カテゴリー「ニュース」の141件の記事

2016年11月13日 (日)

2016年アメリカ大統領選挙について思う。

Whitehouse_3 今回のアメリカ大統領選挙、イギリスの国民投票の時と似たような空気を感じていたので嫌な予感がしてたけど、案の定トランプが勝っちゃった。

 で、ソッコーで浮かんだのがこの映画デビノレマソのパロディ。
 

「あ~~~、トランプが大統領になっちゃったよ」(棒)
「ハッピーバースデー、アメリカン」
さらに。
「だいぶあちこち混乱しているな」
「あぁ、トランプだからな」
「トランプじゃあ、仕方ないな( ´∀`)」

 外務省の進言を鵜呑みにして、渡米してヒラリーだけと会談しトランプをガン無視した某国首相が、外務省に対して、
「死んでください、NOW!」

  し・つ・っ・こ・い

失礼。

続きを読む "2016年アメリカ大統領選挙について思う。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 1日 (水)

平成28年熊本・大分地震のこと

【注意 】 

 地震に関連するデマに惑わされないようにしてください。
 日にちや場所指定で地震が起きる・マグニチュードや震度が妙にでかい地震が起きる・地震雲が出ていたから○○地方は危ない等は、デマと考えて間違いないです。気象庁震度階級は7が最大です。マグニチュードは記録にある限りチリ地震の9.5が最大です。それ以上の地震が起きる可能性はありますがM11とか12などはまず起きないし、万一起きた場合おそらく小惑星落下などの天変地異レベルです。(関連記事準備中)

 ただし今回の熊本地震もそうでしたが、大地震発生確率が低い場所であろうがお構いなく大地震が起きる可能性があります。万一に備え、万全の備えは怠らない方が良いでしょう。

=========================================

 今回の地震により亡くなられた方のご冥福を祈るとともに、被災された方へ心よりお見舞い申し上げます。

■前震と本震

2016414【前震】
発生日
2016年4月14日

発生時刻
気象庁発表
21時26分34..4秒(JST)
震源の深さ 11km
地震の規模 M 6.5(最大震度7)
震央 熊本県熊本地方

 

2016416【本震】
発生日
2016年4月16日

発生時刻
気象庁発表
1時25分5.4秒(JST)
震源の深さ 12km
地震の規模 M 7.3(最大震度7)
震央 熊本県熊本地方
持続時間:約20秒

 

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 4月14日夜、夕飯の支度をしていたら、テレビを見ていた妹が何か騒いでいる。
「地震、,地震、地震が来るって‼︎」
 ほぼ同時に私の部屋の方でも何かが鳴り始めた。
 さては鳴っているのはスマホの緊急地震速報か(余談だが、この警告音はタイガーマスクに出てくる覆面レスラー、ミスター・ノーの発する怪音に似ていると思う)。急いで部屋に帰って猫たちの様子を見に行き、様子を伺った。すると、すぐにグラグラ揺れはじめた。この辺りにしては揺れが大きく長い。ふと、福岡西方沖地震のことが頭をよぎった。まさか、とうとう警固断層が動いたのか? 猫たちもさすがに不安そうな表情をしている。「だいじょうぶ、大丈夫だからね」と、半ば自分を落ち着かせるように猫たちに向かって言った。もちろん確証はない。ウチは築50年以上で、普段でも床がギィギィいうような借家(もちろん耐震補強などしていない)だから、震度5強で倒れかねない。これ以上揺れが激しくならないようにと祈っていたら、地震は治まってきた。
(やっぱり警固断層だろうか?)

 しかし、テレビの速報を見に妹の部屋に行ったら、どうやら震源は熊本らしい。マグニチュードは6.5、震度は…最大で7。

   ななァ???

 それは阪神淡路大震災や東日本大震災レベルの震度ではないか。
 九州の真ん中でなにかとてつもないことが起こっていた。しかし、地震学者でさえこの後さらに激しい地震が彼の地を襲うことなど思ってもいなかった。(因みに太宰府市の震度は3。それにしては揺れが大きかった気がするが)
4月14日の震央分布図

 4月16日、私はなんとなくだるかったので、休み前にも関わらず日の変わる前(15日)からベッドでうたた寝していた。しかし、いきなり揺れ始めたのに驚いて飛び起きた。すると、遅れてスマートフォンの緊急地震速報も鳴り始めた。警報より揺れが早い? ある可能性が頭に浮かんでぞっとしながら、ロフトベッドから急ぎながらも慎重に降りた。揺れも木曜夜より激しい。私はまた猫たちに「大丈夫だからね」と言いながら、万一はこいつらをどうしようか、先ずケージの戸を開けて窓を開けて…。
 そうこうする間に地震は治まった。時間を見ると日は変わり16日の1時半近かった。妹はまだ起きていて既にテレビの地震速報を見ていた。
「震源は?」
「また熊本だって」
「え?」
 テレビの画面を見ると、既にマグニチュードが表示されていた。

 最大震度6強。マグニチュード7。

 震度じゃなくて、マグニチュードが7? って、この前よりでかいじゃん。ひょっとしてこっちが本震か? それで最大震度6強って何? 震度計壊れてんじゃないの?(後に最大震度7、マグニチュード7.3に訂正された)
 その後、太宰府でも何度か余震が来て、その度に家がミシミシいった。古いのにきっと頑張ってくれているんだなと思った。震度2や3が数度来たくらいで怖くて眠れなかったんで、ひっきりなしに余震に襲われている被災地の人たちはどんなにか恐ろしいかっただろう。不安だっただろう。(16日の震度3以上の地震は実に108回を記録していた! 平均すると約13分に1回震度3以上の揺れが襲ったことになる) 
4月16日の震央分布図。なんかすごい)

 今回の熊本地震は奇妙で不気味な地震だ。幸い人的被害は阪神淡路や東日本などの震災には及ばなかったが、インフラや家屋の破壊はそれに匹敵する。ふと、東日本大震災も津波が無かったらあれほどの死者は出なかったのかもしれない、と思った(実際、地震動による直接の建物倒壊や死者は少なかったようだ)。
 死者が地震の規模に比べて少なかったのは、やはり耐震基準と地震速報が功を奏したのかもしれない。また、前震があり避難をしていた人が多かったのも理由の一つかもしれない。それにしても28時間の時間差攻撃で震度7が2回もあり、さらに震度1以上の余震が短期間で1000回を超えたというのも今回の地震の特異なところだろう。気象庁が予測不能と白旗を上げたのも頷ける。初期、14日の地震を本震とみて、さらなる強大な地震が来ることを予測できず、そのために避難先から家に戻り被災し亡くなった方が出てしまったが、それで気象庁を責めるのは気の毒だと思う。これを教訓にして、大地震の後は油断せずに辛くてもしばらくは避難生活を続けるよう国や自治体等で指導すべきだろう。火事場泥棒にも腹が立つが、先ず、生きることが大事だと思う。

 まだまだ余震が続いており、強い余震が起きる可能性もある熊本・大分の被災地の方々は、まだ不安な日々を過ごしておられることと思う。私は募金や熊本・大分のものを買うくらいしか出来ないが、出来るだけ復興援助に協力したい。

続きを読む "平成28年熊本・大分地震のこと"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月29日 (日)

オバマ大統領広島訪問に思う

Heiwakouen006_1 被曝71年にして初めてアメリカ大統領が広島に来た。2016年5月28日は歴史に残すべき日になった。これで、ようやく一つの節目に来たように思われる。

 今回謝罪はなかった。しかし、その代わりに17分ものスピーチをし、潔いことに米国側の免罪符ともいえる真珠湾攻撃には一切言及しなかった。国に関係なく広島で被爆したすべての霊を悼むために、そして長崎の原爆死没者を、さらにすべての戦争の被害者の霊をを悼むために祈りをささげた。さらに、秒刻みのスケジュールの中、予定外とされていた平和記念資料館見学を慣行した。それはわずか10分間だったが、オバマ大統領にとって必ず行かねばならない場所だったに違いない。(「核のボタン」を平和公園に持ち込まねばならなかったのは非常に残念だが、こればっかりは致し方ないことだった。それはオバマ大統領の傍にあることが一番安全であり、それがアメリカ大統領の義務にならなくなった時が、核廃絶された証しになる。しかしながら、その存在はかの地で眠る御霊を騒然とさせたにちがいない) 
 オバマ大統領は言った。すべての戦争は悪だと。しかし、核兵器はまったく別格である。広島の上空で初めて核爆弾が炸裂してから世界は変わってしまったのだと。それは核兵器が絶対悪であり、それを落としたことはアメリカの過ちである、ということに他ならない。オバマ大統領は言葉を選んで選んで、彼の立場で出来得るギリギリのところで謝罪したのかもしれない、と思った。

 そして、大統領を受け入れる側の被爆者も、謝罪は要求しなかった。彼らの願いは加害者の謝罪ではない。なにより、原爆投下に直接責任のある者たちはほとんどが鬼籍に入っている(行き先が天国だったかどうかはわからないが)。手を汚してない者たちに謝罪させても虚しいだけだ。平和公園に記されている通り、過ちを繰り返さない、すなわち、核兵器の使用は今後絶対にさせてはいけない、自分たちのような苦しみを二度と誰にもさせてはいけない、それこそが被曝しその地獄を体験した彼らの願いであり、核廃絶を願うオバマ大統領は、志を同じくする者、すなわち同志であるのだ。
(もちろん、広島の被爆者のなかでも、大統領は謝罪すべきという意見もあっただろう。当然、今回のオバマ大統領広島訪問のセレモニーには、謝罪はしなくても来てくれただけで意味があるという考えの人たちが招待されたのだろうと思う。しかし、謝罪と賠償を執拗に求めることをしないということは日本人としてのプライドでもある)

 戦争やテロは憎しみの連鎖でもある。しかし、広島の被爆者の人たちはその連鎖を断ち切ったのだ。彼らだった被曝後長きにわたって原爆を落としたアメリカを恨み呪ったことだろう。同じ目に遭わせてやりたいと思ったことだろう。しかし、自分等が恨みを抱えそれの捉われていては核廃絶は叶えられない。彼らはそれに気づいたのだ。

20160528

 何よりもこのシーンは歴史に残るだろう。憎しみの連鎖を断ち、志を同じくした者同士が抱擁する世界平和を願う象徴として。
 これは、人類が新たに歩き始めた路への第一歩であると思いたい。

 ただし、次のアメリカ大統領が核問題について如何なる方向性を示すかによって、また状況は変わっていくだろう。被爆者そして核廃絶を願う人たちの心を踏みにじり、悲しみと憎悪を蘇らせることだけはしないでほしい。しかし、アメリカ次期大統領選の状況を見る限り、不安以外感じられないのだ。

続きを読む "オバマ大統領広島訪問に思う"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月20日 (日)

Anything can happen.~安全保障関連法が成立

 これはストラングラーズが小ブッシュに捧げた反戦歌だが、今の状況にシンクロしているので抗議の意味で歌詞の一部を変え、これを掲載することにした。(正規の訳詩はこちら

   Anything can happen

決して出征することのない男
しかし彼は兵士の扱いは知っていた
もとより神の如く采配する
それは彼の家系に連なる野望

なんでも叶えられる
どんなことでも
一番の愚か者が国を支配することができる
彼が支持される限り

何故おまえははおまえの規則を押しつけ、他の人々を道化のように扱うのか
俺たちがおまえを暴君と見抜いていることを知らないのか

その目で見ることになろう
俺たちの子らをを死ぬために行かせようとするおまえ
母親たちや娘たち、彼女らの嘆きを

母親たちが泣く
同胞たちが泣く
同胞たちが死ぬ
みんな死ぬ

なんでも叶えられる…
どんなことでも…

(ストラングラーズ「Anything can happen」より歌詞を一部変えて掲載しています)

【元歌はこちら】
Anything can happen

続きを読む "Anything can happen.~安全保障関連法が成立"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 2日 (水)

集団的自衛権 閣議決定関連

 考えると憂鬱になるが、とりあえず記録としてここにとどめようと思う。

続きを読む "集団的自衛権 閣議決定関連"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月27日 (日)

26日未明の福島沖地震は「アウターライズ型」

20131026_2

 なんと、ただの余震ではなかったのですね。深夜ということもあり、規模がもう少し大きければ大惨事は免れないところでした。

 不思議なことに、飛び石で佐賀の神埼市で震度1の有感地震があってます。

 

*****アーカイブ*****

続きを読む "26日未明の福島沖地震は「アウターライズ型」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 8日 (日)

2020年東京オリンピック決定

 国民1億3千万人が切望していたらしい、東京オリンピックがとうとう決定した。

 まあ、IOCも日本が一番カネになるだろうと考えたのだろうが、色々な人の思惑が入り混じっての結果だろう。例え、東北の被災者が物質的にも精神的にも置いてけぼりを食らおうと、復興が後回しにされようと(表面的な復興には力を入れるだろうが)、五輪万歳なのである。

 しかし、福島斎一原発という、慢性的な病巣あるいは「爆弾」を抱えての五輪決定である。しかも、開催までの間に、東南海巨大地震や富士山などの火山爆発などの不安要因を抱え(これらが福一にまたどんな影響をもたらすかもわからない)、はたして手放しで喜んでいいのか、バカ騒ぎしている連中の映像を見ながら、私自身はかなり悲観的な気分である。

 IOCというところは、儲けはいただき赤字は一切背負わないと言う組織らしいので、多少の爆弾を考慮しても東京に決定するだろうことは予想していた。
 だが、原発事故の後、アスリートたちのほとんどが帰国してしまったという前例もある。汚染の程度に寄れば、嫌、風評次第によっても、有力選手のいない気の抜けたコーラのようなオリンピックになる可能性もある。7年たちゃ何とかなる、大丈夫だと言う楽観的あるい無責任な思惑もあるかもしれないが、私はもう4年待つべきだったと思う。

 まあ、開会式や閉会式については、おそらくクールJAPANを押してくるだろうから、進化版ボーカロイドの「ライブ」なども見れるだろう。是非、閉会式では出場選手以下全員がコスプレをしてほしいと思う。

 まあ、悲観的になってもしかたがない。こうなったら東京オリンピックが恙なく終わることを願っている。

続きを読む "2020年東京オリンピック決定"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月28日 (日)

シンゾー、杯中に蛇影を見る。

中国国防費20兆円?軍事バランス壊れる…首相
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130427-OYT1T00265.htm

   
 安倍首相は26日夜、首相公邸で呉善花拓殖大教授らと会食し、「この2年で日本と中国の軍事的なバランスが完全に壊れる。中国は国防費を10兆円と言っているが、実は20兆円ぐらいではないか」と述べ、懸念を表明した。
 出席者が明らかにした。

(2013年4月27日08時52分  読売新聞)

 ************************

 

 国民を不安がらせて軍事力増強作戦ですか?

 あまり調子に乗っていると、アメリカ様につぶされますよ。日本の軍国化を一番恐れているのは、実はアメリカ合衆国なのだから。

続きを読む "シンゾー、杯中に蛇影を見る。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 5日 (火)

アルジェリア人質事件まとめ。

 ニュース等、人質事件のアーカイブはこちらにまとめました。

 すでに、この事件は過去のこととなりつつあります。しかし、我々はこの事件を覚えておくべきだと思います。

 ただし! 特定の国や団体等をただ非難したりしつこく謝罪を求めると言う意味ではありません(もちろん犯人は罪を悔いて償うべきですが)。

 命を懸けて他国の発展に尽くし、そこで散った人々がいる・・・これはこの事件以前にも幾度となく起こり、おそらくこれからも起きるであろう・・・と言うこと。そして、そういう善意が、宗教・思想などの違いで狂信者やならず者の、あるいは心に血を流す思いをした者の復讐心の前には、芥子粒のように吹き飛ばされてしまうものであると言うこと。しかし、それにも怯まず遺志を継ぐ人々が続いていくでしょう。おそらく人類が滅びるその時まで。

 だから、少しでもそういう人たちを守れるように、この事件をしっかりと検証して欲しい。そして、我々は事件を風化させないように記憶にずっととどめて置くべきでしょう。そしてそれは、亡くなられた方々への手向けにもなると思います。

 以下は、ニュースやNEVERまとめ等から引用した記事です。これからも追加するかもしれません。他にも追記すべき記事があれば、教えてくださると嬉しいです。

続きを読む "アルジェリア人質事件まとめ。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月24日 (土)

まろ~ん。

 栗湖と書いて「マロン湖」???
 だれか止めるヤツいなかったのか???

 

広島県ホームページより 
http://www.pref.hiroshima.lg.jp/soshiki/99/damukokettei.html

  Photo
 

 ネットでは以前から話題になっていたようだが、私はこの前テレビの深夜放送で初めて知った。一般公募の中から選ばれたものらしいが、企画段階で誰も止めなかったのだろうか。

続きを読む "まろ~ん。"

| | コメント (2)

より以前の記事一覧