« 福岡県西方沖地震の記録2 | トップページ | 張り紙 »

2005年4月 7日 (木)

地震雲の話

 地震繋がりで、今回は地震雲のお話。

 宏観現象というのがある。まあ、あらためて説明することもないかもしれないが、(地震の前の)前触れ・予兆のことらしい。

こうかんいじょうげんしょう 【宏観異常現象】
〔宏観は中国語から〕
大きな地震の前に人間の感覚で感知される前兆現象。
地下水の異常や地鳴り,動物の異常行動など。宏観現象。
                                      三省堂提供「デイリー 新語辞典」より

 昔からよく言う、ネズミやゴキブリが一匹もいなくなった・ナマズが騒いだ・深海魚が近海で捕れたとかいう動物関連から、井戸水の異常や謎の発光現象まで多岐に渡るが、その中で特に最近よく言われるのが地震雲だ。
 地震雲が実際にないと断言するつもりはない。むしろあってもおかしくはない(※)と思っている。しかし、よくテレビやサイトで見る写真のほとんどが、「どこが地震雲やねん。」というものばかりでがっかりする。多いのが飛行機雲やうろこ雲だ。特に「どう見てもこれは飛行機雲やろ~もん。」というのが多い。研究者なら「地震雲」が観測または撮影された時間に飛行機が飛んでいたかどうか確認すべきだと思う。地震番組ではそういう検証がされているか、または番組で調べたかどうかは、まずスルーされる。ほとんどが飛行機雲とわかっては、番組にならないからか。
 この前、テレビの地震特番で「地震雲」の「専門家」なる人物が飛行機雲と地震雲の違いを答えていたが、聞いていて「?」となってしまった。(因みにこの番組は地震雲以外、特に後半部分はかなり為になった。)

・飛行機雲は出来たはしから消えるが、地震雲はしばらく空に滞在する。

 気象条件によるが、徐々に消えながらも空に長い間存在することは多い。私はよく会社帰りに駅まで歩くが、ちょうどそのころ飛ぶ飛行機から飛行機雲が出来るのをよく見る。けっこう長い間空に滞在しているのをみて感心することがある。当然雲はぼやけてくるし、雲の長さや見る角度によって、写真で見た「地震雲」と酷似した形状になっていることもある。

・飛行機雲は飛行機の飛ぶ高度の高いところに出来るが、地震雲は比較的低高度のところに出来る。

 高度はちゃんと確認しているのだろうか。飛行機雲の形や出来た場所や周りの景色の関係で、見た目が実際の高度より低く感じることもある。特に消えかかってぼやけた雲は低空に見えやすい。

 高度計算についてはここを参照。雲の写真も多数あり。
青空ページ」より
飛行機雲の高度や寿命を計算してみます。
※ここに掲載されている飛行機雲の写真の中にも、地震雲として紹介されそうな写真がけっこうあった。

 羊雲(高積雲)・鰯雲(巻積雲)・すじ雲(巻雲)に至ってはもう何でもありである。すじ雲のような空に帯状でほぼ平行に何本もたなびくような雲は、見る位置によって放射状に見えるのは自明の事だし、その方向も風(地球の自転なども関係するが)によるもので、震源地ではない。また、高積雲や層積雲などが層状で空一面に広がった状態は、これも地震雲と言われることが多いが、見た目の不気味さが多分にあると思う(私はなんとなくウルトラQのバルンガを連想した)。もちろんこれもたなびく方向に地震がおきるという根拠はない。
 宏観現象に関しては、否定できないし、是非研究して予測に役立てて欲しいと思う。しかし、地震雲はあまりにも漠然としているし、不確実きわまりない。心霊写真と同じでどうとでもこじつけが出来るものだ。素人目ですらどう見ても飛行機雲を、地震雲などと言っているようではどうしようもない。予知に役立てるなら地震雲の定義をはっきりさせて、地震雲発生から地震の起こりそうな場所やおよその時間を予測できるまでになるべきだ。地震が起こってから、あれが地震雲でこの地震を予兆していた、では意味がないのだ。
 しかし、ただでさえ常に何処彼処かで地震の起こっている日本に於いて、最近の情勢(スマトラで2度も巨大地震・ありえなかった場所で大地震と余震連発)では、「地震雲」=地震が起きるという公式を安直に信じてしまう人たちが急増しても仕方がない状態だろう。備えはすべきだが、トンデモかどうかを見極めることも大事だ。

(※2016年6月追記:この時は地震雲の存在を「あってもおかしくない」と書いていますが、ここ数年雲の写真を撮り続けていて、「地震雲というものは存在しないだろう」という考えにシフトしています。まあ、『無いことの証明』はできないのですけどね)

■「NATROMの日記」より
 地震雲(ココよりかなり科学的に説明しておられます。)
 http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20050428

■「雲の百科」より
http://cumulus.web.infoseek.co.jp/kumo/index.html
 飛行機雲写真館
 http://cumulus.web.infoseek.co.jp/kumo/iroiro/hikokishasinn.htm
 雲と空のQ&A
 http://cumulus.web.infoseek.co.jp/kumo/Q&A1.htm#jisinkumo

■雲の名前を覚えよう
http://www.nahaken-okn.ed.jp/sikin-es/H14web/kumo/kumo.htm

【Google画像検索】
飛行機雲
巻雲
巻積雲
高積雲

|

« 福岡県西方沖地震の記録2 | トップページ | 張り紙 »

懐疑的考察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131526/7351598

この記事へのトラックバック一覧です: 地震雲の話:

« 福岡県西方沖地震の記録2 | トップページ | 張り紙 »