« 口蹄疫とは共生出来ないのか? すべて殺処分する以外方法はないのか? | トップページ | 口蹄疫続報:ワクチン投与後に全頭処分へ…政府方針 »

2010年5月18日 (火)

口蹄疫で ついに非常事態宣言

宮崎県知事、非常事態宣言 (共同通信)5月18日(火)11時40分
http://news.nifty.com/cs/topics/detail/100518270135/1.htm

 こうなっては、日本中に広がる前にワクチンを使うことを考慮すべきではないかなあ。すでに、外国からも問題視されているだろうし。

 殺処分のほうが、問題も少なくてコストも安いかもしれないけど、ここまで広がっては感染を防ぐにはワクチンしかないように思える。これは、フランスなどで行っている方法らしい。

 しかし、日本の消費者は異様に潔癖症だから、どっちにしても市場に響くだろうが。

 それにしても、去年の今頃は新型インフルエンザで、今年は口蹄疫。つくづく、感染症というものの怖さ・難しさを思い知らされるこの頃である。

 

 関連記事

口蹄疫とは共生出来ないのか? すべて殺処分する以外方法はないのか?
http://kuroki-rin.cocolog-nifty.com/heaven_or_hell/2010/05/post-525b.html

|

« 口蹄疫とは共生出来ないのか? すべて殺処分する以外方法はないのか? | トップページ | 口蹄疫続報:ワクチン投与後に全頭処分へ…政府方針 »

ニュース」カテゴリの記事

感染症の話」カテゴリの記事

コメント

燐さん、有難う。

病畜が出たからと健康な家畜まで殺処分というのは、当の家畜もかわいそうだが農家の人もつらいだろう。経済的損失ももちろん、精神的にも参ってしまわなければいいが、と思う。

それと非常事態宣言を出すのが県なのはなぜだろう?まだ、国が乗り出す程では無いという事?


風評被害などは困るけど、消費者も少しは困ればいいと思うよ。そうすれば人事でなくなるからね。ちょっと過激かしら。

投稿: GPZ | 2010年5月19日 (水) 11:42

GPZさん

ウイルスと共生出来れば、このように大量に殺処分することはなくなりますが、なかなかハードルが高いです。
しかも人が存在をコントロールしている家畜なので、なおさらです。
これが人間だったらそうはいかないですけどね。

これだけのことが起きてしまうのは、口蹄疫ウイルスの感染力と、感染すると牛が乳を出さなくなり、資産的価値がゼロになるという、経済面からです。牛が死ぬことはめったにないし、人に対する感染力はかなり弱い。
何とかなりそうな気がするんですけどねえ。

上に書いたように、ワクチン使用に踏み切ったようですが、あくまで最後は殺処分です。

>それと非常事態宣言を出すのが県なのはなぜだろう?まだ、国が乗り出す程では無いという事?

上の質問ですが、多分、今のところ宮崎県からウイルスが出ていない(確認されていない)からでしょう。
手前味噌ですが、私の小説でも、F県知事がまずF県内で非常事態の特別放送をしてます。
宮崎から出て九州、四国、中国地方と広がり続けた場合は、国として非常事態宣言を出すのではないかと思います。

食料自給率の少ない日本です。動物愛護の面はもとより、もったいないという意味でも、どうにかならないものかと思いますね。

投稿: 黒木 燐 | 2010年5月19日 (水) 15:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 口蹄疫で ついに非常事態宣言:

« 口蹄疫とは共生出来ないのか? すべて殺処分する以外方法はないのか? | トップページ | 口蹄疫続報:ワクチン投与後に全頭処分へ…政府方針 »