« 犬の処分、殺さず新飼い主に~厚生省異例の指導 | トップページ | バリウムなんて嫌いだ~~~(2 »

2007年5月18日 (金)

辺野古への自衛隊投入について

 ジュゴンの海を守るべく、非暴力の抵抗を続ける団体に対して、国を守るべく自衛隊が、調査における警護という名目で、自国民に対してその矛先を向けた、ということか。自衛隊は、外敵からの万一の侵略から国を守るのが使命ではなかったのか。

 詳しくは以下のサイトで

沖縄・辺野古海上基地の問題を中心に maxi's_page

防村野瀬玲奈の秘書課広報室より 
  自衛隊の使い方、根本的に間違ってます
  http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-220.html

 防衛省昇格以前は、外務省にいい様に扱われていたが、防衛省に昇格後は、勢い国のテボとなってしまったのか。防衛庁が省に昇格することにおいて、恐れられていたことのひとつにはこれがあったのだ。これではますます憲法改訂後の動向が推して知るべしと、恐ろしく感じられる。これでは防衛症である。

 久間防衛大臣については、以前肯定的な記事を書いたが、その後クラスター爆弾を肯定したり、使えるかどうかわからないMD計画の一環である航空機搭載レーザー(ABL)の研究に前向きだったりと、天然傾向が目立ってきた。そこに来てコレである。所詮柳沢失言大魔王と同じアナの狢だったらしい。どうせなら、バリバリの右派でもいい、もっと深謀遠慮でシビアな方に防衛大臣を勤めてもらいたかった。

 私はセキュリティーとしての自衛隊は認めている。しかし、これでは、家長に逆らう次男坊をセキュリティーシステムが威嚇するようなものではないか。

 日本国憲法九条を改訂改悪されてはならない・・・ますますこの思いを強くする重大な椿事が今起こっている。

現地の現在の詳しい状況はここで
 辺野古からの緊急情報 

|

« 犬の処分、殺さず新飼い主に~厚生省異例の指導 | トップページ | バリウムなんて嫌いだ~~~(2 »

ニュース」カテゴリの記事

No More Heroes」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 辺野古への自衛隊投入について:

» 非暴力から平和が生まれる [とむ丸の夢]
一見したところ、御手洗経団連会長は善人面、と思っていた私は認識不足だったかしら? と思ってしまったこの写真。 いよいよ、悪人面になってきましたね。  だいたいAFPというフランスの通信社のこのサイト、やたら... [続きを読む]

受信: 2007年5月24日 (木) 18:56

» 「きっこの日記」・・・辺野古関連のまとめ [わんばらんす]
■不都合な「沖縄市民運動」 / 安倍・ブッシュ同盟 自衛隊と海上保安庁って・・・ 国民の敵だったんですか??? 辺野古の市民たちの阻止行動は、アメリカに逆らえない 日本国政府にとっては、まさに「邪魔な存在」... [続きを読む]

受信: 2007年5月26日 (土) 21:14

» 応援します! 天木直人氏 ・・・立候補宣言!!! [わんばらんす]
■緊急転載 / 日本の政治のために ただただ嬉しい・・・ カミナリに打たれた気分です・・・ 一条の光が射して閉塞感も吹っ飛びそう・・・ ◆天木直人のブログ 私の立候補宣言ー憲法9条の心に火をつけて見せる h... [続きを読む]

受信: 2007年5月26日 (土) 21:15

« 犬の処分、殺さず新飼い主に~厚生省異例の指導 | トップページ | バリウムなんて嫌いだ~~~(2 »