« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005年4月26日 (火)

地震関連のデマに注意!

hikoukigumoH05  未だ止まぬ余震と、またでかい地震が来るのではないかという心配から、いろいろ地震の噂が飛び交っているようだ。

福岡の地震デマ 総合スレッド2■ (dat落ち)

※まとめサイト
http://www2.atwiki.jp/usodarake/

※写真は4月24日に地震雲と騒がれた雲で、正体は単なる飛行機雲と巻雲。全天が入らなかったので別々に撮ったが、同時に出ていた。

 主な噂は、何月何日の何時に震度NもしくはマグニチュードN(Nには数字が入る。震度8とかマグニチュード12とか、あり得ない数字が入ることが多い。日本の震度階では7が最大震度であり、マグニチュードではいまのところ1960年に南米チリの太平洋沿岸で起きた「チリ地震」のマグニチュード9.5が最大)の地震が来るらしい、というもので、典型的な噂のパターンである。妹の友人のところには「明日朝震度7の地震が来るらしい」というメールがひっきりなしに届いて、閉口していたそうだ。すでにチェーンメール化しているようだ。 しかし、未だ予測できない地震なのに具体的な日時がわかるはずもない。こういうのは間違いなくただの流言飛語、すなわちデマですから、絶対に信じないこと。もし、起こったとしても今の福岡ならいつ地震があってもおかしくないので、単なる数撃ちゃ当たるの偶然だろう(それにしても、震度7は滅多にないと思うぞ)。
 それから地震雲に関しては前に書いたようにあまり当てにはならないので、飛行機雲や巻雲等が5・6本出ていたくらいでは騒がない、気象庁に問い合わせない(ただの迷惑)。今まで、雲に興味を持ってなかった人たちが、急に地震雲で関心を持ち始めたために、普通にみる雲までちょっと変わった形をしていると、地震雲と騒ぎ始める。地震雲地震雲ゆーまえに、雲にどういった種類があってどういう気象状態のとき出来やすいか等ちゃんと調べなさい。
 気になるなら、避難用品のチェックをし、危険そうな場所には近づかないこと。

 無駄に騒ぐヒマがあったら、万一の時を考えてちゃんと地震対策をして、被害を最小限にとどめるようにしよう。

 ・家具は固定しているか。
 ・食器棚は整理されているか。扉が開かないように対策しているか。
 ・高いところに重いものは極力置かないようにする。
 ・多少の揺れでも落ちそうな不安定小物などは、工夫して落ちないようにする。

 まあこれくらいしておけば、とりあえず安心だ。

 とにかく、惑わされず、しかし、不測の事態には備えること。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月24日 (日)

ウイルスバスターがシステムバスター?!

20050424094525 <システム障害>トレンドマイクロのウイルスソフトが原因
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050423-00000111-mai-soci
(デッドリンク)

【対処法】 
1.セーフモードで起動する。Windowsのロゴが出る直前からF8連打。
2.「C:\Program Files\Trend Micro\Virus Buster 2005 にある「LPT$VPN.594」を削除
3.再起動
4.今度は普通に起動するはずなので、VB2005のメイン画面を起動してアップデ-ト
5.ウイルスパターンファイルが「2.596.00」になったことを確認(これはもう変わっているんじゃないかと思う。)
  
 昨日お昼前ごろ、いったん消していたパソコンを起動。家が揺れたような気がしたので地震情報を見るためだった。ところが、インターネットエクスプローラーのアイコンをクリックしても画面が出てこない。あれ?クリックの仕方が早すぎたのかなと思い再度クリック。動かない。それどころかフリーズ。なんで~~~??このPCに代えてから一度もフリーズなんてしたことないのに。Ctrl-Alt-Delでの強制終了もまったく功をなさず、やむを得ず起動ボタン5秒押しで強制終了。ネットにつなげないのでなにが起こっているかも皆目わからず。空しく起動を繰り返すが、結果は同じ。HDは一所懸命動いているのだが、いったい?電話は相変わらず通じねーし。(この間、世間では大変なことになっていたらしい。)
 そもそも、なんでこんなになったんだ?猫が上に乗って踊ったか、やはりソーテックがいかんかったのか、それとも地震の影響か???
 とうとうあきらめ、リカバリーするか、修理に出すかどっちかだと観念する。データをまず保存しないといかんなあ。居直ったら若干イライラが治まったが、どうも釈然としない。むかついてフテ寝する。これが良かったのか。
 目が覚めたら夕方だったので、夕刊を取りに行く。第1面の中ほどににそれは載っていた。
「パソコン不具合続発。ウイルスバスター更新ファイルが原因」

 これだ!!

 私は新聞を引っつかむと部屋に飛び込みパソコンを起動。これがまた時間がかかる。そしてウイルスバスターを立ち上げようとするが、これまただめ。果たして正常なファイルをアップデートできるか。再び再起動して、今度は右クリックで直接アップデートしてみる。

繋がった!!

アップデート完了。念のため、また再起動して、IEをクリック。正常に作動。やった!やっぱりウイルスバスターが下手人だったか。2ちゃんねるでは、すでにシステムバスターと呼ばれているし。大丈夫か。これでノートン先生にシェアを独占されてもしらんぞ。
 まあ、私はとりあえず今回は大目に見てあげよう。しかし、これであせってリカバリーしてデータが飛んでたら、ソッコーでノートンに鞍替えだったが。
 猫たち、ソーテック、疑ってごめんなさい。それから、訳もわからないのに色々口出ししてウザがられ、挙句私から怒鳴られた母の立場は??(まあ、この件に関しては、妹に逐一メールでチクッていたようなので、あまり申し訳ないとは思わないが。いつの間にか私のパソコンがウイルス感染していたことになっていたし。orz)

 ところで、CPU100%って何よ??

気付かずセーフモードにしないで、作業を繰り返していたのだが、これでパソコンの寿命が縮んだらどうしてくれる。

 以前、ワコールのメルマガにウイルスが入っていて大騒動になったことがある。朝メールを開いたらウィルスで大量に増殖した抗議メールがメールボックスにあふれていて、寝起きざまで何がなんだかわからなくなったことがあるが、そのときのワコールの対応は立派なもので、すぐにメールでお詫びが来た後、封書でお詫びが来て、そのあとお詫びの品として、定価が1200円相当(このあたり記憶があいまいだがけっして安い品ではなかった)のアンダーパンツが3枚送られてきた。今でもそれは愛用しているが、ワコールの企業イメージは一気に上がった。何事もあとの真摯な対応が大切だ。お金はかかっただろうが、それが後の売り上げに影響することは確実だ。実際、次から下着は絶対ワコールで買ってあげようと思ったもの。
 しかし、トレンドマイクロは今のところお詫びのメールを送ってきた様子はないのだが、まだ対応に追われてそれどころではないのだろうか。いかなる対応をするかが楽しみではある。
 
 あ、トレンドマイクロ社マークのパンツは要りませんから。

 ☆お詫びメール、来ました。

※写真は亀タンバスターコロナ。
 この亀のぬいぐるみが大好きでしばらく遊ぶが、最終的にはこのように中の綿をすっかり引っ張り出してしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月20日 (水)

福岡県西方沖地震の記録3

shindokai  「福岡県西方沖地震の記録2
(4月13日から4月7日まで)

※右の震度階級のイラストはここから。

Hi-net 高感度地震観測網

地震情報リンク集

準リアルタイム波形表示(3分程度遅れで表示)
http://www5a.biglobe.ne.jp/~cellar/F_jisin/CH1.htm
(ここは震源に近い場所なので、当然まだ不安定で微震が続いています。ここが乱れているからといって、即大地震に結びつけないようにお願いします。以上を了解の上ご利用ください。)

2005年福岡県西方沖で発生した地震(Mjma7.0)
http://www.sevo.kyushu-u.ac.jp/2005-GENKAI/

【4月20日】最大級の余震キタ━━━━(゚∀゚;)━━━━!!!!

 そろそろ落ち着いたかなあ、いや、まだ油断できないな、と気を引き締めていたつもりだったが、やはり油断していたのだろう。大変驚いた。

●発生時刻 2005年 04月 20日 06時 11分
震源:緯度 33.7度/経度 130.3度,http://www.mapion.co.jp/c/f?el=130/18/00.000&scl=500000&uc=1&grp=all&nl=33/42/00.000
深さ 10km,マグニチュード5.7
最大震度5強(太宰府は震度4)

 朝、まだ寝ている時間だったが、いきなりドーンという音とともに激しい揺れがおきた。2度ほど繰り返す。飛び起きてロフトベッドから飛び降りる(いや、実際飛んで降りた訳ではないが)。私が降りると一緒に寝ていた猫たちも飛び降りてきた(こっちは文字通り)。が、意外と落ち着いているようだ。ゲージの中の子達もパニックになっている様子はない。地震は幸いにもそれ以上強くなることなく治まったが、時々揺れているようだった。落着いてふと見ると、猫が1匹ベッドの上でにゃあにゃあ鳴いている。取りこぼしていたか。「今度はちゃんと抱っこして降りるからね。」と言いながら降ろしてやった。

その後強い余震が続く。

●発生時刻 2005 年 04月 20日 06時 22分
震源:緯度 33.7度/経度 130.3度,深さ 10km,マグニチュード 4.6
最大震度4

●発生時刻 2005年 04月 20日 06時 44分
震源:緯度 33.7度/経度 130.3度,深さ 10km,マグニチュード4.5
最大震度3

 まったく、いつになったら治まるのだろうか。これは一過性の地震ではなく、これから本当にノーマーク地域から要マーク地域に変わってしまうのだろうか。

 また、地震があり次第更新する。

●発生時刻 2005年 04月 20日 09時 09分
震源:緯度 33.7度/経度 130.3度,深さ 10km,マグニチュード 5.1
最大震度4

 またキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!! って場合じゃない、もういいっスから。充分堪能しましたから。本震の時より強い余震が続くじゃねーか。orz
 家が徐々に壊れていきそうで怖い。ここ、もともと田んぼで地盤弱いし。

 私は電車が動かないので会社に行けないでいる。しかし、自動車通勤ゆえに決死の覚悟をして車で出社した妹は、いつもどおり8時ごろ家を出たが、渋滞で進めず。今の地震の車内でのショックはで最初後ろの車が追突してきたかと思ったくらいだったらしい。車が動いていたらたぶんわからなかっただろうけど。因みに未だ歩いて20分くらいのところにいるらしい。昼までに会社に着くのか、妹??
(10時ごろ無事に着いたらしい。)

【4月21日】
 昨日は11時過ぎに電車が動いたので、出社した。夕方宴会に誘われたが辞退。あの地震の後によく酒飲みに行こうとか思えるものだと、その豪胆さに感心する。設計のにいちゃんの一人も、朝の最大級の余震の時はさすがに飛び起きたらしいが、その後あの強い余震の続く中、寝ていたという。理由はまだ起きる時間じゃないから。すげぇよ、あんたら。

 今日はこみみ(母の猫)の手術だった。昨日の夕方から絶食させるのに出来るかなと心配していたら、地震でビビっていたこみみは朝からほとんど食べなかったらしい。それはそれで心配だったが、手術中地震もなく、無事に終わったらしい。しかし、癌は完全に取れなかったそうだ。まあ、このまま順調に回復したら、ちったぁ長生き出来るだろう。そういうこともあるので、しばらく大きい地震は勘弁願いたいものだ。
(4/24:こみみの術後は順調で、食事も薬もちゃんと摂っているようです。今日は背伸びをしたりして気持ちよさそうに寝ています。可愛いので撫でていたら、噛み付いて引っ掻きやがりました。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月17日 (日)

火鉢と炬燵

sakura003S   先週、中学生4人が洞窟でCO中毒死するという、痛ましい事件があった。それで思い出した話だが、事件直後では不謹慎だろうと思い自粛していたが、そろそろいいだろう。

 これは、またまた私がうら若い20代の頃の話だ。

 私は、当時親しかった大学の友人2人と、女だけのひな祭りをしようと、その中の一人の家に集まっていた。料理(といっても、ほとんどは酒の肴。因みにくどいようだが私は下戸の肴荒し)も綺麗に盛り付け、お膳に並べ、友人の部屋でくつろいだ。酒(と茶)を酌み交わしながら、雑談に花が咲いていた。料理も旨いし、実に楽しいひと時だった。
 ところが、だんだん頭が痛くなってきた。少しだけ乾杯のお酒を飲んだからそのせいかな?私はそう思っていた。よくあることだったからだ。ところが、他の二人も頭痛を訴え始めた。
一人が言った。
「下戸の黒木ちゃんだけならわかるけど、私たちまで頭痛がするって変だよ。」
 その時、三人はいっせいに目の前にある火鉢を見た。その友人は和風が大好きな奴で、暖を取るのもいまどき珍しく火鉢に炭を起こして使っていた。

 「これだ!!」

私たちは、脱兎の如く立ち上がり、窓を開けた。

 ほとんど締め切った部屋に女3人でこもっていたせいで、軽い一酸化炭素中毒になっていたらしい。気がつくのが遅かったら洒落にならんところだった。一酸化炭素中毒はひどくなると、気がついても体が言うことをきかなくなり、助けを呼ぶことも窓を開けることも出来ず、そのまま死に至ってしまう。助かっても重い中毒症状が残る。危ないところだった。もう少しで明日の朝刊の三面記事ネタになるところだった。見出しは多分こうだ。

 女子大学生3人、ひな祭りで死の酒盛り!
 火鉢で一酸化中毒死

「火鉢を使うときは充分換気を心がけなければいけない。」

 そういえば、私はまだ幼児の頃も軽い一酸化炭素中毒になったことがある。冬場の話だが、私は炬燵にもぐる事が好きだった。当時は電気炬燵などまだ珍しく、練炭炬燵を使用している家が多く、我が家も例外ではなかった。
 ある日、母は私の姿が見えないことに気がついた。呼んでも返事がないし、どこを探してもいない。母はもしやと思い炬燵布団をめくってみた。案の定私がおり、ぐったりしているのを発見した。
 母はびっくりして私を横抱きにして走り、近所の親しかった奥さんの家に飛び込んだ。それが新鮮な空気に触れることが出来てよかったのだろう。私はついた頃には意識を取り戻していたらしい。このときも大事には至らなかったが、私が少しポケッとしてるのはその名残かもしれない。

「練炭炬燵にもぐるときは時々換気・・・っていうか、もぐるな。

 しかし、それからン十年後に練炭で集団自殺が流行るなんて、誰が想像し得ただろうねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月12日 (火)

スケボーDQN

 私の利用している駅の前に、大きめの広場がある。インターロッキングで舗装された小綺麗な広場だ。
 しかし、舗装された駐車場や広場を見ると、らっきょを与えられた猿のごとく、スケ-トボードをせずにおれない連中がどこにでもいる。その広場も例外ではなかった。
 夜も遅くなってからも滑りまくるわ、通行人がいてもお構いなしだわ、スケボーに寝そべったまま滑ってスカートの中を覗こうとするわ、障害物を置くわ、そのまま公道にでるわ、DQNはたむろするわで、物騒極まりない。たまに駅員がどなったり、これまたたまに警官が来て取り締まったりしているが、特に誰かに危害を与えたわけではなく、しょっ引くわけにはいかないらしい(私としては上記のほとんどが犯罪行為だと思うが)。おそらく、未成年だということもあろう。それで、しばらくは大人しかったりするが、すぐにまた無法地帯だ。最近のガキどもはいらん知恵がついて、世間を舐めきっとる!!(と、ついオヤジが入る)。

 ところが、最近業を煮やしたのか広場に点々と高そうなプランターが並んだ。若干うっとうしいが花を植えて春らしくしている。しかし、私はそれを見た瞬間に思った。これは連中の障害になるどころか、大喜びされるのではないか。わざわざ自分で障害物を置くことなく迷路が出来たので、今までよりずっと面白く滑れるぞ、と。
 案の定、昨日は糞ガキどもが大喜びで滑っていた。おまけに一輪車に乗った馬鹿者までいる。
 そして今朝は、広場が散らかりまくり、花の首は一部もがれていた・・・。

 ところで、花壇を荒らすのは犯罪ではないのかな。器物損壊で3年以下の懲役もしくは30万以下の罰金だったっけ。見張って現行犯逮捕して書類送検くらいしてやるといいのだが。

 とにかく、連中に滑らせない為には、インターロッキングに工夫するしかないのではないだろうか。あっさり車いす等の通る道筋以外は、緑化舗装してしまうのも良いかもしれない。これで夏の輻射熱も、スケボーDQNも防げる。まあ、草刈りは若干必要になるかもしれないが。

ドキュン(DQN)【どきゅん】[名]
人生に確固たる目的も持たず、反社会的な行動をとったり、自堕落な生活を送る者の蔑称。
この言葉を最初に使ったのは「マミー石田」氏とされる。
石田氏は氏のウェブサイト上で、学歴の低い者が「目撃ドキュン(テレビ朝日)」の出演者のような
荒んだ人生をおくるのは必然であるという趣旨の発言をしている。
このように、もともと「ドキュン」は低学歴者に対する言葉だったが、現在では、
社会常識に欠けている者、または知性に乏しい者全般を指す。
http://www.media-k.co.jp/jiten/wiki.cgi?%A1%E3%A4%C8%A1%E4#i41

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年4月10日 (日)

張り紙

前の会社の時の話。

 会社の近くにみんながよく昼食を食べに行く居酒屋があった。昼の定食が旨く安いので人気があり、せまい店ということもあって、いつも昼も夜も満員な店だった。名を「友幸」といい、名の由来は店の大将と奥さんの名からつけたということだった。

 ある日、その店が予告なしに休んだ。店の入り口には、よほどあせって書いたのだろう、殴り書きに近い字で断りが書いた張り紙がしてあった。

 本日、急用につき休みす。

 どうやら身内にご不幸があったらしい。よっぽどうろたえたんだろうね、と、みんなで納得したものだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月 7日 (木)

地震雲の話

 地震繋がりで、今回は地震雲のお話。

 宏観現象というのがある。まあ、あらためて説明することもないかもしれないが、(地震の前の)前触れ・予兆のことらしい。

こうかんいじょうげんしょう 【宏観異常現象】
〔宏観は中国語から〕
大きな地震の前に人間の感覚で感知される前兆現象。
地下水の異常や地鳴り,動物の異常行動など。宏観現象。
                                      三省堂提供「デイリー 新語辞典」より

 昔からよく言う、ネズミやゴキブリが一匹もいなくなった・ナマズが騒いだ・深海魚が近海で捕れたとかいう動物関連から、井戸水の異常や謎の発光現象まで多岐に渡るが、その中で特に最近よく言われるのが地震雲だ。
 地震雲が実際にないと断言するつもりはない。むしろあってもおかしくはない(※)と思っている。しかし、よくテレビやサイトで見る写真のほとんどが、「どこが地震雲やねん。」というものばかりでがっかりする。多いのが飛行機雲やうろこ雲だ。特に「どう見てもこれは飛行機雲やろ~もん。」というのが多い。研究者なら「地震雲」が観測または撮影された時間に飛行機が飛んでいたかどうか確認すべきだと思う。地震番組ではそういう検証がされているか、または番組で調べたかどうかは、まずスルーされる。ほとんどが飛行機雲とわかっては、番組にならないからか。
 この前、テレビの地震特番で「地震雲」の「専門家」なる人物が飛行機雲と地震雲の違いを答えていたが、聞いていて「?」となってしまった。(因みにこの番組は地震雲以外、特に後半部分はかなり為になった。)

・飛行機雲は出来たはしから消えるが、地震雲はしばらく空に滞在する。

 気象条件によるが、徐々に消えながらも空に長い間存在することは多い。私はよく会社帰りに駅まで歩くが、ちょうどそのころ飛ぶ飛行機から飛行機雲が出来るのをよく見る。けっこう長い間空に滞在しているのをみて感心することがある。当然雲はぼやけてくるし、雲の長さや見る角度によって、写真で見た「地震雲」と酷似した形状になっていることもある。

・飛行機雲は飛行機の飛ぶ高度の高いところに出来るが、地震雲は比較的低高度のところに出来る。

 高度はちゃんと確認しているのだろうか。飛行機雲の形や出来た場所や周りの景色の関係で、見た目が実際の高度より低く感じることもある。特に消えかかってぼやけた雲は低空に見えやすい。

 高度計算についてはここを参照。雲の写真も多数あり。
青空ページ」より
飛行機雲の高度や寿命を計算してみます。
※ここに掲載されている飛行機雲の写真の中にも、地震雲として紹介されそうな写真がけっこうあった。

 羊雲(高積雲)・鰯雲(巻積雲)・すじ雲(巻雲)に至ってはもう何でもありである。すじ雲のような空に帯状でほぼ平行に何本もたなびくような雲は、見る位置によって放射状に見えるのは自明の事だし、その方向も風(地球の自転なども関係するが)によるもので、震源地ではない。また、高積雲や層積雲などが層状で空一面に広がった状態は、これも地震雲と言われることが多いが、見た目の不気味さが多分にあると思う(私はなんとなくウルトラQのバルンガを連想した)。もちろんこれもたなびく方向に地震がおきるという根拠はない。
 宏観現象に関しては、否定できないし、是非研究して予測に役立てて欲しいと思う。しかし、地震雲はあまりにも漠然としているし、不確実きわまりない。心霊写真と同じでどうとでもこじつけが出来るものだ。素人目ですらどう見ても飛行機雲を、地震雲などと言っているようではどうしようもない。予知に役立てるなら地震雲の定義をはっきりさせて、地震雲発生から地震の起こりそうな場所やおよその時間を予測できるまでになるべきだ。地震が起こってから、あれが地震雲でこの地震を予兆していた、では意味がないのだ。
 しかし、ただでさえ常に何処彼処かで地震の起こっている日本に於いて、最近の情勢(スマトラで2度も巨大地震・ありえなかった場所で大地震と余震連発)では、「地震雲」=地震が起きるという公式を安直に信じてしまう人たちが急増しても仕方がない状態だろう。備えはすべきだが、トンデモかどうかを見極めることも大事だ。

(※2016年6月追記:この時は地震雲の存在を「あってもおかしくない」と書いていますが、ここ数年雲の写真を撮り続けていて、「地震雲というものは存在しないだろう」という考えにシフトしています。まあ、『無いことの証明』はできないのですけどね)

■「NATROMの日記」より
 地震雲(ココよりかなり科学的に説明しておられます。)
 http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20050428

■「雲の百科」より
http://cumulus.web.infoseek.co.jp/kumo/index.html
 飛行機雲写真館
 http://cumulus.web.infoseek.co.jp/kumo/iroiro/hikokishasinn.htm
 雲と空のQ&A
 http://cumulus.web.infoseek.co.jp/kumo/Q&A1.htm#jisinkumo

■雲の名前を覚えよう
http://www.nahaken-okn.ed.jp/sikin-es/H14web/kumo/kumo.htm

【Google画像検索】
飛行機雲
巻雲
巻積雲
高積雲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福岡県西方沖地震の記録2

uminonakamitikiretu福岡県西方沖地震の記録1
(地震発生日の3月20日から4月6日まで)

◆写真◆「九州発トップニュース」4月11日記事より
波打つように亀裂が入った海の中道海浜公園内の歩道(4月11日午前10時45分、福岡市東区で)

 余震が治まりそうに無い。それどころかここ一時間の間に余震が4回もあった。そういうわけで改めて2を立て、記録を続けることにする。

【4月7日】

《0時30分》
 4月6日23時くらいから、余震が頻発している

発生時刻 2005 年 04 月 06 日 23 時 35 分
震源:緯度 33.7 度/経度 130.2 度、深さ 10 km、マグニチュード 3.4、最大震度3

発生時刻 2005 年 04 月 06 日 23 時 58 分
震源:緯度 33.7 度/経度 130.2 度、深さ 10 km、マグニチュード 3.1、最大震度3

発生時刻 2005 年 04 月 07 日 00 時 12 分
震源:緯度 33.7 度/経度 130.2 度、深さ 10 km、マグニチュード 2.6、最大震度2

発生時刻 2005 年 04 月 07 日 00 時 17 分
震源:緯度 33.7 度、経度 130.2 度、深さ 10 km、マグニチュード 3.9、最大震度4

発生時刻 2005 年 04 月 07 日 00 時 59 分
震源:緯度 33.7 度/経度 130.2 度、深さ 10 km、マグニチュード 2.5、最大震度2

 また地下のエネルギーがたまってきているのだろうか。不気味だ。これ以上何も無いことを祈るばかりである。

《1時10分》
 今、また揺れた。余震の間隔が短すぎる。今日は心配で眠れないかもしれない。
うちの犬が鳴き始めた。なんか怖いなあ。

発生時刻 2005 年 04 月 07 日 01 時 09 分
震源:緯度 33.7 度/経度 130.3 度、深さ 10 km マグニチュード 3.5、最大震度2

 最大震度は2だが、広範囲にわたって揺れたもよう。

《13時00分》
 あれから余震(少なくとも有感の)は、ないようだ。3時頃ようやく床につこうとしたら、隣のDQN住人がイヤがらせのように延々自動車の空ぶかしをはじめて、よけいに寝付けず。音と振動で耳は変になるわ散々な夜だった。

【4月8日】
 今日は花祭り。仏様のお誕生日だ。ついでに今日は会社でお花見の予定。しかし、母と妹がインフルに倒れたので、会社を休んで家に居る。年度末明けで良かった。

 昨日は最大深度1の地震があった程度だったが、今日は今朝からまた頻繁に余震あり。

発生時刻 2005 年 04 月 08 日 07 時 31 分
震源:緯度 33.7 度/経度 130.4 度、深さ 10 km、 マグニチュード 3.6、最大震度3

発生時刻 2005 年 04 月 08 日 09 時 16 分
震源:   緯度 33.8 度/経度 130.1 度、 深さ 10 km、マグニチュード 3.7、最大震度2

発生時刻 2005 年 04 月 08 日 13 時 03 分
震源:緯度 33.8 度/ 経度 130.1 度、深さ 10 km、マグニチュード 3.9 最大震度2

 内、9時16分の余震以外が家にいてゆれを感じた。

 ってか、私も熱の出てきた・・・。

【4月10日】
 意外と熱は翌朝には引いていた。ウィルスに勝ったのか、それともただ熱が出ただけか。普通の風邪なら速攻でもらってくるのになあ。
 昨日は8時半ごろ玄界島付近限定の地震があったが、それ以外特に震度1以上の有感地震はなかったようだ。このまま治まって・・・と何回書いたことだろう。

《22:00》
 やはり大き目の地震あり。しばらく余震が無い時は、安心するよりあるレベルの余震を覚悟したほうがよさそうだ。

発生時刻 2005 年 04 月 10 日 20 時 34 分
震源:緯度 33.7 度/経度 130.3 度、深さ 10 km、マグニチュード 4.8、最大震度4

 太宰府は震度1。
 うちはもと田んぼだったらしく地盤の関係か1よりもでかく感じた。なんせ、食事の仕度をしていてわかったくらいだ。私は立ち仕事をしていたのでそこまでわからなかったが、妹が言うにはしばらく揺れていたらしい。地震直前に猫のシャズがいきなり走り出したので、最初猫の振動かと思ったが、家全体に衝撃が走ったので地震とわかった。

 その7分後の8時41分に最大震度1の地震あり。余震の余震?

 こっちは震度が小さいからまだ良いが、市内のひびが入った建物等にはこたえる地震だと思う。

 今日近所の奥さんに聞いてわかったことだが、本震の時太宰府でも内山のほうで地崩れや落石があったらしい。

【4月11日】今度は千葉だ!
2005年 04月 11日 07時22分
千葉県北東部を震源とする地震があった。   
マグニチュード6.1、最大震度5強
余震も続いているようだ。

 地震大杉。マジで次はとんでもない地震が起こるような気がしてきたぞ。
 関東方面は地震が多く多少の地震は慣れっこらしいが、さすがに大きい地震はそうそうないはず。被害の少ないことを祈っております。

【4月13日】
 おそらく、この余震は強弱を繰り返し徐々に治まっていくだろう。しかし、断層がズレ、エネルギーのはけ口が出来てしまったことは否めない。

「これまで活動が観測されなかった『海の中道断層』『石堂断層』で、本震の余波から一部活断層化した可能性も否定できない」と指摘する声が専門家から出ている。
「九州発トップニュース」より 2005年04月11日 15:51
「海の中道」に余震集中、西方沖地震で別の断層が活発化?
http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/news0504/news0411e01.htm
※写真もここからお借りしました。

 福岡はもう、地震の少ない「ノーマーク地域」ではなくなってしまったのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月 2日 (土)

ハローワークに求人情報、お勤め先はイラーク!?

例によって志葉さんのブログからの情報です。

イラクで働きたければハローワークに行け???
http://reishiva.exblog.jp/d2005-03-30

イラクって危険だから自衛隊以外は行っちゃいけないんじゃなかったっけ。拉致られて斬首される可能性もまだあるわけでしょ。いや、そこらへんの電柱に貼ってあるのならまだしも、ハローワークの求人票ですよ。サマワの状況が悪化したため、けっきょく取り下げられたらしいけど。

♪迷うわ
 安全なの?危険なの?はっきり聞かせて♪

【追記】
軍事評論家の神浦さんにお知らせしたところ、危険度からして月給が50万では安すぎるそうです。一桁違うとか。
http://www.kamiura.com/mail.htmlの4月5日の記事です。)
う~む、「格安」で求人して、いったい何をたくらんでいたのだろうか。求人元がどこだったのか激しく知りたいですね。
 それとも、ひょっとしてVOWネタ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »