« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005年3月20日 (日)

福岡県西方沖地震の記録1

jishinhigai平成17年 3月20日11時00分 発表
時刻:3月20日10時53分頃
震源:福岡県西方沖 (北緯33.9度、東経130.2度)
深さ:ごく浅く
  M:マグニチュード7.0

震度:最大震度6弱(太宰府は震度4でした)

(写真は読売新聞ニュースより
http://kyushu.yomiuri.co.jp/news-fr/fr-m20.htm

震源は福岡市直下の断層とは別…地震調査委が見解(読売新聞)
http://www.asyura2.com/0502/jisin12/msg/263.html

地震研究者すらニュースを見て思わず「うそっ!?」
http://www.asyura2.com/0502/jisin12/msg/266.html

福岡県西方沖を震源とする地震関連のページ
http://www.gsi.go.jp/BOUSAI/FUKUOKAJISHIN/index.html

【福岡県西方沖地震】
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%8F%E5%B2%A1%E7%9C%8C%E8%A5%BF%E6%96%B9%E6%B2%96%E5%9C%B0%E9%9C%87

【3月20日地震直後】
* あ~、びっくりした。

 友人にメールを送り、サイトトップを修正し、さて更新にとりかかろうかと思った矢先、いきなり大揺れが!それもすっごく長い。普通なら20秒も揺れたらいいとこなのに1分くらい揺れていたような気がする。

止むのか?この地震は???

そう心配したころ何とかゆれが収まった。
これは確実に4くらい揺れたな。
うちはすっごく古い借家なので潰れたらどうしようとマジ心配した。とにかく、自分に落ち着けと何度も言い聞かせた。
部屋の猫たちに、「大丈夫だから!」と何度も声をかけた。
多分自分を励ましていたんだろう。

 あれから30分以上経ったのにまだ余震が続いている。

 はっきり言ってこれは本当に怖い。いまさらながらに、強い余震が長期にわたって続いていた新潟の方たちの恐怖が、いかばかりだったかと心が痛む。
 余震が続く。
 これは、ここらへんでは珍しいことだ。だいたい福岡では地震自体が珍しいことで、それでも年一回くらいは震度1・2の軽い地震は来る。たま~~~に震度4の中震があるくらいだ。まあ、近くに火山とかないからだろうが、活断層がある限りは地震とは決して無縁ではないはずだ。今回の地震は福岡近海だったので活断層が関係しているか(警固断層が関連しているらしい←訂正:別物らしい)はわからないが・・・

あ、また揺れた!
本当に大丈夫か?

最大震度が6弱で、マグニチュードが7ということはかなりの規模の地震だったことがわかる。

うっひゃ~、また揺れたぞ。マジこえ~。
なんか、ドン!という感じでゆれて、短いけどかなり怖い。
一応逃げる準備をすべきか。
しかし猫たちはどうしたらいいんだ?

とりあえず落ち着いたらまた続報を書きます。
これ以上大きい地震が来ないことを祈っていてください。

大丈夫とはおもうけど。

※警固断層
http://bousai.city.fukuoka.jp/kegodansou.htm
(11:54)

【3月20日14:25】
 人体に感じる余震はだいぶ少なくなった。しかしまだM6の余震が起こる可能性があるらしい。地震が大きかった場所の方たちは充分お気をつけ下さい。

【3月20日19:14】
 だいぶ落ち着いたようだ。しかし、忘れた頃にいきなりグラッときてぎょっとする。余震は1週間くらい注意したほうがいいらしい。

【3月20日20:40】
 さっき、大き目の余震があった。

平成17年 3月20日20時13分 発表
時刻:3月20日20時08分頃
震源:福岡県西方沖 (北緯33.8度、東経130.1度)
深さ:約10km
  M:マグニチュード4.4
震度:最大震度3

 家がメリメリといってちょっと怖かった。
 ついキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!といってしまった。毒され杉。母の猫(こみみ)があせって自分の隠れ家のコタツに入ろうと部屋に走ったが、あいにく上げてあってプチパニック。早々に母がコタツをしきなおす。
 犬が怯えて地震のたびにキュンキュン鳴く。早く治まれ。

 またちょっと揺れた。
 これはストレスがたまるわ。この状態が一週間も続いたら地震自体が大きくなくても心身に来そうだ。
 今までの被災地の方たちの辛さが本当にわかった。これくらい(太宰府での)地震でこんなに胃にきそうなんだもの。こうも頻繁に揺れては、今夜はゆっくり眠れないだろうな。

【3月21日9:30】
 思いのほか、よく寝た。(;´∀`)
 ってか、異様に眠たくなってしまった。昼間緊張していたせいか。用心して平服のままで、眼鏡とコンタクトレンズをそばに置いて寝たが、朝方の揺れは気付かず(まあ、ここらの震度は1だったらしいが)。とりあえず神経の太い性格でよかった。

2ちゃんねるでこの地震のまとめページが出来ていた。流石だ。
http://www1.atwiki.jp/hukuoka/

【3月21日18:30】
上に紹介したまとめページでこういうのがあった。

・TVで「北九州震度500」と間違えた報道あり。デカ杉。 -- 名無しさん (2005-03-20 18:07:28)

 それじゃ、地球全体が揺れまくりますがな。

 「震度5」というつもりだったのだろうが、アナウンサー(?)も相当動揺していたらしい。ニュース映像からTV局も相当揺れたようだから、心情的には500くらいあったのかも(そんなこたぁない)。

「震度500」。外国で使われている「改正メルカリ震度階」の最大級12すらはるかに凌駕しているな。(日本で使われているのは気象庁震度階級(10階級)で、日本独自のものです。)

マグニチュードと震度
http://contest.thinkquest.gr.jp/tqj2000/30295/glossary/magni.html

〈参考文献:気象庁監修震度を知る,1996〉
ttp://www.cive.gifu-u.ac.jp/lab/ed2/kensaku/motomekata.html
(何故か直リン出来ませんでしたので。アドレス欄にコピー・ペーストした上に最初にhを付け足してください。)

 明日の福岡地方は大雨らしい。地震で地盤が緩んでいるところも多いでしょうから、みなさん充分にお気をつけください。

【3月22日0:05】
 今また余震があった。

発生時刻 2005 年 03 月 21 日 23 時 59 分
震源 緯度 33.8 度
     経度 130.1 度
深さ 10 km
マグニチュード 4.6
http://weather.alpsmap.co.jp/cgi-bin/eqlist.cgi/632.dat

西のほうからゴーっという音が迫ってきて揺れ始め、日曜朝の本震を思い出して総毛立ったが、震度はせいぜい1か2くらいですぐに収まりほっとする。しかし、夜の地震は特に怖い。
 今日当たりまた強い余震が来る可能性があるらしい。今日は会社だから母一人置いて行くのは心配だなあ。

【3月22日1:10】
 その後0時21分・45分と余震が頻発。また活性化したか?21分の地震は小さくてこっちでは有感ではなかったようだが、45分の地震は丁度風呂に入っていて、若干びびった。早々に髪を洗って風呂から上がる。風呂にもゆっくり入れんのか・・・。orz

 東京の友人のアドバイスに従って風呂の水を多めに溜めておく。

 さっきから小さい揺れが頻繁にしているようだが、風か余震か。雨も降りはじめたし、今夜は昨日より用心したほうがいいかもしれない。

【3月22日16:00@久留米】
ついさっき少し大きめの余震あり。
最大震度4(久留米は震度2)

発生時刻 2005 年 03 月 22 日 15 時 55 分
震源 緯度 33.7 度
   経度 130.2 度
深さ 10 km
マグニチュード 5.1

 ウチ(会社)の若いモンがオフィスから逃げ出しかけた。会社の立て付けが悪いから必要以上に揺れるのです。
 今もまだ用心の為本棚につっかえ棒がしてあるし。

【3月24日11:55】
先ほど、久々に少し大きめの地震あり。
最大震度3

発生時刻 2005 年 03 月 24 日 23 時 38 分
震源 緯度 33.7 度
     経度 130.2 度
深さ 10 km
マグニチュード 4.1

 しかし、よく揺れますね。
 この余震の多さからしてもこの地震が尋常でないものだったことがわかります。そもそもこの福岡で有感地震がこんなに頻発すること自体が異常だ。
 それでも地震は収束に向かっているらしい。
 やや時間がたち、初春の風雨に晒され、徐々に深刻な被害が顕在し始めた。改めて今日避難勧告の出た地域もあるようだ。
 せめてこれ以上揺れないことを祈りたい。

【3月26日6:00】
 明け方目が覚めて、もうひと寝入りしようと思った矢先にゆらっときた。
 発生時刻は5時45で最大震度は2。多分こっちは震度1もなかったらしく、地震発生地に記載されていなかった。横になってなかったらわからない揺れだったのだろう。ただ、その後カラスが結構騒いでいるのでちょっと用心。
 昨日も小さい地震が時々あたようだが、会社にいるとよほど揺れないと地震とは気がつかない。以前から隣で工事があっておりしょっちゅう揺れているからだ。大き目のトラックなどが通ると確実に震度2くらいは揺れる。
 今日も出社だが、大きな余震がありませんように。
 あれ以来頻発している余震はいくつかを除いて小さい揺れで、実際の被害はほとんどないものだ。しかし、またあの恐ろしい揺れがまた来るのではないかという心配で、揺れるたびにストレスが増してきているのだ。
 とにかく、地震とは縁が無いと言われた福岡で大地震が何故起きたのか早く解明し、詳しい説明をしてほしいと思う。

【3月27日】
 地震から1週間が経った。今日は余震がかなり減ったようで、特に昼の3時ごろ最大震度1の余震があってからは1以上の有感地震はおきていないようだ。このまま、いつものおだやかな福岡に戻ってほしいと思う。(と思ったら、23時17分ごろ最大震度2の余震発生)
 この地震は幸いにも阪神大震災のような大災害にはならなかったとはいえ、かなり大規模な地震だったらしい。なんせ茨城県から上海まで揺れが観測されたほどだ。お隣の韓国でも震度5(これは韓国の震度判定によるので、日本の震度とは若干違うと思うが)を記録したらしい。福岡の強固な地盤と、都市直下型地震ではなかった幸運に感謝しよう。
 とはいえ、壊れた家屋やインフラの修理でまだまだ大変なところもあるだろう。特に壊滅状態の玄界島の方々にとっては、当分日常に戻ることは難しそうだ。

「情報的★くもの糸」3月25日記事より
福岡西方沖地震、余震続く
http://melgama.livedoor.biz/archives/17198665.html

どうやらウチも若干屋根をやられているらしく、この長雨で天井に染みが出来ていることに今日気がついた。まあ、あんだけ揺れたんだから、これですんでよかったと思おう(しかし、ボロ屋とはいえ、数々の大型台風にもビクともしなかったのに、やはり地震のエネルギーはすごい)。また、軽い揺れにもナーバスになっている人も多いらしい。

* みんな、がんばろう!

※地質専門家の意見
明日への道しるべ@ジネット別館より
△▼△▼福岡県西方沖地震は、思っていたより凄かった
http://plaza.rakuten.co.jp/gnetoffice/diary/200503210001/

【3月31日】
 余震の回数もだいぶ減り、エネルギーもだいぶ放出されたようだ(それでも玄海島あたりはけっこう揺れているようだが)。おそらくこのまま治まっていくだろう。スマトラ沖地震のことがあるから安心は出来ないが、とりあえず収束に向かってるということで、この記録を終えたいと思う。
 PART2が書かれることのないようにと、祈りを込めて。(黒木燐)

【4月1日22:00】
 などと書いてこの記事を終了させようとしたらまた大きめのが一発。安心するなということか。
http://www.weather-service.co.jp/Public/cts0004/weather/earthq/earthq.html

発生時刻:2005 年 04 月 01 日 21 時 52 分
震源:緯度 33.7 度
   経度 130.3 度
深さ 10 km
マグニチュード 4.5
最大震度4
(太宰府は震度2。って、あれで震度2ですかぁ?)

 家族でのんびりTVの浅見光彦シリーズを見ていたら、なんかいやんな感じで揺れ始め、あれ?と思ったところで突然ドーンと音がしてグラグラ大きめに数度揺れ、治まったかなと思ったらまたしばらく揺れた。また大地震かと肝を冷やしたが(またあんなに揺れたら今度は雨漏りじゃ済まないような気がする)、幸いそれ以上揺れが大きくならずに治まった。その後も三半規管の関係かしばらく揺れた感覚が続いた。すぐにネットに接続し確認する。
 しかし、福岡西方沖が震源でなんで玄界島が震度2で春日市が震度4なんだ???警固断層の関係だろうか、不思議だ。
 そんなこんなで、ドラマの内容がすでにワケワカラン♪状態になってしまった・・・。orz...
 いったい福岡の地下でなにが起こっているのか、否、スマトラの地震といい、ひょっとしたら地球自体に異変が起きようとしているのかも知れない。

 なお、この地震で玄界島の方々の帰島が延期になってしまった。さそご自宅が心配だろうと思います。1日も早く地の神の鎮まらんことを祈っております。

【4月6日】
朝8時ちょうどに最大震度3の地震。
(2ちゃんねるで「あずさ2号かよ」という書き込みを見てちょっと笑った。)

発生時刻 2005 年 04 月 06 日 08 時 00 分
震源   
 緯度 33.7 度
 経度 130.3 度
深さ 10 km
マグニチュード 4

その頃私は電車が久留米駅に着いてすぐくらいだったので、全く気づかず。まあ、この辺は震度1だったから気づいたほうがすごいだろうが。妹は出社前で家の中をウロウロしていたらしいが、けっこうすごい音がして気がついたそうだ。
なかなか余震が治まらない。震度自体は普通なら心配するほどの大きさじゃないが、やはりまた大地震が来るのではないかというストレスでみんなまいっているようだ。スマトラのことがなけりゃあ、まだ違っただろうけどね。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2005年3月17日 (木)

「たう」とか「たわん」とかいう話

 私が未だに使ってしまう山口弁

  「たう。」

意味は「届く」という意味だと思います。
「手がたわんけん、それ取って」
「このプール、深くて足がたわんが。」

 なんか文字にすると改めて変な言葉だと認識しました。
この方言は意味が意味だけにけっこう日常じゃ使っちまうのです。特に手を伸ばしたいだけ伸ばしても目標物に届かないときは、つい大きめの声で、

  「た、たわん!!」

と言ってしまいます。それなのに私は誰からも「どういう意味?」とか聞かれませんでした。友人にわけを聞くと「意味はなんとなくわかったんで敢えて聞かなかった」と一様に言います。かくして私は数十年間この言葉を方言とは知らずに使い続けていました(知ってても使ってるけど)。

 で、すこし調べてみました。

■山口県の方言ページ
http://www6.shizuokanet.ne.jp/kirameki/hougen/yamaguchi.htm
■クイズ山口 『方言編』
  by 山陰・山陽フォーラム Active Member(意外と難しい)
http://forum.nifty.com/fsansan/hougen.htm

 なんか、四国のほうでも言うみたいですね。
■西讃岐方言集
http://www.geocities.co.jp/Foodpia-Celery/3244/hougen04.html
 なんと対馬でも。
■対馬の一般的な方言
http://www2.ocn.ne.jp/~bwd/hougen.htm

 次は、山口市出身のウチの母がよく使う「ひわる(曲がる・反る)」「まひげ(眉毛)」そして「たう」でググってみました。

■広島弁講座
http://www5.ocn.ne.jp/~turinews/hirosima.html

山口県玖珂郡和木町のHPより
■和木の方言
http://www.joho-yamaguchi.or.jp/wakisho/waki/hougen.html
因みに和木町は岩国の近くというよりほとんど広島との県境付近にある町です。

 なんか、広島っぽいですが、山口でも使う言葉が多かったのでかなりかぶっていると思われます。まあ、近いですからね。で、どこが違うかというと、やはり言い方だと思うのです。
 こうしてみると、方言って、けっこう古語が残っているものがあるのではないでしょうか。

 ところで、先週のマシューの「なまり亭」で小倉出身の原口が「たう」という言葉を使ったらしいです。おなじ福岡でもやはり山口に近いからかもしれませんね。余談ですが、熊田曜子が「ちんちん!」と叫んで当のマシュー(藤井隆)どころかお茶の間のおじさまやおにいさま方に大喜びされたようですが、岐阜弁で熱いと言う意味らしいです。因みにある地方の方言で「おちんこする」「おちんこまする」というのがありますが、これは「おかっこする(正座する)」という意味のようです。

■正座倶楽部
http://www.seizaclub.com/hougenn.html

初出のブログで岐阜の方から「たう」についてのコメントがありましたので転載します。

◆岐阜県民♪ (2005/03/30 18:46:52)
岐阜でも「たう」って使うと思いますヨ!私は使います。あと、「ちんちん」も(笑)
使い方は、「あっ、ちょっとそれ今、でらちんちんやでさわったらあかんよ!」こんな感じです☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

祝!4万アクセス!!(ホンマかいな)

 いつの間にかアクセス数が4万を越していました。心からみなさんに感謝いたします。

 ところで、この「徒然くさ」の出典はもちろん徒然草です。徒然草と、博多弁の語尾に使われる「~くさ」という言葉をかけたものです。この「~くさ」の意味ですが、私は生まれが山口なものでよくわかりません。おそらく強調語ではないかと思うのですがどうでしょうか。自分は「そうくさ。」とか、「するくさ」とか自然に口にしますが、これは子供の頃から福岡で暮らしていて自然に身についたものですし、正しく使用しているかどうかもわかりません。どういう意味かと聞かれたら悩んでしまいます。
 先に書いたように私は山口県出身です。しかし、山口にいたのは約11年で福岡でのほうがはるか長い年月を暮らしています。それでもいまだ使ってしまう方言があります。それも、これが最近まで(中国地方特有の)方言とは知りませんでした。
その言葉は、

  「たう。」

                        (つづく)

※メルマブログではアクセスカウンターが40000突破していたのです。ただし、あのカウンタの数字がどこまで正しいかは謎。こっちに移ってからは毎日平均アクセス50前後くらいだし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月 3日 (木)

デビノレマン続報:呪い?

■那須博之~監督

肝臓がんのため東京都調布市の病院で死去、53歳。
東京都出身。葬儀・告別式、喪主などは未定。後日「お別れの会」を開く予定。

東大卒業後、日活の助監督に。
フリーとなって監督した「ビー・バップ・ハイスクール」(1985年)がヒット、
シリーズ化された。ほかに薬師丸ひろ子主演「紳士同盟」など。
昨年秋の「デビルマン」が最後の劇場映画監督作となった。
http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=MYZ&PG=STORY&NGID=mour&NWID=2005022701003084

うわぁぁぁ、なんとアレが遺作に・・・。
デビルマンの呪い、ここに極まれり!か。

ともあれ、ご冥福をお祈りいたします。

※訂正
那須監督は新作の「タイガーマスク」を撮り終えておられたそうで、遺作はそっちですね。
「デビルマン」の汚名を晴らす作品であってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »