« 選挙の季節 | トップページ | 安倍総理のゴミ拾いパフォーマンスのために小学生がゴミ播きをさせられたこと »

2007年6月 9日 (土)

どうしても理解できない2(創造科学を信じる人たち)

 信じられない話だが、アメリカ人の35%は聖書に書いてあることが事実だと思っているらしい。約1億500万人(最近総人口が3億人突破したのを忘れてました)である。中には世界は平らだと信じて疑わない人たちもいるらしい。そういう国でありながら、科学力は世界一ィィィ~であるのも不思議な話であり、そういう国に負けていいようにされているわが国も情けないといえば情けない。まあ、この国も敗戦まで天皇陛下を神と信じていたり、現在もカルトが支持母体の政党が与党に居座っていたり、大臣が妙な水にハマった(?)挙句自殺したり、首相がカルトに心酔していたり祝電を送っていたりするので、米国のことをどうこう言う立場ではないかもしれないが。

 それにしても、何故そんなことを信じてしまうのだろう。やはり子どもの時から植え付けられているせいだろうか。それにしても、成長していく間に色々学んでいく過程でその矛盾に気づくのではないかと思う。しかし、州によっては進化論も教えないという偏った教育では、そういうことに気づく機会もないのかもしれない。

 それに対して、多くの日本人は宗教的にリベラルである。よく言えば何でもOK、悪く言えば何でも来いである。基本が多神教と一神教の違いであろう。しかし、かといって多くの日本人が科学的かというと、残念ながらそうではない。むしろ科学的な思考が出来ないほうが多いように思われる。だけど、聖書や古事記等の神話の類がすべて事実だと信じる人が何千万人もいるとは考えられない。 (たとえばガカーイ員では約542万人と推定される(ここの註4から)。日本人口の約5%、約20人にひとりである。けっこういるな) まあ、トンデモを信じたりテレビで放映されることを簡単に信じる人は多いが。

 個人的には何を信じようと構わないが、それゆえに偏狭な思想に凝り固まり利用されたり人を傷つけたり~たとえば中世の魔女狩りのように~とかは勘弁である。信じるものは救われるかもしれないが、傍から見るとまったく救われていないような気がするのも、宗教的な縛りがない人間の見識であり、彼らはやはり幸せなのだろう。

 なんでそこまでハマれるかはまったく理解は出来ないが。

《聖書関連面白記事》
 おいらブログより
  聖書内で殺した人間の数→悪魔10人、神2,038,344人な
  http://mitsu.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/102038344_d7ce.html

神、最強にして凶悪
ガクガク(((((((;゚Д゚))))))ブルブル

 

■アーカイブ■

米・オハイオ州にオープンした「天地創造博物館」が大きな物議を醸しています。
http://www.fnn-news.com/headlines/CONN00111925.html

天地創造博物館は、ハイテク技術を駆使して、科学者の多くが否定する地球の歴史を描いている。
観客は「真実を知ることができて、いいですね」と話した。
この博物館では、聖書の「創世記」を科学的に証明し、「地球は数百万年前ではなく、6,000年前に神が創造し、恐竜はアダムとイブと一緒に誕生した」と主張している。
観客の子どもは「僕は、神が6日間でつくったと思う」と話した。
「生き物は皆、草食だった」との聖書の記述から、ティラノサウルスも草を食べたと解説している。
しかし、多くの科学者は批判的で、全米科学協会理事は「(ティラノサウルスが)この歯で、アスパラガスがかめますか。肉食なんです」、「笑って済ませられない問題ですよ」と述べた。
アメリカでは、35%の人々が「聖書に書かれたことは、文字通りの事実だ」と考えていて、科学者たちは、博物館がこうした状況を後押ししかねないと困惑しているという。

※動画:http://www.fnn-news.com/windowsmedia/nj2007060417_300.asx

創造科学のHP
http://www.ne.jp/asahi/seven/angels/index.htm

|

« 選挙の季節 | トップページ | 安倍総理のゴミ拾いパフォーマンスのために小学生がゴミ播きをさせられたこと »

ニュース」カテゴリの記事

懐疑的考察」カテゴリの記事

コメント

霊能者のオバちゃんから 「アンタは長生きする」 と言われて 「そぉかもぉ~」 と信じ、初対面の人から 「ご飯をお腹一杯食べたほうがダイエットになる」 と言われて 「そぉよねぇ~」 と喜び、なのに、テレビや新聞や雑誌や医者や あの人やこの人が 「肉の脂身や砂糖は太るから控えたほうがいい」 と言っても、「一概にそうとは言いきれない」 と得意気に否定する、ちっとも科学的でない うちの母のことを言われてるような気がして、ハァ、すみませんすみませんっと世間様に謝りたくなったのですが、よーく考えてみたら私にもそういうとこが無くもないなぁ~って気もして、いやはや遺伝子って怖いな~、と思うと同時に、何ごとも 「都合のいいときだけ信者」 みたいなのが案外、日本人の寿命を延ばしてる一番の原因かもな~、なんて気もしてきました。いきなり古い記事に独り言のようなコメントすみません。


投稿: 猫だぬき | 2007年6月26日 (火) 11:27

猫だぬきさん

人間多かれ少なかれ、お母様のように単純に信じてしまうところはあると思います。
私もと学会の本「トンデモ現象99の真相」を読むまでは、けっこう変なことだって信じてましたから。なんせ大学のサークルが「怪奇現象研究会」(爆)。あの本は目からウロコが100枚くらい落ちました(片目50枚やね)。

日本でもΩやらガカーイやらの一神教な人たちは、やはり一般的に見ると???な事を信じている人って多いですよね。おまけに時としてメーワク。

だから、

>何ごとも 「都合のいいときだけ信者」 みたいなのが案外、日本人の寿命を延ばしてる一番の原因

寿命はともかくも、これが一番精神衛生上望ましいことだと私も思ってます。多神教万歳(笑)。

投稿: 黒木 燐 | 2007年6月26日 (火) 12:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どうしても理解できない2(創造科学を信じる人たち):

« 選挙の季節 | トップページ | 安倍総理のゴミ拾いパフォーマンスのために小学生がゴミ播きをさせられたこと »