ので反対した人たちは多かったけどさ、それならそれで初心貫徹しろや、と。もうかっこ悪いというか恥も外聞もないというか。
燐:それから小泉チルドレンとかさ、どうにかなんないの、あれ?第一チルドレンなんていわれて恥ずかしくないのかね。まあ、実際小学校の学芸会みたいなもんだが。
美:総理が水を飲んだだけで大喝采だったってあれね。
燐:でね、私はあの人がそんなに策略家とは思えないんだ。絶対誰か優秀な参謀がいるに違いないよ。実際質問されてもほとんどまともに答えないだろ。答えても何を言ってるかわからないし突っ込まれると小学生並みの開き直り。あれはボキャ貧なんじゃなくて、多分答えられないんだ。
哲:しかし、嫌いなやつにはえらい言い様だな。
燐:自分がアガリ症でディペートとか苦手だからね。そもそも政治家たるものちゃんとしたスピーチが出来なくてどーする。妙にキャッチーなコピーはやたらと連発するけど。これはある意味天才かも。
美:煙に巻くのだけは上手いわよね。
燐:煙に巻くといえば、刺客とやらでくのいちって話題になったよね。
 あれってそもそも女忍者のことじゃなくて、女性をナニして懐柔してスパイとして使う忍者の隠語なんだ。くノ一は女って漢字を分解したものだってのは、いまさら言う必要もないだろうけど。
 で、くのいちって聞いたときになんかヤラシイなと思った。そんな失礼なこといわれて喜ぶなよ。
哲:そういえば、石森章太郎(※1)の漫画に「009ノ1」(※2)ってのがあったな。
燐:え~、読んでたんだ。
哲:そうそう、ガキの頃オヤジの週刊誌をこっそり・・・って、なにを言わせる!
美:スケベですわ!
哲:男はみんなスケベなんだ!スケベと変態は違うんだ!エ■拓を見るような目でオレを見るな!!
燐:しれっとネタをふったなぁ。
美:その伏字はあまり役に立ってませんわよ。文字のサイズを小さくすべきです。
哲:だいたい「009ノ1」って聞いて直ぐにエロとわかるのもどうかと思うぞ。
燐:まあね。でもエロっつって当時の成年マンガだしな。たかが知れてるよね。そもそも石森の女の裸では萌えないぞ。今は少女マンガ雑誌だってものによってはそうとうエグイらしい。
哲:そ・そうなのか?
美:もう、ぐしょぐしょのぬるぬるのべちゃべちゃの糸引きですよ。あ、ここ小字でよろしくね。
燐:そんなだから、体ばっか大人で頭の中は幼稚なガキばかり増えるんだ。ついでにマンガでエイズの怖さや予防の仕方くらい教えておけよ。未だにホモの病気と思ってるやつがいるそ。
美:コーラで洗ったら大丈夫とかね。
燐:そりゃ妊娠予防の迷信だろ。選挙の話からコーラで洗う話でオチかよ。
哲:おあとがよろしいようで。
燐:よくないわぁッ!!

 って、ゲリマンダーネタを使いたかっただけだったんちゃうのか、と。

(※1)石森章太郎:いわずと知れた石ノ森章太郎のこと。萬画家。私たちの年代では石森章太郎のほうがピンとくるのだ。
(※2)009ノ1:マンガアクション掲載。ココの下から2番目参照。読み方は「ゼロゼロナインのワン」だと思っていたら、実写ドラマ化を見ると「ゼロゼロくノ一」になっている。あれ、勘違いしてたかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)