« 平成28年熊本・大分地震のこと | トップページ | 子猫保護しています。里親募集中。 »

2016年6月13日 (月)

地震と陰謀論と流言と

 熊本の大地震の後、例の如く次なる大地震がいつどこそこで起きると言うデマが飛び交った。

 日にちや場所が限定されていたり、異様に大きな地震だったりする場合は十中八九デマである。また、この地震について、またしても人工地震とか放射能とか言って騒いでいる連中がいる(地震後放射線量が上がったからこれは核兵器を使った人工地震だとか)。
 阪神淡路大震災も人工地震、東日本大震災も人工地震、そして今回の熊本…、もう、またかという感じで反論するのも馬鹿馬鹿しいが、ユダヤとかフリーメーソンとかイルミナティとか出てきた段階で陰謀論確定だろう。根拠が4月14日は4+14=18で悪魔の数字になるとか、パナマ文書を隠蔽するためだとか、だんだん頭が痛くなってくる。

2016416 そもそも震度7の地震を起こすのにどれだけの核兵器が必要か、震源深さの地下約10キロの位置に核兵器を仕込むのに十分な穴をあけるにはいったい何十年かかるか。今回の震源は、東日本大震災と違って被災地の真下だ。建物の被災の多さからわかるように人目のある町中である。そんな大規模工事をそんなところでやれば目立ってしょうがないだろうし秘密裏にやることは不可能じゃないか、とか思わないのかね(前年11月にあったM7の薩摩半島西方沖地震が怪しいとか言い出す奴がいそうだが、海側から横穴を掘ってとかもっと無理だぞ)。
 因みにこの前やった北朝鮮の核実験では、気象庁が核実験場あたりの深さ0km地点マグニチュード5.1の地震を観測したということだ。M5.1が出せたんならもう一声でM7.3まで行けそうと思った人もいるかもしれないが、マグニチュードは1上がるとそのエネルギーは36倍になるので、2上がればそのエネルギーは1000倍以上になる。すなわち北朝鮮が使った爆発物(「核兵器」かどうかは定かではないので)の一千個分。もう一声と言う訳にはいかないのだ。もし、核兵器を使ったとしたらメガトン級の水爆が必要でしょう(実際に米国で行った5メガトン級地下核実験ではM7相当の人工地震を記録したらしい。しかし、その深さは1860m程度だった。10キロどころか2キロにも達していない。その時の核弾頭を地下坑道に下ろす大掛かりな様子がこれ)。しかも、2度目に起きた本震では西日本全体から関東方面まで震度1以上の地震が広がった。そんな大地震が起こせるほどの核兵器が設置出来るくらいでかくて深い穴掘るの無理でしょ。 

 東日本大震災でもその手の人工地震説が流布され、地球深部探査船「ちきゅう」が一部の陰謀論者から犯人の汚名を着せられ、抗議の電話攻めに遭うと言う憂き目にあった。理由はちきゅうが探査のために深さ10キロの穴を掘ることが出来るということ(実際の震源深さは24km。気象庁資料→平成23年東北地方太平洋沖地震。そもそもちきゅうは核兵器を仕込むほどでかい径の穴は掘れないでしょ)。因みにちきゅうの掘り進める深さは7000メートルで震源までの1/3も届かない(JAMSTECのちきゅうのホームページはここ)。抗議の数は業務に支障が出るほどだったと思うが、ひとりひとりに丁寧に説明して理解してもらったという。
 この「ちきゅう」は見学も受け入れるし、この前はNHK爆問でも特集を組まれていた(がっつり見た)。実際、東日本大震災の時も見学の小学生たちが乗っていた。胡散臭い陰謀を企てているにしてはかなりオープンではないかと思う。

 それから地震やその他の自然災害時に必ずでてくるHAARPなどの地震兵器説。バカバカしくてページを割いて 書くのもめんどくさいので、知らない方は各々調べてください。「気象兵器」で検索するとたんと出てきます。

 とにかく、ベンジャミン某とかその影響を受けたリチャード某とかいうのは有名な陰謀論者(職業陰謀論者と言うべきか)なので、鵜呑みにして惑わされないよう注意してください。
 地震直後に放射線量が上がったとかいう話は事実かどうかはわからないが、火成岩である花崗岩(いわゆる御影石)は微量の自然放射能を含んでいるらしいので、それが破壊されたせいで通常より若干放射線量が上がったということは考えられるかもしれない。熊本城の石垣も相当壊れたしね。それだとしても、人体に影響が出るほど放射線量が上がったわけではないと思うので、あまり神経質になることはないと思う。

 しかし、「人工地震」で検索すると、香ばしいブログやサイトが目白押しである。熊本地震後の現在(2016年6月前半)は、検索ワードが人工地震だけで「熊本地震は人工地震だった」という趣旨のものが上位にヒットしている。みなさん、本当に陰謀がお好きなのね。
 そもそも人工地震って地質調査のために人為的に起すもので、大体小規模に留まるものです。「大規模地震=人工地震陰謀説」というものがいつごろからまことしやかに言われ始めたのか、調べてみると面白いかもしれません。

【関連記事】
平成28年熊本・大分地震のこと
地震関係のデマに注意
地震雲の話
地震とトンデモ

 余談だが、オバマ大統領の広島訪問について書いた時知ったのだが、なんと、あの原爆投下もユダヤとかイルミナティの陰謀とかいう説があった。まさに、郵便ポストが赤いのも電信柱が高いのも、みんなイルミナティが悪いのよ、である。

|

« 平成28年熊本・大分地震のこと | トップページ | 子猫保護しています。里親募集中。 »

懐疑的考察」カテゴリの記事

自然災害・防災」カテゴリの記事

陰謀論」カテゴリの記事

コメント

すんません。休日前でお酒を飲んでしまい、さらにDVDで好きな音楽番組見ていて、サヒカブイにこちらによらせてもらいました。極論ですが、そんなめんどいことせんと、核落とせば簡単じゃんって話。何が悲しゅうて穴まで掘って核爆発させなあかんのやという話では?

僕も最近はスマホからのアホな投稿でごまかしているけど、今この時だから持論をblogで展開することが大事かもしれませんね。

投稿: drac-ob | 2016年9月21日 (水) 23:43

drac-obさん
節子、それ陰謀やない、核攻撃やww

>何が悲しゅうて穴まで掘って核爆発させなあかんのや

これはまったくそのとおり。

陰謀論の特徴
・プロセスがハチャメチャ
・物理的にも時間的にも不可能でややこしい方法
・手間や材料費や人件費でコストがバリ高。
・そもそも何故そんなことをする必要がある
・陰謀を企てるのは米国かユダヤかフリーメーソン(あるいはイルミナティ)、もしくはその複合体
・なぜか中露が「黒幕」の陰謀論はあまりない

投稿: 黒木 燐 | 2016年9月25日 (日) 03:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131526/63693851

この記事へのトラックバック一覧です: 地震と陰謀論と流言と:

« 平成28年熊本・大分地震のこと | トップページ | 子猫保護しています。里親募集中。 »