« 小沢秘書3人逮捕と本丸不起訴の波紋 | トップページ | 転職 »

2010年2月 7日 (日)

添削

 近所の本屋には、売れ筋コミックスの新刊が出ると、短冊状の厚紙にタイトルと巻数を書いて貼り出すのが恒例だ。
 だが、『バガボンド』がいつも『バカボンド』になっていて、毎回気になっていた。まあ、良く勘違いされるミスではあるが。

 しかし、今回、誰かが赤字で濁点を付け加えていた。我慢できずに添削したのだろうか。赤字というのがいかにもである。

 さて、問題の写真がこれだ。

 ちょっと貼られてから時間が経っているので、紙がよれているのはご愛嬌。

Tensaku

|

« 小沢秘書3人逮捕と本丸不起訴の波紋 | トップページ | 転職 »

ネタ」カテゴリの記事

コメント

近所のスーパーでは豆の名前「ガルバンゾ」が「ガンバルゾ」になっていた(^^;)今は直っているようだ。
仕事柄、赤字入れたくなる看板とか張り紙とか、いっぱいあるゾ(爆)

投稿: bergkatze | 2010年2月 8日 (月) 01:35

bergkatzeさん

ガルバンゾ→ガンバルゾ
わかるような気がします。それに、日本語をもじった駄洒落的商品名が多いですから、ガンバルゾでも不思議に思わなかったのでしょうね。

まあ、問題は「ちんすこう」や「おこめ券」「おこと教室」のように、間違えたら取り返しのつかないものがあることです。

投稿: 黒木 燐 | 2010年2月 8日 (月) 02:03

「ウコンの力」はどうでしょうか?
バカボンドはつい、この間まで、
バカボンパパがよーけ出てくる、
マンガだと思ってました・・・^^;

投稿: aonosato | 2010年2月 8日 (月) 07:37

aonosatoさん、こんにちは。

>「ウコンの力」はどうでしょうか?

おっと、それがあったか!(笑)

私は『詩人の魂』という歌でバガボンドという言葉を知ってましたから、間違えませんでしたが、何も知らないと読み間違える率が高いでしょうね。

投稿: 黒木 燐 | 2010年2月 8日 (月) 12:54

添削というのとはちょっと違うのですが
今日TVで、立松和平さん死亡のニュースの中で
死因を「タキゾーフゼン」と読み上げたアナウンサー。
さりげなく他のキャスターが、後から
「多臓器不全で」とやや強調しておっしゃっておられました。
私もホンの数日前まで
「塙保己一」を「なにわほのきいち」と読んでおりました。何でやねん~!

投稿: MM21 | 2010年2月10日 (水) 21:10

MM21さん

私は読み方どころか塙保己一(はなわ ほきいち)すら知りませんでした。ヘレン・ケラーがお手本にされたと言う立派な方なんですね。
佐賀県で有名になったはなわの本名がこの塙ですね。ナイツの塙宣之(ボケのほうだが、名前がいかにも某カルトらしいですね)は、はなわの弟だし。

昔、猫十字社の『小さなお茶会』じゃない、『黒のもんもん組』で、とらじゃの過去話をする件があったのです。
ゴリラ落としをご存知なMM21さんならご存知かもしれません。
お父さんが腎臓病で寝たきりで、とらじゃが
「おとーまの腎臓が悪いんじゃ~」
「おとーまの腎臓」
「とーまのじんぞう」
「トーマの心臓」
「バンサーイ、バンザーイ、バンザーイ」
(とらじゃといっしょに、死にかかったおとーままでがバンザイをしていた)
と言う件があったのですが、最近これが関西限定CMかなんかのネタらしいことを知りました。
最近まで猫十字社のオリジナルネタとばかし思っていたので驚きました。

投稿: 黒木 燐 | 2010年2月11日 (木) 12:31

タウン誌の記者が焼きソバ屋のお品書きに「コラー」と「フンター」とあったが怒られそうで頼めなかったという話が忘れられません。

ガルバンゾとバガボンドは私も毎回思います。そして
モズクガ二がどうしてもモクズガ二に、、、違う逆でした。

読むほうでは私の周囲にはストロビードライフロアブルが一発で読めた人がいません。植物の通販カタログなんてもっと凄いぞ。
リクニスは肉リスになるし、バイオレットジャックがバイオレンスジャック(永井豪かい!)と読めてしまう。一体どんなんだ?

黒もんはあのブラックさがきつくて持ってない。今なら楽しめそうだからブック〇フで探してみようかな。しかし燐さん守備範囲広いですねえ。MM21さん話取ってしまってすみません。

投稿: GPZ | 2010年2月11日 (木) 17:38

GPZさん
飲食店のお品書きにもけっこう間違いがありますね。
昔、カレンダーに書いてある格言で、「洒落」が「酒落」になってました。最近はどこもワープロ使ってますから、こんな間違いはほとんどなくなりましたね。

昔、友人達とそういう言い間違いで盛り上がったととがありますが、その時秀逸だったのが「びっくりナマコ」と「ネッシーワルツ」でした。

モクズガニ、確かにうっかりとモズクとやってしまいますね。
ストロビードライフロアブルは、フツー読めないというか、馴染みが無いと思われ。なんとなく、最強に臭い食べ物に語感が似てますね。
うっかりやっちまうのが、手持ち無沙汰→手持ぶたさ。
いきなり沖縄風味になります。「手持豚さー、なんくるないさー」

『黒もん』は、あのシュールさが好きでした。
高野まさこさんの『ムッシュー! X氏』もそのシュールさが好きでしたが、いつの間にか『シュガー・ベイビー』とかいう、かーいらしい漫画を描き始めてしまいました。そういえば、赤座ひではるさんも『チリリン、ふたり乗り』なんて、ナンパな作品を描いてましたな。もっと昔にりぼんに連載されていた『猫とお姫様』のシリーズは、可愛いながらこっそりと毒があって好きでしたが。

>バイオレットジャックがバイオレンスジャック(永井豪かい!)と読めてしまう。

これは、しょんなかたい(しかたがないなあ)。

投稿: 黒木 燐 | 2010年2月13日 (土) 09:37

びっくりナマコ、さかなくんが描いたつぶらな瞳のナマコを想像、かわいくて爆笑です。

シュールストレミングかなあ、たしかにぃ~。ストロビーはパンに載せて食べないでね。農薬ですから(^^)v

あの後、ブラックボンバー、レッドソードも発見。危ないったらありゃしない。って黒いスイカと赤いオクラなんだよ。食べると美味いです。ちなみにリクニスは花でバイオレットジャックは紫色のインゲン豆です。ちゃんちゃん。

投稿: GPZ | 2010年2月13日 (土) 14:57

GPZさん

>ブラックボンバー、レッドソードも発見。

スーパー戦隊の武器を連想しました。
ヴェジブラックの必殺技ブラックボンバー。黒いスイカ型爆弾。
ヴェジレッドの必殺技レッドソード。赤いオクラ型の剣。

>バイオレットジャックは紫色のインゲン豆です。

『ジャックと豆の木』繋がりでジャック?
あはは、ベタ杉。

投稿: 黒木 燐 | 2010年2月14日 (日) 18:53

ヴェジブラックにヴェジレッド! うははは!
こう繋げてくれる燐さん、好きだわぁ。
グリーンソードはあったので残るはピンクとブルーあたりかな?ピンクはハバネロのピンクハリケーンとか、ブルーは難しいんで白いゴーヤでホワイトサンダーとか、実在しませんが。ああ、センス悪。

添削からだいぶ話がずれましたので、読んだらほかっといて(放置したままにしておいて)ください。

投稿: GPZ | 2010年2月15日 (月) 10:51

GPZさん

スーパー戦隊ネタは、永遠に不滅です(笑)。
ファイバー戦隊ヴェジッタマン。
あのシリーズもそろそろネタが無くなってきたようですが、次回は是非、これで行って欲しいですね。

投稿: 黒木 燐 | 2010年2月17日 (水) 01:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 添削:

« 小沢秘書3人逮捕と本丸不起訴の波紋 | トップページ | 転職 »