« ぼくは「いい者」?それとも | トップページ | 内容のない放談:あれからひと月 »

2005年10月 9日 (日)

今更ながら「のまネコ」問題

 この問題はネットからはみ出して大騒ぎになっているので、ご存じの方も多いと思う。
 わからない方のために簡単に説明しますと、「恋のマイアヒ」(邦題)という曲がありまして、まあ、その曲の歌詞が、何となく日本語に聞こえるワケです(「空耳」という)。それが面白くて、あるフラッシュ作家がその曲に空耳歌詞字幕つきで、2ちゃんねるのAAキャラたちが踊るフラッシュを作ったら、これがまた大ウケで、ちょっとしたブームになっちゃった。そこに目をつけたエイベックスという会社がその作家と話し合ってフラッシュをおまけにつけたCDでその曲を売り出したらもうバカ売れ。その曲を作ったグループはもうとっくに解散しちゃっている今、日本で大ブレイクしてしまった。
 その会社がフラッシュをおまけにつけた時に、2ちゃんねるキャラに払拭しないように、微妙にネコのデザインを変え、おにぎり八頭身などの強力キャラは削除された。そして、ブームに気をよくして、「のまネコ」と登録商標をして商品展開をしようとした。しかし、それを知った2ちゃんねらーたちが大反発、エイベックス側はなんとか事態を収拾すべく対応しているのだけど、その度に火に油を注いで炎上している。最近も社長のお詫び発言(2ちゃんねらも喜ぶと思った)で大炎上しているようだが、なんだかなー。
 この問題は未だに収集がついていない。エイベックス側も潔くご破算にすればいいのにとは思うが、いろいろ大人の事情があるのだろう。

 参考資料:のまネコが出来るまで

(件のAAキャラたちが説明するここがわかりやすいです。もっと詳しい内容はここ、「エイベックスのまネコ問題まとめサイト」をごらんになってください。)

 2ちゃんねらーたちが騒いだのは、エイベックスが商品展開で「儲けようとした」からではない。自分たちが共有財産として愛するAAキャラが商品登録され、モナーがそれに似ているからとされてしまい、使用できなくなることを恐れたのだ。もちろん勝手にキャラを使われてあまつさえ改造され、名前まで変えられ、勝手に商品化されたことも問題だった。自社の登録商標にはせず、ちゃんとモナーとして売り出され、売り上げの何割かは2ちゃんねるに行くとかすればまた違ったかもしれない。

 前置きが長くなったけど、ここからが本題。

リザードのモモヨさんが「のまネコ」問題に対してコメントをされています。
http://www.dgcr.com/cgi-bin/backnumber/back.cgi?mode=right&year=2005&month=10&day=4
(メルマガの過去ログです。良かったら登録してね。)

 この記事は転載を禁じられているので、是非リンク先に飛んで読んでください。

 彼(モモヨ)が指摘しているように、この問題はAAキャラをめぐる争いとして盛り上がっているが、当の歌の作者が置いてけぼりにされている。確かに「のまのまイエィ!」と可愛い猫が踊る楽しい曲としては日本に広まったが、原作者のO-ZONEがどんな人たちで、この曲がどんなメッセージを持ったものか知っている人は希少だろう。私だってホントの歌詞がどんなものであるか、まったくわからない。まだ英語だったら多少はわかるんだろうけど。万一、ストラングラーズの「ラ・フォリー」みたいに、ある猟奇殺人がテーマ(これはまずないだろうが)だったらどうだろう。また、もし日本をめちゃくちゃ馬鹿にした歌詞だったら?

 たとえば自分の大好きなバンドがそんな扱いを受けたらどんなものか。
 例えば私なら、モモヨが当該記事で書いているところのストラングラーズだが、こういうことだ。
 生憎私は未見だが、タモリ倶楽部の空耳コーナーでストラングラーズの曲がかかったことがある。"Nice 'N' Sleazy"という曲だが、一部「オラァ童貞(以下略)」と聞こえるというものだったらしい。もし、それが面白いというのでフラッシュ化されそれが大うけしたとする。それを利用して売らんがために、来年発売される新譜にそのフラッシュをおまけにつけて発売したとする。まあ、今は彼らのファンが少ないがために、モモヨが書いているような事態は招かないとは思う(むしろJJをなだめるほうが大変ではなかろうか)が、私たちはレコード会社に相当な抗議をするだろう。
 売れればいいというものではないのだ。

 とはいえ、そういうフラッシュを徹底的に取り締まるということもつまらない事態だと思う。ネットで楽しむ程度ならいいのではないか。なんかそういうフラッシュ文化とアニメの同人文化は、オリジナルに対して同じような共生関係にあるのではないかと思う。アニメ界ではキャラたちが同人でどんな扱いを受けても黙認している。ある意味人気のバロメーターでもあるからだ。(ただし、時と場合によってはポケモンキャラで801をやってしまった同人作家のように逮捕される可能性はある。万一ディ●ニーキャラなんぞでやった日にはどえらいことになるのである。)
 フラッシュ職人たちはどんどん質の良いフラッシュを製作してもいいと思う。ただし、そのフラッシュに誰かの曲を使うのなら、まず原曲についての詳細な情報を明記するべきである。(本文中敬称略)

 などと書きながら、私がストラングラーズの"SWIM"でフラッシュ(空耳ではないぞ)を作りたいと思っているのは内緒だ。

空耳フラッシュの見本
もすかう(Part1)

|

« ぼくは「いい者」?それとも | トップページ | 内容のない放談:あれからひと月 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

のま猫はともかく、にゃんこの写真ありがと〜〜m(^^)m
二匹ともおててをキチンとそろえて、お行儀良いねえ

のま猫もモナーも、静かに酒飲んでいたいかもね〜〜

投稿: 眠り猫 | 2005年10月13日 (木) 00:15

>のま猫もモナーも、静かに酒飲んでいたいかもね〜〜

ほんと!
本当にそうですね・・・。(しみじみ)

投稿: 黒木 燐 | 2005年10月13日 (木) 00:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今更ながら「のまネコ」問題:

« ぼくは「いい者」?それとも | トップページ | 内容のない放談:あれからひと月 »