« 有名スパム「夫がオオアリクイに・・・。」 | トップページ | 生足の法則 »

2006年12月 1日 (金)

実相寺監督逝く・・・

 え~~~、今度はジッソー君まであちらの世界に・・・。もうあの世ですごい特撮映画作れそうな程、人材が揃ってしまった感じだ。

 つくづく昭和は遠くなりにけり、だ。

 追悼に、いろんなもののスキマから、実相寺アングルで写真を撮ることにしよう。

 
 
ただいま2ちゃんねるの特撮板のバックが追悼で黒くなっています。
 実相寺監督といえば、ウルトラセブンの「狙われた街」でのちゃぶ台をはさんだセブンとメトロン星人、そして、その後の夕日を背景にして戦うシーンは、ウルトラシリーズ屈指の名場面となっています(特技監督はもちろん「夕日」の大木淳)。69歳はまだまだやれる年齢であり、本当に惜しい。あちらでは、是非みんなでスペシャルウルトラシリーズの新作を作って欲しい。

「ウルトラマン」「帝都物語」の実相寺昭雄さん死去
2006年11月30日06時16分
 テレビの「ウルトラマン」シリーズの演出や映画「帝都物語」などで知られた映画監督の実相寺昭雄(じっそうじ・あきお)さんが29日深夜、死去した。69歳だった。通夜・葬儀の日取りは未定。

 東京生まれ。59年、ラジオ東京(現TBS)に入社し、66年の「ウルトラマン」をはじめ、「ウルトラセブン」「怪奇大作戦」など特撮番組に数多く参加。奇抜な構図や照明を駆使する独自のスタイルで、不可解で不条理なムードあふれる映像を作り上げた。

 69年に映画に進出。エロチシズムを大胆な手法で表現した「無常」「曼陀羅(まんだら)」、人気小説を原作とした「帝都物語」「姑獲鳥(うぶめ)の夏」などを監督。「魔笛」などオペラの演出も手がけた。

 昨年は「ウルトラマンマックス」の演出に参加。半年ほど前、手術を受けたが、かつて手がけた特撮番組を自らリメークした映画「シルバー假面(かめん)」を完成させ、11月の試写会に姿を見せた。12月23日の公開を待つばかりだった。

 東京芸術大名誉教授。著書に「ウルトラマン誕生」など。

|

« 有名スパム「夫がオオアリクイに・・・。」 | トップページ | 生足の法則 »

ニュース」カテゴリの記事

特撮!」カテゴリの記事

コメント

惜しい方を亡くしましたねえ・・

私はなんと言ってもあのカレースプーン大好きでした。

投稿: しなさん | 2006年12月 2日 (土) 09:58

前回のTBは大変下品な内容でご迷惑をおかけしました。今回はビタースィートな子供時代のオハナシなので大丈夫だ、と思います。

投稿: drac-ob | 2006年12月 3日 (日) 01:33

しなさん

カレースプーン。
スカイドンの回は、子どもの頃死ぬほど笑いました。
空からドンと落ちてきたからスカイドン。
いや~、しかしよくあんな無茶な設定を。
今考えたら、ジャイロで大気圏外は無理やろうと(笑)。

投稿: 黒木 燐 | 2006年12月 3日 (日) 23:25

drac-obさん

いえいえ、ウチもけっこうおげふぃんな記事が多いですから。

>今回はビタースィートな子供時代のオハナシ

あれ?そうでしたか?

投稿: 黒木 燐 | 2006年12月 3日 (日) 23:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 実相寺監督逝く・・・:

» 近頃田舎に流行るもの… [別館4階のBOXから]
 気がついたらもう12月の2日である。正確に言うとあと30分ほどで3日になる。今年も気がついたら1年の終わり、油断も隙もあったもんじゃない。ブログの更新も遅れていたが、シリーズ物のEVEの話はアップするタイミングを逃し... [続きを読む]

受信: 2006年12月 3日 (日) 01:27

» シルバー假面 [ショウビズ インフォメーション]
1971年版 『シルバー仮面』 今作のシルバー仮面 71年から翌年にかけて放映された特撮ヒーロー『シルバー仮面』を基に、舞台を大正時代に移しリメイクした特撮アクション。 監督と第1話の演出を担当した実相寺昭雄監督は... [続きを読む]

受信: 2006年12月22日 (金) 12:28

« 有名スパム「夫がオオアリクイに・・・。」 | トップページ | 生足の法則 »