« あかりちゃん:赤外線天文衛星打ち上げ成功 | トップページ | よくある朝の風景(小梅添え) »

2006年2月24日 (金)

単細胞大国亜米利加「最大の敵はイラン」

リンク: @nifty:NEWS@nifty:「最大の敵はイラン」31%で1位…米世論調査(読売新聞).

 【ニューヨーク=大塚隆一】米ギャラップ社が23日発表した世論調査で、米国人の31%がイランを「米国の最大の敵」とみなしていることがわかった。2位以下はイラク22%、北朝鮮15%、中国10%の順だった。

 昨年の調査では、イラクと北朝鮮を「最大の敵」に挙げる人がともに22%で最も多く、イラン14%、中国10%と続いた。イランへの警戒感が倍増した背景には、核問題をめぐる強硬姿勢があるとみられる。

 同時に行われた22か国・地域の好感度調査によると、トップはカナダで、89%の人が好感を寄せていると答えた。これに英国88%、日本81%、ドイツ79%が続いた。

 アジアの他の国・地域で好感を抱く人が多かったのは台湾とフィリピンで67%。インドも66%に達した。中国は44%、北朝鮮は10%にとどまった。最下位はイランの7%だった。

 イラクの次はイラン。予定通り?
 米国の中東構想は障害が多いながらもちゃくちゃくと進行中。でもイラクさえグダグダなのに、どう収集をつけるつもりなんでしょうねぇ・・・。米英共同で23日に核実験(未臨界核実験)をまた成功させたらしい。「両国の核兵器の安全性と信頼性を維持するのに必要なデータを得るのが目的」とか言ってるけど、この時期に核実験なんてやっぱりイランへのけん制だよなあ。

 ところで、同じく悪の枢軸のレッテルを貼った北朝鮮はほとんど眼中にないようですね。ま、落としても何の得もないどころか、損すらしかねませんからね。それに日本をビビらせて武器を売りつけるには丁度よいネタですし、しばらくは生かさず殺さず。

 しかし、ほんとアメリカってぇ国は常に「敵」を作っとかなければ成り立たない国なんですね。さすが自称「正義の味方」「世界の警察」。やっぱり「正義」には「悪」が不可欠要素なんですね!
 でもね、本当のアメリカの敵はほかならぬ自国自身だと思うのですよ。常に戦争をしていないと成り立たない国って迷惑ですし、なによりも危険ですよね。

 

|

« あかりちゃん:赤外線天文衛星打ち上げ成功 | トップページ | よくある朝の風景(小梅添え) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 単細胞大国亜米利加「最大の敵はイラン」:

« あかりちゃん:赤外線天文衛星打ち上げ成功 | トップページ | よくある朝の風景(小梅添え) »