« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月31日 (木)

NSPの勧誘

 日曜日に母が友人から誘われて出かけていった。その後、2時過ぎ頃帰って来たが、また出かけるという。なんでもその友人に誘われて、NSPについての話を聴きに行くという。

NSP? なんじゃそりゃ?」

すると妹が間髪入れずに「ニュー・サディスティック・ピンク!」と茶々をいれた。そうそう、ニュー・サディスティック・ピンク、デビュー後はNSP。懐かしいねぇ、♪ゆう~ぐれどきは~さみし~そ~~ぉ~♪ ・・・って、違うだろ(笑)。

 母の説明によれば、正式名は「ネイチャーズサンシャインプロダクトジャパン」。そこはアムウェイと同じような形態のビジネスらしい。って、そりゃMLMじゃん。で、そこで業績を上げたカリスマな人がアムに見切りをつけて移籍しており、その人の系列のダウンになるらしい。で、アムの方は今もう飽和状態でだめ(儲からないという意味だろう)だが、ここはまだ新しいから会員数も少なくこれから開発できる(下のリンクを読めばわかるが、そうではない)。九州を拠点としてこれからどんどん発展する。商品を売るためのまとめ買いは、特にする必要はない。買ってもいいが特に買わなくてもよい。お金は登録料が2100円かかるが、それ以外は特に払う必要はないという。最初は6万円程度の収入だが、軌道に乗ると収入はどんどん増えるらしい。販売する商品は主に洗剤・化粧品・サプリメントで製品のクオリティも高いのだが、会員ならばそれを4割引で買えるという。
 さらに話を聞くと、品物の売買よりダウン(子)を増やすことが収入に繋がるという。思い切りマルチ商法である。

 

続きを読む "NSPの勧誘"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年5月30日 (水)

松岡農相自殺について

 ZARDの坂井泉水さんの訃報が届いて驚いていたら、間髪入れずの状態で松岡農相の自殺が報道されてさらに驚く。

 ハア、あの人、鮭の皮より面の皮が厚くて心臓にも毛が生えてるのかしら、と思っていたら、けっこう追いつめられていたらしい。どんな人でも、追いつめられると簡単に自殺してしまうものなんだなあ。いじめで自殺する子どもに対して大人はどうこう言うが、実のところ、大の大人だってこの有様だ。死に取り憑かれた人は止められない。

 お気の毒とは思うが、どうせ死ぬなら全てをぶちまけてからにすれば、神と呼ばれたのに。
 死んだ事で彼のみの知る事実が明らかになることが不可能になってしまったが、自殺に追い込まれた人はまともな精神状態ではないので、卑怯者呼ばわりはフェアでないかもしれない。しかし、松岡さんにはそれを明らかにする責任があった。自殺する勇気があるのなら、何故真実を告げる方にその勇気を使わなかったか。それは、やはり死ぬほうが楽だったからだと思う。

続きを読む "松岡農相自殺について"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年5月25日 (金)

嫌。

 お食事中及び食前食後の方はご遠慮ください。
 

続きを読む "嫌。"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月24日 (木)

サマータイムなんて必要ないよ~。

 サマータイム制度ねぇ・・・。

 夏になるとこの話題がしょっちゅう出てきて、その度にポシャッてましたが、今回はどうなることやら。

 そもそも「サマータイム」という制度は、欧州のような緯度の高い位置にある国が、冬の少ない日照時間を取り戻すため、出来るだけお日様の光を浴びようと考えられた苦肉の策だったと思う。日本の様なちょうどいい位置にある国で、わざわざこうゆうメンドクサイ事をしなくてもいいように思うぞ。単に1時間時計を進めるだけではすまないことも多いと思がどうだろう。

続きを読む "サマータイムなんて必要ないよ~。"

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2007年5月21日 (月)

「小説館」に続きをアップしました。

 読んでね。→「Heaven or Hell 小説館」  携帯電話で読む場合はこちらから

 今回は最初の急展開となりました。少し内容が締まってきたと思います。可哀想に祐一君、お節介からとんだ事に巻き込まれてしまいます。それに比べて主役はまだのんびりしたものです(今回出てないけど)。
 
 小説館のブログランキングは、しばらく更新しなかったらずいぶん下の方になってしまいました。orz...
 よろしければ、引き続きご協力をお願いいたします。(ランキングクリックは小説館トップページより)

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2007年5月19日 (土)

バリウムなんて嫌いだ~~~(2

 金曜日に恒例の健康診断があり、例によってバリウムを飲んでの胃部レントゲン検査をされた。一昨年は3日後の月曜まで出なくて「それは危なかったですね~」と去年の健康診断時に言われ、去年は水分を充分摂ったのに二日後の日曜午後までお出ましにならなかった

続きを読む "バリウムなんて嫌いだ~~~(2"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年5月18日 (金)

辺野古への自衛隊投入について

 ジュゴンの海を守るべく、非暴力の抵抗を続ける団体に対して、国を守るべく自衛隊が、調査における警護という名目で、自国民に対してその矛先を向けた、ということか。自衛隊は、外敵からの万一の侵略から国を守るのが使命ではなかったのか。

 詳しくは以下のサイトで

沖縄・辺野古海上基地の問題を中心に maxi's_page

防村野瀬玲奈の秘書課広報室より 
  自衛隊の使い方、根本的に間違ってます
  http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-220.html

続きを読む "辺野古への自衛隊投入について"

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年5月16日 (水)

犬の処分、殺さず新飼い主に~厚生省異例の指導

 今日、行きがけのバスに乗っていて、薄汚れて歩道をさまよう犬を見た。首輪をしていて、毛色は白。多分真っ白な犬なんだろう。巻き毛でテリアが混ざったような感じの中型犬だった。このままじゃ保健所で殺されちゃうな、飼い主は探しているんだろうか。再会できるだろうか・・・。いずれにしても私にはどうしようもない。せめて誰かに保護されて欲しい。

 私の家で飼ってた犬で、16歳になりかなりボケボケになってしまった犬がいた。名前はノラといって、その名の通り野良犬が住みついてそのまま家の犬になった子だった。その子は、ある日首輪だけ残していなくなってしまった。痩せて首輪が緩くなっていたのだが、締め付けるのも可哀想だとそのままにしていたのがアダになったのだ。完全に私たちの不注意だった。私たちは探し回ったが結局見つからなかった。死期を覚って死に場所に行ったのかもしれない。最後を看取ってあげるつもりだったのに・・・。いくら後悔してももう遅い・・・。
 それで、離れた犬を見るたびにノラを思い出して切なくなる。
 それから私は老犬を見るたびに飼い主に「昔こういうことがあったから、この子も気をつけてあげて」と伝えるようになった。

 前置きが長くなったが、本題である。

続きを読む "犬の処分、殺さず新飼い主に~厚生省異例の指導"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月14日 (月)

国民投票法成立・・・

自・公賛成で国民投票法が成立http://newsflash.nifty.com/news/tp/tp__yomiuri_20070514it03.htm

国民投票法の問題点はここ↓で書いたのでとりあえずリンク

  国民投票法案の強行突破と私たちの歩く道

続きを読む "国民投票法成立・・・"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年5月13日 (日)

ソフトボール大会

昨日は会社が加入しているナントカ協会主催のソフトボール大会に行ってきたにょ。

 女子或いは60歳以上のオッサンを2名入れること、っていう決まりがあるけど、私は膝の調子が悪いので棄権した。女性は二人しかいないので、出てくれと頼まれたが、たかだかそんなレクリエーションで膝を悪化させたくないので、頑迷に断った。60歳以上なら他にもいるんだから、彼らが出ればいいのに。
 しかし、私が出なかったせいか、珍しく準優勝した。って、マジな話、ホームラン打つガタイのでかいのが3人いたし、それに加えて今回ファーストを守った人がバリ上手くて、いつもメタクソな守備がばっちりで、大量失点がなかったからのようだ。
 で、準優勝だからってんで、主催者からウチの選手内で優秀選手を決めてくれといわれた際に、日ごろみんなにからかわれている最年少だけどちょっとアレなにいちゃんがいて、それでも彼がそこそこがんばっていたので、みんなで彼にあげることに決めた。なんだかんだゆーても根は優しい連中だ。きっと彼の家では今頃表彰状が飾ってあることだろう。
 昼から雨になるとかいってたが、幸い夕方まで降る事はなかった。しかし、風が強く、乾燥してほとんど砂嵐のような砂埃が舞い、目に入るわ体中ザラザラするわで散々だった。ちっとは降ってくれたほうが良かったかも。

 ところで、場所移動の際に持っていた荷物でうっかり指に怪我をしてしまったのだが、こんな時に限っていつももって入るリバテープを切らしていた。それで会社の人や本部に聞いてみたら、救急箱関連は用意していないという。う~~~む、さすが、恐竜並みに鈍い人たちが多く居る業界である。しかし、もしなんかあった場合、救急措置できないのは問題があると思う。

 帰りは駅まで送ってもらったけど、ちょっと時間があるので近所にあったケーキ屋でケーキを買って帰った。美味しかったので宮の陣駅近辺に行った方は寄ってみるといいです。カフェもあったので一服もできます。「Sweet Time」というお店です。

 しかし、出場しなかった私なのに、試合中立ちっぱなしで観戦していたため(用意されていた椅子は出場者やらじいさんたちやらが座ってたし、かといって芝生の上に直接座るのも、ダニが怖くてできなかったのだよ。100円椅子もって行けばよかった)に、夜、歩行が辛いくらい膝が痛くて、お風呂に長く浸かっても痛くて、とうとうシップを貼って寝ました。ああ、なさけない。

※訂正しますた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月10日 (木)

今日の帰り道は危険がいっぱい

 「今日の帰り道」と言っても、5月9日で正確には昨日になるが、まだ寝てないので「今日」ということにする。

 会社の近所に「サーティワン・アイスクリーム」の店があるのだが、人の大行列が出来ていた。感謝デーかなんか(アイスクリームの日だったらしい)で、またアイスをタダで配ってるんだろう。お前ら、タダアイス如きで普段来てないサーティワンなんかに来るなよと。もうね、馬鹿かと。アフォかと。
 ほいととほいとの子の行列だね。警備員まで出てらぁね。どう考えても赤字ですよ。だっていつもたいして人入ってないもん。朝からあの状態だったら、もうのべ一年分以上のタダ食い客が来たんじゃないだろうか。店の人も、今日はキツイばっかで大変だったんじゃないだろうか。ご同情申し上げます。しかし、何ぼタダでも絶対あんなのには並ばないね、私は。などと思いながら、それを横目で見て通り過ぎた。(20人くらいの列なら並んだカモね)

 今日は歯科に行く日だったので、いやでも駅の近くまで歩かないといけない。

続きを読む "今日の帰り道は危険がいっぱい"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年5月 9日 (水)

近況報告

 連休も終わり、平常勤務にもどりました。今週土曜日は休みなのだけど、出勤。ソフトボール大会だって。うえ。出たい奴だけ出ればいいんだ。時間がもったいねぇ! 
 リョーヘイ君の旅日記は別にブログを立てたので、削除。変わってお気に入りにリンクしました。

 こげんたのお墓参りはねえ~、まあ、お墓があるわけでもなく、納骨堂はペット霊園にあるけど、お骨があるわけでもない。因みに霊園の方は、もうこげんたのことは判っていて、いわずともお位牌と写真を持って来て、祭壇に飾ってくれた。
 正直、ここまで関わるとは思ってなかったから、自分でも驚いている。あの時はただ、あの一枚の写真~こげんたがごはんをもらって嬉しそうに犯人を見上げている写真~を見た時の怒り、それだけで動いていたのだけど。いや、あの写真はインパクトあるよ。

続きを読む "近況報告"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月 7日 (月)

こげんた6回忌~あれから5年

年月の経つのが早すぎる

あの事件からもう5年が経ってしまった
今年も命日に雨が降っている
あの時と同じように雨が降っている

あれ以来、閑古鳥の鳴いていたあのアパートの4階は
全部人が住んでいた
あの惨劇の部屋に、もう人が住んでいた
住人は知ってか知らずか、
何もなかったかのような平穏な日々が戻っていた

今年はあの川に満々と水があふれていた
彼は本当にあの川にあの子を流したのか、真実を知るは彼のみである
川は何もなかったかのように静かに流れていく
今日もあの時もそしてこれからも

人が存在する限り、争いはなくならない
人が存在する限り、虐待はなくならない
弱いものが虐げられる、これも世の理

だけど、それを容認してはならない
理不尽に奪われる命を

あきらめないで
変えていこう、すこしでもいい
すべての生物には生きる権利があるのだから

雨の中をゆったり流れる川を見ながら、そういうことを考えていた

今年も命日に雨が降っている
あの時と同じように雨が降っている

ニンゲンガ アナタニシタコトヲ ユルシテクダサイ

贖罪の 涙の雨が 降っている

 
 

参考■こげんたの話

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年5月 5日 (土)

世の中でもっとも恐ろしい動物は・・・

070429_1956 中国四川省の動物園で、「最も恐ろしい動物」が展示されているらしい。

 「この中に最も恐ろしい動物がいます」と書いてある暖簾をめくると、中にある鏡に自分の姿が映るというもので、それを見て怒り出した人もいたらしい。小さいね~。

 ただ、このアイディアはこの動物園のオリジナルではなく、ロンドン動物園(動物園の英語”ZOO”は、この動物園の愛称が語源)に同様の展示があり、これが元祖だと思う。ということは、初期の動物園からの伝統ある展示動物と言えるだろう。日本の動物園でも是非やって欲しいものだ。

 写真はシャズうさ。この帽子?もちろん嫌がりましたとも。←(やっぱ最も恐ろしい動物は人間らしい)

続きを読む "世の中でもっとも恐ろしい動物は・・・"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月 3日 (木)

「オリオンの砲撃手」が面白い!

070428_1537 前にご紹介した、偽装科学総合研究所で連載されている「オリオンの砲撃手」、まとめて全部読んだのですが(1/3くらいしか読んでなかったので)、実に面白いです。なんていうか、テンポがいいし、台詞回しも洒落てます。考えたらけっこう深刻な話なのに笑える箇所が多いのもいいです。「2ちゃんねる」の使い方も上手い。
 よかったら、この連休中に読んで見てみてください。

オリオンの砲撃手(新着分はトップページにあります。)
 

 写真は小説の内容とまったく関係ないけど、うちのコロナ。いや、可愛いく撮れてるので。黒木妹撮影

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »