« またまた先の読めない依存男が自宅に放火 | トップページ | 羽化したけど飛べないアゲハチョウ »

2006年4月14日 (金)

栃木リンチ殺人事件 司法が警察の職務怠慢を認定

捜査怠慢、殺人と因果関係を認定…栃木リンチ事件(読売新聞) 4月12日

■参考■
殺された青年のご両親が立ち上げたサイト
この事件の詳細も載っている「クソガキどもを糾弾するHP

 この「女子高生コンクリ殺人事件(上記クソガキサイト参照)」にも匹敵する非道い事件の恐ろしいところは、警察が犯人達の味方をしてしまったことである。頼みの綱の警察が全く役にたたなかったどころか障害にすらなったケースでは「桶川女子大生ストーカー殺人事件」が有名だが(この時警察が流した被害者への中傷を未だに信じている人がおり、被害者の名誉は回復されていない)、この事件においては、主犯の父親が警察関係者だったこともあり、警察はこの事件に消極的に対応、結果最悪な結末を迎えてしまった。もし警察が本格的に動いていたら、正和君は2ヶ月間もの地獄を味わうこともなく保護された筈だ。亡くなった被害者やご遺族には口惜しいではすまない事件である。もちろん、犯人達が一番悪い。鬼畜の所業である。出来ることなら同じ目にあって欲しいと思う。しかし、もっとはやく被害者が保護されていたら、彼等も鬼畜に成り果てずにすんだかもしれない。もっとも主犯の男は遅かれ早かれ重大な事件を起こした可能性は高いが。

 しかし、この事件は他人事ではない。私たちもいつ自分や身内が事件に巻き込まれるかわからない。もし、その時警察が全くアテにならなかったら、ましてや敵に回ってしまったら、私たちはいったいどうしたらいいのか。いったいそういう時に警察以外何を頼ればいいのか。警官が正義の味方から単なるサラリーマンに成り下がってしまった。「頼もしいおまわりさん」は絶滅してしまったのか。
 2度とこのような悲しい結末の事件が起こらないように、警察関係者は改めて襟を正して欲しい。自分がその立場になった時、しっかりと被害者を救うことが出来るように。

 改めて正和さんのご冥福をお祈りいたします。

■関連ブログ■
  世に倦む日日 栃木リンチ殺人事件
  らんきーブログ 警察にもセカンドオピニオン(ここには書かなかった日産とのつながりにも触れています。)

■アーカイブ■
 栃木県上三川(かみのかわ)町の会社員須藤正和さん(当時19歳)が1999年12月、少年グループにリンチを受けた末に殺害された事件を巡り、遺族が県警の捜査の不手際などを問題として、国家賠償法に基づいて県などに約1億5000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が12日、宇都宮地裁であった。
 柴田秀裁判長は「被害者の生命、身体に対する危険が切迫していることは認識できた」として、捜査の怠慢を認めた上、「警察官が警察権を行使しなかったことにより殺害行為を防止できなかった」と、殺人事件との因果関係も認め、県と元少年2人に計1億1270万円(県の賠償限度額は9633万円)の支払いを命じた。
 殺人事件を巡り、警察に不適切な対応があったとして賠償を命じた判決としては、埼玉県桶川市の女子大生殺人事件や兵庫県太子町のストーカー殺人事件の例があるが、警察の対応と殺害との因果関係を認めたのは、神戸商船大(現・神戸大)大学院生殺害事件の訴訟に次いで2件目。
 正和さんは99年9月末から約2か月、当時19歳の少年3人に連れ回され、12月2日、絞殺された。正和さんの両親は同年10月以降、石橋署(現・下野署)に、「事件に巻き込まれ、監禁されたのではないか」と再三にわたり捜査を要請したが、同署は取り合わなかった。
 両親は2001年4月、県と少年3人(1人は和解)、その親を相手取って提訴。裁判では、正和さんが殺害される可能性が客観的に存在したか、県警がその危険性を予見して回避できたか――などが主な争点となった。
 判決では、正和さんがリンチで受けたやけどは、放置されれば死に至る可能性が大きかったとして、「被害者に重大な危害が加えられる恐れが存在し続けていたことは明らか」と指摘。
 さらに99年11月1日に石橋署が、正和さんの同僚2人から事情聴取したことなどを挙げて、「石橋署は遅くとも11月1日には、被害者に対する危険が切迫していることを認識していたか、仮にしていなくても十分認識できたと認められる」と判断した。
 その上で、「11月1日に捜査を開始していれば、捜査照会を行い、(被害者の父親が)送金したお金を引き出す銀行に張り込んだり、銀行に協力を依頼したりして、被害者を確保し、生命を救い得た」として、結果回避の可能性を認定した。
 判決について、県警の込山晴康首席監察官は「大変厳しい判決だ。今後は判決内容を検討して、対応していきたい。改めて亡くなられた被害者のご冥福(めいふく)をお祈りします」と話した。

|

« またまた先の読めない依存男が自宅に放火 | トップページ | 羽化したけど飛べないアゲハチョウ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

初めまして。本当にひどい事件ですね。TBさせていただいたのですが、2度送ってしまったみたいなので、どちらか削除していただけますでしょうか。ご迷惑をおかけします。

投稿: 美爾依 | 2006年4月15日 (土) 13:00

美爾依様

本当に非道い事件です。
この国はずいぶんと情けない国になってしまったものですね。
テッサロニケさんからは納得できませんが、何故かトラバの削除を喰らってしまいました。

まあ、それはそれで、これからもよろしくお願いいたします。

投稿: 黒木 燐 | 2006年4月18日 (火) 16:38

SOBA様

せっかくトラックバックをお送りくださったのですが、申し訳ありませんがこの記事のテーマに合わず削除いたしました。3日間削除を保留したことでご了解ください。
テーマに見合ったトラバでしたら大歓迎ですので、これからもよろしくお願いします。

投稿: 黒木 燐 | 2006年4月18日 (火) 16:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 栃木リンチ殺人事件 司法が警察の職務怠慢を認定:

» 警察にもセカンドオピニオン [らんきーブログ]
栃木リンチ警察無視殺人事件の判決が昨日くだった。 「捜査怠慢と長男の死亡の因果関係」が認められ須藤さんの訴えは認められた。 詳しい事はもうご存知の方も多いと思いますが事件の概略を簡単に記します。 (こういったニュースすら知らない人達がまた同じような犯罪を犯すのでしょうか) 1999年宇都宮市の日産自動車に勤務する須藤正和さん(当時19歳)が、2ヶ月間拉致監禁された上に首をしめられ殺害された。監禁から殺害されるまでの間に、被害者少年は700万円もの金を巻き上げられた挙句、毎日のように熱湯シャワ... [続きを読む]

受信: 2006年4月15日 (土) 12:17

» 栃木リンチ殺人事件の行方 [カナダde日本語]
『らんきーブログ』で「栃木リンチ殺人事件」について初めて知ったのだが、『世に倦む日日』でもっと具体的な内容を読み、吐き気を覚えた。この世の中にこんな残虐な事件があったとは [続きを読む]

受信: 2006年4月15日 (土) 12:56

» 栃木リンチ事件 [Portello di Cielo]
リンチ殺人:父「心の中で、やったな!」…妻の遺影前に「心の中で、正和や洋子に『やったな!』という感じ」。5年の長い闘いの末、父の訴えは実った。しかし、一緒に判決を聞くはずだった母洋子さんの姿はない。栃木県上三川町の会社員、須藤正和さん(当時19歳)が少年グループのリンチで殺害された事件をめぐる民事訴訟の判決。宇都宮地裁は12日、父光男さん(55)らが訴えた「捜査怠慢と長男の死亡の因果関係」をほぼ全面的に認めた。犯罪被害者の会の関係者らが詰めかける中、グレーのスーツ姿の光男さんは身を前に乗り出すように... [続きを読む]

受信: 2006年4月17日 (月) 03:58

« またまた先の読めない依存男が自宅に放火 | トップページ | 羽化したけど飛べないアゲハチョウ »