« カレーに中った話 | トップページ | 緊急支援のお願い~米国ハリケーン被害 »

2005年9月22日 (木)

タイノエの話

 みなさんは、「タイノエ」いう生物をご存じだろうか。これは鯛の口に寄生する生物で、そう珍しいものではないらしい。フナムシやグソクムシ(漢字では「具足虫」と書く。「具足」に似ているのでこの名がついたらしいが、このダイオウグソクムシをみると納得してしまう)と同じ等脚類だが、さもありなんという姿をしている。

 実は私はこれを危うく食べそうになったことがある。最も最近までそれがタイノエだったとは知らなかったのだが。

 祖母が惚ける前のことだから、もう何年も前の話だ。
 私はお墓参りか何かで妹と日帰りで里帰りをしていた。その時弟が釣ってきたという大きな鯛で、祖母が刺身と吸い物を作ってくれた。まだ新しい鯛の刺身は絶品だった。吸い物も美味しかった。祖母は私が好きだからと、鯛の頭を吸い物に注いでくれた。美味しい美味しいと食べていると、お椀の底に妙なものがある。私は最初それが肝かと思い、箸で取ってよく見てみた。よく観察すると、白っぽいダンゴムシに尾のついたようなものだった。私の食欲は一気に失せたが、へたに騒ぐと元々海産物の苦手な妹の食欲まで私以上に喪失させそうなので、じっと黙っていた。問題のブツは箸でシャカシャカともう大部分を食べてしまった鯛のあらで埋めて隠した。もう見たくなかったし、他の人にも見せたくなかった。
 その時私は、てっきり魚のエサが未消化で吸い物に紛れ込んでいたものとばかり思っていた。祖母は歳で目も悪く、文句を言うのもかわいそうなので、やはり私はじっと我慢の子であった。もう食べないのかと聞かれると、鯛が大きかったからお腹がいっぱいだと誤魔化した。

 そして、最近偶然ネットで、それがタイノエというウオノエの仲間だと知ることが出来たのだった。実際は鯛の口に寄生をして栄養を奪う生物なのだから、タイノエ(ウオノエ)というネーミングは間違いなのだが、実際私も鯛のエサと思ったし、きっと昔の人はこれを鯛の好物だと思っていたんだろう。

 しかし、見れば見るほど気持ちの悪い生物である。

 ところで、関連サイトを見ていて気がついたが、だいたい鯛の口の中で雌雄が仲睦まじくもしくは一妻多夫状態で間借りをしているようだけど、ひょっとしてオスもいたのか?オスはメスに比べてかなり小さい。ひょっとして知らずに飲んじゃったカモ・・・。

            ガクガク((((((((( ;゜Д゜))))))))))フ ゙ルブル

■LEFTさんから、タイノエは縁起物であるというコメントがありました。(2007.9.14)

 調べてみると、タイノエは「鯛之福玉」と言われて縁起が良いと喜ばれていたそうです。
  ●参考 http://www.kobayashitakashi.com/shakin_r.html#ta

■  (´・ω・`) さんから、2ちゃんねるまとめサイトからの関連スレの情報を頂きました。(2008.1.20)
 ★注意★ かなりすごい(きめぇ)画像がアップされています。閲覧注意です。
        気持ち悪くなっても当局は一切関知いたしませんからそのつもりで(笑)。
         http://workingnews.blog117.fc2.com/blog-entry-610.html

(2013年5月26日追記)

 タイノエの繁殖についてここに書いたと思ってたけど書いていないようなので、おそらく他のエントリーにでも書いたのだろうと思うが、探しても見つからないので改めて書く。

 
 以前放映された生物ものの特番でタイノエが少し扱われていて、その生態に少し触れられていた。
 タイノエはタイの口の中で子供を作り、タイの口から巣立ったタイノエの幼生は、海を漂うプランクトンとなりながら帰省先の魚(この場合はタイ)を探す。無事に大家を見つけたら無断で口の中に入居して寄生生活に入る。雌雄は幼生時代は分化しておらず、最初タイの口に帰省したものが雌になり、2番手からは全てオス化するらしい。オスはこの手の生物にありがちなように、メスよりいくつ回りか小さい。

 で、これは最近検索して知ったのだが、なんとそれだけで十分に図々しいに元金以上のおつりがくるというものであるのが、さらにずうずうしいという事実があった。
 それは、タイノエが胎生(蛇足だが、昔はこういうのは卵胎生と言ったが、おなかの中で卵でいるのは哺乳類と同じということで、胎生に統一されたらしい)で、卵から幼生になるまで母親がお腹の中で育てるというのだ。要するにタイさんはタイノエのお子様の栄養まで盗られていると言うことになる。

〔参考〕
『グルメ釣師へたくそ長ちゃん』より
タイノエの赤ちゃん
http://nagachan1961.blog84.fc2.com/blog-entry-132.html

 タイでなくとも、おまえらいい加減にしろ!と言いたくなるではないか。

(追記終わり)

■ウオノエの仲間についてもっと知りたい方はこちらをどうぞ。ただし気分が悪くなっても当局はいっさい関知致しません(笑)。
http://home.hiroshima-u.ac.jp/fishlab/Dhaku/isopod/parasitic%20isopod2/parasitic%20isopod2.htm
http://musi.s6.xrea.com/nikki16.htm
http://homepage1.nifty.com/gebara/ebizukan/tainoe/tainoe.html
    ↑半分に切るなぁ~~~ッ (;´Д`)
http://enema.x51.org/x/05/07/2124.php
http://www.geocities.jp/turibaka123/bikkuri/kiseicyuu/kiseicyuu.htm

 ※最近タイノエの検索でここに来られる方が急増しています。いったい何故かわからず驚いています。タイノエが密かに流行っているのでしょうか。

 このエントリー以外の『~の話』シリーズや、小説『朝焼色の悪魔』も面白いです。よろしくね。

 関連記事→ タイノエに遭遇 タイノエブログ タイノエ音頭(どなたか作曲よろしく)

【お願い】
 アルファポリスのランキングに参加しています。良かったら下のバナーをクリックしてくださいね。
 

私が書いている小説のCM。見てね。クリック→CM

アンケートを作りました。よろしくお願いいたします。
 

↓ようつべにアップされた動画。閲覧注意。      

|

« カレーに中った話 | トップページ | 緊急支援のお願い~米国ハリケーン被害 »

生物・自然・天文」カテゴリの記事

~の話シリーズ」カテゴリの記事

コメント

またやっちゃった。
見なきゃいいのに、思わず「クリック」。

文中の「ダイオウグソクムシ」のところをクリックして、「ひぃー」とも「しぃー」とも違う、首を絞められたような音を出しちゃったくせに、文末のリンクを全部「クリック」しちゃった私。
実はこれで結構チャレンジャーなんでしょうか。
それともただのバカ…?

これから先の人生で、「鯛のあら炊き」を平常心で食べられるかどうか。今のところ自信がありません。

投稿: 猫だぬき | 2006年10月 8日 (日) 09:05

猫だぬきさん

そうやって、いろんな画像に慣れていくのですよ。私もそうでした。見たら怖いものがあるのがわかっていて、おそるおそるクリックしてしまうのです。
遠からず猫だぬきさんも、右サイドバー「閲覧注意リンク集」の「ざざむしメニュー」くらいなら、笑って見れるくらいになるんじゃないでしょうか。

でも、ネットで鍛えられ、戦争の悲惨な遺体はなんとか見れるようになりましたが、動物の虐待モノだけは、見ることが出来ません。

投稿: 黒木 燐 | 2006年10月 9日 (月) 11:56

http://enema.x51.org/x/05/07/2124.php
で、「魚の腹から現れた奇怪な寄生虫」から検索で漂着。

投稿: 通りすがり | 2007年6月16日 (土) 23:05

通りすがりさん

コメントありがとうございます。
本文にもリンクしている、あのサイトからの検索で来られたんですね。
世の中には不思議な生物って多いですね。
キモチワルイで済ませるにはもったいないです。

投稿: 黒木 燐 | 2007年6月17日 (日) 06:43

一昨日、実家の天草から送られてきた鯛を塩焼きにしたら、私のやつだけ頭から出てきてなんなのか調べていてたどりつきました。
昨日は自分の口に寄生される夢を見ました・・・・。
精神的に病みそうです。 くすん。

投稿: しおな | 2007年8月10日 (金) 12:57

しおなさん、こんにちは。

お盆の間出かけていて、ちょっとバテ気味だったのでレスが遅れて申し訳ありません。

しおなさんの鯛からだけ出てきたというのも悲劇ですね。タイノエは寄生虫ですから、見かけが貧相な鯛は避けた方がいいです。魚屋さんで売っている鯛は多分チェック済なので、口中に居ても取り除かれていると思います。存外あっさりはずれます。お客さんへの心象もありますが、早く取り除かないと鯛の栄養をどんどん吸ってしまうからです。

>昨日は自分の口に寄生される夢を見ました・・・・。

あらら・・・。
でもまあ、人間には鯛と違ってちゃんと手がありますから、こんどそういう夢を見たときは、さっさと取り除いて下水にでも流しちゃって下さい。
リアルでは絶対に人間には寄生しませんから、大丈夫ですよ。

投稿: 黒木 燐 | 2007年8月17日 (金) 12:51

タイノエは本来縁起物で
鯛の尾頭付きにこれが付いていることは繁栄の象徴だったのですが、
人間が潔癖症になってきているのかもしれませんね。

投稿: LEFT | 2007年9月14日 (金) 17:13

LEFTさん、こんにちは。

書き込みどうもありがとうございます。
タイノエが縁起物ってのは聞いた事があります。

で、ググってみたら、ここ↓に
http://www.kobayashitakashi.com/shakin_r.html#ta
「にもかかわらず、人間の世界では別名『鯛之福玉』とも呼ばれ、大変縁起の良いものとされています。」という説明がありました。「鯛の福玉」。う~む、あれが「玉」かどうか激しく疑問ですが、物は考えようということですね。あたりくじと思うか貧乏くじと思うか。
はっきりしているのは、あれが着いている鯛は栄養状態が悪いので不味い、ということでしょう。
とりあえず、エントリーの方にもつけ加えておきますね。

おまけ
http://bbs001.garon.jp/test/read.php/fishing/1129776678/

>人間が潔癖症になってきているのかもしれませんね。

人間というか「日本人が」ですね。
害虫益虫まとめて殺虫剤で殺したり。

テレビの除菌グッズ(手洗いとか洗剤とか噴霧消臭剤とか)CMが異常に清潔を煽ってます。除菌しすぎると却って抵抗力が落ちるとか、除菌成分の方が雑菌よりタチが悪かったりとか思いもよらないのでしょうね。でも、子供を持つお母さんとかにとって、ばい菌は何より怖いものなのかもしれません。しかし、そうして育てた子供が平気で地べたに座ったり、汚ギャル(死語?)になったり買春行為でいろんなものに感染したりしてたり。
ああ、諸行無常。

投稿: 黒木 燐 | 2007年9月17日 (月) 12:28

あら、久しぶりにタイノエの記事が。
コメントがつくと懐かしい記事を読むことができて嬉しいですね♪
ってことで、私も久しぶりにタイノエコメント。

旦那さんの両親&おばあちゃんとお寿司を食べに行って、鯛のアラ炊きを注文した時のことです。ふと思いついて、「ねえ、タイノエって知ってる?」と言ったら、すかさず旦那さんから「やめなさい、そんな話!」とブロックされました。タイノエ画像を見せられたときのショックが忘れられないようです。

でもしつこい私は話を続行。食事中にもかかわらず、身振り手ぶりつき、どころか鯛のお頭つきでみんなに説明してあげました。するとナント、お義母さんが 「ああ知ってる」と、「どこかで聞いたことがある」と言うのです。そこまではいいんですが、「それってデキモノでしょ」と。「ううん、デキモノじゃなくて、ちゃんとした生き物で…」と言っても、「いやいや、鯛ってね、喉にデキモノが出来やすいのよ。それのことよ。」と自信たっぷり…

旦那さんが横で「もうええやん、そんな話」と必死で阻止するので、それ以上はやめておきましたが、一体どうしたものでしょう? あの画像を見せて 「ねっ?」と勝ち誇るべきか、姑に逆らうなんてとんでもないのでデキモノだってことにするか…

投稿: 猫だぬき | 2007年9月18日 (火) 14:57

猫だぬきさん

ダンナさんのお身内の方々とのお食事中に、寄生虫の話をする猫だぬきさんは勇者ですね。それに対してタイノエをデキモノと言い張るお姑さんも素敵です。
しかし、あれがデキモノとなると、目や口も付属していますから人面疽(いや、魚面疽か?)のなまか、いや、仲間のようなもんでしょうか?

お口の中に、かっおがっあるっ♪ あ・それ、かっおがっあるっ♪

まあ、わたくし個人の意見といたしましては、画像はお見せしないほうが、今後の平和のためにもよろしいかと(笑)。

とくに、こんなのはいけないと思います。(まほろさん談)
http://www.geocities.jp/turibaka123/bikkuri/kiseicyuu/kiseicyuu.htm

投稿: 黒木 燐 | 2007年9月19日 (水) 03:08

先日釣った稚鯛に住み着いていました。>タイノエ
塩焼きにしてご馳走様した後に頭部を遊び半分にばらしていたらコロンと出てきました。
初見だったので少々驚きましたが、まぁこんな奴も海には居るだろと思ってあまり気にしていませんでした。
縁起物だったんですね。らっきー(笑

投稿: 釣れない釣り人 | 2007年9月27日 (木) 02:31

釣れない釣り人さん、いらっしゃいませ。

釣られた鯛にいましたか。それはらっきー(笑)。
唐揚げにしたら海老みたいに香ばしくて美味しいかもしれませんが、まあ、あまり食べたくはありませんね。

>少々驚きましたが、まぁこんな奴も海には居るだろと思ってあまり気にしていませんでした。

流石、釣りに慣れた人は剛胆ですね。
海にはもっと気味悪いのとか面白いのとかいろいろ生物がいますから、海の生物図鑑を見るのは面白いです。

私の父と弟もしょっちゅう釣りをしていますが、弟の方はタイノエの事を知っているようです。名前を知ってるか聞きそびれましたが。

タイノエ、縁起物なら樹脂コーティングして保存するのはどうだろうと、つい悪趣味なことを考えてしまいました。

投稿: 黒木 燐 | 2007年9月28日 (金) 12:41

久し振りにタイの中にいるのを見つけたので検索してみました。

標本にしたいと思っています。

投稿: | 2007年10月 3日 (水) 21:13

名無しさん、こんにちは。

居ましたか、縁起物!

>標本にしたいと思っています。

おお! 
是非標本にして、それをどこかにアップして下さい。

投稿: 黒木 燐 | 2007年10月 4日 (木) 12:59

2ちゃんねるのまとめHPでタイノエが出たので、ググったら上から3,4個目だったので拝見させて頂きました。
ちなみに、こちらです。ttp://workingnews.blog117.fc2.com/blog-entry-610.html
気持ち悪ッ!っとしか思えません。(´ー`;)
まぁ、しかし喰う人も居るとは・・・人間は何でも食べますね。

投稿: (´・ω・`) | 2008年1月19日 (土) 16:34

(´・ω・`) さん、はじめまして。

コメントありがとうございます。
2ちゃんのまとめサイトからですね。
うわ、なかなか貴重な画像が満載ですね。
本文にもリンクしておきます。ありがとうございます。
きっと、常連の皆さんにも気にってもらえるかも。

しかし、生物っていろんなのがいて面白いし、本当にすごいですね。

キモチワルイと言えば、ナマコなんかも生で食べるには相当勇気がいったでしょう。
シャコなんかも白いのはタイノエの親玉みたいだけど(裏から見たらすごいことに)、やはりタイノエの気持ち悪さは魚に潜んでいて調理中に想定外に出てくることや、寄生虫であるため体が妙に退化しているあたりがキモではないかと思います。ひっくり返したら卵ぎっしりが透けて見えるとか・・・。

しかし、貼ってくださったまとめページで一番いやだったのは、スレ主の口のドアップだったのは秘密だ。

投稿: 黒木 燐 | 2008年1月20日 (日) 13:01

いえいえ、御丁寧にありがとうございます。
そうですね。海鼠も蝦蛄も、海老でさえチョット苦手な私には衝撃映像でした。

そして、あんまり気持ち悪いのは即消しでしたが、普通に数秒以上開けた画像で一番キモッって思ったのはスレ主の口でしたヾ(´▽`;)ゝ

投稿: (´・ω・`) | 2008年1月23日 (水) 06:42

(´・ω・`) さん

ナマコもシャコも苦手なら、相当キツい映像ですよね。
でも、怖いモノ見たさで見てしまう(笑)。

>普通に数秒以上開けた画像で一番キモッって思ったのはスレ主の口でしたヾ(´▽`;)ゝ

人体でも一部のクローズアップ、特に口なんかは気持ち悪いですね。特にヤローのなんて(爆)。
おまけに面白がってやったら貼ってるし。

しかし、あのまとめサイト、タイノエ関連の写真掲載が最多なのではないでしょうか。ある意味貴重ですね。

投稿: 黒木 燐 | 2008年1月24日 (木) 12:30

「へんないきもの」という本(シリーズで3冊出ている)にこのタイノエが載っています。この本をきっかけにして、ネットで検索して色々見る人が多いのかもしれません。

投稿: Takuzo | 2008年5月24日 (土) 01:13

昨日釣ってきた鯛を調理していたら、出てきました。。。雌雄でメスは子持ちでしたが、まーそういう奴が口の中に居ることがあるとは知ってたのですが・・・卵を持ってるつーことは、もうじき産卵のはずですよね?でもメスのサイズが大きくて、とても鯛の口から出てこれるとは思えず、かといって、鯛の口の中で産卵しても・・・直接鯛の餌???気になって、検索してたらたどり着きました。どうやって、無事に鯛から子供らは出るのでしょう?

投稿: ジガー | 2008年5月25日 (日) 18:11

Takuzoさん、こんにちは。

「へんないきもの」出版以前からタイノエ検索からのアクセスが多かったので、それが直接の原因ではないと思いますが、出版後、それを読んで検索して来られる方も加わっているんでしょうね。

投稿: 黒木 燐 | 2008年5月26日 (月) 12:37

ジガーさん、こんにちは。

タイノエ出てきましたか・・・。
雌雄で子持ちって、ある意味お宝でしょうか。

確かに鯛の口の中で産卵したら、そのまま文字通り「鯛の餌」ですねえ。鋭い! 考えても見ませんでした。でも、なにかいい方法があるんでしょうね。
う~~~ん・・・。産卵の時は回れ右をして鯛が口を開けた時を狙って産むとか。お尻を反らせて鯛の口の外に上手い具合に放出するとか・・・・。
まあ、想像の域を出ませんが、どこかに正解が書いてないかしら・・・?

投稿: 黒木 燐 | 2008年5月26日 (月) 12:46

はじめまして~通りすがりの者です。
果たしてタイノエは縁起物なのでしょうか・・・
身の柔らかい小鯛の塩焼きが好きでスーパーで見かけたら良く買うのですが、1パック3~4匹入りでほぼ100%住み着いてます。中には口内にぎっしり数匹入ってる個体も。長年当たり前のように見てきたのですが、最近ネットで縁起物と知って疑問を持ちます。この高確率で寄生してて栄養盗られてるのだから、入ってない方が縁起良いはずですよねぇ?
もしかして養殖鯛の不健康な小鯛を出荷してるのかも(汗

投稿: 家政婦が通りますよ | 2008年6月 1日 (日) 18:20

家政婦が通りますよさん、こんにちは。

まあ、寄生虫であること自体、ホントは縁起のいいものではないのでしょうけれど(イカ買ったらアニーちゃんがついていたようなものですね)、それを「鯛の福玉」と表現したのは当時の日本人のおおらかさなのかもしれません。或いは昔はもっと少なくて珍しいものだったのかもしれません。
しかし、小鯛の口の中に数匹ぎっしりって怖すぎ。魚屋さんもお客さんから文句がきたりしないのでしょうか。

投稿: 黒木 燐 | 2008年6月 1日 (日) 20:31

ニコニコ動画からきました!
もう二度とタイの口は見たくないです。

投稿: | 2008年6月 6日 (金) 20:31

ニコ動から来られた名無しさん、こんにちは。

ニコ動は、会員登録してないので見れなかったのですが、ようつべでタイノエの動画を見つけたので、本文の最後に貼り付けました。ニコ動と同じものでしょうか?

それにしても、改めて気持ちの悪い生物だと思いました。

投稿: 黒木 燐 | 2008年6月 7日 (土) 03:19

タイノエ、見ちゃいました~!
(もちろん、動画で)
確かに、お頭から出てきて気持ち悪かったけど
シャコ大好きなので、毒がなければ食べてみたいです。
でも、シャコほどにはおいしくなさそうですね。

投稿: MM21 | 2008年6月 7日 (土) 21:44

MM21さん

単に寄生虫で気持ち悪いと言うだけで、毒はないです。
実際に食べた人がいて、けっこう香ばしくて美味しかったらしいです。唐揚げにすると、おなかの卵も美味しく食べれるかもしれません。

     shock

エントリーにも上げてますから、見ているかも知れませんがここで見れます。
http://workingnews.blog117.fc2.com/blog-entry-610.htm

投稿: 黒木 燐 | 2008年6月 9日 (月) 13:00

>シャコ大好きなので、毒がなければ食べてみたいです。

>毒がなければ食べてみたいです。

>食べてみたいです。

>食べてみたいです。

>食べてみたい....


食べて...みたい...って...

アレを...?( ̄ロ ̄;)


スタバラテやマンゴーヨーグルトなど、MM21さんの前向きで積極的なチャレンジャー精神はご尊敬申し上げ...るのを思いっきり躊躇してしまいました(笑)

でももし食べるチャンスに恵まれましたら、ぜひご感想を聞かせ...てくださらないほうが親切かもしれないです (^_^;)


投稿: 猫だぬき | 2008年6月10日 (火) 02:32

<猫だぬきさん
そうですね。実物を見てしまったら
「ギャーッ」って、思うのかもしれません。
ただ、親戚と思われるダイオウグソクムシは、
100万円積まれても、いやですね。
燐さんのコメントによると、
どなたか食した方がいらっしゃるようですね。

全然関係ないですが、九州のとある地方では
カブトガニを食用で売っていると、昔TVで
見たことがあるのですが、今もそうなのでしょうか?

投稿: MM21 | 2008年6月10日 (火) 21:13

2chの鯛とは全く関係ないスレから飛んできました。
私もMM21さんと全く同じ意見。
シャコの子分見たいなもんじゃあーりませんか。
食べてみたいですよ。マジ。
この格好で3mとかあったら死にものぐるいで逃げますがw

投稿: オヤジ | 2008年6月10日 (火) 22:52

鯛の口 寄生 の検索できました。
同じような経験をして、鯛がフナムシを食べているのかなあ、、と思い、調べてみました。
私のブログに、その記事を載せたので、映像を見たい人用に、こちらのアドレスを紹介させていただいてもよろしいでしょうか?
よろしくお願いいたします。

投稿: ままだびょん | 2008年6月11日 (水) 10:01

猫だぬきさん、MM21さん

とりあえず食べてみて、美味しければ結果オーライではないでしょうか。
つるかめつるかめ(←験なおしのおまじない)。

投稿: 黒木 燐 | 2008年6月11日 (水) 12:35

オヤジさん、こんにちは。

>2chの鯛とは全く関係ないスレから飛んできました。

時折、ウチのブログでタイノエ記事にアクセスが集中するタイノエ祭りがあるのですが、ひょっとして、たまに2ちゃんのスレッドに貼ってあったりするのでしょうか。


>シャコの子分見たいなもんじゃあーりませんか。

いや、どっちかってぇと、フナムシに近い気がしますが・・・。

3mのタイノエ。
宿主の鯛はどんだけでっかいのじゃ~。

投稿: 黒木 燐 | 2008年6月11日 (水) 12:41

ままだぴょんさん、こんにちは。

あらら、鯛を食べた後に出てきましたか。
食べる前に発見するのより、食べた後に出てきた方が見た時の破壊力がありますね。

ブログのリンク、どうぞご遠慮無く。
お役に立てれば嬉しいです。

投稿: 黒木 燐 | 2008年6月11日 (水) 12:44

他サイトの画像で「タイノエ」というものを知り、
検索で来ました。かなり驚きました。

たぶん磯の岩陰などに住んでいたら違和感ないのでしょうが、あの大きさで「タイの口の中に寄生」という事実が、破壊的なインパクトをもたらすのでしょうね。

あんな大きなモノが口の中に・・怖すぎる!
私も今晩夢を見てしまいそうです。。

投稿: むふ | 2008年6月11日 (水) 17:12

むふさん、こんにちは。

そうですね、岩陰などにいたのなら、ただの白いフナムシか、ちょっと詳しい人ならただのグソクムシと思うでしょう。あれで寄生虫だから気持ちが悪い。まさにエイリアンです。

>私も今晩夢を見てしまいそうです。。

唐揚げにして食べる夢だったりして・・・。shock

投稿: 黒木 燐 | 2008年6月12日 (木) 12:44

某ニ●ニ●動画にて見かけてググって来ました

投稿: 名無しさん | 2008年6月20日 (金) 16:56

名無しさん

経由のお知らせありがとうございます。
やっぱニコ動は人気ですね。

投稿: 黒木 燐 | 2008年6月22日 (日) 02:04

baseball
初めまして!
たま~に、釣りに行くと釣れた、鯛についてますね。
やっぱ気持ち悪いですね。。。

投稿: 釣り吉マサ | 2008年7月 1日 (火) 13:12

釣り吉マサさん、はじめまして。

やはり着いてますか、福玉。
弟も釣りが好きなので、タイノエのことを知ってました。
でっかい鯛にでっかいタイノエが着いていたら、始めて見た人はそれだけでトラウマになりそうです。

投稿: 黒木 燐 | 2008年7月 1日 (火) 22:40

どうも、はじめまして。
確かに、トラウマになりますね。。。
知り合いは、煮付けにして食した後、発見してリバース
したらしいです。(汚くてすいません・・・)

投稿: 釣り吉マサ | 2008年7月 3日 (木) 13:25

ニコ動、しらない方がいい動画から、グーグル検索で来ました。こわい、こわい、アラ汁とかにも入ってたりするんですかね?

投稿: | 2008年7月 4日 (金) 01:02

最近のコメントを見ておじゃましました。魚苦手なんでざわざわと鳥肌立てて読ませてもらいました。我が家では土筆の子が主に魚を捌いてくれるのですが、やはり遭遇した事があって寝ている父親を叩き起こして釣ってきた本人だからとやらせたそうです。あんたはぜーったいクリックして画像見ちゃいかんよ、と物凄い顔で忠告されました。スーパーの魚売り場で口を押さえながら買う奴なので素直に忠告に従おうと思います。ほーんのちょっと見たい気もするけど・・・。

投稿: GPZ | 2008年7月 4日 (金) 09:20

釣り吉マサさん

お友だちは不運でしたね。
本文にあるように、私も鯛のお吸い物を食べている途中に発見しましたが、リバースには至りませんでした。
神経が太くてよかったです。
しかし、ただ見ただけよりも、自分が食べている料理から出てくるほうが破壊力があります。ひょっとして、食っちゃったかなという、恐怖。

投稿: 黒木 燐 | 2008年7月 5日 (土) 01:56

名無しさん

>アラ汁とかにも入ってたりするんですかね?

うっかりすると、鯛料理には混入している可能性があるでしょうね。タイノエ in 鯛めしとか。でもまあ、精神的ブラクラではありますが、命に関わることではないので、ご安心ください、というしかないです。
実際食べているものからタイノエが出現した経験のあるワタクシですが、まあ、なんとか大丈夫でしたよ。

投稿: 黒木 燐 | 2008年7月 5日 (土) 02:10

GPZさん

怖いもの見たさでここを読む方も多いみたいです。
で、うっかり画像を見て後悔したり・・・。
魚をさばく機会が多いと、遭遇するリスクも増えるということですね。でも、お子さんがお魚を捌けるってすごいです。

画像ですが、徐々に慣れてくるものです。
私は蛾が大の苦手ですが、画像には慣れて、いまではヘラクレスサンの写真を見ても、平気になりました。

と思って、GPZさんが見れそうな無難そうなものを探してみましたが、断念。キモイのばかりですた。

投稿: 黒木 燐 | 2008年7月 5日 (土) 03:43

やっぱりクリックするの辞めときますわ(笑)
あれからまた旦那がサバのちーさいのをたくさんと鯛の20cm位のを1尾釣って来ました。タイノエはいなかったようですが、塩焼きにしている時に無意識にですが口を見ないようにしてました。
ときどき鯛めしも作りますがタイノエの出しが効いた鯛めしは食べたくないので、釣ってきた人に責任もって捌いていただきましょう。ご飯物好きなので私でもあれはおいしいと思います。ああ、食べたくなってきたわ。

投稿: GPZ | 2008年7月 9日 (水) 08:46

GPZさん

サバは、ウオノエの仲間よりもアニサキスの心配をしたほうがいいと思います。タイノエは食べても気がついた時に気持ち悪いだけですが、アニーちゃんの場合は死ぬほど痛い思いをしますから。
あと、タイノエは鯛に付くようですが、ウオノエ(タイノエもこの仲間)の仲間には、鯛以外の魚でも鰓に付いたり体表に付いて体液を吸ったり(この場合は用のないときは魚から離れるようです)しているようです。

って、余計に魚が食べれなくなるようなことばかり書いてすみません。

投稿: 黒木 燐 | 2008年7月10日 (木) 01:09

再度来てしまいました。
今日TVで、杉本彩が「芸能界料理王選手権」
みたいなやつに出演していた時の映像が
ちらりと流れたのだが、鯛のお頭を真っ二つに裂いていた。
一瞬「タイノエ居ないかな」と、あたまをよぎったもので
つい書き込んでしまいました。

投稿: MM21 | 2008年7月11日 (金) 21:59

MM21さん

料理であっても、魚の顔面真っ二つは、人によっては相当のグロ画像でしょうね。その上タイノエが出てこられた日には・・・。
会場大パニック必至でしょう。

ただ、このようにテレビ撮影の場合、事前に調べたり、万一出て来ても、生放送でない限りカットされるんじゃないかと思います。

投稿: 黒木 燐 | 2008年7月13日 (日) 19:25

こんにちは。三宅ででかいブダイを釣った時、パートナーが
コソコソ何かを取り除いて、「見ないほうがいい」と言ってて気になってたどり着きました。見なくてよかったと思いましたが、固体によってはかわいくみえるものも・・・?
なんてことはないかな(笑)

投稿: アスペ | 2008年8月19日 (火) 22:53

アスベさん、いらっしゃいませ。

おお、ブダイにもいましたか。きっと、かなり立派なタイノエが居たんでしょうね。
「見ないほうがいい」ってのは、正解ですね。見たらきっと、せっかくのお魚が不味くなってしまったでしょう。

確かに、正面から見ると、可愛く見えないこともないでしょうが、あの形態や、ホルマリン浸けの遺体のような色が嫌悪を呼ぶのでしょうね。ましてや、寄生虫となれば・・・。

でも、生き物ってほんとに面白いですね。

投稿: 黒木 燐 | 2008年8月21日 (木) 02:50

タイノエにて検索を竣工したところ、当方こちらのブログに着ました。
タイといえば、タイノエが盛んです。主役の頭にはおめでたいが存在されます。

懐かしのケケ語にて書き込み竣工です。

投稿: タイノエでゴォーゴル検索しました | 2008年9月13日 (土) 14:54

タイノエでゴォーゴル検索しましたさん

こんにちは。
残念ながら、ケケ語というものをよく知らないのですが、面白い言い回しの言葉ですね。

投稿: 黒木 燐 | 2008年9月16日 (火) 01:44

こんにちわ。「グソクムシ 鯛」でたどり着きました。
もしかしたら…と思いましたがやはり寄生なのですね。

魚が口に手が届かないのをいいことに、ものすごい大きなものが住んでしまうのだなぁ。イヤだなぁ。

鯛から出てきた白くて硬くてしっかりしているタイノエを捨てようか取っておこうか思案中です。

投稿: かぼす♪ | 2008年10月11日 (土) 12:20

かぼす♪さん、いらしゃい。はじめまして。

そうです。これは、魚に手が無いのをイイコトに、鯛の口の中に勝手に住み着く困った居候です。しかも、だいたい雌雄で鯛の口の中をスゥィート・ホームになさりやがります。
でかいほうがメスで、大概卵を持っており、ひっくり返すと卵が透けて見えるそうな・・・。
嫌杉です。

タイノエは、鯛の福玉とも言いますから、取っておくのもいいと思いますが、なにぶん寄生虫とはいえ海産物なので、それなりの臭いがするのではないかと思います。樹脂で封入標本にするのが無難かもしれません。

http://musi.s6.xrea.com/nikki15.htm

まあ、面倒くさいと思ったら、素直に捨ててしまいましょう(笑)。

投稿: 黒木 燐 | 2008年10月13日 (月) 11:08

こんばんは。
ようつべの「続・知らない方が幸せだった雑学」(0:39ぐらい)でタイノエを知りました。
「グロ注意」とあって覚悟の上で調べましたが、まさかあそこまでリアルにグロいとは……。久しぶりにグロを見たっていう感じでした。
2ちゃんねるまとめサイトの≫1さんは勇者ですね。
ある意味尊敬します。(あーれーはーなかなかできたもんじゃない)
まだ鯛のお頭には出合ってないので、今度出会う日が来たら十分に気をつけたいと思います。

投稿: 牙無しオオカミ | 2008年12月25日 (木) 02:35

牙無しオオカミさん、始めまして。

年末進行で、レスが遅くなりました。
今日からようやく年末年始の休みに入りました。

タイノエの気味悪さは、姿かたちだけではなくその生態にも原因がありそうですね。なんたって寄生虫・・・。
それも、手(或いは前足)の使えない魚類の口の中に取り付き(それも相当でっかくなって)栄養を横取りするという阿漕さ。ああ、気持ち悪い。でも、よく咬めばたんぱく質。
グルメの行き着く先はゲテモノとはよく言ったものですが、あの>>1さんは相当なグルメと見た!(笑)
フツーはとても食べようなんて気分にはなりませんね。

牙無しオオカミさんが、タイノエに見事出会える時が来ることを願っています。

投稿: 黒木 燐 | 2008年12月28日 (日) 06:41

訪問理由をコメントで、とのことでしたので少しばかり。
ネットサーフィンで最初マンボウについて調べていたら、マンボウの表面は寄生虫がいっぱいと記事を読み、魚の寄生虫関連で調べていたら以下の記事を発見。

●魚の舌を食べて寄生する虫、発見される
http://ukstyle.exblog.jp/2222297/
これがタイノエの写真でした。

上記記事だけでは虫の名前がわからなかったので、今度は元ネタ記事(英文)中の学名から検索し、ウオノエ、タイノエで検索してここにたどり着きました。

魚の寄生虫、気持ち悪くて怖い気もしますが、生態を考えてみると面白いですね。
海中でどうやって寄生・繁殖するんでしょう。特に体内に入り込むタイプ。
やっぱり最初は餌にまぎれて食べられる感じで侵入するのかしら。
ウオノエは雌雄が番で寄生するしていた例を別サイトさんで読みましたが、二匹同時にどうやって移動・侵入・寄生するのかしら。産卵した子どもはどうなるの?蜘蛛の子みたいに散ってくのかしら。
眼は見えるのか?疑問はつきません。

それにしても寄生されたほうの魚は、舌が食べられちゃっても生きてるんですね。
それにもびっくりです。細い血管しか通ってないのかしら。

投稿: ななぽん | 2009年1月11日 (日) 01:57

ななぽんさん、こんにちは。

お返事おそくなってすみません。
なんと、こいつはタイの舌を食っちまって、そこに収まるんですか。さらにひでぇ奴だ(笑)。

この生物に関しては、まだ生態がよくわかっていないのかも知れませんね。専門に研究したら面白そうですが・・・。

海の生物だから、繁殖はタイの口の中にメスが放卵してオスが精子ぶちまけて・・・とか・・・。嫌杉。
タイにとっては迷惑を通り越してます。

多分、孵った子ども(幼生)は海を漂い、適当なタイの口の中にまた納まるんでしょうね。プランクトンとして食われる率も高いでしょうけど。

投稿: 黒木 燐 | 2009年1月14日 (水) 06:47

Google検索で上から二番目でしたよ

投稿: 通りすがり | 2009年4月 2日 (木) 10:00

通りすがりさん

だいぶ前から2位あたりが定位置になっているようですね。

投稿: 黒木 燐 | 2009年4月 7日 (火) 06:39

「タイノエ 縁起物」でググったらトップでした。
他人の口の中に愛のコロニーを作るとは
色んな意味でタチが悪い。

投稿: | 2009年5月 3日 (日) 00:10

” ”さん

「タイノエ 縁起物」でトップでしたか。
他に良いサイトがあるのに何ででしょうね。

>他人の口の中に愛のコロニーを作るとは
>色んな意味でタチが悪い。

全くです。
口の中で子作りされた時の鯛の顔ってきっと
こんな∑(゚∇゚|||)感じでしょうね。 

投稿: 黒木 燐 | 2009年5月 3日 (日) 19:13

はじめまして
某画像掲示板に貼られた画像がタイノエとあり
ググりましてこちらのサイトに来ました
しかし縁起物だったとは恐れ入りましたw
昔の人のポジティブな考え方って良いですよね

投稿: 通りすがり | 2009年5月11日 (月) 06:01

通りすがりさん

こちらこそ、はじめまして。
コメントありがとうございます。

>某画像掲示板

あの、2ちゃん御用達のやつですか?

たしかに、あの不気味な生物を縁起物に仕立てた先人達は超がつく位ポジティヴな人たちだったんでしょうね。
現代人も見習うべきかもしれませんね。

投稿: 黒木 燐 | 2009年5月12日 (火) 00:46

YouTubeの動画を見て「鯛の福玉」で検索したら、このページがヒットしました!
口の中に寄生とか…動物の生態系って、人間から見ると信じられないようなものもあるんですね~。(・∀・)

投稿: 浜村拓夫 | 2009年5月15日 (金) 13:09

浜村拓夫さん

いらしゃいませ。
コメントありがとうございます。

生き物は不思議ですね。
人間にこーゆー寄生虫がいなくてよかったです。想像したら怖いですよね。口を開けたらそこに別の生命体が・・・。
ガクガク(((((((゚Д゚))))))ブルブル

投稿: 黒木 燐 | 2009年5月18日 (月) 05:30

こんちは~
虫・グロ・ホラーの三点が大嫌いな自分なんで、タイノエの画像見た時は戦慄が・・・
ちなみに自分はYouTubeで知らないほうが幸せだった雑学ってので名前だけ聞いて、ググったらここに来ました^^

投稿: レイレイ | 2009年5月22日 (金) 14:27

レイレイさん、こんばんは。

はじめまして。
コメントありがとうございます。

怖いのに、気持ち悪いのに、何故か人はタイノエに惹かれてつい調べてしまう。見てはいけないという心の警告音を尻目に、好奇心に勝てずつい見てしまって激しく後悔する。単に怖いもの見たさだけじゃ無いような気がします。
タイノエ・・・。
小さくて不気味で怖いけど、何故か魅力的なエイリアン、てな感じでしょうか。

投稿: 黒木 燐 | 2009年5月24日 (日) 08:03

タイノエ……生で見たことがないんですよね……
他の寄生虫(サヨリとかアジとか……)の奴は結構見るんだけども……
一度出てきたらから揚げチャレンジしてみようかな?

投稿: ≒疾風≠ | 2009年7月22日 (水) 11:28

≒疾風≠さん、はじめまして。

生タイノエとの遭遇はまだなんですか。
実際出てきた時の衝撃は凄いですよ。

タイノエのサイズは鯛の大きさやムシの雌雄によって違いますが、食べるならある程度大きめがいいでしょう。「大きめだけど何となく身が痩せてるし、鯛色もいまいちだな」という鯛を狙うと、ちょうど良いサイズのタイノエと遭遇しやすいと思います(笑)。

投稿: 黒木 燐 | 2009年7月23日 (木) 12:53

タレントの千秋さんのブログをチラ見しました。
気持ち悪い生き物として『タイノエ』が紹介されていて‥画像が無かったので検索しまして、こちらにたどり着きました。画像みられてスッキリしました。

投稿: マカロン | 2010年1月27日 (水) 21:48

しょこたんが番組で紹介していて、気になったためググってしまいました。
実は私も遭遇した事があります。頂き物の鯛の一夜干しを焼いている時に口の中からポロッと落ちたみたいで…グリルの網の下に落ちていました(;∀;)今まで知らずに食べていたかもしれません(>_<)苦笑

投稿: kuro | 2010年1月28日 (木) 23:47

マカロンさん、こんばんは。

千秋さんのブログ経由で来られたのですね。
ここ2・3日、またタイノエ検索でアクセスが急増したので不思議に思ってたのですが、その関係でしょうか?

ともあれ、スッキリされて良かったです。

投稿: 黒木 燐 | 2010年1月30日 (土) 01:10

kuroさん、こんばんは。

すみません。kuroさんのコメントがスパムと認識されて、勝手にスパムフォルダに隔離されておりました。
たった今、気がついてレスキューいたしました。

ああ~、しょこたんが。
では、昨日の1000件以上のアクセスはそのせいですね。
テレビでやると、テキメンにアクセスが増えますわ~。
タイノエ恐るべし。

投稿: 黒木 燐 | 2010年1月30日 (土) 01:24

こんにちわ
自分も鯛が大好物のものです。こんな生物が居たとは…
特に鯛の煮付けが大好きだったんですが(尾頭付き)、タイノエの煮汁を食べていたかもしれませんね…
おえぇぇぇ

投稿: 藤原岩市の憧者 | 2011年5月 3日 (火) 19:02

藤原岩市の憧者さん
遅くなってすみません。


>タイノエの煮汁を食べていたかもしれませんね…

知らぬが花、良く噛めばタンパク質、煮汁もタイノエ出汁が効いて旨味倍増。

・・・・。
余計におえぇぇぇ。shock

しかしその反面、魚屋さんでタイの完全体を見かけたら、口の中を確認したいという欲求に駆られる今日この頃です(笑)。

投稿: 黒木 燐 | 2011年5月15日 (日) 11:47

皆さん。これを「寄生虫」だと言うから気持ち悪いんで、「甲殻類(海老やシャコの仲間)」とでも言えばイメージもだいぶ変わってくるのではないですか?
引用したURLでは油で揚げて食べちゃったとのこと。パリパリとしておいしかったそうです。
ものは考え様です。これは食い物だ(笑)

投稿: 藤原のモカマタリ | 2012年3月10日 (土) 10:20

藤原のモカマタリさん

おやまあ、こんな古い記事に。
と言っても未だ一番人気を誇るエントリーですが。

エビやシャコでも、白化したモノが、しかも腹いっぱいに卵持って丸々したやつが、タイの口から出てきたら、十分気持ち悪いと思いますよ(笑)。

とりあえずひたすら合言葉は「食ってしまえばタンパク質」。

投稿: 黒木 燐 | 2012年3月20日 (火) 09:18

こんにちは、初めましてm(u_u)m
わたしはグロイ物が大好きで、タイノエでGoogle検索したら、こちらの記事が一番上にきてて、お邪魔いたしました。

タイノエ音頭も、とってもおもしろかったです!
わたしもいつか、タイノエに会ってみたいです。

投稿: ちはや | 2012年7月24日 (火) 05:03

ちはやさん

こちらこそ、はじめまして。
このブログは、何故かタイノエでアクセス数を稼いでいます。鯛の福玉というのは、このブログに関しては当たっているようです。

タイノエ音頭まで読んでいただいて、嬉しいです。
けっこう苦労しましたが、タイノエさんの生態をしっかりと盛り込みました。

芸能人の方にもタイノエファンは多いようで、最近はこの不思議な生き物の知名度が上がったように思います。

いつかタイノエに会えたらいいですね。
でも、料理の中から出てきたら、やっぱりイヤかもよ( ̄ー ̄)ニヤリ。

投稿: 黒木 燐 | 2012年7月28日 (土) 08:14

お正月用の祝い鯛を法ショッピングセンターで購入しましたが、頭(口)の中から虫が出てきました。

縁起物ということで、神社のおみくじは大一番の大吉でした。

投稿: ドルクス | 2013年1月 2日 (水) 23:56

ドルクスさん

それは新年早々おめでたいことでした。祝い鯛ということは立派な鯛でしょうから、タイノエさんもきっと立派なのが出てきたことでしょう。今年はきっと良いことがいっぱいありますよ。

投稿: 黒木 燐 | 2013年1月 4日 (金) 11:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131526/6062798

この記事へのトラックバック一覧です: タイノエの話:

« カレーに中った話 | トップページ | 緊急支援のお願い~米国ハリケーン被害 »