« 替え歌:迷惑!あるある大事典 | トップページ | 捏造発覚のしわ寄せ »

2007年1月21日 (日)

「あるある大事典」捏造発覚!

曰く、健康な「病人」ほど金になるものはない。

 納豆狂詩曲は意外な展開で終わりそうである。なんだったんだ、あれは?せっかく替え歌を作っておちょくって差し上げたのに(笑)。

 いや、週末に気持ちのよいニュースである。このまま打ち切りになってくれればもっと爽やかになれるんだけど。2ちゃんねるでは、もう「あるある詐欺」ってネーミングされとる。

 今までさんざいい加減なことをさんざいい加減な実験結果に基づいてさんざ流布しまくっていたのに、すなわち、今までも同じ手法で番組を作ってでっち上げていたのに、今まで野放しだったのに、今頃調査が入るんか。ふ~~~ん。やっぱ納豆が店頭から消えた事件がまずかったのかねえ。あるいはみの●んたが邪魔と思ったか、どこぞへの付け届けあるいは製品の宣伝を渋ったか。
 というより、製作サイドがこの件をカミングアウトしたようだけど、それに至った経緯はどうだったのかな。そうせざるを得ない、何らかのアクションがあったんだろうけど。

 とりあえず、これだけは肝に入れておいて欲しい。

 テレビはウソばっかつくのだ。 (by唐沢ガラダマ兄弟)

という前提で視聴してください。とりあえず、食事制限も運動もせず、食いたいだけ食ってゴロゴロして楽して痩せようなんて甘いと思ってください。

 にがり・白インゲン・納豆の教訓を忘れないで下さい。(かくいう私もけっこうコロッと騙されるので、注意します。)

 とりあえず、納豆や白インゲンには何の罪もないので、これまでどおり美味しくいただいてくださいね。ただし、納豆はプリン体が多く含まれていて、節度を守らないと通風になるらしいのでちょっと注意だ。
 にがりは、まあ、そもそも食品というよりは主に豆腐の凝固財に使われる添加物だからで大量に取るようなモノではない。豆腐を食べる程度には問題ないと思います。とはいえ、豆腐も食べ過ぎると太るから注意ね。

 これで、他の似非健康番組・似非科学番組も無くなってしまえばいいんだけどね。

【追記】
鷺さんの「教養ドキュメントファンクラブ」に関連記事が書いてありました。
  http://homepage1.nifty.com/sagi/nattou.html

週刊朝日の取材で発覚したようです。

 実は私、この納豆騒動でトイレットペーパー買占めよりも、2004年のイラク人質事件を思い、ぞっとしていました。こうも簡単に扇動されるようでは、これからのことが恐ろしくてたまりません。

 マイナスイオン・セルライト・ゲルマニウム、あるいは血液型で性格がわかるという血液型信仰、これは「あるある」ではないですが、「水からの伝言(水伝)」等の科学を装ったモノで世の中があふれています。信仰も鰯の頭からで、百歩譲って、害のないうちは問題ないのですが、騙されて法外な金額で買わされたり、実は身体に害があったりすることもあるんです。あるいは、気づかずに差別的なことを刷り込まれたりする危険もあるんです。たとえば、「水伝」では、綺麗なものと汚いもので水の結晶(って氷でしょうが)が綺麗に出来たり醜く歪んだりするということですが、綺麗汚い(或いは醜い)ってのは主観的なものが多く、たとえば一般的には「蝶は綺麗だけど蛾は汚い」というイメージはありますが、蝶でも蛾のようなイメージのものが沢山いるし、ツバメガの仲間は蝶より綺麗だし、もとより蝶と蛾には生物的な区別はほとんどありません。しかし、多分「水伝」では「蛾」と書いた紙の水は結晶を作らず、「蝶」では見事な結晶を「作る」でしょう。因みに「水」も似非科学のネタに良く使われる「材料」です。
 また、遺伝子操作された食べ物は嫌うくせに、コエンザイムやらアルファリポ酸のような、考えようによってはあまり大差ないものを、若返り効果とかいって平気で摂取出来る神経が信じられません。
 国際情勢にしても、北朝鮮のミサイルや核実験で大騒ぎをしたり、自衛隊のイラク派兵が成功だったと思っていたり、相変わらすメディア・リテラシーの欠けた国民性に愕然としてたところに、この納豆騒動です。
 前の首相の単純なパフォーマンスに惑わされた結果、国民に不利な法案がどんどん通るという今のどうしようもない状況があります。多分安倍首相の人気が急落しているのは、小泉氏のようなケレンさがなく、メッキがはがれてしまっているからでしょう。多分それでもこの状態では今度の参院選でも自公が勝つでしょう(苦戦するかもしれませんが)。そして、選挙まで見送っていたサラリーマンなんたらとか、消費税とか、共謀罪とかゴリ押しするでしょう。はあ。

ブログランキングに参加しております。
あるある捏造発覚ご祝儀クリック→人気ブログランキング←お願いいたします。

***以下ソース***

納豆ダイエット実験ねつ造…手口悪質、番組打ち切りも(読売新聞)

 「ダイエット効果がある」として納豆を取り上げ、全国の小売店での品薄騒動を引き起こしたフジテレビ系のテレビ番組「発掘!あるある大事典(2)」を制作した関西テレビは20日、記者会見を開き、実験が「ねつ造」だったことなどを明らかにして陳謝した。
 制作の手口も悪質で、テレビ番組の信頼を損なったことから、番組打ち切りも含めた厳しい対応の検討を始めた。
 会見によると、実験のねつ造が発覚したのは、7日放送の「食べてヤセる!!! 食材Xの新事実」。アメリカのダイエット最新情報を基に、男女8人を対象に様々な形で納豆を食べてもらい、ダイエットの効果を検証する内容だった。
 しかし実際には、ダイエット効果の根拠となる「中性脂肪値」などを測定しておらず、番組で表示された数値は架空のものだった。アメリカの研究者のコメントも勝手に作成し、また、「やせた」とされるアメリカ人の比較写真も、被験者と無関係だった。[読売新聞社:2007年01月20日 21時56分]

番組ねつ造:総務省が関西テレビ調査へ

 総務省は20日、テレビ番組「発掘!あるある大事典2」でのデータねつ造について、週明けから関西テレビに対して事実関係を調査する方針を明らかにした。放送法では「報道は事実をまげない」と定めており、同省は調査を経て、関西テレビに対して厳重注意と再発防止に向けた体制づくりを求める行政指導を行う見通しだ。
 また、放送法では、テレビ局などが放送内容に真実でない事項を見つけた場合には、訂正または取り消しの放送をしなければならないと定めている。しかし、同省幹部は「訂正放送は、間違った放送で権利侵害した場合を想定しており、今回のケースは該当しないだろう」とみている。【小島昇】 [毎日新聞 2007年1月20日 23時19分 ]

|

« 替え歌:迷惑!あるある大事典 | トップページ | 捏造発覚のしわ寄せ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント


たしかにあの納豆売り切れ騒ぎ、いったいなんだったんで
しょうね。私のように、フツーに納豆が好きで、フツーに
食べたいと思っている人が一番の被害者かも知れない。

納豆メーカーはウハウハだったでしょうが、この反動で
売れなくなってしまうことが懸念されますね。あの番組が
嘘だったイコール納豆には何のご利益もないと短絡的に
考える人が結構多そうですよね。この国って・・。

投稿: wanwanmaru | 2007年1月21日 (日) 01:35

先週「学習しろ!」と書かれていた記事を うんうんと大きく頷きながら読ませていただいたのですが
黒木さん見事!結果がコレ(ねつ造)です;
従順な視聴者の方々はいつになったらテレビに踊らされることをやめるのでしょうね~
まあ おかげで慌てることなく安心して買い物に行けるようになったので 我が家的には良かったですが^^;

昨日リンクさせていただきました^^
これからもよろしくお願いいたします

投稿: るい | 2007年1月21日 (日) 10:52

wanwanmaruさん

納豆が好きで、普段から毎日食べている人たちは、そうとう文句を言ってました。我が家は毎日は食べませんが(糸引いて食べにくいから)、好きなのでたまに買います。そういうわけで、いつも納豆のコーナーに行くわけではないので、この納豆騒ぎはニュースになるまで知りませんでした。それで、納豆コーナーに行ってみたら、まったくなし。放送から一週間以上経ってましたからびっくりしましたよ。

納豆メーカーによっては、パッケージに「ダイエット食」なんて書いたものを新たに作ってそれがボツって大損した会社があるんじゃないかと、要らぬ心配をしてしまったりします。
この騒ぎは、結果、納豆にとって災難でしかなかったように思います。

投稿: 黒木 燐 | 2007年1月21日 (日) 18:25

るいさん、リンクありがとうございます。
私も遅ればせながらリンクいたしました。

いえいえ、私が見事なのではなく、私が参考にしている
ここhttp://www6.ocn.ne.jp/~syuneido/
ここhttp://homepage1.nifty.com/sagi/
すごいのです。

それにしても、不思議なのはこれまで実践した(あるある流)ダイエットがことごとく成功しなかったのに懲りずにまた実践している人たちが大勢いたということです。その結果が今回の納豆騒ぎです。それで、信じられないとか文句言っている人がいる。今回捏造がバレなかったら、痩せないのは番組が嘘を言ってるんじゃなくて自分が悪い、あるいは体質に合ってないと考え、また新たなダイエット法に飛びつくんだろうなあ。テレビで放送されたことだから間違いないって信じて疑わないんです。カモですね。テレビ的には美味しいタイプの人たちですが。
でも、そういう人は懲りずにまた引っかかって、売り切れ騒動を起こすんでしょうねえ。ふう。

しかし、人の振り見て我が振りなおせで、私も気をつけないといけないなあ、と、改めて思いました。

投稿: 黒木 燐 | 2007年1月21日 (日) 18:54

こんばんは。お久しぶりです~。^^納豆のことはネットで知りましたがけっこううちのほうはありました~少なかったけど^^
しかし、うそだらけの国でしかも何もかも全部素直に信じてなんなんでしょうね。スグに熱してスグに冷める。こんな国民性がイヤになります。バカすぎて。(><

だから、政府に何されても気づかない。あ~~~~~疲れる~!^^;

投稿: ココロ | 2007年1月21日 (日) 21:44

ココロさん

私もやっぱ駄目かと思っています。
なんかがっかりしました。
その上自分が偽情報に踊らされておいて、文句言ってるし。
今回納豆を買いあさった連中は、イラク人質事件を思い出して、ご自分に自己責任と罵声を浴びせてください、と。

しかし、上から人を馬鹿と下げずむのは簡単ですが、しっかり説明して誤解を解き、正しい情報を教え理解させることの難しさは大抵のことではないでしょう。騙すほうは簡単なのにね。でも、何割かはわかってくれるんじゃないかと思います。

投稿: 黒木 燐 | 2007年1月22日 (月) 02:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「あるある大事典」捏造発覚!:

» 国民投票=納豆ダイエット・・・まやかしに騙されるな!!! [わんばらんす]
「インチキ納豆ダイエット」 の番組に騙されて買いに走った人いませんか??? 政府は 「国民投票法案」 という法律を通そうとしています。 このまやかしの危険性も「納豆ダイエット」と同じことです!!! 「あ... [続きを読む]

受信: 2007年1月21日 (日) 21:53

» 国民意識の覚醒  [らんきーブログ]
昨日に引き続き今日もこの頃知った素敵なブログの紹介です。  酔語酔吟 夢がたり この頃お互いTBを送受信するような関係になった(笑)ブロ友です(私が勝手に思ってます) TBをどちらが先に送るか微妙に競ってる... [続きを読む]

受信: 2007年1月22日 (月) 10:16

» あるある大事典の納豆ダイエットはデータの捏造 [あるある大事典の納豆ダイエットはうそ]
あるある大事典2の納豆ダイエットはデータの捏造(ねつぞう)によるウソのダイエット方法だったようで... [続きを読む]

受信: 2007年1月22日 (月) 15:14

» ねつ造に走らされた人々 [あんち・アンチエイジング・メロディ]
13日に上げたエントリー「納豆を買いに走る人々」で人々が走るきっかけとなった番組が、ねつ造だった事が分かった。 [続きを読む]

受信: 2007年1月23日 (火) 19:03

» 「あるある大事典の捏造」……怒りがとまらない!! [dr.stoneflyの戯れ言]
 ♪I can't stop the angerです。 どうしてなの、腹立ちがとまらな~い♪ どうやら「あるある大辞典」という番組が捏造番組をつくったようだ。って、もう既に腐って糸が引くほどふるい話題になってる。それほど時間が過ぎても怒りが止まらないのである。こうしてキーボードを打っていても右手の指先まで達したネバネバとした怒りで震えが止まらない。  納豆でダイエットできるとデータを捏造して放送した結果、全国のスーパーマーケットから納豆がなくなり、街角では納豆の奪い合いが起きて、窃盗...... [続きを読む]

受信: 2007年1月24日 (水) 12:59

» だまされるということ [キリスト者として今を生きる]
||#ffffffstyle=font:15px``不二家のシュークリームが賞味期限切れの牛乳を使用していたことと納豆のダイエット効果「捏造」が発覚して、消費者や視聴者をだます企業や番組に批判が集中している。消費者や視聴者をだますのがよくないのは決まっている。だけどこれらの事件で私が思うのは、ひとをだます人間は世の中にいくらでもいるんだから、だまされないようになるにはどうしたらいいのかということだ。|| ||#ffffffstyle=..... [続きを読む]

受信: 2007年1月25日 (木) 08:19

» [あるある問題]<関テレ報告書>「納豆」以外の8本言及 「みそ汁」認める [総合情報ニュース徒然草]
 「あるある大辞典2」捏造問題で関西テレビより報告書が提出されたが、総務省より内容不十分との指摘を受けたという今日の記事より。 (引用記事は、下部に掲載)  「あるある大辞典2」捏造問題については、まさに「あるある」といった状態で、次から次にいろいろな問題が出てくるが、これだけ数が出てくるということは、捏造が慢性化していたということであり、もはや正確な捏造箇所などは番組製作会社でも詳細の把握が不可能になってきているのではないかと思う。  そうは言え、問題に終止符を打つには、一...... [続きを読む]

受信: 2007年2月 9日 (金) 17:15

« 替え歌:迷惑!あるある大事典 | トップページ | 捏造発覚のしわ寄せ »