« 台風ラッシュ | トップページ | SONGDA襲来? »

2004年9月 5日 (日)

サイボーグ009「張々湖飯店奮闘記」

【注意!】今回はあらすじを最期まで書いてますので、これから見ようと思っていてネタバレが嫌な人は読まないでください(見え見えのネタバレですが)。
 ブラックゴースト殲滅後の第1話。
 ヴィデオは今のところ1~7まで借りて見たが、この話(6の3話目)が一番気に入った。

 戦いが終わって、サイボーグ達はそれぞれの道を歩きだした。故郷に戻った者、日本で暮らし始めた者・・・。これは、彼らの涙ぐましい生活の記録である。(笑)
 キーワードは料理。

 002ことジェットはNYの自宅でTV相手に自炊で悪戦苦闘をしており、結果消し炭を量産していた。ドルフィン号では彼だけ料理を作ることをバカにして一切手伝わなかったが、そのツケが回ってきたようだ。
 005ことジェロニモも米国に帰って高層ビルの建築現場の作業員に戻っていた。彼は持ち前の怪力で、中国からの作業員を救っていた。
 008ことピュンマはアフリカの故郷に戻り、遠く離れた飢饉の村に食糧を届けようと張り切っていた。
 004ことアルベルトは、要約長距離トラックの運転手の仕事にありついていたが、不幸なことにトラックが崖下に落ち、相棒と一緒に遭難しかかっていた。
 ギルモア博士は、日本のとある絶景の海辺に家を建てて、恩人の博士を招待していた。001、3、7、9も一緒に住んでいるらしい。
ふたりの博士は006こと張々湖の中華料理店の話で盛り上がっていた。

 張々湖は張り切っていた。なんせ高名な料理評論家が来るのだ。009こと島村ジョウは、加速装置を持っているばかりに食材集めに文字通り東奔西走させられていた。張々湖は007ことグレート・ブリテンがせっかく買ってきた新鮮な食材に文句を言っていた。03ことフランソワーズはチャイナドレスを着るように頼まれ困っていたが、結局張々湖にうまく丸め込まれてしまった。
 ジェロニモは、例の中国人青年を自宅に招いていた。故郷の料理を食べると元気になる。彼はそう言って唯一作れる中華料理である大振りの餃子をご馳走した。張々湖仕込みの餃子だ。不味いわけがない。青年は涙を流しながら喜んで食べるのだった。
 ピュンマは届け先の村の子供達の喜ぶ様を想いながらアフリカの悪路を進んでいた。ところが強い衝撃と共にトラックが炎上し彼も吹っ飛ばされ砂漠に投げ出された。地雷を踏んでしまったのだ。悔しがるピュンマ。しかし、かれはたった二袋の小麦を抱えて30キロの道を歩くことを決心した。子供達の笑顔のために。
 アルベルトはなんとか吹雪の中なんとか空き別荘に避難したが、相棒は相変わらず愚痴っていた。しかし、アルベルトは希望を失わなかった。そして彼は壁の写真からあることに気がついた。
C003  張々湖飯店に例の料理評論家はやって来たが、意に反してそれはデブのオバハンだった。チャイナドレスがオヤジ対策だとわかり激高するフランソワーズ。しかし、ジョウは言った。「ぼくは嫌いじゃないな、その服。」・・・殺し文句であった。
 アルベルトは写真にジャガイモの花を見つけたのだ。昔知らなくて張々湖からドイツ人ならジャガイモの花は覚えて置けといわれたことが役に立った。彼はジャガイモを掘り当てると茹で上げ相棒に食べさせた。相棒も勇気が出たようだ。かつてドイツ人を飢饉から救ったジャガイモが、今また2人のドイツ人の命を救ったのだった。
ピュンマはようやく村にたどり着き、早速子供達に小麦粉をこねた団子汁を振る舞った。喜んで食べる子供らを見て、美味い小麦粉のこねかた教えてくれた張々湖に感謝した。

 張々湖は意気消沈していた。例の料理評論家はさんざっぱら食い散らした挙げ句に「最低ね!」という捨てぜりふを残してそそくさと帰ってしまったのだ。
「サイコーの食材でサイコーの料理作たツモリだたのに・・・。」
その張々湖にジョウとフランソワーズが余り物で中華料理を作ってきた。「ドルフィン号で君に鍛えられたから、僕らの腕もなかなかのもんだぜ。」
「うまい!」一口食べて張々湖は言った。「サイコーの食材を使わなくても心がこもていればサイコーの料理が出来る。ワタシ忘れてたヨ。」
その時警官が店に入ってきた。料理評論家を騙る詐欺師が横行しているという。さっきの女は詐欺師だったのだ。唖然とする4人。
 アルベルトと相棒は、お互いを支えながら山を下りていた。
「おまえといると何でも上手くいくような気がしてきたよ。アルって呼んでいいかい?」「ああ、いいとも、グスタフ。」
 ジェロニモは、高層ビルの工事現場の足場で昼食を取ることにした。すると例の中国人青年が弁当を持って側に座って訊いた。「故郷の料理か?」「そうだ。」「オレもだ。」ジェロニモは摩天楼を見ながら故郷のグランドキャニオンを思い出していた。

 ジェットは相変わらず料理と格闘して消し炭を量産していた。
「張々湖ォ~。美味いメシが食いたいぞ~~~~!!!」
ジェットの悲痛な叫びが摩天楼にこだました。
(終)

 細かいところは忘れてしまい若干違っているかもしれません。ご了承下さい。
 因みに私の好きなキャラは、
 1.ジェロニモ 2.ピュンマ 3.アルベルト です。

|

« 台風ラッシュ | トップページ | SONGDA襲来? »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サイボーグ009「張々湖飯店奮闘記」:

« 台風ラッシュ | トップページ | SONGDA襲来? »