« 海ほおずきの歌 | トップページ | 日々雑感 »

2007年11月 4日 (日)

エノラ・ゲイの機長、92歳で死去

 ポール・ティベッツさん、長生きでしたね。92歳も生きることが出来てよかったですね。

 死ぬ時怖くなかったですか? あなたが殺してしまった何万もの人々が待つ場所へ行くことに。

 私は、多くの人が思っているように、あれはあなたの責任とは思ってません。あなたはご自分の任務を遂行されただけです。軍人であれば命令は絶対だし、また、あなた自身もあれほどの威力と思っていなかったでしょう。あの雲の下で、本来なら守られるべき多くの女性や子どもやお年寄りが、想像を絶する生き地獄を味わうなんて思っていなかったでしょう。もし、そんなことを想像できたのなら、あなたがあの機体に母親の名前をつけるとは思えないから(でも、あなたのお母さんは喜んだでしょうか)。それに、あなたが行かなくても、他の人が実行したことでしょう。

 
 原爆製造のきっかけを作ったアインシュタインや原爆の父オッペンハイマーは、あなたとは逆に激しく後悔して核廃絶に向かいました。彼らは科学者でしたが、科学者の良心がその結果を許せなかったのかもしれません。ヒロシマ・ナガサキの結果を正面から受け止めた彼らの苦しみは、想像を絶することだったと思います。でも、彼らの心は救われたと思います。

 お墓も作らず、遺灰も海に返すという決断は、本当に核兵器反対派の抗議を恐れてのことだったのでしょうか? それもあるかもしれませんが、本当は自分の存在を葬りたかったのではありませんか? しかし、あなたが人類の頭上で始めて核兵器を炸裂させた戦闘機である、エノラ・ゲイの機長だったという事実は歴史に残り消し去ることは出来ないでしょう。それは原爆資料館にもスミソニアン航空宇宙博物館別館にも展示されていることだし、他にもそういう施設はあるでしょう? 嬉しいですか? 

 結局あなたは、最後まで原爆投下が戦争を終わらせたという考えを曲げませんでした。だけど、本当に罪の意識を感じていなかったのでしょうか? 航空機で爆弾を投下することは、直接銃などで人を殺すよりも罪の意識が少ないようですし、ましてや投下後はすぐに帰路についたあなたは直接のあの阿鼻叫喚を知ることはなかったでしょう。 実際それを見ることが出来たのならまた違ったかもしれませんね。 

 ポール・ティベッツさん、私はあなたを気の毒だと思う。戦争を終わらせたヒーローとして、スポットライトを浴びてたあなたの影は、きっとどんなものよりも暗かったと思うから。そしておそらく無意識のうちにその影から伸びる何十万もの手に怯えていたと思うから。そしてあなたは安らかに眠ることが出来なかったと思うから。せめて一言「I'm sorry.」と言うことが出来たなら、あなたは原爆から解放されたかもしれません。しかし、アメリカ合衆国軍人であったあなたはそれが許されませんでした。死んで初めてあなたは原子爆弾の呪縛から解かれたのかもしれません。

 あなたの死を以って、あなた自身の戦争がやっと終わったのかもしれません。しかし、核兵器の恐怖は今も終わっていません。これから第三第四のあなたが現れない確証はありません。そして、その人はあなた以上に罪の意識を感じることが無いかもしれません。

 

 ポール・ティベッツさん、一言だけ訊いていいですか?

 あなたの信じる神は、あなたの落とした爆弾がもたらした惨状を見て喜んだと思いますか?

  

  

  

エノラ・ゲイの機長、92歳で死去
http://www.asahi.com/international/update/1102/TKY200711010395.html

2007年11月02日01時14分

 広島に1945年8月、世界初の原爆を投下したB29爆撃機「エノラ・ゲイ」の機長だったポール・ティベッツ氏が1日朝、米オハイオ州コロンバスの自宅で老衰のため死去した。92歳だった。友人で元代理人のジェリー・ニューハウス氏が朝日新聞の取材に語った。

 同氏によると、ティベッツ氏は心臓の持病に苦しみ、2カ月前から衰弱していた。原爆投下に批判的な人々の抗議活動を恐れて葬儀や墓石を希望せず、遺灰を海にまいて欲しいと言い残したという。

 ティベッツ氏はイリノイ州クインシーに生まれ、37年陸軍航空隊に入った。原爆開発の「マンハッタン計画」にかかわり、母親の名前から爆撃機にエノラ・ゲイと名付けた。

 同氏は生前、原爆投下の正当性を疑っておらず、「投下は戦争を終結させるためだった」「(投下された原爆は)大きな戦争を抑止してきた」と朝日新聞の取材に語っていた。原爆投下60年の05年にも地元紙の取材に「(任務を受け)人々を殺すことになると知っていたが、できるだけ早く(戦争の)大量殺害を終わらせるため任務を全うすることしか頭になかった」「(後悔は)とんでもない」と答えている。

 同氏は45年8月6日未明、エノラ・ゲイの機長としてマリアナ諸島のテニアン島を離陸し、広島に同日午前8時15分、史上初めて原爆「リトル・ボーイ」を投下した。

◆2ちゃんねる同記事スレッドより◆

4 :名無しさん@八周年:2007/11/02(金) 10:18:28 ID:TLW4ZwJj0
憎まれっ子世にはばかるというか、長生きしやがったな。

6 :名無しさん@八周年:2007/11/02(金) 10:20:53 ID:QjCZT+qY0
この時の少年は今でも生きて居るんだろうか?

> 1999年現在76歳になるジョー・オダネル氏は、アメリカ軍の報道写真家として第2次世界大戦後の
>日本を撮った。
>佐世保から長崎に入った私は、小高い丘の上から下を眺めていました。すると白いマスクをかけ
>た男達が目に入りました。男達は60センチ程の深さにえぐった穴のそばで作業をしていました。荷
>車に山積みにした死体を石灰の燃える穴の中に次々と入れていたのです。

>10歳ぐらいの少年が歩いてくるのが目に留まりました。おんぶひもをたすきにかけて、幼子を背中
>に背負っています。弟や妹をおんぶしたまま、広っぱで遊んでいる子供の姿は当時の日本でよく
>目にする光景でした。しかし、この少年の様子ははっきりと違っています。重大な目的を持ってこの
>焼き場にやってきたという強い意志が感じられました。しかも裸足です。少年は焼き場のふちまで
>来ると、硬い表情で目を凝らして立ち尽くしています。背中の赤ん坊はぐっすり眠っているのか、首
>を後ろにのけぞらせたままです。

>少年は焼き場のふちに、5分か10分も立っていたでしょうか。白いマスクの男達がおもむろに近づ
>き、ゆっくりとおんぶひもを解き始めました。この時私は、背中の幼子が既に死んでいる事に初め
>て気付いたのです。男達は幼子の手と足を持つとゆっくりと葬るように、焼き場の熱い灰の上に横
>たえました。

>まず幼い肉体が火に溶けるジューという音がしました。それからまばゆい程の炎がさっと舞い立ち
>ました。真っ赤な夕日のような炎は、直立不動の少年のまだあどけない頬を赤く照らしました。そ
>の時です、炎を食い入るように見つめる少年の唇に血がにじんでいるのに気が付いたのは。少年
>があまりきつく噛み締めている為、唇の血は流れる事もなく、ただ少年の下唇に赤くにじんでいま
>した。夕日のような炎が静まると、少年はくるりときびすを返し、沈黙のまま焼き場を去っていきま
>した。(インタビュー・上田勢子)

11 :名無しさん@八周年:2007/11/02(金) 10:23:22 ID:AGmCHc2i0
別に原爆投下で戦争おわってねーし。
ってか、この機長、原爆投下から1ヶ月も戦争が続いた事実をどう思ってたんだろう。

16 :名無しさん@八周年:2007/11/02(金) 10:25:45 ID:1eYas7zh0
間違いなく地獄に行っただろうな

永遠に業火で焼かれる事だろう。

17 :名無しさん@八周年:2007/11/02(金) 10:26:01 ID:S8AuKZkj0
>ティベッツ氏は心臓の持病に苦しみ

原爆被害者の苦しみに比べたら、軽いもんだわ。
もっと苦しめば良かったのに。

20 :名無しさん@八周年:2007/11/02(金) 10:27:18 ID:llFA3ZxE0
東京大空襲では結構な数の爆撃機がなんだかんだと機体の不調訴えて引き返したりしたらしいが
彼はママ(エノラ・ゲイ)のリトルボーイを喰らえと実に楽しそうであったと

24 :名無しさん@八周年:2007/11/02(金) 10:27:52 ID:h/TLECYM0
>「(任務を受け)人々を殺すことになると
>知っていたが、できるだけ早く(戦争の)大量殺害を
>終わらせるため任務を全うすること
>しか頭になかった」「(後悔は)とんでもない」と答えている。

例えば、アメリカが何処かの国と戦争をしていて
相手の国がニューヨークの真上に原爆を落として
敵国が「戦争を早期に終わらせる為に落とした」
と発言したらアメリカ人はどう思うのかな?
それと長崎にはアメリカと同じ宗教であるキリスト教を
信じている人もいたんだけど、アメリカ人的には
どう考えているんだろうな?

27 :名無しさん@八周年:2007/11/02(金) 10:28:45 ID:TR8/pgbG0
>>1
国の命令だったとはいえ、あの世というものが存在するのであれば、
広島の10数万の犠牲者に一言でいいから 「すまなかった。」 と言って欲しい。

もう自分をごまかすことも、国のメンツを気にする必要もないんだからな。

28 :名無しさん@八周年:2007/11/02(金) 10:28:52 ID:JsuLCJtqO
本人は本気だったんだろ。

ただそれだけの話だ。

29 :名無しさん@八周年:2007/11/02(金) 10:28:55 ID:bX4fh5aO0
長生きするのが幸せとは限らんよ
生きて苦しみを味わったと思いたい

35 :名無しさん@八周年:2007/11/02(金) 10:30:16 ID:nGMqUub40
たぶん歴史上最も多くの人間を直接殺した人だろうな

37 :名無しさん@八周年:2007/11/02(金) 10:30:31 ID:ZtVSu4iZ0
このころ核爆発についての知識など一部以外知らなかっただろ。
大戦終了後も軍人対象に被爆実験おこなってたぐらいなんだぜ。

この軍人さんも命令に従っただけ。
でも事実を知ってからは葛藤をおぼえただろうね。
ご冥福をお祈りします。

52 :名無しさん@八周年:2007/11/02(金) 10:33:09 ID:vgj3Hzbv0
しかしまあ随分と長生きしたな。余程あの世が怖かったのかw 

53 :名無しさん@八周年:2007/11/02(金) 10:33:30 ID:cTdsiYa40
>「投下は戦争を終結させるためだった」
本音はどうであれ、こう思い込まなきゃ精神崩壊するだろ。
直接殺した人数は人類史上最も多いわけだし。

64 :名無しさん@八周年:2007/11/02(金) 10:36:37 ID:h/TLECYM0
日本はいつ頃から降伏を考え始めて
どの時期に連合国側に降伏の打診をしていたのですか?

65 :名無しさん@八周年:2007/11/02(金) 10:37:01 ID:LMYc1UmaO
軍人さんとして与えられたミッションをこなしただけ
なんだから、この人にいろいろ突っ込むのもアレじゃない?

67 :名無しさん@八周年:2007/11/02(金) 10:37:37 ID:M+5oQKP90
>>11
どういうこと?

70 :名無しさん@八周年:2007/11/02(金) 10:37:56 ID:nzfthbWr0
戦争とは両国の正義が対立する状態である。
日本にとっての悪魔はアメリカにとっての正義
そして、逆も成り立つことになる。

しかし、勝った国の正義は絶対的正義として賞賛され
負けた国の正義は悪魔の所業として非難される。

勝てば官軍、負ければ賊軍という考えは
勝つためなら何をしてもよいということになり
果てしない軍拡を招くことになる。

敗戦国である日本の戦争犯罪だけを追求することは
戦勝国に媚びへつらう卑怯者の所業である。

75 :名無しさん@八周年:2007/11/02(金) 10:39:19 ID:vxTCQScD0
この人がやんなくても別の人がやっただけだし
むしろメリケン人の罪(みたいなの)を背負い込んでこの年まで生きて
酷い事したとは思うけど、まーおつかれさんと言いたい

77 :名無しさん@八周年:2007/11/02(金) 10:40:16 ID:pO88c/ed0
この機長、生前に、原爆投下に反対する人々にデモの場所を提供しないよう「墓は不要」と言っていたそうな。

俺は思うんだが、広島のエノラ・ゲイ、長崎のボックスカーの搭乗員に
原爆投下の是非を聞くのは、ちょっと筋違いとおもうんだよな。
彼らは最前線で働く軍人であり、まず命令に忠実でなければいけない。
その点、帝国陸海軍の暴走っぷりと言ったら・・・・(特に陸軍)。

そういう是非を聞くなら、
時の大統領、トルーマンや、
対日戦の最高責任者マッカーサー元帥、
このB-29が所属していた米陸軍第8空軍のカーチス・ルメイ将軍
とかに聞くべきだ。
(もうみんな死んでるが)。

そう思うと、この機長さんも、相当悩んで「墓は不要」という結論に達したんだろうな。

82 :名無しさん@八周年:2007/11/02(金) 10:42:01 ID:mD13w6v+0
>同氏は生前、原爆投下の正当性を疑っておらず、「投下は戦争を終結させるためだった」
>「(投下された原爆は)大きな戦争を抑止してきた」と朝日新聞の取材に語っていた。

この人も、そう思わないではやってられなかったのだろうね。。
なみの神経では、自分が「無辜の人々を大量殺戮した実行犯」だという認識では
自我は保てないよ。

>原爆投下に批判的な人々の抗議活動を恐れて葬儀や墓石を希望せず、遺灰を海にまいて欲しいと言い残したという。

これが偽らざる彼の潜在意識だったろう。。。。。。。。。。瞑目。

98 :名無しさん@八周年:2007/11/02(金) 10:47:31 ID:KnOB/HeX0
>77

エノラ・ゲイの搭乗員に原爆投下の是非を問うのは筋違い、という所は私も同意

それに、実際に原爆投下した兵士は原爆投下は正しかったのだ、と
どんな事をしても正当化しないと、
もし、原爆投下を間違いだった、と認めてしまうと
その兵士達は世界史上最悪最低の大量無差別殺人者となる
だから原爆投下正当化は生きている限りし続けると思う
一介の下っ端兵士に認めさせるにはあまりにも重すぎる戦争犯罪だと思う

103 :名無しさん@八周年:2007/11/02(金) 10:50:12 ID:5uUwO8Yj0
約14万人を5人の乗り組み員で殺したんだから、一人
あたま約2万8千人。これって一人で殺した人数としては
世界最高なんじゃない?塗り替えられる事も無いだろうし。

原爆投下の正当性の有無はともかく、これだけの人間を
一瞬のうちに殺したって事実は否定出来ないだろう......

105 :名無しさん@八周年:2007/11/02(金) 10:50:56 ID:82CoHcW00
米空軍参謀総長のカーチス・E・ルメー空軍大将は極東視察旅行の途中、
6日夕横田基地着の米軍用機で来日、7日防衛庁に小泉長官を訪問・懇談するが、
政府はこれに先立ち4日の閣議で同大将に勲一等旭日大綬章を贈る事を決めた。
ルメー大将は戦時中、東京爆撃を行ったマリアナ基地の米第21爆撃航空隊司令官を
務めた人だが、戦後、昭和36年7月から米空軍参謀総長としてバッジの建設、
レーダーサイトの日本移管など航空自衛隊の育成強化に功績が多かったとして
今度の来日を機会に勲章を贈呈する事になったものである。
広島への原爆投下のテニアン基地での最高責任者が、
カーチス.E.ルメー少将(当時)だった。

日本政府は原爆落とした米国人に勲章を授与!

108 :名無しさん@八周年:2007/11/02(金) 10:52:20 ID:TR8/pgbG0
>>98
この機長への憎しみよりも、先ほども書いたがFDルーズベルトとトルーマン、
スターリン、ルメイ。こいつらへのそれの方が強いんだがね。

そんなルメイに勲章を渡してしまうような日本政府も何を考えてるんだか。
受勲の知らせを聞いたルメイも 「これは何かの嫌味か?」 と思っただろうな。

120 :名無しさん@八周年:2007/11/02(金) 10:56:54 ID:t3l0JIx20
そりゃぁ下っ端はそう思い込まないと自殺したくなるだろうからな。
本音はどうだったんだろうかね

115 :名無しさん@八周年:2007/11/02(金) 10:55:28 ID:nwd3bf/U0
>>108
真珠湾攻撃を指揮した源田実にアメリカが勲章をくれたから、
お返しにルメイにも勲章をあげて、日米の和解を演出した、と言う説もある。

126 :名無しさん@八周年:2007/11/02(金) 10:58:49 ID:TR8/pgbG0
>>115
そういう理由ならば、語弊があるかもしれんがあえてストレートな表現で。

たかが軍人を数千人殺っただけの日本と、ほとんど民間人ばかり10数万人を虐殺した
アメリカと同列にするのは犯罪的な混同だと思うがね。

それを決めたのが源田氏だったのか、当時の日本政府の誰だったかは知らないがね。

127 :名無しさん@八周年:2007/11/02(金) 10:59:48 ID:OA+phHyk0
一番悪いのは原爆投下を提案したり指示した連中。
後は勝ち目の無い戦争を何時までも続けた日本の権力者か。

まぁ、こいつもある意味被害者だよな。
原爆投下の意義を信じ込まないと精神崩壊起こしてただろ。
というか精神おかしくなって自己防衛的に原爆の正当性を妄信したか。
自分は死んだ後まで恨まれるってことを自覚して生きてきたわけか。

135 :名無しさん@八周年:2007/11/02(金) 11:01:46 ID:Hv652pDq0
>>64
鈴木貫太郎内閣(1945年4月7日~)になってから終戦工作に走っていた
ただ仲介役を頼んだソ連が、米とヤルタ協定を結んでいて日本を攻める気満々だったため、降伏の邪魔をされただけに終わる

よく、日本の降伏理由として原爆が最初にあげられるが、実際にはソ連が条約を破って侵攻しようとしたほうが第一要因
つまり原爆を落とさなくても、日本は9月前後に降伏しとった

147 :名無しさん@八周年:2007/11/02(金) 11:08:43 ID:vxTCQScD0
生前の原爆に対する発言の一つ一つは国の管制下にあっただろうし
死んだ後の遺体の処遇は許された少ない自由だったのかもしれん

154 :名無しさん@八周年:2007/11/02(金) 11:10:53 ID:AGmCHc2i0
>>67
学校で教えろよといいたいね。
ソ連が参戦したのは原爆落とされてからだぞ!

8月6日エノラ・ゲイ原爆投下
8月8日ソ連宣戦布告 日ソ中立条約一方的破棄
8月9日長崎原爆投下
8月15日玉音放送(いわゆる終戦記念日)

ソ連と中国とは戦争続き樺太占領される

9月2日降伏文書調印(公式上の終戦)
9月4日ソ連北方四島占領 (事実上の終戦)

157 :名無しさん@八周年:2007/11/02(金) 11:12:16 ID:Ie+eKv2R0
いや、こいつは最後の最後までクズだったってことだろ。
原爆投下に批判的な抗議活動って、なにも日本国民だけを指していることじゃない。
そういう人はアメリカ国内でもいるんだよ。
こいつは「抗議活動の場を与えない」という最後までアメリカの政治思想の為に死んだといえる。

168 :名無しさん@八周年:2007/11/02(金) 11:18:37 ID:NNW7PtunO
流石にこの人を非難するのは筋違い
原爆の賛否以前の問題で、彼はただ軍人として任務を全うしただけであり
仮に彼が当時原爆落とさなくても、他の人が落としてただろうから

普通にアーリントンで眠っても構わんぞ

169 :名無しさん@八周年:2007/11/02(金) 11:19:07 ID:nc6rgxnn0
地獄へ落ちろ

172 :名無しさん@八周年:2007/11/02(金) 11:20:32 ID:TR8/pgbG0
>>154
この原爆投下を話題にする時、一方でソ連の裏切りも忘れることはできんな。

講和の仲裁どころか、ヤルタの密約で日本への参戦と引き換えに勝手に千島・樺太を
自国のものにするとFDRと取引し、日本の歴史など眼中にないFDRがさっさと受けた。

そして、9月2日の公式な終戦までは交戦状態だ、と屁理屈をかまして8月15日から
9月2日までの2週間に千島全域を勝手に分捕った。

アメリカもソ連(ロシア)も他の国全ても、究極的には自国の利益の為にしか動かん。
いかに美辞麗句でそれを覆い隠すか?も、国の外交の大きな仕事だ。

日本は昔も今もこれが大の苦手だからねえ。

184 :南米院 ◆qZn4PpFR5Y :2007/11/02(金) 11:24:11 ID:7Rm00xAe0
しかし、死んでしまったら皆仏様。
ご冥福をお祈りします。qqqqqq

187 :名無しさん@八周年:2007/11/02(金) 11:24:44 ID:m/0dewRC0
>>184
キリスト教徒に仏様になるとか可哀想な事言うなよ

210 :名無しさん@八周年:2007/11/02(金) 11:37:38 ID:iHl0Y7sf0
被爆直前、浦上天主堂には12000人の信徒が居たそうだが
8500人が被爆死してる、

事実上の全滅状態で、再建されるには
1960年代まで待たねばならなかった

近代以降の日本における最大級のキリスト教徒虐殺事件でもある

213 :名無しさん@八周年:2007/11/02(金) 11:40:02 ID:z8pugsAg0
国のプライドの為にユダヤの人々からぶん取った挙句にユダヤ人差別してる
宗教の祝福受けた新型爆弾落して何の罪も無い赤ん坊や家族のかえりを待っている
子供や新婚さんや家族の安全だけを祈ってるおばあちゃんとか何万人も殺して
国に帰って常に一生懸命自分の正当性を訴えてないと駄目で挙句に墓も作れない
‘英雄‘ねぇ・・絶対成りたくは無いわ
しかしアメリカって怖いね どんな理由であれ墓すら作れないって日本だと墓に
手出す奴って徹底的に嫌われるのに・・意外と日本の方が宗教観しっかりしてるのかな?

214 :名無しさん@八周年:2007/11/02(金) 11:40:19 ID:035DqAO80
正義の反対は悪じゃなくて
また別の正義なんだと野原ひろしがいってた。
彼にとっては正義だったんだろうかね。
一兵士が背負うにはでかすぎるものだとは思う。
墓もたてられないということは決して
安息に満ちた人生ではなかったという事だと思うよ。

曾祖母の兄弟が特攻隊で亡くなってるけど今でも泣く。
金やら情勢やら色々あって戦争があるわけだけど
戦争が無くなるのが一番いいよ。

215 :名無しさん@八周年:2007/11/02(金) 11:40:24 ID:WG75aDPu0
とりあえずあの世というものがあるなら、30万人ほどお話聞きたいという方が待ってるんじゃないかと。
退屈はせんだろうな。

218 :名無しさん@八周年:2007/11/02(金) 11:42:04 ID:b1AJviPL0
お悔やみ申し上げます。
あなたの魂が、あの日投下した物と同じ
原子の炎で永遠に焼き苛まれ続ける事を、
被爆国の国民の一人として願っています。

つうか、何万人も殺しておいて天国へ行けると思うなよ。
最後まで自己弁護に徹したあなたには、煉獄でさえ生ぬるかろう。

231 :名無しさん@八周年:2007/11/02(金) 11:47:04 ID:cJ+3zCjo0
おまえら、ウエストポイントとか海兵隊とかの訓練知らないのか?
映画とかで時々やってるだろ。
軍人は頭では行動しないんだよ。
伏せと言われたら、瞬時に糞だらけの地面にでも顔を伏せるんだよ。
命令に絶対服従する殺人マシーンだからな。奴らは。
そうじゃなきゃ、戦争じゃ使い物にならんから。
そんな戦争の道具を非難しても、何も解決しない。

232 :名無しさん@八周年:2007/11/02(金) 11:47:40 ID:iHl0Y7sf0
509混成軍団作戦行動
http://www.ne.jp/asahi/hayashi/love/pumpkin_result.jpg
日本国中で原爆投下「実験」をしてるのが判るよ

これを見る限りにおいて
原爆「投下」は演習や実験も兼ねてた

この資料で興味を引く点は
京都への原爆投下を中止したとされる
昭和20年7月24日以降に

京都を想定目標とした原爆投下演習が始まったという点

グローブズ将軍は終戦の最後まで
京都原爆投下に固執し続けた様だ

265 :名無しさん@八周年:2007/11/02(金) 11:58:02 ID:UG1gBPGS0
おいおまいら、
日本人なら死人を貶めるような事言うなよ。

まあ、ベトナム兵が帰還後精神病んじゃうのがたくさんいたのに
この爺さんも色々葛藤はあったろうけど
天寿を全うした分、
単に図太いか生粋の軍人かのどちらかだと思うけど。

南無阿弥陀仏。

295 :名無しさん@八周年:2007/11/02(金) 12:07:50 ID:hLDOoL0rO
92才でしかも老衰かよ
原爆で亡くなった人は地獄の苦しみを味わったというのに

306 :名無しさん@八周年:2007/11/02(金) 12:11:41 ID:dF85n9zV0
まぁ原爆落とした側の言い分なんてこんなもんだろう。命令されて落としただけなんだろうが
まさかここまでの破壊力とは思っても見なかったろうな。あの惨劇を見て、何の自己弁護もせずに
被害の様を正面から受け止めれる人間なんかそうは居ないだろうよ。

307 :名無しさん@八周年:2007/11/02(金) 12:11:59 ID:1biaoFDF0
なるほど、天国や地獄の存在が必要なのは、生きてるほうなんだな。

308 :名無しさん@八周年:2007/11/02(金) 12:12:01 ID:A3Ed9DHP0
原爆を日本海あたりに投下してればアメリカの評価は変わってたかもな。
人体実験のためなのは明らか・・・なんだが認めたらやばいからな。

310 :名無しさん@八周年:2007/11/02(金) 12:12:09 ID:cAOfhWaq0
あの時代で有色人種なんて、猿扱い同然だったろうから
生意気な猿なんて、ぶっ殺して何の問題があるというのが
正直なところだろうな。
ノイマンなんて頭いい科学者だろうに、生意気な猿に対する憎悪しか
日本に持ち合わせていなかったのかな。

ノイマン自身ガンで亡くなってるけど、死の間際に自分の頭脳が消滅してしまう
恐怖に特におののいていたらしいけど、大した頭脳でもなかったな。

313 :名無しさん@八周年:2007/11/02(金) 12:13:29 ID:xm3wnfzi0
いまさら善悪や是非を問うのも詮無い。
が、落とした事実は消えないし忘れない。

383 :名無しさん@八周年:2007/11/02(金) 12:42:27 ID:uDOGA97N0
「全く後悔していない。夜眠れなくなったことも一度もない。
     あの時、我々は人類にとって最善のことをしたんだ」
ポール・ウォーフィールド・ティベッツ・ジュニア

493 :名無しさん@八周年:2007/11/02(金) 13:12:45 ID:HVs/FINt0

原爆で大虐殺された人たちから永遠に責め続けられるけど、それが嫌で長生きしてたんだろ?エノラゲイって。

ところで、核兵器の使用が戦争を終わらせるためになら使っていいんだよね?

だったら、日本でも持っていいよな、戦争を終わらせるために。

イラクやアフガニスタンに落とせば直ぐ戦争終結させられるしさ。

いやー、すばらしい理屈だよね「戦争終わらせるために核兵器使用は仕方ない」って

497 :名無しさん@八周年:2007/11/02(金) 13:13:12 ID:pkrl/XPm0
多くの人を焼き殺しても
長寿で静かに老衰死
神なんていないわけだな

505 :名無しさん@八周年:2007/11/02(金) 13:14:50 ID:2371Jxob0
間接的殺人の世界チャンピョンはイエス・キリストかマホメットだが、
一人(1集団)で10万人以上をぶっ殺した人といえばこのお方だよな。
死後の世界があるとすれば、どうなるんだろうね。この人。

684 :名無しさん@八周年:2007/11/02(金) 14:07:30 ID:S3rBW+0r0
その国の立場によって原爆の見方も違うのは当然。
恐らく原爆に関った人間は多かれ少なかれ皆罪の
意識をもって生きていたに違いない。しかしなが
らそれを言葉にしたら社会では生きては行けない。

685 :名無しさん@八周年:2007/11/02(金) 14:07:46 ID:9k3qYWYe0
全米を講演して歩いてサインと握手会でウハウハしてたヒーロー気取りのおっさんだろ

700 :名無しさん@八周年:2007/11/02(金) 14:11:18 ID:pIFwmAvcO
ここでエノラ・ゲイの機長を呪うような事言ってる奴は恥を知れよ
自分の手で落とした核で何十万も死んでるんだ。
こうでも思ってなきゃ、このオッサンもやってられんだろ。

確かに広島への核攻撃はあってはならない事だった。
しかしな、戦争なんだよ。日本は戦争に負けてたんだよ。
戦争に負けた国が、人を殺され、街を破壊され、略奪されるのなんて当たり前の事だろ?

768 :名無しさん@八周年:2007/11/02(金) 14:37:20 ID:wBUB0PWj0
死刑執行のボタン押す人の心理的負担はものすごいらしいし、
この人が必要以上に原爆投下を正当化するのは仕方ないと思う。
冷静に向き合ってしまったら気が狂うでしょ。罪のない子供までたくさん
殺してしまったわけだから。この人は弱い人だったんだよ

895 :名無しさん@八周年:2007/11/02(金) 15:30:17 ID:u0eFWK+J0
ていうかぶっちゃげ実験したかったて言えばいいのにな、東京大空襲の方が死者は多いらしいし

905 :名無しさん@八周年:2007/11/02(金) 15:34:57 ID:Lw7EKY/E0
>>895
ズバリそれだよな。
やつら治療はせずにサンプル集めまくってたっていうし。
日本側にも日本を売ったやついるんだろうな。

917 :名無しさん@八周年:2007/11/02(金) 15:39:31 ID:iHl0Y7sf0
>>905
1番参考になったのが広島市内の国民学校の児童の生存率だったらしいな
爆心地に近づくにつれて、低くなってゆくわけだが
確実に8:15に学校に居た事が判っていて、且つその総数も把握されてるってのが
実験結果の検証に最適だったらしい

元々は学校の生き残った先生方が、町中駆けずり回って
児童の安否を確認した報告書が基になってるんだが・・・

これでアメリカはソ連を完全破壊するのに
22発の広島型原爆が必要と結論

あらたな原爆計画を策定していったわけだ

|

« 海ほおずきの歌 | トップページ | 日々雑感 »

ニュース」カテゴリの記事

No More Heroes」カテゴリの記事

コメント

あなたの意見に同感です。
この軍人は自分の務めを果たしただけ。哀れですね。

投稿: コウノモロナヲ | 2007年11月18日 (日) 13:34

コウノモロナヲさん、こんにちは。

そうですね。哀れな人だと思います。

軍人の職務は国を守ることです。敵国の人を殺すこともそのひとつです。ただ、それだけではルール無用の勝つためには何でもありになりますから、ジュネーブ条約のような国際人道法が出来たわけです。

昔読んだ本(何かは失念)で印象的だったのは「戦争が怖いのは殺されることではない。自分が平気でそれができるようになること、それが恐ろしいのだ」というところでした。

彼は死ぬ間際に天国の門を見ることが出来たでしょうか。いや、彼は戦争の英雄ですから行くのはバルハラですね。

投稿: 黒木 燐 | 2007年11月21日 (水) 00:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エノラ・ゲイの機長、92歳で死去:

« 海ほおずきの歌 | トップページ | 日々雑感 »