« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月31日 (水)

行く年 2008年

 今年もあっという間に終わろうとしています。

 今年は年始にいきなり祖母が亡くなり・・・まあ、時間の問題ではありましたが・・・、いつもとは違う始まりでしたが、結局終わりはいつもどおり、ギリギリまで大掃除に追われそうです。
 でも、そんなこんなでお正月飾りは無しで、年賀状作成も無し。けっこう楽ですな。ただ、玄関にしめ縄がないと言うのはなんとも味気ないものです。

 今年1年、ご愛読ありがとうございました。小説館の方に重点を置いているため、こちらの更新が滞りがちでしたが、それなりにがんばって書いたエントリーもけっこうあります。
 来年もまたがんばって面白いエントリーを書いていきたいと思いますので、引き続きごひいきの程、よろしくお願いいたします。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月18日 (木)

勇気ある命名

 霧の写真のエントリーに載せてたけど、反応がいまいちだったので別に掲載することにした。

Yuukiaruizakaya_4   

 通勤道の途中にある居酒屋(ラーメン屋?)である。早朝なので閉まっているのであって、決して潰れているのではない。朝しか通らないので、実際に営業中の店がどんなかは知らない。

 しかし、飲食店にこの名をつけた、この店のオーナーは勇者である。

 「中る」はもちろん「当たる」と同義語だが、普段は食べ物に中毒した時に使うことが多い字だろう。

例:鯖に中った。

 まあ、マジでそんな事故でも出したら洒落にならんので、却って衛生面では信用できるかもしれない。あくまで仮定ではあるが。

 まあ、近くに寄るようなことが会ったら入ってラーメンでも食べてみてください。で、感想を所望(笑)。久留米駅の近くです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年12月14日 (日)

濃霧の朝 久留米駅周辺編

 先週金曜(12月12日)の朝、また濃霧が出た。

 今回はこの前アップしたほどはすごくなかったけれど、それでも結構幻想的だった。

Image062_s

続きを読む "濃霧の朝 久留米駅周辺編"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月12日 (金)

血液型本が売れて血液型ネタ番組復活か?

 先週の火曜日、うちに帰ると、妹がいつものように「踊るさんま御殿」を見ていた。
 今日は何のテーマかな、と思って覗いたら、なんと血液型ネタではないか。

 以前BPOから勧告を受けてから、その手の「血ハラ(血液型ハラスメント)」番組がめっきりと影を潜め、そのニッチを「県民性」というものが埋めていた(笑)ような感じをうけていたのだが。
 何故かと思ったら、どうやら血液型ネタ本が書籍の年間ベストセラーの10位に4冊とも入ったかららしい。これでまた、「血液型」を扱った番組(というより、単なるB型バッシング番組)で視聴率が取れるぞ♪という、制作者側のほくそ笑みが見えるようである。

 件の番組は、そうとう非道かったようで、kikulogでも話題になっていた

 以前ここでも書いたが、B型への容赦ないバッシングはマイノリティだからである。しかし、全国で2割しか居ないマイナーな血液型で、文句も少ないだろうからって、あの扱いは酷いだろう。テレビ局側は、自分らの行為が全国2割のB型の視聴者様に唾していると自覚すべきである。え? 視聴率に影響ないからいいですかそうですか。

 マイナーで迫害されるB型諸氏と、血液型番組に疑問を持つ皆さんにお願いです。
 この手の番組は、絶対に見ないようにしましょう。しかし見ないとチェックして文句言えない、或いは趣味でウォッチされている方々は録画して、見るときはスポンサー様のCMはしっかりと飛ばして差し上げましょう。で、内容が酷い場合にはBPOにしっかりと抗議しましょう。

 それにしても、血液型とか県民性とか、カテゴライズするのが好きな民族やねえ。それも、どこか「違うモノ」をこき下ろして優越感に浸っているような風情も感じられるけど。

 それにしても、番組内で「B型は認めていない」とか何様的な発言をしていたらしい梅○アンナ(まあ、こういうモノイイをする輩って結構いるけど、だいたいそいつの性格も推して知ったるようなもの)、今まで彼女を酷い目に合わせた男達が全員B型だったならまあ、理解もしてやろうが、そうじゃなかったら大笑いだぞ。

続きを読む "血液型本が売れて血液型ネタ番組復活か?"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年12月10日 (水)

ザ・ベストハウスの特需(或いは弊害?)

 フジテレビの「ザ・ベストハウス」で、「押さえておくべきケータイ小説ベスト3」ってなのがあって、話題のケータイ小説三つが紹介された。

 その第3位に選ばれたのが「奥様は16歳」
 16歳で自分の通う高校の先生と結婚したけど、それは♪ヒ・ミツ、ヒ・ミツ、ヒ・ミツ誰にも、ナイ・ショ♪という内容のお話らしい・・・

 って、それ、思いっきり忠津陽子の「奥様は18歳」やんけ~~~!!!

 まあそれはいい。確かに作者は年齢的にも私と一緒なので、きっとそのマンガも見て育ってるんだろうと思うけど、まあいい。読んでないからなんともいえないけど、設定がパクリっぽくても内容がオリジナルならいいと思う。お金取ってないし。リスペクトってやつやね。因みに引用した歌は、その「奥様は18歳」の実写ドラマ化でのテーマソングである。

 問題なのはその人のペンネーム。なんとその名も「Rin」。

 それを見た時、なんとなく嫌な予感がした。

 放送が終わって、部屋に戻り恒例であるブログのアクセス解析を見た。最近それくらいしか楽しみがなくなっているのも悲しいが(早く来日せよ、ストラングラーズ)、それで小説館の携帯電話からのアクセス数を確認したとたん、ぶったまげた。

のひょ~~ w(゚□゚`)w ~~~!!!

 9時台のアクセス数がなんと180以上ある。どうやら「Rin」で検索してたどり着いたらしい。因みに私の名前は「燐」です。

 来てくださる分には非常に嬉しいんですよ。でもね・・・

 来たんならトップページだけじゃなく、ちったあ読んでいってくれいと・・・ (涙)

 そう、ほとんどが「トップページだけ閲覧」なの。
   まあ、若い子にはあまり興味ない内容だとは思うけど・・・。

 一時期かなりアクセスを稼いでいた小説館の携帯アクセス数だけど、読者さんが一通り読んでくださったので、最近はまた落ちついて・・・ぶっちゃけアクセスがかなり減っていたので、アクセス数回復は嬉しいはずなんだけど、あまり嬉しくないのは何故でしょう・・・。まあ、お察しの通り他人の褌だからなんだけどね、複雑ですわ。

 そのアクセス解析がこれだ!!  

続きを読む "ザ・ベストハウスの特需(或いは弊害?)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 9日 (火)

目が覚めると・・・

 木曜の夜というか金曜の明け方近くと言うか、私は変な夢を見ていた。

 その夢は、多分怖い夢に該当するものだろう。
 場所はよく覚えていないのだが、多分私はバス停でバスを待っているようだった。考え事をしながらぼやっと立っていると、近くでなにか騒いでいた。その方向を見ると、中年の男がそこら辺所構わず怒鳴り散らしていた。私は、こりゃあ、目を合わせたらまずいやろな、と思い視線をそらそうとしたが、時すでに遅く、男とバッチリ間が合って目があってしまった。げっと思ってあさっての方向を見たが、男はこちらに向かってくるそぶりを見せた。目の端で確認していると、やつは手を振り回してこちらに向かってきた。
 やば、こっちに来るよ。殴りかかってくるのかな。困ったな。と思いつつ、逃げたら余計にややこしいことになりそうなので、じっと我慢して様子を見ていたら、テキは奇声を発しながらすぐ近くまで迫ってきた。案の定、男は私に向かって殴りかかってきた。私はとっさにそれを受けた。

「ハッ!!」

その気合と共に目が覚めたが、私はリアルで布団を跳ね除けバレーボールのレシーブの状態に手を組んで(もちろん寝たままで)構えていた。

「夢かよ!」

私はその間抜けなポーズのままで、自主ツッコミを入れた。

 しかし夢に釣られて、現実世界で体がこうも派手に動いたのは初めてであった。夢に連動することって本当にあるんだな。私は苦笑しながら布団を掛けなおし、再び残りの睡眠時間を取り戻すことにした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 5日 (金)

手ピカジェルと『感染列島』のタイアップCMに目が点になった件

 冬のインフルエンザや風邪に備えて、消毒液関連のCMの放映が本格的になった。

 昨日、テレビを見ていて、私も愛用している「手ピカジェル」のCMがあったのだが、それを見て妹と私は目が点のアンポンタンポカーンになってしまった。
 放映が終わって妹がぼそりとひとこと。

「これは、イカンやろう・・・」

 確かにシリアスな映画にあのタイアップはイカンだろう。映画を見ていてCMに使われたシーンの後に、あのアライグマが出てくるのを想像したら、緊迫シーンがお笑いシーンになってしまうではないか。さらに、映画でさりげなく手ピカジェルがおいてあったり、ロコツに主人公が携帯していたら、失笑ものではないだろうか。

 映画「感染列島」は面白そうで、自分の小説にもいろいろ参考になるんじゃないかと思うけど、いかんせん、見て自信喪失しまくって、先に進まなくなりそうで怖いのである。内容に関しては、私の小説の方は日本国内には蔓延しない予定(散発的に患者が出て、パニックになるパターン)だから、被らないとおもうけどなあ・・・。まあ、こんな風に書くのもおこがましい限りではあるのだが。

 最近、映画で「感染列島」テレビドラマでも「ブラッディ・マンディ」とか感染ものが出てきたので(しかも双方とも出来がよさそうで、さらにブラマンはバイオテロ)、すでに元から乏しかった自信がさらに喪失しつつある様な気がする。まあ、更新スピードが落ちているのはそのせいだけじゃないけどね。 

 最後に一言。風邪菌とか言うCMがよくある(カビ菌はおk)が、ヤメロ。風邪にはおおまかにいうとウイルス性のヤツと細菌性のヤツがあって、どっちかってえとウイルス性の方が多いだろう。それとも、ウイルスは殺せないのかな?

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

うわさのCMはここで見れるぞ。
 http://www.tepika.net/

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »