« バリウムなんて嫌いだ~~~(2 | トップページ | サマータイムなんて必要ないよ~。 »

2007年5月21日 (月)

「小説館」に続きをアップしました。

 読んでね。→「Heaven or Hell 小説館」  携帯電話で読む場合はこちらから

 今回は最初の急展開となりました。少し内容が締まってきたと思います。可哀想に祐一君、お節介からとんだ事に巻き込まれてしまいます。それに比べて主役はまだのんびりしたものです(今回出てないけど)。
 
 小説館のブログランキングは、しばらく更新しなかったらずいぶん下の方になってしまいました。orz...
 よろしければ、引き続きご協力をお願いいたします。(ランキングクリックは小説館トップページより)

|

« バリウムなんて嫌いだ~~~(2 | トップページ | サマータイムなんて必要ないよ~。 »

おしらせ」カテゴリの記事

コメント

いつも待ちかねています。

投稿: わこ | 2007年4月22日 (日) 17:02

わこさん、どうもありがとうございます。嬉しいです。
連休中にはもっとストーリーを進めたいと思います。これからもよろしくお願いいたしま~す。

投稿: 黒木 燐 | 2007年4月24日 (火) 13:00

うへぇ~ 今回のは「ゲ○恐怖症 & ハナヂ恐怖症」 の私にはキツかったっす~
もしや、このあともこういう描写が満載…?(^^;)
いえいえ、読みますとも。覚悟して読ませていただきます!
それにしても雅之、鈍感すぎぃ~ 
ゲ○吐かれる前に異常に気づけよ、と…

投稿: 猫だぬき | 2007年5月22日 (火) 01:25

猫だぬきさん

すんません、このテの話にはこういう描写が付き物なもので・・・。そのあたりナントカがんばって読んで下さい。これからもっとキツイ描写も出てくるかもしれません。
でも、主役格3人(まだ一人はブログコメントを残すのみ、もう一人は影も出てませんが)がかなり脳天気キャラなので、そこら辺を救いにしたいなあと。

>それにしても雅之、鈍感すぎぃ~

私もちょっと展開が強引かなと思いましたが、実際その現場にいたら、そんなものかもしれません。まさか自分の命に関わる危険が目の前にあるなんて・・・。みんな平和ボケしてますしねえ。

投稿: 黒木 燐 | 2007年5月22日 (火) 12:57

おおっと、なんだか変なことを書いてすみません!
決して展開にケチをつけたかったわけでわ~っ!
実はあのシーンを読んで思い出したことがありまして… 

思い起こせばほんの数年前、私がピッチピチの中学二年の時のことなんですが、横田君という(実名だすなて?) 男子が 妊娠9ヶ月の女の先生に暴力をふるいやがりまして… 

この先生、キンキン声でわけの分からないことを叫ぶ人で、「教師と生徒」という立場がなければ、どっちもどっちという感じの実に低レベルな喧嘩だったんですが、お腹の大きな妊婦に向かって (しかも顔を真っ赤にして、お腹に手を当てて、肩で息をする人に向かって)手を上げるというのは、さすがに中学生の目から見てもNG。

それまで横田君は学年でも結構モテてたほうなのに、その一件で「あいつはヤバイ奴」というレッテルが貼られ、みんなから相手にされなくなりました(パシリ扱いされてた男子はいたけど…)。

あのくらいの年頃は、ちょっと不良くらいが格好良く見えるものですが、空気の読めん奴というか、人として超えちゃイカン線を越える奴のことは、中学生でもドン引きです。

ということで、雅之くんに言っといてください。アンタそんなことしてたら女にモテなくなるぞぉ~ っていうか、アンタそんなだから多分もうすぐ死ぬぞ~っていうか… いやはや、久しぶりにやっちゃいましたよ。よそ様のブログで長文コメント。あはは~( ^∇^)

投稿: 猫だぬき | 2007年5月22日 (火) 15:57

猫だぬきさん

いえいえ、ケチをつけられたなんて思ってませんよ。
それより、初めて小説の内容に関した感想をいただいて、とても嬉しく思っています。(うわ、やんごとなきお方のお言葉みたい)
これからも感想よろしくです。

妊娠9ヶ月の妊婦先生に暴力ですか~。とんでもないDQNですね。9ヶ月なら流産の心配はなさそうですが、へたすりゃ早産最悪死産とか、そういう可能性はまったく考えてないんでしょうねえ。そりゃみんな引くですよ。触らぬ神の畳いわしじゃなくて触らぬ神にタタリなしですわ。

>っていうか、アンタそんなだから多分もうすぐ死ぬぞ~っていうか…

あはは、雅之君、死亡フラグ立ちまくってますからねえ。きっと壮絶な最後を迎えることでしょう。

>いやはや、久しぶりにやっちゃいましたよ。よそ様のブログで長文コメント。あはは~( ^∇^)

いえいえ、気にせず遠慮なくやっちゃってください。

投稿: 黒木 燐 | 2007年5月23日 (水) 01:16

いらんおせっかいと言えばそれまでなんですが、見つけてしまうと黙っていることが出来ない性質なもんで…

>思い起こせばほんの数年前、私がピッチピチの中学二年の時

世の中で一番悲しいことはウソをつくことです(by福澤諭吉)。

と思っていたら、このフレーズ別に福澤センセが言ったわけではないようで、こりゃまた失礼しました。
http://www.keio.ac.jp/mamehyakka/index.html

投稿: drac-ob | 2007年5月23日 (水) 23:11

>思い起こせばほんの数年前(略)

これ、似たようなのを以前しなさんもコメントで使っていたなあ・・・。(´∀`;)

投稿: 黒木 燐 | 2007年5月24日 (木) 11:30

>きっと壮絶な最後を迎えることでしょう。

うわー。わくわくするほど恐ろしい言葉♪
小説の作者さんて、登場人物にとっては「神」ですもんね。
おーコワ。

>drac-obさま

その漢字だらけのページ、いまも(頭の中が)中学二年な私には難しすぎですぅ~。

>ふたたび燐さま

ゴマちゃんかわいい(* ̄∀ ̄*)

投稿: 猫だぬき | 2007年5月26日 (土) 23:47

猫だぬきさん

>うわー。わくわくするほど恐ろしい言葉♪

推理小説で最初の方に殺される必要要員みたいなもんですね(笑)。実際の殺人には腹が立ちますが、お話でキャラを殺すことにある種の快感を感じるのは、神的な気分になるからでしょうか。
リアルの殺人事件も実は神様の娯楽の一環だったらいやですね。

>ゴマちゃんかわいい(* ̄∀ ̄*)

可愛いですよね。
妹からは「(あんたのブログにこれは)気持ち悪い」といわれましたが(笑)。

投稿: 黒木 燐 | 2007年5月27日 (日) 11:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「小説館」に続きをアップしました。:

» 戦後レジームからの脱却と言う、恩知らずの人々に抗議します [Dendrodium]
日本は何時までもアメリカに守ってもらっていないで、自力で国防をという事を言う人が、大勢有るようですが、 日本は未だ嘗てアメリカに、守ってもらったことなど無いのではないでしょうか。 敗戦後の日本が、占領軍... [続きを読む]

受信: 2007年5月23日 (水) 21:04

« バリウムなんて嫌いだ~~~(2 | トップページ | サマータイムなんて必要ないよ~。 »