« 直通 | トップページ | 防災セミナーに行ってきました。 »

2005年6月 4日 (土)

福岡西方沖地震の記録【番外】スルーされた地震

まず、記事の引用から。

「震度2」気象台発表せず 天草市で震度5弱 7分後福岡沖地震の余震

 福岡市東区などで三日午前四時二十三分ごろ、最大震度2を観測する地震があったが、福岡管区気象台は地震情報を発表しなかった。この地震は、熊本県上天草市で震度5弱を記録した地震の七分後に発生しており、同気象台は「複数の地震が九州内など比較的近い場所で同時間帯に発生した場合、混乱を避けるため防災上重要な地震しか発表しない、と定めた気象庁の内規に従った」と説明している。

 同気象台によると、福岡市の地震は三月の福岡沖地震の余震とみられ、五月二日以来、約一カ月ぶりにマグニチュード4を超える余震となった。地震情報は発表しなかったが市民の問い合わせには応対。四日夜には、気象庁のホームページに情報を載せるという。

 内規を定めた理由は(1)市民の混乱を避ける(2)気象台の作業を防災上重要な地震に集中させる―ためという。同気象台は福岡沖地震の際も、数分後に起きた震度3の余震二回を発表しなかった。
(西日本新聞) - 6月4日2時17分更新
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050604-00000023-nnp-kyu

 6月3日の早朝4時16分熊本県天草地方で最大震度5強の地震があり、そのすぐ後に福岡西方沖の余震があった。
 私はその日ビデオを見て寝たので就寝時間が遅く、なかなか寝付けずようやく寝たくらいの時間だったので、最初の地震は気がつかなかったが次の地震で飛び起きた。すぐにネットで情報を収集していると、妹がテレビの速報を伝えに来て、熊本で強い地震があったことを知った。ところがどうも時間が合わない。揺れてすぐに飛び起きたのに、地震から10分は経っている。おきてからまだ2・3分のはず。調べていくとどうやらその数分後にもう一度福岡の地震があったらしい。
 で、妹に確認すると確かに2回揺れたらしい。それで、2度目は福岡西方沖の地震で、マグニチュードも大きかったから、すぐその速報も入るよと言った。しかしながら、待てど暮らせど天草の情報しか入ってこない。なんか狐につままれた様な感じだったが、ほとんど寝てないので再度布団に入ったが寝付けない。とうとう極度の寝不足状態で出社した(まあ、会社では目が痛いくらいで眠気はあまり感じなかったが、翌晩は0時に布団に倒れこんだ)。
 しかし、気象庁のHPにも2度目の地震は載ってないが、九大の7日分震源リストにはしっかり記載されているのだから間違いなく揺れている。しかもマグニチュードは4.4(ただし、上記リストの記録)もあるのに、なんで発表しないのだろう。天草の地震の直後だったからだろうか?しかし、その余震ならともかくもまったく震源の違う比較的大きい地震である。速報でテロップくらい流れてもよさそうなものだ。どうしてだろう?
 その疑問の答えが先の引用記事である。確かに最大震度5強と最大震度2では前者のほうが重要だろう。しかし、やっぱり釈然としない黒木であった。

「7日分震源リスト」の当該部分
(時間の若い順。が天草の本震でがスルーされた福岡の余震)
 2005-06-03 04:34:05 32.50N 130.54E 11km M0.7 八代海・熊本県南部
 2005-06-03 04:28:34 32.50N 130.55E 10km M1.1 八代海・熊本県南部
■2005-06-03 04:23:10 33.77N 130.09E 14km M4.4 福岡県北部
 2005-06-03 04:22:31 32.49N 130.55E 10km M1.8 八代海・熊本県南部
※2005-06-03 04:16:42 32.50N 130.55E 10km M5.1 八代海・熊本県南部
 2005-06-03 03:43:34 33.58N 131.80E 80km M3.0 伊予灘・四国西部
 2005-06-03 02:13:23 33.76N 130.16E 8km M0.9 福岡県北部

|

« 直通 | トップページ | 防災セミナーに行ってきました。 »

福岡西方沖地震の記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福岡西方沖地震の記録【番外】スルーされた地震:

« 直通 | トップページ | 防災セミナーに行ってきました。 »