« アナロ熊の歌 | トップページ | お絵かきタブレットを買ってきた。 »

2009年5月 6日 (水)

清志郎追悼

 これは、はじめて私が聴いたRCサクセションの曲。

 う~ん、深い。しかし、ホントに死んじゃったんだねえ・・・。

  

 ニュースでお葬式の写真見て実感して涙出た。合掌。

|

« アナロ熊の歌 | トップページ | お絵かきタブレットを買ってきた。 »

Heaven」カテゴリの記事

コメント

おひさしぶりです。モカマタリです。

私が初めて体験したロックコンサートが、19の頃、地元に来たRCサクセションでした。その後、数えきれないぐらい、RCと清志郎のライブには出掛けました。

去年の2月に武道館で見たときは、快気祝いのてぬぐいが、ひとりひとりの観客にくばられて感激したものです。ストラングラーズとともにリアルに体験した音楽だけに、ショックが大きいです。音楽性は全然異なりますが、清志郎の反骨精神が、ストラングラーズと通じるものがあって好きでした。土曜日の告別式で、彼に「ありがとう」を言って来ようと思います。

投稿: モカマタリ | 2009年5月 7日 (木) 23:22

モカマタリさん

アップした『あきれてものもいえない』を聞いても、反骨精神をふつふつと感じますね。共通点もあると思います。歌声と歌い方はどっちかってぇとデヴィッド・バーンですが。

快気祝いの手ぬぐい、今となっては悲しいけれど、これからは家宝ですね。
これで、ひとつの時代が終わったのかもしれません。

ところで、メールアドレス変えました?
戻ってくるんですけど。


投稿: 黒木 燐 | 2009年5月 8日 (金) 03:16

すみませんっ!メアドお知らせするのすっかり忘れてました!申し訳ないです。
そうですね。確かにデヴィッド.バーンよりのスタイルですね。

反骨精神だけじゃなくて、繊細さとやさしさ、そしてユーモアも兼ね備えた人でした。最高のパフォーマーでもあったし。
日本のロック界の最大の貢献者だと思います。
ちなみに、私が初めて聴いた曲は「ぼくはタオル」です。
渋谷陽一のラジオで聴いて、物凄い衝撃を受けたことを覚えてます。

それにしても、youtubeってすごいですね。
「い.け.な.い.ルージュマジック」のプロモを最初から最後まで初めてちゃんと見ました。

投稿: モカマタリ | 2009年5月 8日 (金) 21:58

モカマタリさん

メールアドレス、アドレス帳に保存しました。

私も「あきれてものもいえない」は渋谷陽一のFM番組で初めて聴きましたよ。独特の歌い方と詩の内容で、タダモノじゃないと思いました。
「いけないルージュマジック」は女性用化粧品のCMなのに、ヤロー二人でしかもキスシーンまであって、今で言う腐女子をターゲットにしたのが見え見えのCMでしたね。

投稿: 黒木 燐 | 2009年5月10日 (日) 19:19

ええ。当時の私にとって、渋谷陽一がロックの先生みたいな感じでした。
ストラングラーズを好きになったのも渋谷陽一のラジオで聴いたのがきっかけでしたし。

そうですね。「いけないルージュマジック」がTVで流れると、お茶の間が凍りついたのを思い出します。

清志郎の告別式に行ってきました。土曜日は仕事だったのですが、なんとか献花することができました。
あの世でイアン・デュリーとセッションしてるかなあ。

投稿: モカマタリ | 2009年5月11日 (月) 23:07

モカマタリさん

私も渋谷陽一の番組で初めて聴きました。>ストラ。
まさか、それからこれ程までのお付き合いになるとは(笑)。

やっぱお茶の間が凍りついたですか。
男同士のキスシーン(笑)。
今でもそこまで大胆なCMないですよね。
当時だからこその勢いかな。

告別式に行かれたですか。
やっぱ東京に近いといいですね。
こっちからだと時間も金もかなり消費してしまいます。

投稿: 黒木 燐 | 2009年5月12日 (火) 00:55

ルージュマジックはマスコミが予想どうりの騒ぎ方をしたので「全くあいつらと来たら洒落がつうじん、あほや」と某教授がラジオでぼやいていて、それを大笑いしながら聞いていました。
清志朗、教授あと泉谷しげるは動向が気になる人でしたので
ほんと残念です。ああ寂しい。お二方にはぜひ、長生きして辛口なじじいになっていただきたいです。
仕事が一段落したのであきれて物も言えない他、you tube
でいくつか見ましたがどれも歌詞が痛いです。でもちょっと落ち着いたので、どうにか言えそうです、合掌。・・・シクシク。

投稿: GPZ | 2009年5月12日 (火) 14:02

GPZさん

マスコミはまあ、そんなもんですが、今で言う腐女子のみなさんは、かなり喜んでおられましたな。8ビートギャグでもずいぶんとネタにされてましたし。きっとドジン(同人誌)でも花盛りだったでしょう。やはり戦メリの影響で出来たCMなんでしょうね。たけしもあのあたりから外国からも注目されるようになったし。

>お二方にはぜひ、長生きして辛口なじじいになっていただきたいです。

泉谷の場合、孫にデレデレだし、食わず嫌いでの様を見ると、ちょいと不安を感じますね。
彼はああ見えて下戸らしいけど、最近はワインくらいはたしなめるようになったらしいです。

投稿: 黒木 燐 | 2009年5月14日 (木) 01:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 清志郎追悼:

« アナロ熊の歌 | トップページ | お絵かきタブレットを買ってきた。 »