« 久間発言と柳沢発言の格の違い | トップページ | 某国ネタで諺など。 »

2007年2月 3日 (土)

気味の悪い夢をみた。

 今朝方、気持ち悪い夢をみた。
 とりとめのない夢なのだけれども、なんか不吉な感じがして気になってしかたがない。

 朝、寝坊しそうな時に、時々恐い夢を見たり、耳元で変な声が聞こえたり、気味の悪い音楽が聞こえたりして飛び起きる時がある。妹にもよくたたき起こされるが、気味の悪い現象の時は、往々にして誰も起きてこない。今日も、出社なのにちょっと寝過ごしそうだったので、その類の夢かもしれないけど、寝覚めが悪くてかなわない。

 ところで今日のは違ったが、そういう時に見る夢では、汽車(電車)に乗っているものがダントツに多い。夢のシンボルとしては、汽車は死を象徴するらしい。途中ではっと目を覚ますのだが、そのまま乗っていたら死んでたのかな、と思う。睡眠時無呼吸症か、心筋梗塞か。楽で良いかもしれないが・・・。

 って、冗談じゃない、私はまだ死ぬつもりはないぞ~。

 夢で死にそうになったといえば、思い出した。
 これは、もう20年くら前になる。この時は仰向けに寝ていたが、まだ、寝入りばなに夢を見た。なんか、昔風の部屋にこれまた昔風の日本人形のような着物を着た女性がこちらに向かって三人並んで、三つ指突いて深々と礼をしている。何なんだ?と思っていると、彼女らはゆっくりと顔を上げた。彼女らは面を被っていた。どんなお面か忘れたが、白くて目のところが細く開いている気味の悪いものだったと思う。そして真ん中の女が面を取りながら叫んだ。
「この女の####`=~$&*+P~|~」
この女の・・・しか聞き取れなかったが、「女」は私を指すのではなく、彼女らのことを言っているのがわかった。顔は結局見えなかった。何故なら彼女の叫びが聞き取れなかった訳は、「この女の」、まで聞こえたとたん、私の息が詰まって死にそうになったのだ。
「う・ううっ!」
私はあまりの苦しさに、現実でもうなり声を出してしまったようだ。母と妹が夜中におきだしてきた。目が覚めて夢とわかり、そんなものでうなされた自分が可笑しくて、つい大笑いをして母から「人騒がせな」と怒られた。
 しかし、なんでこんな夢を見たのかわからない。昔住んでいた社宅ならわかるけど、これは今の家に越してきた後の話だからだ。

 問題の今朝の夢だが、薄気味悪いしはっきりしないところもあるのでここには書かないが、死のシンボルがやたらと出てくる夢だった。

 

 で、何で夢の内容が書けないのにこんなエントリーを書くのかというと、単に験直しだったりする。日頃科学だなんだとか良いながら、けっこう験をかつぐ人間なのである。
 

ブログランキングに参加しております。
クリック→人気ブログランキング←お願いいたします。

|

« 久間発言と柳沢発言の格の違い | トップページ | 某国ネタで諺など。 »

徒然くさ」カテゴリの記事

コメント

私も同じ夢を何回も見たり、夢から覚めてホッとする夢が多いです。
家内が夢占いの本を持ってるので、見た夢の意味を良く調べてもらう
のですが、大概良い方向の夢らしくて、ホッとすることが多いです。

それにしても、なんでこんな夢がいい夢なんだ!・・と言いたくなる
こともしばしばです・・。(^^ゞ

投稿: wanwanmaru | 2007年2月 4日 (日) 01:41

夢は五臓の疲れと言いますでしょう?
気にされることはないと思いますよ。

投稿: dendrodium | 2007年2月 5日 (月) 20:09

wanwanmaruさん

私も昔、学研の雑誌に付いていた「夢判断」を切り抜いて持ってましたが、大学で怪研の部室に置いたままにしていたら、紛失してしまいました。

「雨の日に濡れて歩いている夢は転校の知らせ」とか書いてあって、確かに転校が決まる前にそういう夢を見たことがあり、「当たってる!」と単純に思ってました。ああ、純情。

確かに悪い夢みたいなのに吉夢なのがあって、不思議でした。
ほとんど忘れてしまいましたが、大火事の夢とか、殺される夢とか、蛇に巻かれる夢とかいうのが吉夢だったのは覚えてます。

投稿: 黒木 燐 | 2007年2月 6日 (火) 12:56

dendrodiumさん

まあ、基本はあまり気にしないのですけれど、見た後はやはり気持ち悪いですね。
今回の夢についても、もう、ほとんど気にしていません。

「夢は五臓の疲れ」・・・、こういう言葉があるんですね。知らなかったです。ありがとうございます。

投稿: 黒木 燐 | 2007年2月 7日 (水) 12:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気味の悪い夢をみた。:

« 久間発言と柳沢発言の格の違い | トップページ | 某国ネタで諺など。 »