« 映画の宣伝です。 | トップページ | いったいこの人たちは何を探しているのだろうか・・・? »

2010年6月 7日 (月)

口蹄疫:続報 主力級種牛5頭は陰性。

主力級種牛5頭陰性に安堵「苦しい中にも光」
http://news.nifty.com/cs/domestic/societydetail/yomiuri-20100606-00391/1.htm

 不幸中の幸いとはまさにこのことかもしれない。

 18万頭の牛豚たちの分の命を背負っているとも言える彼らは、本当に希望の光だろう。日本中で多くの人が応援しています。がんばれ、宮崎。

署名及びカンパの窓口
http://group.ja-miyazaki.jp/fmd/
 よろしくお願いします。

|

« 映画の宣伝です。 | トップページ | いったいこの人たちは何を探しているのだろうか・・・? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

真っ向からぶつかる。。これは政治の世界では蛇足と
呼ぶ正に夢物語らしい・・

様々なトラブルに、事故に直面した時に、県や市の長の
采配・腹の括り方によってはこうして、希望の光・命を
背負う命達を守る事も有りますね。
選挙に嫌気の差す今、インフルエンザ打開から生まれた
長はコウテイ疫と闘う姿を見ると、途中ポカも有り
ましたが、選挙の大切さを実感致します。

これからが大変だと思います。
前線で闘う人達の源は応援と支持だと思います。
「忘れずに」支持し続ける事こそが、国に利用される地方から脱却する1つの方法だと思うのです。

改めて感じた事ですが、個々の於かれる立場により差は
有りますが、普通の感覚に普通の常識、道徳を普通に
会話し、普通に訴える「普通の事」が最後には残る。
ボランティアをして居た中で、命に無知無智無恥の
現場を目の当たりにして、宮崎の方々の心痛も少し
ばかり理解できます。
誹謗中傷で傷ついたでしょう。
言うは易しするは難し。。と国に言いたい!

投稿: アルコ | 2010年6月 7日 (月) 14:24

いつも応援ありがとうございます。

ただ、まだまだ予断を許さない状況は続いています。幸い、えびの市のほうはなんとか治まりつつありますが、児湯地区は相変わらず新しい農場が被害にあっています。今朝の地元紙に一人で畜産をやっていた方が、この間の心労で布団の中で亡くなっていたという記事が出ていました。新潟から応援に来た獣医さんも怪我をしたとか、西都市の職員が作業中に高所から落ちて大怪我をしたとか、おそらくまだまだニュースになっていない不幸事がたくさんあるのでしょう。

しかし、クラッシュじゃないけど地元はみんな"I'm not down"の気持ちでなんとか乗り越えていきたいところです。

投稿: drac-ob | 2010年6月 7日 (月) 23:28

いつも行くコンビニでは口蹄疫のための募金が終了してしまいましたが、今日行った所は遣っていましたのでワンコイン入れてきました。

こちらの地元紙は政治関係のニュースばかりです。まだまだ記事にした方がいい出来事はあると思いますので、種牛やえびの市の事で「少し」ホッとした気持ちが「もう大丈夫」に摩り替わらないと良いと思います。

投稿: GPZ | 2010年6月 8日 (火) 23:16

アルコさん、こんばんは。

人間、土壇場でその人となりがわかりますね。
「早く殺せといったのに」と言って嗤った赤松元農政大臣と、作業着で現地の畜産農家の方と一緒に泣く江藤議員、どう見ても悪代官と黒門町の伝七レベルの差でした。
流石に内閣改変で農政大臣を降ろされましたが、それは、彼が責任を取ることなく開放されたことになります。

>普通の感覚に普通の常識、道徳を普通に会話し、普通に訴える「普通の事」

権力を持つと、こういった普通のことを忘れてしまうものなんでしょうか・・・?
今までさんざっぱら批判していたことを、自分らもやってしまうということ。民意で選ばれたから自分らは違うと? いや、前与党が与党を長年やってたのもこれまた民意だったのですから、勘違いしてもらっても困りますよね。
さて、新政権になって支持率がうなぎ上りですが、またジェットコースターにならないように祈ってます。

政権維持に心を砕くのではなく、人の痛みのわかる政治をして欲しいものです。

投稿: 黒木 燐 | 2010年6月10日 (木) 00:42

drac-obさん、おはようございます。

この件に関して、本当に辛い現状を目の当たりにしていない者が触れる資格があるのかと悩みながら、申し訳ない気持ちで書いていました。
しかし、検査で母の癌が見つかって、その写真を見たとき、畜産農家の方が自分のところの牛や豚が発症した時の愕然とした気持ちが少しわかったような気がしています。
災害は起こっているときはもちろん大変ですが、本当に大変で怖いのはその後です。
今後終息に向かったとしても、しばらくは支援の手を緩めないで欲しいと思いますが、国の対応は、やはり当てにならないのでしょうね。

投稿: 黒木 燐 | 2010年6月10日 (木) 07:21

GPZさん

会社の近所のローソンはまだ募金していました。
やはり同じ九州なので、少しは違うのかもしれません。
とはいえ、こっちもあまり口蹄疫関連のニュースはないみたいです。

昨日は都城で新たに口蹄疫発生らしいというニュースがはいってました。
なかなか安心できないのがウイルスの怖いところです。
アルコールじゃ死なない(インフル等一部除く)らしいですから、普通の消毒じゃ効かない。
我が家の猫たちが猫ジスもらって来た時は、獣医さんから専用の消毒薬をいただきました。普通なら塩素系漂白剤で十分なんですけど。
世間はやはり新内閣の話題で持ち切りで、支持率もうなぎ昇りですけど、沖縄や宮崎みたいな民主党政権でひどい目にあったところの信頼回復は難しいでしょう。
っていうか、果たして見捨てずにやってくれるのか心配です。

投稿: 黒木 燐 | 2010年6月10日 (木) 12:48

素人の私が生意気な意見して、失礼します。

塗り潰される宮崎地図を見ると、心が痛みます。
そうかと言って何も出来ませんが、宮崎への悪態を
つく人への反論と宮崎物産を購入する程度です。

何処かの見出しに知事の「気が緩んだ・・」と反省の
言葉が出てました。
一度でも、命にかかわる災害・人災に遭った人なら
分ります。。
責任者としては・・ですが、人間として分ります。


計り知れない緊張感と県民の生活、責任をとる筈の国は
お祭り騒ぎ。
国家の力でしかまとめられ無い「災害」なのに・・・
命に直面した対応を見て、この支持率・・凄い。

世界でも有数の衛生大国日本。
どうしてこう成るの?発生が拡大?
世界にはもっと不衛生で過酷な農場、酪農有ります。
冷静に見て、考え、普通の疑問です。
新しいテ○みたい。
これにより輸入に流れが変わるなんて許せませんからね

失礼しました。

投稿: アルコ | 2010年6月11日 (金) 14:03

今朝のTVで、牛が無造作に(そう見えた)埋められていく映像を見て、ショックを受けました。
どこかで感情を押し殺していかなければ
とてもこの現状に対処していけないのでしょう。

辛いです、苦しいです。
でも、光を信じましょう。
明日は、あるんだ。

・・・・・・・

投稿: MM21 | 2010年6月11日 (金) 22:00

えびの市が収まったのでこれから収束して行くかと思いきや、広がってる
選挙がらみでこちらの地方紙にも記事が出ていましたが、この状態で宮崎は選挙をやらなきゃならないの?出来るの?政治に疎い私でも疑問に思うよ。

投稿: GPZ | 2010年6月18日 (金) 01:43

国民の為にーー!の言葉や文字を利用するだけで、
選挙は何時しか、次の選挙迄のハローワーク。
信念とか援助とか、知恵とか無し。
知事が国に出たがった気持ちが、今に成って
少し分ります。。。

雨の被害が無い様に祈ります。

投稿: アルコ | 2010年6月18日 (金) 15:00

MM21さん

無感情に機械的に処理していかなければ、とても精神的に耐え切れないでしょう。畜産農家の方々のみならず、殺処分に携わる獣医師たちや、遺体処理をする自衛隊やボランティアの方々が、ちゃんと精神的にケアされることを願います。
現地を視察された菅さんは、実際に殺処分される現場や夥しい家畜の遺体が放置されている現状は見たのでしょうか。
見ていないなら、改めて目をそらさずに見るべきです。その後で万全な対策を立てるべきだと思います。
ウイルスが広がれば、その地獄絵図は日本中に広がってしまうのですから。

投稿: 黒木 燐 | 2010年6月20日 (日) 16:40

GPZさん

民主党としては、党首が変わって支持率を取り戻した今、それが下がる前にとっとと選挙をすませたいと思っているのでしょう。
しかし、口蹄疫禍はすでに国家的危機に直面しています。ウイルス感染は拡大した場合、治まったと見えても数週間後に再燃することが多々あります。しかも、まだあちこちに突発的に感染が起こっている最中です。いつ県外に飛び火してもおかしくないのです。
私も宮崎の災禍が治まる目処がつくまで期日は遅らせるべきだと思うのですけど、民主党としては、そんなに重大なこととは思っていないのかもしれません。国民より国家より、政権維持が大事なのでしょうか・・・。

投稿: 黒木 燐 | 2010年6月20日 (日) 16:50

アルコさん、まとめレス失礼します。

今から出かけねばならないので、帰ってから続きを書きますね。

投稿: 黒木 燐 | 2010年6月20日 (日) 17:07

書き込みさせて頂いて有難うございます。
レスにお気遣いなく。

どの政権も政治家の殆どが、選挙以外何も出来ない!と
言う事だと思います。
政治家の仕事は選挙。それに数十億円・・一番の無駄。
なので、脱官僚なんて言った途端に、国民が受けるべく
納税に見合うサービスの質が低下する始末・・お粗末。

国内に起きる危機や起す危険に対応するのは、政治家
以外の自衛隊、現地自治体、市民、各レスキュー隊。
「民意選出の責任論」とやらを、好む政治家が
責任をとったのを経験した事がない。
弁護士資格の議員も良いが、己を守るばかりの羅列より
例えば宮崎危機現場を選挙より優先出来ないものかしら
「命を守る」と言ったあの人達に聞いてみたい。

「議員の仕事は選挙です!」か?

投稿: アルコ | 2010年6月20日 (日) 20:08

アルコさん

日本と言う国は不思議なことに、除菌除菌とヒステリックにいう割りに、公衆衛生については立ち遅れているようです。公衆衛生の専門家も少ないそうです。そういったあたりも、今回国の対応が遅れた要因かもしれませんね。
選挙に出て議員になろうとする人の多くは、初期はそれなりに希望や意欲を持っているのだろうけれども、議員センセイになった段階でいつの間にかその座にしがみつくように本末転倒してしまうのかもしれません。

政治家の給料を安くして、選挙に出る人にはまず資質等の厳しい試験があって、受かった人にだけ選挙に出る許可が出、その代わり選挙資金ももらえると言う制度にしたらちっとは有能な政治家が出てくるかも・・・。

最近、三島が腹を切った気持ちが少しわかるような気がしてきました。

投稿: 黒木 燐 | 2010年6月21日 (月) 01:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 口蹄疫:続報 主力級種牛5頭は陰性。:

« 映画の宣伝です。 | トップページ | いったいこの人たちは何を探しているのだろうか・・・? »