« シンゾー、杯中に蛇影を見る。 | トップページ | iPhoneに変えました。 »

2013年4月29日 (月)

悲しき天使(Those were the days)

なんか懐かしい気がする。

~Those were the days~

 日本版だとこうなる。↓

 普通のラブソングになってしまっているよーな気がする。しかし、この頃の曲はやたら「恋の」とか「悲しき」とかの冠詞がついていますな。しかも、なんでこんなタイトル(たとえばなんでこれが「悲しき天使」なんでしょうね。原詩のタイトルの方が日本版の方にも合っていると思うけど、「懐かしきあの頃」では売れなかったんだろうな)と思ってしまうものが多い。

 シンシア版で(ピッチピチで健康的すぎるな)。

~悲しき天使~

 もとはロシア民謡だそうで、確かに曲調はいかにもロシアっぽい。 ロシアの曲って国土がでかいせいか、雄大な感じのものが多い。そして、曲調がマイナーで抒情的なんで、けっこう日本人好みなんで、好きな人がおおいですね。わたしも結構好きです。「すずらん」とか「ともしび」とか。

 ロシアの曲で雄大と言えば、この「アムール川の波(さざ波)」。私も大好きでフルコーラスを歌詞見ずに歌えます。二人いたら合唱も出来るぞ。

http://youtu.be/RXhAGeQhU1o

 ボニージャックス版です。ダークダックスも好きなんですが、ボニージャックスの方が私の知ってる歌詞だったんでこっちにしました。しかし、歌唱力半端ねえ。

|

« シンゾー、杯中に蛇影を見る。 | トップページ | iPhoneに変えました。 »

コメント

よく聞くメロディなのに、題名も知りませんでした。
ロシアといえば、某鉄道会社のCM(燐さんの地方で流れているかどうかはわかりませんが)の曲を聞いているうちにどうしても欲しくなって、
ボロディンのCDを買ってしまいました。
結構気に入って聞いています。

投稿: MM21 | 2013年4月29日 (月) 21:56

MM21さん
よく聴くのに題名を知らない曲ってありますよね。
ロシアの作曲家はストラビンスキー、ムソルグスキー、チャイコフスキー、ラフマニノフ、ショスタコービッチなど、沢山いますが、どれも雄大でメロディアス、また、革新的なものも多くて良いですね。とはいえ、ほんの一部しか聞いたことはないですけどね。
チャイコさんの曲は、巌窟王でも使われてたことが記憶に新しいです。

投稿: 黒木 燐 | 2013年5月 5日 (日) 20:42

 元のロシア民謡は知りませんが,メリー・ホプキンの歌は,とてもイギリス的.歌詞も良いし,大好きな曲です.

投稿: Ladybird | 2013年5月23日 (木) 16:39

Ladybirdさん
お返事、遅くなってすみません。

メリー・ポプキン版の歌詞は哀愁を帯びていながら反面とてもシビアです。ある程度年齢を重ねた女性の歌です。
日本語版は、失恋少女の歌ってかんじですね。

投稿: 黒木 燐 | 2013年6月 6日 (木) 01:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 悲しき天使(Those were the days):

« シンゾー、杯中に蛇影を見る。 | トップページ | iPhoneに変えました。 »