« 里親詐欺あるいは飼い主詐称詐欺のこと | トップページ | シガーと天空の屋形船のこと »

2009年1月24日 (土)

くるさん、それは反則だよ~。(´;ω;`)

Yatugaretochibi_2 くるねこ大和さんの、絵本風コミック「やつがれとチビ」が書店に平積みされていたので、早速買った。

 で、早速帰りの電車で読み始めた。
 絵本マンガということで、コマ割りがなく、1ページ或いは見開きごとに話が続いて、最初はっきり言って戸惑った。内容も、なんとなく子猫育てマンガと言った感じだし、時代劇かと思いきや、携帯電話で写メ撮ったりと良くも悪くも「くるねこ」世界と空気を共有していて、とくに目新しさを感じられなかった。
(う~ん、くるさん、これはどうかな、せっかくの企画なのにもったいないな)
等と思いながらも、じっくり読む。
 しかし、読み進めていくうちに、読み方の間などがわかってきて、特に鍼の先生がチビに会いに「やつがれ」氏(「やつがれ」は一人称で「わたし」と言う意味)宅に日参する話辺りから、がぜん面白くなり始めた(いや、それまでも面白かったんですけど)。

 ところが・・・。

 
 くるさんのマンガは、時々落涙を禁じえない話があるので、最初用心して読んでいた。やばくなったら即本を閉じて続きは帰ってからだ、と。
 話が緩系なので、うっかりその用心を忘れてしまったのだ。

 

 そう、ところが・・・、なのだ。

 

 

  。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

 

 

 やっちまった~~~~、自分。

  

 くるさん、これは反則ですぅ~~~。あの余韻の後、いきなりこれはないでしょう・・・。うっかり電車の中で滝涙を流すところでしたよ。
 まあ、これぞ「くるねこ節」と言えますけどね。

 で、わたしは焦って本をバッグの中にしまい、ちょいとばっかり照れくさかったけど、出かかった涙をこっそり指で拭ったのであった。

 帰ってから、続きを読んだ。ついでに続きの滝涙も出た。

 

 まあ最後に救いのオチがちゃんとあって、しっかりとフォローされているのも、くるさんらしい配慮だった。
 まだ、未読の方が多いだろうから、詳しい内容は書かないけど、くるさんファンや猫好きの方には絶対におすすめの佳作だと思う。

 難を言えば、くるねこ本と違って、この本一冊がひとつのストーリーとなっているので、もう少し話を練って絞って付け足してまた絞って、さらにテンポの起伏も考えたほうが良かったような気がする。そのほうが、より、後半の流れも際立っただろうにと、残念である。後半は、かなり情緒に流れたような感じだが、それはそれでよかったと思う。きっとくるさんが書きたかったのは後半部分なんだろうな。その悲しい後半に至った経緯については一切語られていないが、それはそれで読者の想像に任せるということなのだろう。だいたい、猫飼いってのは、辛い別れの一つや二つは必ず経験しているものなのだから。

 

  

 で、ドサクサ紛れに書いてみるけど、くるさんのシリアスタッチの絵が好きだ。特に時代劇のヒーローが渋くていいのだ。あ、最近とんと見ないけど、虫ネタも好きです。たまには描いて欲しいなあ・・・・。

|

« 里親詐欺あるいは飼い主詐称詐欺のこと | トップページ | シガーと天空の屋形船のこと »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

まったくもって反則でさぁ……
春先ニャ、とめちゃの単行本も出るらしいですぜ(^_^)

投稿: bergkatze | 2009年2月 2日 (月) 01:10

bergkatzeさん

読まれました~~~?o(;△;)o
人前で読んだらヤヴァイですよね。

去年から、くる旋風が吹いてますね。
アニメも気になるところです。
三輪のもんさんは、やはりあの方に・・・
って、無理ぽ。

投稿: 黒木 燐 | 2009年2月 3日 (火) 12:32

燐さん
すっかりご無沙汰しておりました。
お元気ですか?

くるねこ大和さんの漫画 私もはまっております。
なんか 私の日常とひじょ~~に似ていて
そうそう、そうなんだよ
ってことばっかりで 大好き漫画です。

2冊は手に入れたのだけど
こちらで新しいのを仕入れるのは難しいので
次回 帰国時の楽しみに・・・

では 又 メールします

投稿: mimi | 2009年2月19日 (木) 16:02

ヤバイですよね、これヤバいですよね。
くるねこの3巻と併せて読むと、本当にヤバいです。
私も電車の中で読んで泣きかけた人間です。
鼻がつーんときたんですが、目に涙浮かべながら読んでしまいました。

投稿: ちとせ | 2009年2月21日 (土) 00:01

mimiさん、こんばんは。
こちらこそ、ご無沙汰しております。

私は元気ですが、あんなに居た猫たちがほとんど老衰からくる病気で亡くなり、3匹になってしまいました。

くるさんのマンガ良いですよね。
ネットは色々弊害も多いけど、このような埋もれた宝石(才能)が発見されやすいというメリットも多いです。
また違ったジャンルのブログマンガもはじめられたようで、これも楽しみです。

しかし、写真のこぼんちゃんとマンガのこぼんちゃんが、まったく同じ表情で、ホント、くるさんの画力に改めてびっくりしました。

mimiさんが帰国される頃には、新たにまた何冊か出ているかも知れません。大漁でほこほこ出来るといいですね。

投稿: 黒木 燐 | 2009年2月21日 (土) 00:42

ちとせさん、いらっしゃいませ。
こんばんは。

まじヤバイっすよね。

最初の展開から、ちょっとぬるいほのぼの路線のマンガだろうと、安心して読んでました。油断していた分、ダムの決壊は大きかったです。

投稿: 黒木 燐 | 2009年2月21日 (土) 00:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: くるさん、それは反則だよ~。(´;ω;`):

« 里親詐欺あるいは飼い主詐称詐欺のこと | トップページ | シガーと天空の屋形船のこと »