« ふざけんな、舛添! | トップページ | I HATE YOU. »

2007年9月12日 (水)

安倍首相が退陣表明

おおっとぉ!! あれだけ辞めないと言っていたのに
いきなりの急転直下な展開に
日本中が驚いた━━━━━━(;゜∀゜)━━━━━━ !!!!!

 そういや最近顔色が黒かったもんなあ・・・。

 たいがいにゴリ押しで法案を通し続けた香具師の退陣は目出度いが、これからテキがそういう仕掛けで来るかわからないので油断は出来ないと思う。安倍首相が退陣したところで、根本的な問題は変わらない。ましてや再び小泉のような人が後釜に座った場合、さらに危険なことになりかねない。さらなる警戒を持って与党の動向を見守って行くべきだ。

 

 あ、「いきなりの急転直下」って、馬から落ちて落馬してるやん・・・。

 

 しかし、完全に辞めるタイミングを誤ったな。この2ヶ月間はなんだったんだろうね。時間と税金をだいぶ無駄に使ったね・・・。

 ハッ! まさか、年金問題を有耶無耶にしようと・・・(笑)。

 

安倍首相が退陣の意向、与党幹部に伝える(読売新聞)
http://newsflash.nifty.com/news/tp/tp__yomiuri_20070912it06.htm

 安倍晋三首相は12日、退陣する意向を固め、与党幹部らに伝えた。

 同日午後に記者会見して表明する。夏の参院選で自民党が敗北したことを受け、政権運営が困難になったと判断したものと見られる。

 これを受け、政府は国会に対し、代表質問の取りやめを申し入れた。

 今後、自民党内で後継首相選びが本格化する。2006年9月に戦後最年少の52歳で首相に就任した安倍氏は、小泉政権下で冷え込んだ中国、韓国との関係改善を図り、北朝鮮の核開発問題への対応や日本人拉致問題解決にも力を注いだ。

 内政では、教育基本法改正や防衛庁の省昇格を成し遂げたほか、小泉政権が進めた改革路線を継承し、道路特定財源の一般財源化などに取り組んだ。

[読売新聞社:2007年09月12日 13時26分]

|

« ふざけんな、舛添! | トップページ | I HATE YOU. »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

遅めの昼食を大衆食堂でとっていた時に、テレビの臨時ニュースで知りました。何を今更、というのと、まあ、ここまで外せる人も珍しいなと複雑な気持ちでした。お昼のワイドショーのキャスターやゲストもコメントの仕様が無く、ちょうど12時50分くらいだったので、続きは明日とコメントの先送りしていました。

などと人様のブログにコメントするのは残業をサボっているのではなく、時間の有効活用だと自己弁護しているイケナイ労働者Aでした。(このコメは匿名希望)

投稿: drac-ob | 2007年9月12日 (水) 19:54

こんばんは

驚きました;
ようやくパソコンが復帰したかと思ったらこのニュースですもん。
でも、辞めたことに驚いたわけじゃないんです。

『なんで今っ!???』

ポイントはそこ^^;
今じゃなきゃいけない理由を教えて欲しい・・・。

でもって、もっと凄いなと思ったのは、小池百合子。
彼女はこうなることを読んでいた(知っていた)のではないかと思うほどの素早い対応をしていましたね。大臣職もあっさり蹴ってしまいましたし。
も~離れっぷりがお見事!敵ながらあっぱれ!って感じです。

投稿: るい | 2007年9月13日 (木) 22:39

労働者A(匿名希望)さん

って、名前欄に思い切りHN書いてますやん(笑)。

前の会社はね、残業代は50時間まででサビ残あったけど、深夜や休日出勤は別だったので、ある程度やっただけもらえたんですが、今のところは全部ひっくるめて20時間だし、ただでさえ時間外届けだしたらブツブツ言いやがって出しにくいし・・・。
これから先、少しは景気は良くなるんでしょうかねえ。

って、いけねぇ本題。

私は猫だぬきさんのブログを見に行ったら、ちょうどそのエントリーが上がってたところでした。妹からメールでも知らせて来てました。号外も出たみたいですね。みぃんな寝耳に水って感じで、驚きあきれの「なんでーーーー?!」日本全国津々浦々響き渡った午後でした。

こんな頼りない政治家連中ばかりになったけど、ロシアやアフリカのようなことにならないのは、やはり基盤がしっかりしているからでしょうね。まだまだ言いたいことが言える世の中ですし。

投稿: 黒木 燐 | 2007年9月14日 (金) 15:21

るいさん

ルーターがイカれてたんですか。
最近は、テレビが見れなくても大して問題はないけど、ネットに繋げないと情報難民になったような錯覚をおこしますね。

>でも、辞めたことに驚いたわけじゃないんです。

>『なんで今っ!???』

たぶん、ほとんどの人が同じ疑問をもったんでしょう。
あまりにも中途半端過ぎ。オブチたんは倒れてそのままだったんで、途中でも仕方なかったけど、入院したとはいえ、辞めるほどの病状かって気もします。

>でもって、もっと凄いなと思ったのは、小池百合子。
(中略)
>も~離れっぷりがお見事!敵ながらあっぱれ!って感じです。

私もそう思いました(昨日のエントリのニュースソースコピペの後んpほうにも書いてます)。

さすがネズミ、沈没船から逃げ出すのだけは早いですねえ。
しかし、彼女も安倍さんも、大きな会談の後すぐに辞めてしまいました。これで、日本の政治家の信用が失墜してしまいました。それに関しては両者とも腹を切ってわびても足らないくらいです。

投稿: 黒木 燐 | 2007年9月14日 (金) 16:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安倍首相が退陣表明:

» 今ごろ辞任、逃げ出した安倍 [オリオン村]
突然、安倍首相が辞任を表明しました。参議院選挙の大敗の時に辞任せずに居座ったのに、このタイミングでの辞意表明は赤城元農相と同じぐらい空気が読めないっぷりを発揮してくれました。所信表明演説をするだけして代表質問の前に遁走、無責任ですし格好が悪いにも程があります。これで党内の発言力も地に墜ちたでしょうし、下手をすると政治生命自体が危ういかもしれません。 元々、派閥の領袖であった森元首相も安倍の首相就任は時期尚早と反対していましたが、この能力の無さと言いますか肝っ玉の小ささを熟知した上での発言だったので... [続きを読む]

受信: 2007年9月13日 (木) 01:49

« ふざけんな、舛添! | トップページ | I HATE YOU. »