« 手(けっして夜中には読まないで下さい) | トップページ | 事故のとばっちり~渋滞はこうして作られる »

2006年6月15日 (木)

なんかすごい21世紀の幕開けだったこと

 その2001年の年明けは、前年祖母が永久入院したので、12歳で福岡へ引っ越してから延々続いていた正月の里帰りを放免された初めての年だった。

 たけしの年末特番オカルト検証番組を見て引っ越しそばも食べ、まったりと除夜の鐘でも聴くベ、と落ち着いた時だった。番犬のコロナがけたたましく吠えだしたのだ。これは誰か怪しい者が近づいてきた時の吠え方だ。そう思った私は急いで庭に出てみた。「猛犬」は件のマンションの駐車場に向かって吠えている。
 よく見ると少し向こうの車の影に人影が見える。以前妹から駐車場でヤッている不届き者がいたと聞いたことがあるので、てっきりその類かと思って、つい大声で怒鳴った。

「きさまら、なんばしよっとかぁ!?」

ところで、このブログでは、わたしのこういうシチュエーションが多いですが、実際はいつもこんな風に怒鳴っているワケではありません、念のため。

 とりあえず怒鳴った。っていうか気がついたら怒鳴っていた。まったりした年明け、それもみんなが待ち望んだアコガレの21世紀の年明けを迎えるのを邪魔されて腹が立ったからだ。まあ、実際21世紀と言っても結局変わらない日常の延長線であったわけだが。
 私の怒鳴り声に驚いたのか、人影が近づいてきた。

  げげ、来ちゃったよ。

人影は男でつなぎを着ていた。どうやら暴走族らしい。やば・・・、逆ギレされて向かってこられたらどうしよう。私の目は逃げ場を探していた。

「すみませぇん。」その男は言った。よく見るとまだ子供っぽい。いいとこハタチそこそこだろう。言葉は抑揚があまりなく、語尾が上がっている独特のイントネーション。―――思い切り筑後弁だった。

少年は続けた。「すみませぇん、天満宮で福岡の暴走族とケンカになって逃げて来たとです。」

めちゃめちゃ弱気やん。オマエラ筑後からわざわざ出てきて21世紀の年明け早々ケンカかよ・・・。

彼の後ろから残り三人がわらわらと現れた。怪我をしているらしい。一人は口の中を切っているらしい。さかんにつばを吐いていた。そこに心配した母が出てきた。
「どうしたん?」
「暴走族がケンカして逃げてきたらしい。」
身もフタもない言い方であるが事実だ。ふと門扉の向こうの道に目をやると、警官らしき人影が見えた。母はそれを見逃さなかった。早速警官に状況を聞き出しに行った。

 私は途方に暮れた。珍走団暴走族とはいえ、傷ついて逃げて来ている。こんな彼等を売るのは可哀想になってきた。母は警官から事情を聞いて来た。彼等の言ったことは間違いないらしい。
「タクシー、呼んでもらえませんか?自分ら、バイクも放ってきたんで・・・。外は警察がいるし、相手の暴走族にも追われているし・・・。
あのな、自業自得やろ、電話くらい自分でせんか・・・。と思ったが口には出さなかった。
「タクシーの番号調べてやるけん、自分でかけんね。ケイタイもっとるやろ?」
「はい、持ってます。」
そうこうしているうちに母が電話帳で調べてくれた。番号を教えると少年はタクシー会社に電話をした。
「すみません、タクシーをお願いします・・・。場所は・・・。」
「●●の××ー×・××××というマンション。」
「●●の××ー×・××××ってマンションです。駐車場にいます。よろしくお願いします。」
無事に来てもらえるようだ。う~む、しかし、彼等の状態でタクシーは乗車拒否しないだろうか・・・。一抹の不安があったが、とりあえずいいだろうと思い、家に戻ることにした。

「タクシー来たらちゃんとお礼を言って乗るんよ。気をつけてね。」

気にはなったが正直これ以上関わりたくない。

 家に帰ってから、いちおう外の音に気をつけていたが、特に騒ぎが起こった様子はなかった。彼等がタクシーに乗れたかどうかはわからないが、彼等にとっての最悪の事態は避けられたようだ。もっともタクシーの運転手が通報した可能性もあるが。

 翌日の新世紀第1日めの朝刊の三面記事を見たら、しっかり彼等のしでかした事件が載っていた。太宰府天満宮の賽銭箱のところで暴走族どうしが大乱闘か。賽銭箱のところかよ・・・。

2ちゃんねるの過去ログにあった。
福岡の太宰府天満宮に暴走乱入

どうやら犯罪者を隠匿してしまったらしい。
あいつら、カタギに賽銭を投げつけたのか?それじゃ捕まっても自業自得だが・・・。
でも、自分からケンカふっかけるような感じじゃなかったんだよなあ。う~む・・・。

 まあ、ああいうおそろしい目にあったんだから、今は足を洗って真面目に働いていることを祈ろうとおもう。もし、万一逃げてきた暴走族さん本人がここを見てたら、その後についてご一報下さいませ。

|

« 手(けっして夜中には読まないで下さい) | トップページ | 事故のとばっちり~渋滞はこうして作られる »

徒然くさ」カテゴリの記事

コメント

>「きさまら、なんばしよっとかぁ!?」
初めてHeaven or Hell?をお読みの方へ・・・
えー福岡では滅多な事では上記のようなお言葉は男性はおろか女性でもそうそうは使用致しません(笑)誤解無きように・・・^^

あーおかしぃ~~~!!燐さん、アンタやっぱすごいよ!女性のそげな言葉使いば、生で聞く事はそげん私でもないとですたい^^
とりあえず怒鳴る!!これは簡単なようで実は難しい事なのですよ^^
今後も気をつけてお使いくださいね~。心配です、私の方が(笑)まして居場所がわかってるんですから。でも面白かったです^^

投稿: ぶいっちゃん | 2006年6月16日 (金) 22:23

ぶいっちゃん、

>えー福岡では滅多な事では上記のようなお言葉は男性はおろか女性でもそうそうは使用致しません(笑)誤解無きように・・・^^

かのような罵倒をしたというのは、気が動転していたためのカンチガイで、じつは、
「まあ、あなた方、そんなところで何をしていらっしゃるの?」だったかもしれません。

って却ってキモチ悪いわぁっっ!!

>とりあえず怒鳴る!!これは簡単なようで実は難しい事なのですよ^^

気がついたら怒鳴っていた・・・。
とはいえ、普段は温和なのですが、ここではしょっちゅう怒鳴っているようなイメージが出来てしまいました。
っていうか、ほとんど隣のDQNにしか怒鳴ってないし。

ご心配ありがとう。気をつけます(汗)。

投稿: 黒木 燐 | 2006年6月17日 (土) 06:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なんかすごい21世紀の幕開けだったこと:

« 手(けっして夜中には読まないで下さい) | トップページ | 事故のとばっちり~渋滞はこうして作られる »