« 「M12.7」の地震が起きると愛知で誤情報 | トップページ | 「Big Dog」続報 »

2008年7月17日 (木)

携帯電話に潜む危険のこと

 これは友人の体験談である。
 ちょいと怖い話だし、ここに掲載することで、同じような電話を受けた人が同じような状況に陥らないようにする効果も期待して、友人の許可を得て掲載することにする。

 事の起こりは携帯電話に入った一本の間違い電話からだった。

 夜、自分の部屋に帰って、鞄の中に入れている携帯電話の着信を確認したら、知らない番号から電話が1本入っていた。オマケに留守電まで入っている。それで、一応聞いてみた。すると、酔っぱらったような男の声で「***~、電話しろ」
というメッセージが入っていた。***は聞き取れなかったが友人(仮にAさんとしよう)の名ではなかったそうだ。気持ちが悪いのでその伝言も電話番号も速攻で削除した。後で思えば、この時その番号を着信拒否設定にしておくべきだったのだ、とAさんは後悔している。
 しばらくしてそのことをさっさと忘れかけた頃、今度はメールが入った。見るとさっきの番号からだ。どうやら同じ電話会社のケイタイらしい。仕方がないので読んでみた。すると、

電話しろ、B。みんなが心配しているぞ。

という、ちょっと心配な内容であった。それで、Aさんは、しばらく悩んだ挙句、メールで間違い電話であることを伝えた。するとまもなく返事が入った。

 え? Bじゃないの

Aさんは、読んだらわかるだろう、と思いながら、「違いますよ。ちゃんと調べてかけなおして」と、返事をだした。今度は返事がないので、ああ、やっとわかったのか、と思い、またそのことを忘れてメールの返事やらサイトのチェックやらを始めていたら、また忘れた頃にメールが入った。

 友人と思ってたので変なメール送ってしまいました。すみません

というような内容が、若者らしい言葉で書かれていた。それで、Aさんは「気にしないで下さい。お友達が心配ですね」という内容で返事を出しておいた。そのまま携帯電話はカバンにいれ、朝まで見ないようにした。翌朝確認すると、あれ以来、メールは入っていなかったので、ほっとした。

 ところが、その翌日、夕方Aさんがメールを確認するとまたそいつからメールが入っていた。しかも、2通。そのうち1通は、別の友人宛に件の行方不明の友人についての心配事を書いたものだった。

 何があったかわからないけど、あいつ、切れたらなにをしでかすかわからないから心配だ。

というような内容が、やはり今時の言葉で絵文字つきで書かれていた。2通目は、また間違いメールをしたことへのお詫びだった。なんとなく、胡散臭く思ったAさんだが、これが最後のつもりで返事を書いた。「気にしなくていいから、この電話の番号削除しておいてください」
 Aさんも、私と同じく携帯電話でちんたらメールを打つのが嫌いなので、文章は簡単である。その後、またメールが途絶えたので、今度は流石に大丈夫だろうと思い、このことを頭の中から消した。ただ、念のため、履歴は削除せずに残しておいた。

 その2日後、朝方携帯電話を確認すると、夜中から明け方近くにそいつから電話が3回も入っていた。流石に今回は留守電は入っていなかったが、その代わり、やはりメールが一通入っていた。

 何度も電話してすみません。それにだましてすみません。俺はCです。もう電話もメールもしないから安心してください。

 メールの内容は、いままでの種明かしのようだった。しかし、意味がわからんぞ。だましたってのは、友人が行方不明ってこと? 最初からAさんの電話番号にイタズラを仕掛けようと思ってやったのか?因みにAさんは、このCという男にまったく覚えがなかった。そもそもAさんは自分の携帯電話の番号は、ほんの少数のそれも親しい友人にしか教えていないという。それなら、考えられるのは、ランダムに電話をかけてみて、返事してくれた人に何かを仕掛けようともくろんでいたということ。で、メールの内容がなんとなく緊急性のあるような、間違いを放っておくと困るんじゃないかと相手に感じさせるようなものにしたのではないか。
 これは、かなり可能性がある。で、そんなことをやって何の特になるのか?

 可能性のひとつは、単なるイタズラ電話遊び。暇なので、適当に他人をからかって遊ぶ。さらに、相手がうら若い女性だったりした場合(残念だったな。Aさんは***で***だ)、また他の楽しみもあるというものだ。
 もうひとつは、何かに誘導する。例えば、ダイアルQ2とか(っていうか、まだあるのか、これ)出会い系とか、マルチの勧誘とか。
 おそらく今回の電話は前者だと思われる。

 Aさんは、メールの内容や、何となく感じる不自然さからイタ電の可能性は高く考えていたので、そのメールを見て、やっぱりかよ、と思った。で、すぐに着信拒否設定をした。それでも、せっかくの親切を踏みにじられたような気がして、だんだん腹が立ってきた。しかし、時間が経つにしたがって今度は怖くなった。このせいで、誰かに累が及んだらどうしよう・・・。メールにはアドレス以外記されていないので、本名などの個人情報はわからないはずだが、携帯番号はもちろん相手が削除しない限りあちらのケイタイにずっと残ってしまう。それで、考えた挙句警察に相談メールを送った。すると、翌日留守録に警察の方からの伝言が入っていた。それはこのような内容だった。

「間違い電話について警察から相手方に電話することは出来ませんが、イタズラ電話の件は、あまり激しいようでしたら、お近くの警察にご相談くだされば対応いたします」

 なんと、心配してわざわざ電話をしてくださったのだ。Aさんは感激していた。

 それにしても、Aさんがせっかく親切心から間違い電話だということを報せてあげたのに、ひどい話ではある。しかし、本当にヤバイ状態ならそれこそ警察に相談するだろうし、端っからほっといてもよかったのだ。その上イタ電野郎Cは、同じ番号に対して二人の人間宛てに間違ってメールしている。これはかなり不自然だ。あなたはそういうヘマをやるだろうか? その上何度も電話をかけてきている。あまりにもしつこい。なんとしても応答させて、若い女性かどうか声を確かめようとしているのではないかと思われても仕方あるまい(生憎だがAさんは***以下略)。

で、「やってはいけない」恒例の教訓。

携帯電話にかかって来た「間違い電話」には、どんな緊急な要件そうでも対応してはいけない。

基本、知らない電話はシカトすべし。相手が本当に連絡したいならば、留守録に相手の名前とあなたとの間柄、用件等をきっちりと残していくはずである。

 ところで、イタ電C君。君が万一ここを見ていた場合を考えて言っておく。Aさんは警察にメールした際、念のため君の電話番号も記入している。さらに電話されてきた警察の方は、県警本部の捜査一課の方、すなわち刑事さんだ。まあ、このまま何もなければ君に捜査の手が伸びることはないだろうが、イタズラ電話は犯罪なのだ。君のやったことは犯罪だということを頭において、2度とこんなことをやらないで欲しいと思う。でないと、いつかお手手が後ろに回るぞ。MEPHISTに顔写真つきで掲載されたくないだろう?

 その後だが、また2日後の夕方に公衆電話から、時間を少し置きつつ続けざまに着信が3回はいっていたそうだ。着信拒否をされたCが、性懲りもなくかけてきたのか、単に誰かが間違ってかけたものなのかは定かではない。

|

« 「M12.7」の地震が起きると愛知で誤情報 | トップページ | 「Big Dog」続報 »

やってはいけない」カテゴリの記事

コメント

もう携帯電話なぞ、この世から無くなってしまえばいいんだ。亡国機械だ、あんなもん。もはや通信手段としての必要性を感じない。あんな不自由な道具のおかげで、世の中がせせこましくなったし、意味の無い対応の早さが仕事のスキルと勘違いされてる。ああ、鬱陶しい。壊せ、壊せ、ぶち込め水の中へ!!

と携帯の悪口書き始めたら止まりません。携帯のおかげで公衆電話という趣のある道具が駆逐されようとしている。君は知っているか、コレクトコールのありがたさを。人里離れた山中で見つけた公衆電話ボックスの存在の力強さを!

携帯の存在が人間不信の根源です。人間やめますか、携帯やめますか!ダメ・ゼッタイ!!

投稿: drac-ob | 2008年7月17日 (木) 22:32

携帯電話が利用できる電波も、今のところ無限ではないので
もうそろそろいっぱいになりそうですよ。 
無線屋の知人が言ってますから、まず間違いなかろうと思います。
それより、電磁波の悪影響も怖いですね。
アレ、また話が微妙にヅレてしまった。
携帯はホントに一歩間違うと危ないですね

投稿: MM21 | 2008年7月18日 (金) 00:04

私らのような、いい年した人たちなら携帯電話を使うのをやめられるかもしれませんが、物心ついたときから部便利な道具としてあった若い子には無理でしょうね。

こういう記事を読んでいると、何だか若い子も心底バカバカしい境遇に居るようで、ちょっと同情しますね。ですが、私はおじさんなんで、そもそも携帯なんてもので人と繋がろうとは思いませんがねぇ…。
http://www.yomiuri.co.jp/net/news/20080718nt04.htm

投稿: barrett_hutter | 2008年7月18日 (金) 21:54

drac-obさん

暑くて、せっかくの3連休なのに、いまいちヤル気がおきません。

携帯電話は、私も未だ使いこなしてないので、買い物確認用と緊急連絡以外はほぼ活用していません。しかし、電車に乗ると、かなりの割合で携帯電話を見ている人がいます(まあ、私も自分の書いたものを確認するためにたまに見てますが)。
あと、自転車こぎながら電話したりメールしたりしているアフォ。自分が危険に晒されることより、他人と接触することのない、コミュニケーションの方を優先する、生物として生存するという第一目標を取り違えているとしか思えない。っていうか、あいつら完全に中毒やね。
なんていうか、パソコンより携帯性が高いせいで、中毒する割合も多そうですね。私はどちらかというとPCがない方が困ります。
日本人はパソコンと携帯電話のせいで、相当視野(いろんな意味の)が狭くなっていると思います。

投稿: 黒木 燐 | 2008年7月19日 (土) 20:02

MM21さん

このように、地球レベルで携帯電話を持つ人口が増えていけば、確かに色々煮詰まっていくでしょうね。電波が無限ではないというのは、電話に使える或いは人が認知できる幅に限界があるということでしょうか。

電磁波も怖いですが、drac-obさんあてに書いたように、中毒(依存症とも)するほうがさらに怖いような気がします。
よく言うことですが、携帯電話には、使うものに使われてしまうという、本末転倒な問題が常にあると思います。携帯電話は、脳が異常に発達した人類にとって、かなり「キモチイイ」アイテムなのだと思います。
ケロロ、地球を侵略するつもりなら、携帯電話とPCを取り上げるのが一番効果的だぞ、と。

投稿: 黒木 燐 | 2008年7月19日 (土) 20:11

barrett_hutterさん

夕方、せっかく書いた barrett_hutterあてのコメントが、プロバイダか接続自体のトラブルかで、一瞬で無に帰してしまいました。orz
で、気を取り直して書き直しです。

学校裏サイトだけでなく、いじめメールまであるんですか。
しかし、10代って不安定で、また、一番悪意に満ちた時期でもあります。そりゃあ、そういったことを野放しにしていれば、エスカレートします罠。携帯電話などの端末を持たさなければいいことなのですが、親は持たせんと最近物騒だから心配だという。で、子どもはケイタイを持つ友人が増えれば、当然自分も欲しがる。私みたいに孤高を気取るガキンチョなんて少数派でしょう。
まあ、気持ちはわからんでもないけど、いつかの事件みたいに持っていても殺されちゃったりするわけで、けっして安全の保障されるものではないでしょう。そもそも、昔から子どもにとって危ない事件は起きていたものだけど、携帯電話のようなものが無くたってなんとか子ども達を守ってきたわけで。逆に今は、持たせているという安心感から子どもを放任してしまう親連中も少なからずいるでしょ。そりゃあ、子ども達も荒む罠。

投稿: 黒木 燐 | 2008年7月20日 (日) 02:26

リン酸・・いえ、燐さん、こんばんにゃ~♪
ん?なんで、最近♪がチッチャクなっちゃったのかな?

携帯で、逆に私が「マジ間違い電話で留守電に‥」をしてしまって、男の人から「違いますよ~」って、、返事がかかってきて、「すみませ~ん!間違って入れちゃいました~。」ってなったことがありました。あれって、たぶん、携帯番号変更で他の人に番号が渡ってたんだったと思います。感じの良い男子だったな~。考えてみれば、返事くれたから判明したけど、くれなかったら、私は友達へ留守電メッセージが伝わったものだと思い込んでいただろうと思うわけです。それで、友達は「留守電も入れてくれてないじゃ~ん」ってことで、行き違ってトラブルってことにもなりかねない。ま~こんなことは、めずらしいけどね。一生にあるかないかってほど、ないかもね。(><

投稿: ココロ | 2008年7月27日 (日) 01:45

あっ! ♪・・・おっきくなってる。(爆笑)

投稿: ココロ | 2008年7月27日 (日) 01:47

ココロさん

♪が小さかったのは単に表示上のエラーでしょう。

最近は普通の電話でも携帯電話でも相手の番号が表示されるので、知らない番号や非通知はスルーすれば済むことですが、親切に教えて下さると助かりますよね。悪用やいたずらされる可能性があるから、怖くてその親切が出来ない。特にこのエントリーのような経験をしちゃうと、もうだめでしょうね。
便利な反面、嫌な世の中になったものです。
携帯電話会社が代わりに通知してくれるシステムがあればいいのですが。

投稿: 黒木 燐 | 2008年7月29日 (火) 11:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131526/41839597

この記事へのトラックバック一覧です: 携帯電話に潜む危険のこと:

» 子どもへのネット規制・・・危険という提議は誰が判断するのか? [わんばらんす]
子どもの歩く道を舗装して、転ばないようにする。 ま〜道路が好きな自民党だから不思議じゃない。 (爆     いつも、ご訪問&応援を... [続きを読む]

受信: 2008年7月27日 (日) 01:50

« 「M12.7」の地震が起きると愛知で誤情報 | トップページ | 「Big Dog」続報 »