« 小説館、更新しました。第7章突入です。 | トップページ | 近況っていうか・・・ »

2008年6月22日 (日)

豪雨の季節

2008_06_21_090000  しかし、今年は雨が多い。

 4月や5月にすでに梅雨のような長雨が連発し、そのわりに、九州北部は関東より梅雨入りが遅く、いざ梅雨になると今度は豪雨ときた。そもそもこんな大雨は、空梅雨で水不足になって困り果てたあとにいきなり降って来て、「水不足から今度は洪水警報です」てな感じになるもんだと思っていたが(偏見です)、そういえば去年も大雨が降ったなと。たしかdrac-obさんの住む宮崎が大事になったよね。

 まあ、横の天気図を見てもらうとわかるけど、梅雨前線がどっかと列島を横断している。今夜には九州の方まで降りてくるらしい。左下の方に台風があるが、それが前線にエサを与えているらしい。こういう時の豪雨は、マジやばい。地震の被災地に豪雨が降らねばいいがと思う。

 こちらは木曜の朝から大雨に振られている。その前日の大気が異様に湿気を含んでいたので、これは大雨が降るなと思ってはいたが、翌日、気圧の低さと湿気の寝苦しさからつい、寝坊をして、ギリギリに家を出て鬼ダッシュしたらけっこう余裕で着いたのでヘンだと思ってたら、やはり電車が遅れつつあった。上りの方がすでに5分ほど遅れている。当然それの影響で下りも遅れ始め、やっぱり5分程遅れて来た下り特急は、さらに途中の駅で長い間停車した。
 駅に着いてから、もう遅刻は決定していたので会社に連絡をして、よせばいいのにまた雨の中をひとバス停歩く。しかし、バスも遅れているので悠々いつものバスに乗れた。しかし、もちろん道路は混んでいて、さらにバケツをひっくり返したような(西洋風に言えば犬と猫が降ってくるような)大雨の中ようやくいつもの降車バス停に着いた。実は、この次のバス停の方が会社に近いのだが、距離が短い癖に30円も料金が上がるので、会社はこのバス停までしか交通費をくれないのだ。ヘンだよね。だって次のバス停からは会社が見えるんだよ。でもまあ、こんな豪雨のときくらいは次でもいいよなとは思ったのだ。だけど、やっぱり30円を使うのが悔しいので、いつものところで降りたのだった。
 しかし、雨は相変わらすどしゃどしゃ降っている。おまけに道路も歩道も冠水して、鯉が泳いでいても不思議じゃない池のようになっている。雨靴ではない普通のブーツなので、もちろん水に入ればジッパーから水が浸入して来る。しかたがないので、浅そうなところを選んで、ジャンプ! ジャンプを繰り返して進んだ。年寄りにはハードすぎである。しかし、歩道の冠水は続いている。仕方がないので、大型店舗地の駐車場を通る大回りをして、やっと冠水していない歩道にたどり着いた。しかし、苦労の甲斐もなく、ブーツの中は大湿地帯と化していた。結局両足の膝から下と両腕、そしてリュックがびしょぬれになってしまった。

 帰り道では、例のゆめタ○ンの傍の道路を謎の生き物が横断しているのを発見。よく見ると20センチは優に超えたカメであった。
 のろまの代表のような彼らだが、思ったより早いのに驚いた。まあ、本能で危険だと察知していたんだろう。様子を見に行くと、彼(彼女)は頭と手足を隠して警戒していた。それで、遠巻きにすると側溝に沿って再び歩き始めた。彼は彼なりに川に戻るための道のりを、考え悩みながら歩いているらしい。その姿は実に可愛らしい。多分、筑後川や高良川の増水に巻き込まれて、川の外に放り出され、つい冒険心が湧いて堤防を越え、そこらへんを闊歩していたのだろう。せめて護岸まで運んでやればよかったのかもしれないが、カメを素手で持つ気にどうしてもなれなくて、彼の努力に任せることにした。ま、あの足の速さなら、思ったよりも早く川に戻れるだろう。

 翌日も、やはり雨だったが、学習したのかまだ昨日ほど降っていなかったためか、電車の方は(後から遅れたかもしれんが)正常運転だった。しかし、バスの中でまた滝のように降り始めた。しかし、降車バス停に着いた時はまだ昨日のようにはなっていなかった。
 それより、問題は前日から痛かった股関節痛が一晩で悪化しており、歩けなくはないにしろけっこう辛く人魚姫になったような気分になっていた。何でかなあと朝から悩んでいたが、ここに着いてやっと原因がわかった。昨日、水溜りをジャンプしながら歩いたからだ。それで、いつも使わない筋肉を使ったから、筋肉痛になってるんだ。ああ、つまらん・・・。 

|

« 小説館、更新しました。第7章突入です。 | トップページ | 近況っていうか・・・ »

徒然くさ」カテゴリの記事

自然災害・防災」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。自然災害のメッカ、宮崎からお届けしています。こちらは今突然ピーカンに太陽が顔を出しました。雲はどんよりした梅雨雲ですが、その間隙を縫ってのお日様の出現はありがたいのですが、なにやら最近の天候不順を象徴しているようで気持ちのいいものでは無いですね。

しかし、カメと股関節の話というのはなにやら淫靡な香りがします。さすがエ●大魔王…。

と、書いて投稿したらスパムに間違えられた。不本意ですが表現を訂正します。

投稿: drac-ob | 2008年6月22日 (日) 14:28

ジャンプ出来るだけマシですな(^^;)
すでに雨が降る前から膝の関節が痛み出して、階段の上り下りに支障をきたしております……orz

投稿: bergkatze | 2008年6月23日 (月) 01:39

なかなかはっきりしない天気が続きますね。
昔々、大雨で電車が一時不通になり、
何を考えていたのか、田舎の一駅分、
歩いて帰ったことがあります。
もちろん、道も冠水していて膝上ぐらいの水の中、
じょぼじょぼ歩いていたら、側溝に片足を
踏み入れそうになって、あわてて引っこ抜きましたが
もしそのまま踏み込んだらきっと今頃
あの世へ逝っていたでしょう。
今思えば、もしかして私もビーンな人?
何でそんなコトしたんでしょうかね。

投稿: MM21 | 2008年6月23日 (月) 23:33

drac-obさん

すみません、昨夜コメ書いてたら、いつの間にか寝てしまって、せっかく書いたコメも消えていました。気圧が低いとどうもいけません。

昨日の月曜日はちょっとだけ日が差したけれど、今夜はまた雨です。降り過ぎです。
しかし、降らないと困るし降りすぎも困るですね。

亀と股関節、なんでも小学生みたくエ□に結びつけるのはよくないですぜ。
って、キツイと気の効いたツッコミができないぜ・・・。

因みにエ□と表記したい時は、ロを記号の四角にするとかエを漢字の工にするとかすればいいですよ。

投稿: 黒木 燐 | 2008年6月25日 (水) 00:40

bergkatzeさん

私も膝はだいぶ前から痛めており、立ちすわりや階段の上り下りが辛いです。
しかし、まだ天気予報が出切るほどではないです。
ウチは祖母が膝が悪かったので、そっちの体質が遺伝してるのかもしれません。

投稿: 黒木 燐 | 2008年6月25日 (水) 01:20

MM21さん

私も、やってはいけないと思いながら、ついやってしまい、後悔することがあります。特に子どもの頃はそれがよくありましたね。
http://kuroki-rin.cocolog-nifty.com/heaven_or_hell/2004/11/post_621a.html

とりあえずお互い、『ダーウイン賞』をいただかないように気をつけましょうね。

投稿: 黒木 燐 | 2008年6月25日 (水) 01:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豪雨の季節:

« 小説館、更新しました。第7章突入です。 | トップページ | 近況っていうか・・・ »