« 目玉親父よ、永遠に | トップページ | これは見事な馬脚ですね。 »

2010年1月28日 (木)

小さな三つの災厄

 今日、ちょっと危なかった。

 朝、駅で電車を待っていた。13分ほど、寒いホームで待たねばならないのだが、その間に携帯電話でブログチェックをしていたら、目の端になんかが通ったのが見えた。
(あれ?)と思って線路を見ると、茶トラの良く肥えた猫が、目の前の線路を横断していた。
ひえ~~~~。
私は生きた心地もなく、(早く通って駅の外へ行け!!)と、必死で念じていた。何とか猫はどこかに去って行った。
 とりあえず、ほっ。

 K駅に着いてから、昼食のパンを買うために入ったパン屋でぼられた。(そこの人、「また、ボられたのかよ」とか言わない!)
 目玉焼きバーガーと、テーブルロール、それに紙パックのオレンジジュースを買って、510円。あれ、何か高いなと思ったが、目玉焼きバーガーがちと高いのでそんなもんかと思って店を出た。しかし、つらつら考えてみると、どうもおかしい。あれで500円越すなんてどう考えても変だ。で、道すがらレシートを確認したら、70円のテーブルロールが130円になっていた。どーゆー打ち間違えかと。
 ムカついたので、抗議の電話を入れてやろうかと思ったが、めんどくさいのでやめた。間違いは誰にでもあるさ。でも、しばらくあのパン屋では買わないことにした。K駅バスセンター内の『バンテル●』だ(バンデル星人ではない)。

 その後、バスに乗って会社へ。今日はまあまあ時間通りだった。バスから降りてしばらく歩くのだが、実は、次のバス停で降りたほうが、会社に近いのだ。若干行き過ぎるが、その距離数メートル。普通の会社ならこっちを降車バス停にしてくれるはずだ。
 この二つのバス停は、歩いて3分以下の距離しかない。それなのに、その間で30円上がるのだ。どーユー計算だ、西鉄(まあ、距離で区切っているんだろうけど)。因みに、その前のバス停までは、歩いて約十数分。金額変わらず。
 まあ、これは本題とは関係ない。
 で、その歩く間に交差点がある。あまり大きくは無いが、信号は設置してある。青だったので走ったが、間に合わず信号は赤に変わった。仕方がないので、待つことにする。程なく信号が変わり、私はそれをちゃんと確認してから横断歩道を渡った。ところが、右から直進してきた車が止まらずに突進してきた。重大な交通違反である。
 私は、すんでのところでとっさに止まった。車の方も止まったが、謝りもせずにそのまま私の前を通って去って行った。もう少しで跳ねられるところであった。くそ、呪われろと。

 さて、仕事が終わり帰り道。
 朝轢かれそうになった横断歩道を過ぎてちょっと歩いたところに、中古バイク屋の『レッドバロン』がある。そこに、ここ数日またウインドウ際にトライアンフが置いてある。今回は、シートの付近にユニオンジャックがかけてある。私は、にへら~という感じでトライアンフを見ながら歩いていた。その私の真横を、糞チャリがすごい勢いで通って行った。一歩間違えば大怪我、下手すればあの世行きである。
 まったく、何で自転車に乗るヤツはあんなに傍若無人なのが多いのだろう。

 まあ、これで二度あることは三度あるのジンクス、無事終了。とりあえず、実害はテーブルロールぼったくりくらいか。まあ、これで難を逃れたのなら上等であろう。

 あくまで前向きなのである。

|

« 目玉親父よ、永遠に | トップページ | これは見事な馬脚ですね。 »

徒然くさ」カテゴリの記事

コメント

ワタクシも本日回転寿司で代金誤魔化されるところでした。バイトのねーちゃんが「一緒にお皿を数えてください」というので、ぼんやり見ていたら同じ種類の皿をダブルカウントしやがった。コノヤロと思っていたら、配偶者が即座にクレーム。もう一度数えなおしさせて訂正させたが、娘二人には不評でした。「人は誰でも間違いをする」って、正論なんだけど、ね。

投稿: drac-ob | 2010年2月 1日 (月) 00:01

drac-obさん

一緒に皿の数を数えさせるなんて、フェイルプルーフのしっかりしたお店じゃないですか。
「人は誰でも間違いをする」
正論だけど、その間違いを正すことも大事。注意をすれば、その人も次回同じようなミスをしないように努めるでしょう。

>コノヤロと思っていたら、配偶者が即座にクレーム。

さすが、息がピッタリですね。

投稿: 黒木 燐 | 2010年2月 3日 (水) 00:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小さな三つの災厄:

« 目玉親父よ、永遠に | トップページ | これは見事な馬脚ですね。 »