« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月25日 (月)

ヤコプ逝く

 2月24日午後1時半頃、愛猫ヤコプが永眠いたしました。17歳でした。

 数年前から背中に瘤が出来ており、ガンの疑いがありましたが、下手に手術をして寿命を縮める可能性があるので、結局自然に任せることにしました。今回の死因が、それがガンで転移した結果なのか、単に老衰なのかはわかりませんが、物をほとんど口にしなくなってから、ほぼ水だけで2週間以上生き、死の前日まで水を飲み、当日の朝も猫トイレでちゃんと小用を済ませるというお行儀のよさでした。2・3回惚けて違うところで粗相をしてしまいましたが。
 最後の2日はもうほぼミイラ状態で九割がた死んでましたが、それでも彼は最後まで生きることをあきらめませんでした。彼は、がんばりすぎるほどがんばったと思います。

 これでもう十数匹動物を看取ったことになりますが、一向に慣れません。でも、これには慣れてはいけないと思います。もちろん飼い主も人間ですから、思い入れの大きい子やそうでもない子がいるのは仕方がないことです。たとえば、私にとってソロやすずめおは特別に思い入れのある猫でした。しかし、亡くなった時の悲しさや喪失感に差はさほどありません。皆一様に悲しいです。
 しかし、慣れてしまった部分もあります。死期がだいたいわかるようになったのです。今日も様子を見ていて、これはまもなく臨終の時が来るなということがわかりました。それで、死に目に傍に居ることが出来ました。頭部が反り返って、足を力なくばたばたさせていましたが、ふっと4本とも足が伸びて、そのまま動かなくなりました。かかえあげると首がだらんと垂れ、昇天したことがわかりました。「よくがんばったねえ」そう声をかけたら、今までさして涙も出ていなかったのが、いきなりはたはたと涙があふれてきました。

 ヤコプにとっての17年と8ヶ月、果たして幸せだったかわかりませんが、今頃虹の橋で両祖母(フクとクロ)や父ちゃん(すずめお)母ちゃん(アンリ)と先に行った兄妹猫(きり子)と再会して、またたび酒で宴会でもやってるかもしれません。

4kyoudai001s  4人姉弟そろいぶみ。ヤコプは右から2番目のシャムネコもどき。三毛(母)と白黒(父)からこんな洋猫が生まれたので驚きました。柄はもろにシャムネコで目も青いし少しより目気味というシャムネコらしい特徴があって、耳はちょっとアメリカンカール状態。でも、体型はずんぐりむっくりで尻尾の短い日本猫でした。
 因みに右端はピムピムで、左端は先に虹の橋に渡ったきり子左から2番目は、ご存知ナターシャです。
 ヤコプは顔が黒くて青い目がフラッシュで赤目に写って常に写真写りが悪く、あまり写真が残っていません。

  Yakopus  

  ご飯を食べなくなってから、うつらうつらすることが多くなり、しばらくはナターシャが傍に付きっ切りで、看護猫と呼ばれていたけど、途中で放棄。かなりヤコプが臭ってきてたからかも知れませんが、単に飽きたからかも。ヤコプの背中のハゲが問題の腫瘍。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年2月24日 (日)

小説館更新いたしました。

読んでね。→「Heaven or Hell 小説館」  携帯電話で読む場合はこちらから

第5章その1 パート3です。

 ギルフォード先生、博多どんたくの花自動車やら食玩のフィギュアやらえらい言われようです。その楽しい会話とは別の場所で、暗雲が立ち込めてまいりました。

 ブログランキング、なんとか30位台をキープしています。クリックしてくださっている方、本当にありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。なんとか25位以内に入れるようがんばりたいと思います。(ランキングクリックは小説館トップページより)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月22日 (金)

シャズと遊ぶ。

シャズがいつものようにおなかを出して寝てました

ちょっかいを出してみました。
ナターシャもヴィデオに写ろうと、やってきましたがすぐベッドの上に行きました。

シャズと遊ぼう。
シャズと遊ぼう。

 

 オチはありまっしぇん。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年2月19日 (火)

小説館更新のお知らせ

 読んでね。→「Heaven or Hell 小説館」  携帯電話で読む場合はこちらから

 すみません、最近こっちが小説のお知らせ掲示板みたくなってしまっています。

 第5章その1 パート2です。

 もう少し、進めてからと思ってたのですが、キリがいいので早めにアップしました。

由利子とギルフォード先生がやっと出会いました。ほとんど力技です(汗)。また、由利子のブログ名とHNが明らかにされました(もちろんフィクションですから、検索しても該当ブログは存在しません(笑))。

 ブログランキング、なんとか30位台をエレベーターのように上下しています。クリックしてくださっている方、本当にありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。なんとか25位以内に入れるようがんばりたいと思います。(ランキングクリックは小説館トップページより)

 えっと、それから、よかったら感想BBSに何か書いてください(雑談OKです)。せっかく作ったので・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月17日 (日)

ギル教授のバイク決定

 今趣味で書いている小説に出てくる教授の愛車が決まりました。

 アレクさん(ギルフォード教授)の愛車がバイクでハーレーというとこまでは、まあ、誰かさんも乗っているしということで安直に即決したのですが、なにぶん重症のメカオンチなので、機種設定で早くもコケまして、とりあえず小説中では、主役である由利子(やはりメカオンチ)の視点でお茶を濁していました。

 で、SIS Japanの会員でもあるGPZさんに相談したところ、旦那様と共に良さそうなのを見つけてくださいました。

 以下はメールから抜粋

 見ると欲しくなるからいやだー、という旦那にひやひやしながらネットをあちこちしてアドバイスしてもらい、ナイトロッドがいいんでないかい、という事になりました。
  ハーレーでは目新しく、若い世代向けのVRSCファミリーのさらに、ステップが前寄りにあるので足が長くないと届かないDX ナイトロッドスペシャル。 

 ということで、ハーレーの公式サイトを見てみました。

 うわ、黒い! かっけ~~~

 若い世代向けとあるけど、アレクさんの体力なら大丈夫でしょう。乗っているところを想像しました。うみゅ、なかなかです。

 このバイク、ドラッガーなので、コーナーリングが苦手で、ステップも前にあるので、教授以外の人が乗ったりすると、「ブレーキ踏めねー!交差点まがれんー! うおおおっーー!死ぬーっ!」という、おちゃめなセリフを言わせることができます。葛西さんだっけ?刑事さん。

 わはははは

 って、「死ぬーっ!」というまもなく激突ですわ(笑)。 でも、多分、170cmそこそこで警官にしては細身の葛西君では、またがるだけで精一杯ではないかと。白バイ隊は絶対に無理ですね。

 では、お披露目です。
 
ハーレーダビットソンVRSCDXナイトロッドスペシャル
http://www.harley-davidson.co.jp/lineup/vrsc/vrscdx.html

【宣伝】

◆「朝焼色の悪魔」
 ごく普通の会社員だった篠原由利子は、偶然の出会いからバイオテロ事件に巻き込まれる。日常から非日常に放り込まれた彼女の戦いをテロのシミュレーションを考慮しながら描いていく。

 読んでね。→「Heaven or Hell 小説館」  携帯電話で読む場合はこちらから

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年2月11日 (月)

小説館更新しました。第五章開始。

 読んでね。→「Heaven or Hell 小説館」  携帯電話で読む場合はこちらから

 第5章その1 パート1です。今回からは第五章スタートしました。だんだん専門的になってきて、設定が大変です。とはいえ、けっこう想像で書いている部分も多いので、団体名や施設名は鵜呑みにしないでください。

 年度末の超繁忙期に入る前に出来るだけ更新とか書きながら、本職より作業が進んでいます。大掃除の時につい古新聞を読んでしまうのと同じだったりして(笑)。

 ブログランキング、なんとか30位台をエレベーターのように上下しています。クリックしてくださっている方、本当にありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。なんとか25位以内に入れるようがんばりたいと思います。(ランキングクリックは小説館トップページより)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 7日 (木)

ここみとまたたびシート

 ここみ、だいぶ大きくなりました。尻尾も先は若干曲がっているものの、太くて長くて立派です。

 またたびシートを与えたら、大喜び。しかし、紛れて録音されたニュースの内容がとんでもないです。さらに事件の現場は久留米ですよ。

1月25日に撮った映像です。

ここみ、またたびシートに興奮する。
ここみ、またたびシートに興奮する。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年2月 6日 (水)

絵文字がついた。

 昨日、ココログのリニューアルが終わって、ふと見たら、顔文字機能が追加されていた。少し遊んでみようか。

続きを読む "絵文字がついた。"

| | コメント (8)

2008年2月 4日 (月)

小説館更新しました。第四章終了。

 読んでね。→「Heaven or Hell 小説館」  携帯電話で読む場合はこちらから

 第4章その6「蠢く」 パート2です。今回で第四章を終え、次回からは第五章スタートで新展開を迎える予定。

 前回を読んで、動くモノの正体は、おそらく予想通りではないかと思います。

 年度末の超繁忙期に入る前に出来るだけ更新しておきたいと思います(会社のお昼休みにも少しずつ書いています)。
 ブログランキング、なんとか30位台をウロウロしている状態です。クリックしてくださっている方、本当にありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。(ランキングクリックは小説館トップページより)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 1日 (金)

ボケたのか?

 昨日、会社からの帰りのこと。

 繁忙期の年度末なので、ずっとサビ残で帰りが遅いのだが、それでも8時前には会社を出れるのだから、例年よりマシなのだろう。まあ、人が減ったので外注に出す物件が増えたせいかもしれない。

 それはともかく、遅いとついついバスに乗ってしまうので、イカン運動不足じゃと、駅まで歩くことにした。夜は寒いけど、歩くと体がけっこう温まって汗すらかいてくる。真冬の夜外を歩いていて汗をかくなんて、やはり暖冬なのかな。確かに、寒いけど「しばれる」ような寒さが無い。今冬は雪、積もるんかいな。

 で、駅についたら、わりとすぐに電車が来たので乗り込んで座った。この時間下り電車だったらまず座れないけど、上りはけっこう席が空いている。その点ラッシュと逆方向の電車はいい。
 座って、さて、本でも読もうかとカバンを膝にのせたら、前の席に中坊だか高坊だかの二人組みが座っていた。ああ、祐一君と故・雅之君(共に自作小説のキャラ)もこんな感じだったのかな、と思いつつ眺めていてふと思った。

 あれ? この子達なんで冬服の詰襟着てるの? この暑いのに。

あ、今は1月だった。とすぐに我に帰る。冬だから冬服はアタリマエだ。どうやら、頭の中が小説ヴァージョンになっていたらしい(自作小説では、今はまだ6月3日)。

 それより、何の疑いも無く今が6月と思えたなんてものすごく不思議で、驚いた。そして、焦った。惚けちゃったかな~。ドキドキ。まるで時騙しの香を焚かれたような感じ。いや、季節だから季節騙しの香か。

 いい加減早く寝て、睡眠時間を充分にとらないとイカンなと思った。今日は早く寝よう。・・・って、1時過ぎてるし。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »