« 放談2006年犬談義から・・・ | トップページ | JR下関駅で火災=未明に出火、駅舎に延焼 »

2006年1月 7日 (土)

「テロ対策法」検討へ、政府が年内に骨格(遅ッ)

リンク: @nifty:NEWS@nifty:「テロ対策法」検討へ、政府が年内に骨格(読売新聞).

 10年以上も前に自国発の未曾有の化学テロや生物テロ(未遂)があっているのに、今更テロ対策法ですか?やっとですか?年内に骨格ですか。あんなに国外でばんばんテロが起こっていたのにまだ骨格すら出来ていなかったんですか?それでどうやってテロと戦うつもりでいたんですか?相変わらず寝ぼけてますねえ。

 米国はオウムの化学テロの時、「対岸の火事」にも関わらずその脅威をすぐさま察知し急いでBC(生物・化学)テロ対策を講じましたよ。わが国は911テロの時どうしましたか?すぐさまテロとの戦いを表明して、「念願の」自衛隊も派遣しましたが、国内はスカスカですね。あれからそろそろ5年になりますが、対テロのスペシャリストや対テロ組織はどれだけ育成されてますか。もしたった今大規模テロが起こっても、うまく対処できますか?使われた化学物質や病原体を直ぐに特定して早急に対処できますか?被害を最小限に抑えることが出来ますか?国民を守れますか?

 無理でしょうね。そんな人材はまだ自衛隊の一部しかいない筈ですから。

 なんか、自分のフトコロが温まらないことにはのんびりしてますね。だから「テロ支援国家だ」なんていわれるんですよ。まあ、実際多くの日本人国際テロリストたちを野に放してるんですけどね。オウムが国際的にまでテロ活動を広げた(この場合主に武器調達や訓練のためですけど)のも、そういう認識の甘さからでしょう。少なくとも12人が死亡して5000人以上の被害者を出した320のサリンテロは防げたはずなんです。

 まあ、国を挙げて耐震擬装テロや狂牛病テロを容認しているお国柄ですけどね。政治家の意識や自覚が発展途上国並なんだから仕方ないのでしょうか。

 とりあえずみんな、自分の身は自分で守りましょう。そのためにはちゃんと正しい知識を身につけないとね。とりあえず本やネットでしっかりした知識をどんどん得よう。その際、鵜呑みにせずに自分で正誤を判断することも大事です。まあ、私もそれは苦手なんですけどね。

*****

 なんてことを書いた後で、「テロ対策法」でググってみたら、なんと「共謀罪」よりトンデモない法案だった。先に調べろよ・・・。う~~~む、なるほど、だから今頃そんなことをいい始めたんだな。
 やはりこういう法案が出てきた時は気を付けないといけないんだと心した次第です。
 自らの戒めのため、この記事はこのままにしておきます。

 

|

« 放談2006年犬談義から・・・ | トップページ | JR下関駅で火災=未明に出火、駅舎に延焼 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

ま、まだやったんですかい?
そういう事を一般人に代わって大所高所から考えてフォローするのが政治家じゃないんかい?
そりゃ〜簡単ではないだろうけど、今になって「まだ」やったとは思わんかった………しかも「年内」に「骨格」って………今日は1月7日なんでつけどっっ!!

投稿: 眠り猫 | 2006年1月 7日 (土) 15:55

そうなんです。まだだったんです。まだなのは知ってましたが、骨格すら出来ていないとは、おそれ入谷の鬼子母神ですわ。今年から「検討を始めて」今年中に「骨格を考える」んだそうです。要するに、テロ対策法についてはこれまでなんも考えとらんかったとです。それでテロと戦っているつもりだったとです。
日本もうだめぽ。

投稿: 黒木 燐 | 2006年1月 7日 (土) 18:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「テロ対策法」検討へ、政府が年内に骨格(遅ッ):

« 放談2006年犬談義から・・・ | トップページ | JR下関駅で火災=未明に出火、駅舎に延焼 »