« 松岡農相自殺について | トップページ | 本能に忠実な女(ひと) »

2007年5月31日 (木)

NSPの勧誘

 日曜日に母が友人から誘われて出かけていった。その後、2時過ぎ頃帰って来たが、また出かけるという。なんでもその友人に誘われて、NSPについての話を聴きに行くという。

NSP? なんじゃそりゃ?」

すると妹が間髪入れずに「ニュー・サディスティック・ピンク!」と茶々をいれた。そうそう、ニュー・サディスティック・ピンク、デビュー後はNSP。懐かしいねぇ、♪ゆう~ぐれどきは~さみし~そ~~ぉ~♪ ・・・って、違うだろ(笑)。

 母の説明によれば、正式名は「ネイチャーズサンシャインプロダクトジャパン」。そこはアムウェイと同じような形態のビジネスらしい。って、そりゃMLMじゃん。で、そこで業績を上げたカリスマな人がアムに見切りをつけて移籍しており、その人の系列のダウンになるらしい。で、アムの方は今もう飽和状態でだめ(儲からないという意味だろう)だが、ここはまだ新しいから会員数も少なくこれから開発できる(下のリンクを読めばわかるが、そうではない)。九州を拠点としてこれからどんどん発展する。商品を売るためのまとめ買いは、特にする必要はない。買ってもいいが特に買わなくてもよい。お金は登録料が2100円かかるが、それ以外は特に払う必要はないという。最初は6万円程度の収入だが、軌道に乗ると収入はどんどん増えるらしい。販売する商品は主に洗剤・化粧品・サプリメントで製品のクオリティも高いのだが、会員ならばそれを4割引で買えるという。
 さらに話を聞くと、品物の売買よりダウン(子)を増やすことが収入に繋がるという。思い切りマルチ商法である。

 

 母は友人から話を持ちかけられて、かなりその気になってしまったようだ。話を聞きに行くというより、契約をしにいくという感じだった。で、姉妹で猛反対。MLMの会社なのは間違いなさそうだが、取りあえず情報を集めようと、ネットでNSPを検索してみた。けっこうヒットしたが、一番目のサイトは、件のミュージシャンのNSPだった。♪こ~んなさみしいゆうぐれどきに、よびだしたりしてごめんごめん♪ ・・・だから違うって(実はこの歌しか知らない)。

 それらしいのが、見当たらないので、「ネイチャーズサンシャイン」で改めて検索すると一発でヒットした。で、実情はどんな会社なのか、参考にしたのが下にリンクしているサイトである。やはり非常に胡散臭い。まあ、マルチだし。
 で、商品を売るよりもダウンを多く作って上がりをせしめるのが目的だということを説明、マルチなんてやってると勧誘で人に迷惑をかけるし、結局当たり構わず誘うようになって人間関係が最悪になるからやめろ、保険の外交員でさえ出来なかったのに、ぜったいに無理だと説得、行ってもいいがきっぱりと断れ、もし入会してきたらカンドーだぞ、と、さんざっぱら注意して送り出す。う~ん、断れるかな。ああいう場に行くと断りにくい状況になるからなあ、と一抹の不安を感じながら帰りを待った。
 子1時間ほどして、母が帰って来た。無事に断れたらしい。よかったよかった。しかし、油断もスキもないな、まったく。

 とりあえずネタをありがとう。

【参考URL】

ネイチャーズサンシャイン(NSP)に勧誘されました
http://okwave.jp/qa2208716.html

ネイチャーズサンシャインプロダクトジャパン
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=2774201

ネイチャーズサンシャインってどうよ!?Prat.2
http://money6.2ch.net/test/read.cgi/venture/1175253757/

■このNSPとは違う会社らしい。

【おまけ】

連鎖販売取引(ネットワークビジネス、マルチ商法)業者名鑑
http://www.cooltatujin.com/mlm/meikan.html
 悪マニの相談室で見かける有名ドコロが沢山ありますなあ。

|

« 松岡農相自殺について | トップページ | 本能に忠実な女(ひと) »

悪徳商法」カテゴリの記事

コメント

なぜか私もすぐにニュー・サディステック・ピンクという言葉が脳裏をよぎりました。デビュー曲は「汗(あせ、ひらがなだったかな)」で♪粒粒のしょっぱい汗を、粒粒の汗を流す~というフレーズが印象的で、インストゥルメンタルの部分で「間奏~ハイッ」というのがユニークで、確か東北の高専の同級生が3人で作ったグループで、ヤマハのコッキーポップあたりで人気が出て、最近再結成して頑張っていたのに、リーダーが脳梗塞か何かで、亡くなったグループだということは、全く知りません。ちなみにアグネスチャンも「こーんな川原の夕暮れ時に呼び出したりしてごめんごめん、笑ってくれよウフフとね~」と歌っていましたが、「ウフフ」の部分をちゃんと言えずに、舌足らずなところが可愛かったななどという記憶もありません。♪さーよーなーらー、さーよーなーらー、愛は心に描いた悪戯さー

投稿: drac-ob | 2007年5月31日 (木) 20:39

drac-obさん

NSPっつったら、やっぱニュー・サディスティック・ピンクですよね。
私は邦楽、特に歌謡曲やフォークの類はほとんど聞かないのですが、この「夕暮れ時は寂しそう」は当時やたらかかっていたので、サビの部分だけ覚えてしまいました。「夢の途中」とかしょっちゅうかかっていたものは嫌でもおぼえてしまいます。
呼び出したのは河原だったんですね。夕暮れ時に女の子を呼び出したら、そりゃ怖がって震えるよな。と思ってましたが、河原ならなおさら怖いだろうなと。まあ、当時の女性は純情だったんだな。
で、アグネスもこれ、歌ってたんですかー。昔の彼女は可愛かったですね。あの頃の彼女ならカタコトで舌っ足らずのの日本語も可愛かったんですけどね。

投稿: 黒木 燐 | 2007年6月 2日 (土) 21:31

過去のアグネスの可愛さと今のアグネスの変貌振り(でも一瞬過去の可愛かった頃の面影が甦ることがあるんです)について、コメント書いたのですが、間違えて消してしまったようです。もう一回書こうかな、とぼんやり考えていたら、自分のコメントにミスを発見しました。

愛は心に描いた悪戯さー→愛は心に画いた落書きさー

でした。さーよーなーら、さーよーなーら。

投稿: drac-ob | 2007年6月 3日 (日) 22:25

追伸です。

ブログの画面が変わって、ほっとしました。いやー前のやつは、何を考えてあのような(以下、燐さんとの信頼関係というか友情関係が危機的状況に落ち込みそうな文章になりそうなので、自主規制)

投稿: drac-ob | 2007年6月 3日 (日) 22:29

drac-obさん

まあ、どんなに可愛い娘も歳を経ればオバサンに・・・特に芸能界に何十年もいれば確実に妖怪化しますから。でもまあ、アグネスは私から見れば基本は変わってないと思います。やはり一番劣化というか、バケモノ化が著しいのは天地m(以下略)。

百恵ちゃんはやはり賢い人であったということですね。

>いやー前のやつは、何を考えてあのような

すみません。ゴマちゃん好きなんです。
まあ、巷で不評なのはわかってましたが・・・。
次回は「ラスカル」か「たれパンダ」を考慮中です(←ウソ)

投稿: 黒木 燐 | 2007年6月 3日 (日) 23:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NSPの勧誘:

« 松岡農相自殺について | トップページ | 本能に忠実な女(ひと) »