« 五条の本屋さんに強盗!すわ、大事件? | トップページ | 五条書店強盗事件続報、他 »

2006年3月21日 (火)

日本、キューバ破りWBC初代王者に!

 やりました!終わりよければすべてよし!

 おめでとう! そしてありがとう! 王JAPAN!!

 しかし、王監督は日本シリーズの敵をWBCでとった様な形になったが、本当に良かったと思う。
 韓国がこの結果を理不尽だと思う気持ちは痛いほどわかる。多分逆の立場だったら日本だって悔しがったと思う。しかし、日本はズルをして勝った訳ではない。ルールどおりに正々堂々と戦って勝ったのだ。「運も勝負のうち」ということわざもある。王監督だって2度も日本シリーズで悔しい思いをしたのだ。韓国チームの悔しい思いをいちばん知っているのは、王監督かもしれない。

 私は今日は出勤だったので、試合は見れなかったが、ネットの速報と2ちゃんの実況板を時々のぞいて勝敗の行方を追っていた。下の階の測量部は仕事をしながらテレビで観戦していたが。ってか、ちゃんと仕事をしろ(笑)。 

    【記事引用】リンク: @nifty:NEWS@nifty:日本、キューバ破りWBC初代王者に…MVPに松坂(読売新聞)

wbc_ohjapan  【サンディエゴ(米カリフォルニア州)=小石川弘幸】野球の国・地域別対抗戦「ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)」は20日(日本時間21日)、サンディエゴのペトコ・パークで決勝が行われ、王貞治監督(65)(ソフトバンク)率いる日本が10―6でキューバを破り、初代世界王者となった。

 日本は一回、今江敏晃(22)(ロッテ)の2点適時打などで4点を先制。終盤1点差に迫られたが、九回にイチロー(32)(マリナーズ)の適時打などで突き放し、八回途中から救援した大塚晶則(34)(レンジャーズ)が締めくくった。

 最優秀選手には、先発して四回までを1点に抑え、今大会3勝目を挙げた松坂大輔(25)(西武)が選ばれた。次回は2009年に開催される。

 WBCは米大リーグで活躍する選手が本格的に出場し、真の野球世界一を決める国際大会として初めて開催され、16の国と地域が参加した。

 日本は、東京ドームで行われた1次リーグA組(アジアラウンド)で中国、台湾に連勝したが韓国には逆転負けし、2勝1敗の2位で2次リーグに進出。

 アナハイムで行われた2次リーグ1組では、米国戦で球審に“勝ち越し点”を取り消される判定もあって敗れ、メキシコには快勝したが韓国に再び惜敗して苦境に立った。

 しかし、メキシコが米国を破ったことで、日本は失点率(総失点を守備イニング数で割った数字)で米国、メキシコを上回って奇跡的に4強入り。

 サンディエゴでの準決勝では、今大会3度目の対戦となった韓国に6―0で雪辱を果たし、頂点への道を切り開いた。

[読売新聞社:2006年03月21日 23時56分]

|

« 五条の本屋さんに強盗!すわ、大事件? | トップページ | 五条書店強盗事件続報、他 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本、キューバ破りWBC初代王者に!:

» 日本代表をWBC優勝に導いたイチローのカリスマとリーダーシップ [世に倦む日日]
WBCは大会MVPを松坂大輔に与えたが、大沢啓二も言っていたとおり、真のMVPはイチローであり、イチローにこそMVPを受賞させるべきだった。WBC運営事務局サイドのある種の悪質な政治的意図を感じる。イチローが日本チームを一つに纏め、イチローが日本チームを牽引し、その日本チームが優勝を果たした。イチローが偉大なのは、有言実行で、実際に最も勝利に貢献する活躍を自ら示していたことだ。私は準決勝と決勝の二試合しか見ていないが、イチローの打撃と走塁は他の選手とは全く別格の水準で、日本チームの得点力の源泉はイチ... [続きを読む]

受信: 2006年3月22日 (水) 15:09

« 五条の本屋さんに強盗!すわ、大事件? | トップページ | 五条書店強盗事件続報、他 »