« 「小説館」に続きをアップしました。 | トップページ | 嫌。 »

2007年5月24日 (木)

サマータイムなんて必要ないよ~。

 サマータイム制度ねぇ・・・。

 夏になるとこの話題がしょっちゅう出てきて、その度にポシャッてましたが、今回はどうなることやら。

 そもそも「サマータイム」という制度は、欧州のような緯度の高い位置にある国が、冬の少ない日照時間を取り戻すため、出来るだけお日様の光を浴びようと考えられた苦肉の策だったと思う。日本の様なちょうどいい位置にある国で、わざわざこうゆうメンドクサイ事をしなくてもいいように思うぞ。単に1時間時計を進めるだけではすまないことも多いと思がどうだろう。

 私としては、それでなくても朝起きるのが苦手なのに、何が悲しゅうて1時間も早く起きねばならんのかと。それに、1時間時計の針を進めるだけで、本当に省エネや余暇時間の拡大につながるだろうか?

 労働時間を1時間短縮するのなら判るよ。その分光熱費も減るしね、1時間早く帰った分当然余暇時間も増える。しかし、1時間針を進めただけだぜ?そりゃあ朝は涼しいだろうけど、昼間の暑さは変わらないし、日本の夏は朝8時だって充分暑い。やっぱ冷房はいれるだろう?山の中の一軒家ならともかくも、都会はヒートアイランドだぜ?
 馬鹿の一つ覚えみたいに「地球環境のため」と言えば免罪符になると思っているようだが、そろそろ私たちも「政府が『環境にやさしい』とかいうお題目を唱えた時は、裏に必ず魂胆がある」ということを頭に入れておくべきだと思う。本当にエネルギー節約を考えているならテレビの深夜放送は禁止、店舗の深夜営業も禁止、ついでに夜9時以降の残業(笑)も禁止すべきだ(警察や病院等の必要な施設は除く)。特に24時間テレビのようなエネルギーばっか食う偽善番組をやめさせろと。あれ絶対に集まる募金より使ったエネルギーや経費の方が高いと思うぞ。出演者もボランティアじゃなくちゃんとギャラもらってるだろ?

 それにボーガスニュースの記事がいみじくも「早朝出勤代ゼロ法案」と皮肉っているように、1時間早く出勤した分日が落ちるまでタダ働きさせるようなけしからん会社も出てくる可能性も大だ。うちの会社は夏場は繁忙期ではないのでさすがにそれはないと思うが・・・油断はならない(爆)。

 もうひとつ問題なのが体内時計だ。この1時間の時間差がけっこう曲者で、人によってはかなりリズムの狂う人が出てくるのではないかと思う。たとえば昼食の時間だ。働いていると朝晩は不規則でも昼食時間がだいたい決まっている人が多いと思う。また学校なんかもそうだ。これは思ったより生活に影響すると思う。

 私は1991年に40日くらい友人達とフランス・スペイン・イギリスと旅行したことがある。それが3月から4月の間だったんで、途中サマータイムの日付変更があった。もっとも旅行者である私達は、もとより日常と違う時間にいたので特に違和感はなかった。むしろ「サマータイムだ~♪」と無邪気に喜んではいた。しかし、日本はまねしないで欲しいとひそかに願ったのはナイショだ。真夏は英仏あたりの緯度でも夜10時過ぎても明るいらしい。もちろんサマータイムでリアル時間より1時間早いのだが、夜10時過ぎても外が明るいなんてこっちでは考えられない話だ。日本の場合、9時過ぎくらいまでは明るいということになるのかな。間違いなくガキンチョの夜遊びが増えるな(笑)。

 話題が少しそれたが、サマータイム制は「早起きした分お日様の光を1時間多く浴びることが出来る」それ以外の意義は特にない、というのが、私の結論だ。もちろん本音は「早起きしたくない」正確には「無理やり早起きさせられたくない。勝手に決めんな、バカヤロー」である。

 それにしても、本当にやらねばならないことを放っておいて、今、あせってやらなくてもいいようなことばかりやりたがる不思議な政権だねー、まったく。

※アーカイブ

 サマータイム導入に前向き(共同通信)

 自民党の中川幹事長は21日、都内で開かれた日本経団連との会合で、サマータイム制度に関して、個人的意見と前置きした上で、「国民的な理解の中で目指していくべきではないか」と述べ、導入に前向きな考えを表明した。サマータイムは日照時間の長い夏季に、時計の針を1時間進めることで省エネや余暇時間の拡大を図る仕組み。睡眠不足や労働時間延長につながるとの反対意見もある。
[共同通信社:2007年05月21日 13時15分]

夏時間の導入を経団連要望、自民幹事長が前向き姿勢

 夏季の時間を1時間早めるサマータイム制度について、政府・与党内で21日、導入に前向きな発言が相次いだ。
 日本経団連は21日、自民党幹部と意見交換する「2007年自民党と政策を語る会」でサマータイム制度の導入を要望した。これに対し自民党の中川幹事長は「温暖化対策の一環として目指していく」と前向きな姿勢を示した。
 安倍首相も同日夜、首相官邸で記者団に、「省エネルギーあるいは地球温暖化を防ぐためにいろいろなアイデアが出てくることはよいと思う。よく議論をしたい」と経団連の提案を評価した。塩崎官房長官も同日午後の記者会見で「様々な場で真剣な議論が行われている。我々としても歓迎したい」と述べ、導入ムードが一気に高まった。
 夏季の時計を一時間早めるサマータイムは、夜間の活動時間を短くし、省エネや温暖化防止に効果があると期待されている。
 安倍政権としては、温暖化対策が焦点となっている6月の主要国首脳会議(ハイリゲンダム・サミット)を前に、環境問題に前向きに取り組んでいる姿勢を内外に示す狙いもありそうだ。
(2007年5月21日21時47分  読売新聞)

|

« 「小説館」に続きをアップしました。 | トップページ | 嫌。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

サマータイム反対に賛成なのだ。
反対に賛成は反対なのだ。
欧米時間に合わせる必要は無いのだ。
日本時間の日の出から日の入りまでで充分なのだ。だ。だ。

どこのサイトに乗っ取られたのかと思ったぞ(^^;)

投稿: 眠り猫 | 2007年5月24日 (木) 02:00

眠り猫先輩

やっぱ私達みたいな輩は反対しますよね。
こりゃあ思想とか以前の問題です。
これ以上わしらの生活をぐちゃぐちゃにすんなや!って感じですよね。

>どこのサイトに乗っ取られたのかと思ったぞ(^^;)

ロレンス的な遊び心だったんですが、あまりのミスマッチさに本人がビックリです。


投稿: 黒木 燐 | 2007年5月24日 (木) 20:26

デザイン がらっと変わりましたね。アザラシ(?)見るとほのぼのします^^

サマータイムって・・必要なんでしょうか・・・??
カエルみたいなヒトが「前向きに検討したい」の様なことを言っているようですが・・・カエルの気持ちは私にはわからんです。
何でもマネすりゃいいってもんじゃないのにね。

対内時計が狂うことは私が保証します 笑
4月から8時半起床→6時起床に生活サイクルを変えたのですが、変えてからしばらくは具合悪かったですもん^^;

投稿: るい | 2007年5月25日 (金) 09:31

るいさん

このテンプレは暫定的に使ってる既製品ですが、すっごく可愛いですね。この子らは手のひらに乗るくらいのアザラシという設定のようです。実際にいたらもっと可愛いでしょうねえ。

サマータイム、反対の人多いですよね。
なんでそんなもの導入したがるんでしょ。そんな早起きしたいんだったら、国会だけそうすればいいんだ。
もっと違うことを前向きに検討せれってんだ。

>4月から8時半起床→6時起床に生活サイクルを変えたのですが、

いきなり思い切りましたねえ。
新しいサイクルに身体を慣らすのって大変ですよね。
それを半年ごとに強制的にやられちゃ、かなワン。

投稿: 黒木 燐 | 2007年5月27日 (日) 10:10

1日は24時間。
サマータイムでも24時間は24時間。
全員の時計が1時間狂っているだけの話だから、何も変わらないし
余暇など増えるわけがない。

ほー、サマータイムで省エネになるの。
じゃあ、9時-5時の会社より8時-4時の会社は省エネなんだな。
いっそ7時-3時にしたらどうだい?
余暇が増えたか?
省エネになったかい?

・・・というわけで、私はサマータイム反対です。


そりゃドイツやイギリスなら理解できますよ。ロンドンの真夏(8月)の平均気温は17度だもの。少しでも太陽を浴びたいでしょう。でもね、ここは日本なの。むちゃくちゃ暑いの。わかる?サマータイムなんか導入したら午後のエアコン電力は今の2割増ですよ。省エネになるなんて冗談じゃない!

投稿: 経団連には騙されない | 2007年6月 9日 (土) 21:57

経団連には騙されない さん

まあ、このエントリーでは、あなたがコメントに書かれたようなことを、つらつらと書き連ねているのでありますが、経団連には騙されないさんのコメントは、問題点がとてもわかりやすくていいですね。

投稿: 黒木 燐 | 2007年6月10日 (日) 02:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サマータイムなんて必要ないよ~。:

» サマータイムなんて、冗談じゃない! [とむ丸の夢]
忙しさに新聞もゆっくり読めないこの頃、ふと目にしたテレビで御手洗経団連会長が画面に映っていました。何事か、と思ったら、「サマータイムを導入してくれ」と言っていたようです。 昨日21日の、経団連「自民党と政策を語... [続きを読む]

受信: 2007年5月24日 (木) 22:09

« 「小説館」に続きをアップしました。 | トップページ | 嫌。 »