« 家でせれ! | トップページ | 天罰???? »

2011年3月13日 (日)

未曽有の大規模自然災害+原発事故。がんばろう、日本!

ニフティWEB募金
http://donation.nifty.com/tokusetsu/
もう500万以上集まっています。

CNN「Photos: Earthquake rocks Japan」http://edition.cnn.com/interactive/2011/03/world/hires.japan.quake/

***********************

 東海地震の心配はやたら煽られていたが、なんと東北沖、しかも想定外の規模で茨城沖地震を誘発し、東北と関東で被害が広がった。やはり、自然の猛威には人間は太刀打ちできない。

 地震、津波、火災、福島原発の放射能漏れも逃れようがなさそうだ(微量だと思うが、いや、大量に漏れたら日本終わりですから・・・)。しかも、新潟・長野でも12日午前4時前に震度6の地震発生。なにこの群発。(ここまで、3月12日早朝)

 この地震は、世界各国でもトップニュースになり、世界中から哀悼の意と励ましや救援隊派遣を申し出てくれたようだ。救援隊については、日本が頑張って各国の地震災害時に救助に行った成果でもあるだろう。

 しかし、原発事故はすでに民間人の被曝も確認されており(しかも除染レベル!)、既にスリーマイル島を超えるレベルの災害に発展しつつある。セシウム検出の後、大爆発を起こした時は「終わった!」と思ったが、格納容器はまだ破損していないということで、少しは安心できた。

 この事故は、想定外の津波襲来のために起こったという弁明だが、炉心が爆発や深刻な破損をした時点で日本は終わってしまう可能性があるのだから、想定の数倍を予測して対策するのが筋ではないだろうか。一度来た高さの津波はまた襲来する可能性があり、それを超えることは十分予測できるだろう。ああゆる可能性を想定し、常に最良の状態を保ち、どんな不測の事態にも対応できるようにしなければならなかった(しかも、いざと言う時の安全対策が働かないなんて!)。
 その程度の技術力であるなら、原発なんて立てるべきではなかったのだ。原発事故は絶対起こってはいけないものなのだから。この狭い国土で深刻な汚染が広がった場合、逃げる場所なんてないのだ。

 東電や保安院の事故報告が曖昧なせいか、私の『朽ちていった命』書籍レビュー(JCOの臨界事故関連)のアクセスが急上昇した。皆不安なのだろう。しかし、大内さんの被曝は特殊な状況下においてのものだった。あまりお役に立てなかったのではないだろうか。民間で20シーベルトもの被曝者が出た時は、すでに日本中が大事になっているだろう。

 しかし、味も臭いもなく被曝しても痛みも感じないのだから、周囲の方々の不安は想像を絶するものだろう。地震や津波への恐怖だけでも相当なストレスなのに。

 原発だけは、本当にどうしようもない。何故、あんな人の手に負えなくなるものを何基も経てたのか。しかも、大地震や大津波の被害がある可能性が高い場所で?
 愚かとしか言いようがない。

 政府の発表も、原発に関しては腫物を触るような感じでいまいち歯切れが悪い。パニックが怖いのかもしれないが、今は出来るだけ正確な情報を流すしかないのではないか。国民をもっと信頼してほしい。

 今回の地震は、未だ日本が、いや世界ですらほとんど経験のない災害となった。地震や津波という自然災害とともに、最悪の人災である原発事故まで起きてしまったのだ。

 しかし、今まで数々の災害や敗戦の焼野原から立ち直って来た日本だ。今回も必ず立ち直れる。
 被災地も被災を免れた地域も、日本中で団結してこの災害に立ち向かおう。一人一人が出来ることをやっていこう。
 そして、世界に真の強さと言うものを示そう。真の強さとは軍事力ではなく、苦境から立ち直る底力だということを。

 今回の地震の犠牲者に哀悼の意を示すとともに、被災者の方々へのお見舞いと、被災地の1日も早い復興を心から願っています。 

Sndays_newspaper

英国インデペンデント紙日曜版(シンディ)の一面↑と東北大震災について伝える記事↓
http://www.independent.co.uk/news/world/asia/towns-vanish-thousands-die--ndash-but-a-nation-begins-its-fightback-2240508.html

   涙が出ました・・・。

■注記■

 この災害についての数々のデマが飛び交っています。また、この災害を利用して利益を得ようとする心無い人たちも少なからずいるようです。また、予言していたと言い出す輩もでてくるとおもいます。
 みなさん、冷静に判断して、心無い人たちに惑わされないようにしてください。

******************** 

■アーカイブ

地震:「阪神」の180倍規模…専門家「1千年に1度」
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110312k0000m040188000c.html

 東北沖大地震は、記録が残る中で国内最大の規模(マグニチュード=M)8.8(9.0に修正)を記録した。1995年に起きた阪神大震災(M7.3)の約180倍という、とてつもない巨大地震。気象庁によると、太平洋沖の岩手県から茨城県まで、複数の震源域が連動して動き、巨大地震になったとみられる。専門家は「死者1000人を出した貞観(じょうがん)地震(869年)に匹敵する」と指摘する。

 M8.8という規模は、どれほどのインパクトを持っているのだろうか。

 地球の表面を覆う岩板(プレート)の境界では「プレート境界型」と呼ばれる巨大地震が起きやすい。大きな被害をもたらした過去の東海地震、東南海地震、南海地震などはいずれもプレート境界型。気象庁は、今回の東北沖大地震も海側の太平洋プレートが陸側の北米プレートの下にもぐり込むプレート境界で起きた地震と分析する。

 これだけの規模になったのは、プレートのずれが大きかったからだ。気象庁によると、今回、岩手県から茨城県までの南北約400キロ、東西約200キロがずれたとみられる。地震は、ほぼ南と北方向から圧力がかかる逆断層型で、ずれる面(断層面)に水平に押し合う力が働き、上側の部分が断層面に沿ってずり上がった。太平洋で起きるプレート境界型地震の典型的なパターンだ。最初の地震後に、茨城県沖や福島県沖などで起きている地震は余震と考えられる。

 筑波大の八木勇治准教授(地震学)は「少なくとも長さ500キロ、幅100キロ以上の断層が動いた。ずれ幅は最大で8メートル前後。福島県沖に大きなひずみがたまっているところもあり、複数の領域が一度に動いたと考えられる」と話す。

 古村孝志・東京大地震研究所教授(地震学)は「日本で起きる最大級の地震が起きた。2005年8月に発生した宮城沖の地震(M7.2)のあと、震源域にずれ残った部分があり、そこが地震のきっかけになった可能性がある」と指摘する。

 今回の震源の近くに、過去に繰り返し起きてきた「宮城県沖地震」の想定震源域がある。「今後30年の発生確率が99%」と予想されていた同地震の規模は「M7.5~8程度」で、今回のM8.8はその約90倍にもなった。気象庁は、「宮城県沖地震の想定震源域も破壊された可能性はあるが、想定を大幅に上回る範囲で破壊が起きた」と分析する。このように、広域で連動して起きた巨大地震は、チリ地震(1960年)、スマトラ沖地震(2004年)がある。

 東北地方の地震に詳しい大竹政和・東北大名誉教授(地震学)は「これに匹敵する地震としては、大津波を引き起こし2万人を超える死者・行方不明者を出した1896年の明治三陸沖地震。余震は長く続くが、だんだん間遠になり、規模も小さくなっていく。震源域が広範囲なため、各地に影響が残るだろう」と話す。

 今回の地震との類似性が指摘される貞観地震は、869(貞観11)年7月に発生した。産業技術総合研究所の最近の解析によると、貞観地震の震源域は宮城県沖~福島県南部沖の長さ200キロ、幅100キロ、地震の規模はM8.4と推定される。政府の地震調査委員会の阿部勝征委員長は「今回の地震はすごい地震で言葉も出ない。貞観地震の再来かもしれない。過去1000年に1回起きるかという巨大地震だ。最近は、東海地震や東南海地震、南海地震に注目が集まっていたが、東北地方の地震の見直しをしているところだった」と話す。

 さらに古村教授は、「この地震をきっかけに大きな内陸地震が起きる可能性がある」と指摘する。過去には、1944年に東南海地震(M7.9)、46年に南海地震(M8.0)が続けて起きたが、その間にあたる45年に内陸で三河地震(M6.8)が起きている。

|

« 家でせれ! | トップページ | 天罰???? »

東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

インディペンデント紙にはちょっと来ました。

この混乱の中、よその国みたいに暴動や略奪が無いのが救いです。
ホントに、日本て国、凄いと思います。

私の所は今回は被害がないですが、東海地震が起きる範囲に有ります。人事には思えません。

被害に有った方々にはお見舞いを申し上げます。
気の利いた言葉が出てこない自分が歯がゆいです。

投稿: GPZ | 2011年3月14日 (月) 01:03

GPZさん

新聞が、他国の被災に対する応援を第一面でやる、と言うことは、まれなのでしょうか? 少なくとも、日本じゃこれまで見なかったと思います。
しかも、イギリスの新聞の第1面に日の丸だなんて、前代未聞ではないでしょうか。

暴動はまだですが、窃盗や空巣は出てきたようですね。
それでも、外国に比べればかなりマシなのでしょう。

投稿: 黒木 燐 | 2011年3月22日 (火) 02:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131526/51096237

この記事へのトラックバック一覧です: 未曽有の大規模自然災害+原発事故。がんばろう、日本!:

» 初めてではなかった福島原発メルトダウン危機 [Dendrodium]
あわやメルトダウン、福島第一原発2号機電源喪失水位低下 2010年 06月 19日 今日19日から、東京電力は福島第一原発3号機の定期検査に入り、9月23日までの間に、安全審査の想定外のMOX燃料を装荷しプルサ...... [続きを読む]

受信: 2011年3月14日 (月) 13:44

« 家でせれ! | トップページ | 天罰???? »