« いいにおいだけど、嫌なもの。 | トップページ | 海軍浜の由来 »

2010年9月25日 (土)

中国人船長釈放! ひょっとしたら、歴史的な事件になるかもしれない・・・。

 あまりにも最悪なタイミングである。報復を恐れて、犯罪者を開放してしまった・・・。事実上の無罪放免である。このニュースを知った時、会社にいることも忘れて「馬鹿な!」と叫ぶところだった。

 こんな釈放の仕方は有り得ない。連中は交渉もまともに出来ないのか。ダッカ事件で「人の命は地球より重い」と言って、テロリスト(しかも国産)を結果野に放った首相がいたが、それに匹敵する愚行である。地検の判断ということだが、この急な方向転換は政府側の圧力としか思えない。

 天秤に掛けて釈放が適切だと判断されたにしても、日本人が逮捕された直後はない。これで、日本はちょっと脅したらすぐに尻尾を巻いて言いなりになるということを世界に示してしまった。これが尖閣諸島奪取へのジャブだったとしたら、これからは本格的に行動を起してくるだろう。他の無法者国やテロリストや海賊からますます狙われるかもしれない。多分帰国した船長は英雄扱いだな。

 管首相はこの騒ぎを一過性のものとして、すぐに収まるだろうと考えているらしいが、おそらく長く遺恨を残すことになるだろう。小泉元首相は未だに大嫌いだしやり方も賛同しているわけではないが、ああいう冷酷さは指導者には不可欠だなとつくづく思った。

 9月24日は、ターニングポイントとなるかもしれない。一度負け犬と貼られたレッテルはなかなか剥がせない。世界のいじめられっ子、パシリ、ATMにならなければいいけどね。

 ・・・って、今までどおりか・・・。

 しかし、このあおりが社員を拘束された会社に集中しなければいいのだが・・・。

 しかし、この件に関して海保に抗議の電話をいれた人が相当数いたようだが、今、誰よりも悔しい思いをしているのは海保だろうに。これでやる気をなくさずにこれからもがんばって欲しいと思う。
 これから無法者が押し寄せて、もっと守りが大変になるだろう。がんばれ海保。もう、多少ぶっ放したって国内からは文句は出ないと思うぞ(って、おい)。

追記。

 中国側がしつこく謝罪と賠償を要求してきたようだ。これにまで応じた場合、完全に国民の支持を失うぞ。どう出る、日本政府。
  

【アーカイブス】

中国人船長、釈放へ=「日中関係を考慮」―尖閣沖漁船衝突・那覇地検
2010年9月24日(金)22時6分配信 時事通信
http://news.nifty.com/cs/headline/detail/jiji-24X689/1.htm

 沖縄県の尖閣諸島沖で中国漁船が海上保安庁の巡視船に衝突した事件で、石垣海上保安部が公務執行妨害容疑で逮捕した中国人船長※(※=簷の竹かんむりを取る)其雄容疑者(41)について、那覇地検は24日、国民への影響や日中関係などを考慮した上で、29日の拘置期限を前に処分保留のまま釈放することを決めた。船長は釈放手続きが済み次第、25日未明に中国側チャーター機で帰国する予定。
 釈放決定について、仙谷由人官房長官は「検察が総合的に判断した。国内法に基づいて(捜査を)進めた結果だ」と述べた。事件の影響が経済分野にも飛び火する中、両国の対立がこれ以上深まるのは望ましくないとする政治的な判断が働いたとみられる。
 同地検の鈴木亨次席検事は記者会見し、釈放理由について「事件に計画性はなく、わが国での前科がないなどの事情も認められる」とした上で、「国民への影響や今後の日中関係も考慮すると、これ以上容疑者の身柄拘束を継続して捜査を続けることは相当ではないと判断した」と述べた。
 柳田稔法相は釈放について「指揮権行使の事実はない」と述べた。那覇地検は福岡高検、最高検と協議の上、船長の釈放を決めたとしている。
 那覇地検は、船長が故意に、漁船を巡視船に衝突させたとしており、今後起訴猶予処分とする見通し。
 国土交通省によると、中国側チャーター機が25日午前1時半ごろ、石垣空港に到着。すぐに同容疑者を乗せ、中国福建省に戻る予定だという。 

---------------------------------------------------------------------

【中国人船長釈放】「国民に納得のいく説明を」 共産委員長がコメント
2010.9.24 17:18
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100924/stt1009241720004-n1.htm

このニュースのトピックス:領土問題
 共産党の志位和夫委員長は24日、那覇地検が中国人船長の釈放の決定を発表したことについてコメントを発表した。全文は次の通り。

       ◇

 尖閣諸島付近の日本の領海で、外国漁船の不法な操業を海上保安庁が取り締まるのは当然である。検察は、逮捕した船長を「処分保留」として釈放することを決めたが、逮捕の被疑事実、釈放にいたる一連の経過について、国民に納得のいく説明を強く求める。

 このような事件を繰り返さないためには、日本政府が、尖閣諸島の領有権について、歴史的にも国際法的にも明確な根拠があることを中国政府や国際社会に明らかにする積極的な活動をおこなうことが必要である。同時に、わが党は、中国側に対しても、こうした事件にさいして、緊張を高めない冷静な言動や対応をとることを求めたい。

 志位さんがまた至極まともなことを言って、2ちゃんねるで賞賛。世の中変わったものだ。どれだけ今の与党が支持されていないかがよくわかる。

********************************************

 【米WSジャーナル紙】“弱腰”日本のあまりにも早い“屈服”に非難集中、日本は完全に「敗者」となってしまった。

1 名前:どろろ丸φ ★ 2010/09/25(土) 03:53:17 (原文が英語だったため、2ちゃんねるより転載)

この一週間、中国と日本はおかしな「脅し合い」ゲームを繰り広げてきたが、ネット社会での辛らつな反応などから判断する限り、日本は完全に「敗者」となってしまったようだ。
拘留していた中国の船長を釈放すると日本が発表するやいなや、弱腰だとして与党・民主党には統治能力がないとの非難の声が挙がった。

「この国には外交政策なるものがまるで存在しないし、その能力もない。アッサリと最後のカードを放棄するなんて日本の恥だ。中国にいいように振り回されている」…ある者はTwitterでこう不満を漏らした。
また、別の者は、「中国なら“屈する”なんていう概念もないんじゃないの?」と言う。さらに、「民主党のせいで、民主主義や国の主権といった概念が失われようとしている。この統治能力のなさにはびっくりするしかない。前政権の自民党よりひどい」といった声も挙がった。

大阪検察局(原文ママ)の当局者は急遽開かれた記者会見で、「私たちはこれ以上、容疑者を拘留して取調べを行うことは相当ではないと判断しました。そしてまた、日中関係の将来についても考慮しました」と語った。

この政府決定は、日中両国間の観光やビジネス上の関係ではプラスになるかもしれない。しかし、国民の審判が民主党や菅直人首相の人気にどういうかたちで現れるかは現時点では分からない。そして今度は、中国・河北省で拘束されている4人の日本人(フジタの社員)の処遇に注目が集まる。
中国の軍用地で、許可無く軍事的目的でビデオ撮影をしていたとされる。もしも彼らがさらに長期間にわたって拘束され続けることにでもなれば、間違いなく今回以上にネット上で大騒ぎになるだろう。

米ウォール・ストリート・ジャーナル:
http://blogs.wsj.com/chinarealtime/2010/09/24/did-japan-cave-to-china-too-soon/

|

« いいにおいだけど、嫌なもの。 | トップページ | 海軍浜の由来 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いいにおいだけど、嫌なもの。 | トップページ | 海軍浜の由来 »