« 確かに最強だわ(笑) | トップページ | 年末のご挨拶 »

2009年12月26日 (土)

ゼロの大爆発(その2) 未遂編

 それは、木曜日、そしてクリスマス・イブの朝のことじゃった。

 わしは、もとい、私は、いつもの通りK駅からひとバス停分歩いた。途中の煙草屋でチー太郎そっくりの猫(チー太より小さめ。多分女の子)を見つけてちょっとの間ガラス越しにつんつんしたが相手にしてもらえなかったという、いつもと違ったパターンがあったが、それくらいで、平穏なままバスに乗って会社に向かうはずだった。

 若干時間があるので、飲み物でも買おうと思ってコカ・コーラの自動販売機でお昼の野菜入りジュースを買い、ついでに午後からの眠気覚ましにと、ゼロの35oml缶を買おうとお金を入れた。200円入れたのでまずおつりの80円を取って財布に入れ、おもむろにコーラを取り出そうと取り出し口を覗いた。

 あれ? なんか変・・・? (・_・)エッ....?

 コーラの底が何か一見へちゃげたようになっている。こりゃあ、少し潰れた缶が出てきたな、芋引いたかな、と思ったが、まず取り出そうと思いコーラにふれた。

 熱い!?

 見なおしてもやはり缶のデザインは黒に赤字のあのコカコーラ・ゼロ。コーラに間違いない。
 異変を感じた私は、急いでコーラを取りだした。缶の底はへちゃげていたわけではなかった。本来なら凹んでいるはずの底は、まるで妊婦の腹のように飛び出している。飲み口があるほうも、小山のように膨れていた。
 温まったコーラの缶はパンパンに膨れて原型を留めておらず、見るからに危険そうなシロモノと化していた。
(こりゃ、爆発するかも)
私は、今年春の『ゼロ大爆発事件』を思い出していた。あの時はペットボトルの氷結コーラだった(しかも、自分のポカだったし)。今回はもっとやばそうである。熱せられた炭酸のせいで、缶の内圧は相当上がっている筈である。缶の変形がそれを如実に示していた。恐くなった私はとリあえず販売機用のゴミ箱横にそれを置き、販売機の連絡先を確かめた。連絡先は書いてあったが、なんとそれは佐賀の方だ。この場合、ひょっとしたら相当危険かもしれない。業者が来るのを待つより、110番して対処してもらったほうがいいのか?
 だが、それが妥当かどうか判断がつかなかった。結局、自販機の連絡先に電話することに決めた。

 まだ朝8時なので、出るか心配だったが電話口から女性の声がした。路上なのでなかなか話が通じず説明は難航した。そうこうする内にバスが来たので乗客の皆さんに非礼を詫びて電話で説明を続けたが、途中操作ミスで電話が切れた。
 仕方がないのでバスを降りるまで待って電話を再開する。電話を受けたおねーさんは、既に手配はしているから、症状をもう一度説明してくれと言った。時間を置いて頭が冷えたので今度は落ち着いて説明する。ゴミ箱の横に買ったコーラを置いたままにしている旨も伝えた。場所も会社近くのわき道になったので静かになったおかげでもあった。
「ありがとうございました。係りの者を修理に行かせて結果をご報告いたします」
そう言ったので、私も安心してお礼を言って電話を切った。

 しかし、待てど暮らせど電話はかかってこない。だが、こちらから確認するのも金がかかる。すでに120円と先の電話代分損をしているのだし、連絡しているので私には落ち度は無いはずだ。

 それでも気になったので、深夜、コカコーラのお客様相談係に問い合わせのメールをしておいた。

 翌日、思ったより早くメールの返事が来た。
 メールの内容は、今回の件についてのお詫びと、福岡担当のコカ・コーラウエスト株式会社へ報告したこと、担当者から連絡の電話があること等が書かれてあった。コカ・コーラとしては、なかなかすばやい対応だと思った。因みに、最初私が連絡したのは、コカ・コーラではなく、自販機の委託業者である。
 電話は、私がメールを確認する前にかかっていたが、仕事中だったので出れなかった。午後からもかかっていたが、こちらはまったく気がつかなかった。今度は留守録も入っていた。何度もすれ違うのも面倒なので、こちらから電話をした。
 すると、すぐに担当者が出た。昨日委託業者からはそういう連絡を受けておらず、今日本社から連絡を受けて急いで確認に行き、対処してきたという。てことは、昨日行ってなかったんかい、委託業者? 
 コーラの代金についても聞かれたが、めんどいのでもういいと伝えた。この人の責任じゃないので対処の不備については文句は言わなかった。今後気をつけてくださいとだけ言っておいた。

 しかし、一歩間違えば大惨事にも繋がったかもしれない。委託業者はその責任において重大なミスをしたこと、結果、自爆コーラ量産機を街の中に置いていたということを認識するべきである。しかも、連絡を受けていたにも関わらず、放置していたのだ。
 ジュースやアクエリアスがホットになっていたのなら、まあ、飲めないこともないし、ホットオレンジは自分でも冬場に飲んだりするくらいだし。しかし、炭酸のキツイコーラ、特に、ゼロのような炭酸の強い飲料が熱せられるということは、問題のレベルが違う。
 炭酸飲料のペットボトルに四角なのがないのは、高圧ガスを運ぶタンクローリーのタンク部が真円なのと同じ理屈である。それだけ内圧が高いのだ。それが熱せられるとどうなるか。最悪、自販機のコーラ全部が破裂した可能性すらある。その結果どうなるかは、想像もつかない。

 まあ、今回事なきを得たので良しとしよう。

 さて、お客様相談室の回答だが、今回のような場合、やはり、自販機に書いてある連絡先に電話するか、自販機の飲料の会社の(今回ならコカ・コーラ)お客様相談係に連絡してくださいということだ。
 しかしだ。今回のように、連絡しても放置された場合、意味が無い。やはり、110番したほうが良かったのかもしれない。

 とりあえず、大事に至らずにこうやってネタに出来たのは幸いであったといっていいだろう。
 ただ、残念だったのは、テンパっていたのと時間が無かったので、あの前代未聞の膨らんだコーラ缶を写真に撮ることが出来なかったことだ。返す返すも残念である。

【追記】

※今回の場合、自販機の委託業者に問題があったのであって、コカ・コーラ本社の対応自体には、問題はありませんでした。むしろ、優良と言っていいくらいでした。さすが、大手ですね。

 しかし、いつも言うことだが、被害(?)にあったのがヤクザやピーな人じゃなくて、私だったのを、コカ・コーラは感謝して欲しいですね。人によっては色々と厄介ですから。
 まあ、こうやってブログに書くのも、ひょっとしたら厄介なヤツかもしれませんが。最近そうしたことの回避のためか、この手の相談メール(ぶっちゃけ苦情メール)の回答についてはどの会社も、転載或いは内容の部分記載をしないようお願いするようになっている。理由は、『お客様宛てに差し上げたお返事であるから』第3者への公開はするなということらしい。確かに、曲がって受け取られたり、ひどい場合は改竄されて掲載されたりなどと、弊害もあるだろう。企業も頭が痛いに違いない。しかし、転載禁止ってのはどうかしらね。

 なお、不心得モノに悪用されないために、件の自販機の場所については明記しませんでした。

|

« 確かに最強だわ(笑) | トップページ | 年末のご挨拶 »

徒然くさ」カテゴリの記事

コメント

女の子って…なんだろう…?

投稿: BlogPetのぽち子 | 2009年12月26日 (土) 15:02

あー、自販機の会社はロクなところないですよ。設置するまでは必死だけど、置いてしまえば後は野となれ山となれです。空き缶で周辺が汚れても「当方は一切関知しないからそのつもりで」というスタンスです。

僕も一度、あるアパートの自販機が電源を延長コードで引っ張ってあり、足を引っ掛けそうになったのと、絶縁テープを使うところをガムテープで巻いているのを見て、電話しましたが、返事だけで対応無し。しょうがないのでその自販機で売ってあった某ペプシコーラ(商品名はあえて匿名にします)に電話したけどそのままです。あれから3ヶ月ほど経つけどどうなってることやら。

投稿: drac-ob | 2009年12月27日 (日) 00:26

>ぽち子

君も女の子のはずなんだけどwww。

投稿: 黒木 燐 | 2009年12月27日 (日) 12:13

drac-obさん

やっぱりそうですか。
電話で言っただけで、実際は伝えてなかったのか、連絡所から電話を受けた自販機の会社の怠慢なのか。

しかし、本社の対応は、某ペプシコーラよりもコカ・コーラの方が対応が良かったということでしょうか?

まあ、コカ・コーラも自爆コーラとかいう不名誉な二つ名がつかなくて、ようござんした。

投稿: 黒木 燐 | 2009年12月27日 (日) 12:18

何年か前、私も炭酸飲料のボタン押したら、ホットで出て来た事があります。
缶は膨らんでなかったので、そのまま持ち帰って冷蔵庫に一日入れてから飲みました。
ベンダーに連絡するなんて考えもしなかったのだが、吉塚の税務署前の自販機、どうなったんだろう?
会社の前の自販機は、逆にヒーターが壊れてホットが常温だった事があります。(冷えてもいない)
さすがに連絡しました(^^;)

本年もあとわずかとなりましたが、まだ2日働かなければなりません。さらに、年末年始は実家奉公です。
燐さん、色々面白い記事を有り難うございました。
来年も楽しみにしております。
燐さん、みなさん、よいお年を〜〜(⌒▽⌒)/

投稿: bergkatze | 2009年12月28日 (月) 02:59

bergkatzeさん

検索したら、同じように脹れたコーラが出てきた話がありましたが、充分冷やしたら(と言っても凍らせてはいけないけど)、普通に飲めたそうです。流石に変形した缶は戻らなかったようですけど。

しかし、ホットが常温ってのもなんか損した感じですね。

私は28日が仕事納めでしたが、急に急ぎの仕事が出来て会社恒例の忘年会に行けず、8時半まで仕事でした。

今日はメシも食わず大掃除。しかし、寒かったですね。
新年も、寒くて荒れそうです。
まあどうせ、三が日は家で寝正月ですけども。

こちらこそ、いつもコメントありがとうございます。
それでは、良いお年をお迎えくださいませ。

投稿: 黒木 燐 | 2009年12月31日 (木) 23:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゼロの大爆発(その2) 未遂編:

« 確かに最強だわ(笑) | トップページ | 年末のご挨拶 »