トップページ / ストラングラーズ情報

Stranglers_admat_sample_1ストラングラーズ来日公演は、大好評のうちに終了しました!!

2019年11月5日の熱いライブを再現!
「ストラングラーズイントーキョー」リリース!!
  日本国内でもリリース決定(特典あり)!!
     詳しい情報はリンク先にて!

=============

★★ストラングラーズニューアルバム「ダークマターズ」日本盤発売中!!

 「GIANTS」2012年3月リリース(日本版未定)
 ■アルバム解説(ストラングラーズメンバー、バズによる新譜解説の和訳です)
 ■試聴
 アルバム「GIANTS」メドレー
   お勧めは2曲目。

 前作「SUITE XVI」■アルバムレビュー (試聴できます) 
  日本公式サイト http://www.stranglers.jp/

*****************************************
 小説『朝焼色の悪魔』を書いています。
   なろう版(加筆修正版)R-15
   ココログ版(先行版)R-18
*****************************************

「Heaven or Hell?」について 

※内容の転載は必ず事前にご連絡ください。無許可の転載を禁止します。また、オリジナル画像の転載はご遠慮ください。
 宿題や課題(ないとは思うけど論文も)等に盗用したら呪います。

 長らくリンクフリーにしておりましたが、私の意図とは異なるサイトに貼られたり、内容を無許可であたかも自分の書いたようにそのままコピペされたり(かろうじてURLだけはおざなりに貼ってありましたが)することが続き、挙句の果てにあるエントリーが某所のスレッド元にされてしまいました。幸い炎上はしなかったものの、あまり気持ちの良いものではありません。
 それで、リンクされた時は必ずご一報ください。事後で構いません。また、その際にはURLの前に必ず「Heaven or Hell?」とブログ名を忘れずにご記載ください。内容の一部あるいは全部を転載する場合は、事前にメールかコメント欄にて必ずご連絡ください。
以上よろしくお願いいたします。

 新たに来られた方は、管理人お勧めエントリーを集めたカテゴリー「セレクト」をどうぞ。アンケートもよろしくです。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2022年5月 6日 (金)

今日はこげんた君の命日です。こげんた事件から20年が経ちました。

Image  あの忌まわしい事件から20年が経ちました。事件は2002年の5月6日から7日の深夜におきました。
 あの夜は大型連休の最終日で、雨が降っていました。

こげんたの話

 久しぶりにあの子の写真を貼ります。まともな写真はこれだけで、あとは目を覆いたくなるような写真しかありません。
 これは、犯人がこの後に起こす虐待の残虐さを際立たせるために撮影したものです。

 あの事件は、初めて野良猫を虐待死させた犯人に執行猶予付きとはいえ懲役6月という有罪判決が出た画期的ともいえる裁判に発展しました。当時飼い主のいない野良猫の場合、裁判どころか逮捕すら珍しいことでした。

 しかし、数時間にわたり虐待を繰り返され、その姿をネットに晒された挙句殺害され川に遺棄された、後にこげんたと呼ばれた野良猫さんが戻ることはありません。

 あれからも動物虐待事件は無くならず、仮に犯人が捕まって裁判にかけられても、それがどんなに残虐でも、こげんた事件の判決以上に厳しい判決がつくことは稀です。そしてほぼ執行猶予が付きます。里親を探すにしても、善意の里親希望者に根掘り葉掘り質問し、家を確認し、誓約書を書いてもらわなければなりません。虐待目的の里親詐欺の可能性があるからです。

 20年たった今でもこれが現実です。

 もしよかったら、今夜6日から7日に変わる深夜0時に、ちょっとだけ彼のために祈ってください。彼のように人の楽しみのために残酷な目に合う動物がいなくなるように。

 

幼猫(おさなご)の
短い命に思い馳せ
今年も廻(めぐ)る
悲しみ怒れしあの雨の夜

| | コメント (0)

2022年3月20日 (日)

妹。(地下鉄サリンテロ事件)

 地下鉄サリン事件から27年が経ちました。あの惨劇を忘れないようにとの願いから、この記事を毎年再アップします。
 25年目を迎える2020年直前の3月19日に、被害に遭い重い障害を負われていた女性が長い療養生活の末に亡くなられました。この事件は終わっていません。首謀者や主な実行犯たちが死刑になった今でも終わっていません。(2022年3月20日)

  (初出:20年目の2015年同日

 オウム真理教の地下鉄サリンテロより20年が経った。

 20年という月日は長い。あろうことか、オウムの流れをくむ教団に入信あるいはそうでなくても好意的な興味を持つ、リアルタイムでこの事件を知らない若者が増えているという。先日も、教祖である松本死刑囚の生誕を祝う行事が信者たちの間で行われたというニュースが流れ、眉を寄せられた方も多かったのではないだろうか。

 現実逃避・自分探し…、神秘的な教義を説くカルトに向かう理由は様々だろう。しかし、IS(いわゆるイスラム国)に参加しようとする人たちにも言えることだが、現実は悲惨である。結果、教祖や指導者の野心や妄想に踊らされ、むやみに殺生をする羽目になる。ただの人殺し集団だ、と、思う。たどり着くのは理想郷ではなく救われようのない地獄だ。無辜の人々を殺した者がどうして天国に行けると思うのだ。そういう考え方自体が既にどうかしている。

 あの時、何が起こったのか、いくつかの資料をもとにしてこの話を書いた。これは小説内のしかも幕間の一話でありフィクションである。しかし、まったく架空の話ではない。20年前の今日、カルト教団による、史上初めての市民に向けられたケミカルテロが起こったのは紛れもない事実なのだ。(2015年3月20日)

 ************************************

 テロを憎む公安警察管、長沼間の悲しい過去。『朝焼色の悪魔』より転載。

 ~~~~~~~~

「兄さん、こうやって一緒に夕食って、久しぶりね」
「そうだな。今の仕事が佳境なんで、最近は特に帰りが遅いからな」
 俺はそう言うと、少しばかり肩をすくめてみせた。すると妹は、不満そうに口を尖らせながら言った。
「それどころか外泊も多いじゃない。ほんとにお仕事?」
「馬鹿言え。仕事以外の外泊だったらなんぼも気が楽だよ。今だっていつ呼び出しがかかるかと冷や冷やしてるんだぞ」
「やだ、途中で席立たないでよ。特に兄さんとの外食はホントに久々なんだから」
「そうか。それならこんなファミレスじゃなくてもっと小洒落たレストランにするべきだったかな」
「何言ってんのよ。肩が凝るようなところは苦手だって、いつも言ってるくせに」
「ははは、そうだな。ところで話ってなァ何だい?」
「あのさ、兄さんて今、カノジョ居るの?」
「なんだよ、藪から棒に。そんなもん作る暇なんかねえよ。大学ん時のはとっくに別れちまったし」
「そっか・・・。じゃあ私が先に結婚するの、申し訳ないなあ」
 いきなり妹が衝撃的なことを言い出すので、俺はたっぷり1分間ほど固まった。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2022年2月28日 (月)

ツイッター投稿が初めていいね6000超えました。

 ずいぶん前に買ったカップなんですが、何の気なしにツイートしたら続々いいねを頂いて、驚きました。

 Photo_20220320095701

| | コメント (0)

2022年1月30日 (日)

『朝焼色の悪魔』更新情報

 進化版(アルファポリス版)
 COVID-19発生により、なろう版からさらに進化させ加筆減筆修正しました。
 現在第3部改定中。

加筆修正版(なろう版)
 完成版としてココログ版に加筆修正したもの。
 現在第4部修正中。

先行版(ココログ版) 
 2007年より書き始めたバイオテロ小説。COVIDにより更新が減速しながらなんとか最終回に向けて執筆中。
 現在最終部第5部連載中。

 初めて読まれる方は面倒でなければ、進化版→進化版最終話→加筆修正版→加筆修正版最終話→先行版の順で読むことをお勧めします。

 今の状況からすると「事実は小説を超えてしまうんだなあ」と思われるかもしれませんが、私の力量の限界であると思います。しかし、それなりに面白いと思いますので、読んでくださるとうれしいです。
 感想や『いいね』『お気に入り登録』が励みになります。感想はここのコメント欄にも書けますので、よろしくお願いいたします。

Asadevi_20220130122201

| | コメント (0)

2022年1月 2日 (日)

2021年年末と2022年年始のご挨拶

2022_20220130120901  去年は殆ど更新できず申し訳ありませんでした。

 今年は一本でも多く更新したいと思います。よろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2021年3月 1日 (月)

2021年のご挨拶

 ものすごく遅くなりましたが、今年もよろしくお願いいたします。

 令和も3年になりました。

| | コメント (0)

2020年12月31日 (木)

2020年 年末のご挨拶

 今年もこのブログを読んでいただき、ありがとうございます。今年は更新がほとんど出来ずに終わりましたが、来年もよろしくお願いいたします。

 今年はCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)で始まりCOVID-19で終わりました。

 この新型ウイルスは、実はサーズの変異体でサーズ2と呼称すべきものでしたが、何故かその呼び名は使われず、新型コロナウイルスと呼称され、その省略形の『コロナ』が定着してしまいました。コロナという名前の会社や商品や固有名詞の存在は無視されました。発生から数か月遅れてWHOが病名をCOVID-19に正式決定しましたが、この呼称は未だ定着していません。特に日本に於いて。

 そしてCOVIDは、5月3日に、私の最愛のロックバンド『ストラングラーズ』のキーボード奏者、ディヴ・グリーンフィールドの命を奪っていきました。その精神的ショックは凄まじく未だその痛手から立ち直っていない状態です。

 今年はもう一人、旅立っていきました。2018年1月に倒れて以来病院と施設を行き来していた父が11月に亡くなりました。

 ほんっと、なんて年だ!!、です。

 COVIDのせいで、ストラングラーズのファイナルツアーもニューアルバムも延期です。そして、延期の末に行われるライブにはディヴはいません。今は、残ったメンバーが感染しないことを祈るばかりです。
 そして、このパンデミックは私が今まで書き続けていたものにも決定的なダメージを与えました。だってそうでしょう。リアルウイルス禍にフィクションが叶うわけありません。そしてそのモチベーションの急降下によって、このブログの更新もほとんどできませんでした。

 来年、このパンデミックが嘘のように収まるなんてことはまずあり得ないと思います。それでも、ワクチンが出来るだけ早く普及して、少しでも以前の生活に戻れるよう、心から祈ります。

 それまでは、手洗いとマスクで自分を守りましょう。COVIDは「ただの風邪」ではないのです。

 

 

| | コメント (0)

2020年10月11日 (日)

ヒトとして、ディヴ・グリーンフィールドをCOVIDで失ったストラングラーズファンとして、トランプ大統領の暴挙は許せない

【おことわり】

 コロナウイルスというウイルスが前からあることは承知していますし、今回の新型(SARS-Cov2)がサーズウイルスの変異型とはいえかなり性質の違ったものであることは承知していますが、亡くなった愛犬の名前がコロナであったがために、新型コロナウイルスという呼称に抵抗があります。
 そのため、当ブログではこのウイルスについて「新型コロナウイルス」という呼称を極力避け、サーズ(CoV)2ウイルスあるいはCOVID-19ウイルス、略称でCOVIDを使用することとします。

 ********************************************************

 感染が発覚して隔離入院されこそしたものの、すでにホワイトハウスクラスターを発生させ、その他さまざまな人に感染を広げ命の危険に曝した。その後、治療で体調が良くなったとのことで1週間で早々に職務に復帰した。そして、予想通り『COVID-19恐るるに足らず』などとのたまい始めた。感染を広げてしまったことに関しての謝罪(※)はなかった。
(※感染してしまったことに対する謝罪はする必要はないが、今回のトランプ氏感染の場合、マスクをせず大声を出し人との濃密な接触を繰り返したリスク管理無きスーパースプレッダーとして、謝罪はすべきだと思う)

 彼が重症化を免れたのは、最重要人物であるために細心且つ「最新」の治療が施されたことにあるだろう。また、喫煙者でなかったことも関係するかもしれない。ただ、担当医師は大統領が陰性になったのか陽性のままなのか明かしていないという報道があった。彼が自分がウイルスに怯えるチキンと思われるのを恐れているのは想像に難くない。そして、彼の指示者はその雄姿に拍手喝采するのだ。ペッ!

おっと、失礼しました。

 いうまでもなく、普通の人たちは感染して症状が出てもワクチンも決定的な治療薬もない今は主に隔離と対症療法しかできない。今、COVID-19の治療薬として早々に認可され使われている薬もまだ効いているのか後々副作用が出る可能性があるかなどわかっていない。しかもすでに二十万人以上の死者を出している米国で、さらに感染のリスクを大統領自身が広げるなどとは度し難い暴挙と言わざるを得ない。

 運が良ければ感染は予想より広がらず政府クラスターは収まって、大統領選も無事に終わることだろう。然し最悪の事態もあり得る。おそらく、クリントンやオバマなどの元大統領だったら少しはマシな感染対策が出来たことだろう。
 このまま感染が収束していったとしても、トランプの杜撰な危機管理を、自分のエゴで国民および世界にさらなる災厄を広げかねない行動は許せるものではない。彼に2.5人称の視点がない。経済を回すことと自分の感染を過小評価することは違う。彼は感染源にならないよう注意してCDC指針の20日間人との接触を避けることを目盛るべきだった。大統領ともなれば病室を仮の執務室にすることもだ来ただろう。

 いや、ほんっと予想通りの行動には天晴というしかない(誉めてはいない)。

 NO MORE HROES ANYMOER.
 クソみたいなヒーローなんか要らない。

| | コメント (0)

2020年10月10日 (土)

近況報告です。

 ずいぶんとご無沙汰してしまいました。

 書くべきネタは山のように転がっているのに、何も書く気がしないのです。政権がどんなにひどくても、以前のように怒りを文章にする気力がありません。そう、COVID-19のために。

 まずは10年がかりで書き続けていたウイルスパニック小説が書ける状態ではなくなりました。圧倒的な現実の前に、わたしのちっぽけな脳で考えた話は粉みじんになったような気がしました。父の容体も悪くなる一方なのですが、病院の感染症対策のために会うこともままなりません。

 そして、とどめ”Coup de grace”を喰らいました。

 5月3日、私のアイデンティティに等しいバンド、ストラングラーズの唯一無二であるキーボード奏者、ディヴ・グリーンフィールドをCOVID-19が、新型サーズウイルスが、奪ってしまったのです。思えば去年11月3日に来日公演があったのですが、それから半年しか寿命がなかったのでした。パンデミックさえなければ失われなかった命だったと思います。悔しくて悔しくてたまりません。

 正直、私もCOVIDの流行り始めは風邪みたいなものと高をくくっていました。しかし、状況はどんどん悪化していき、私は自分の認識の甘さを思い知らされました。もし、新型コロナウイルスではなく新型サーズウイルスと呼称されていれば、世界の受け止め方も違ったのではないかと思います。WHOが中国に過度に忖度した結果ではないかと思っています。

 そういう状況で、本来ならこのCOVID-19についてこのブログでも事細かに記録すべきだったのですが、全く手が付けられない状態なのです。

 しかし、機会があれば、このパンデミックについて書きたいと思っています。

 ****************************

 ディヴ・グリーンフィールド追悼写真集を作っています。よかったら見てやってください。

 

| | コメント (1)

2020年3月15日 (日)

COVID-19とPCR検査について

 専門家ではないのでこういう時に門外漢が口出しするべきではないけど、これだけは書かせてほしい。

 COVID-19(新型コロナウイルス感染症)について、ネットは今大まかに、PCR検査を大勢に「すべき派(する派)」と「すべきではない派(しない派)」に分かれている。私は「しない派」だ。理由は後述もするが、一般的に言われているように医療崩壊を起こしかねないからである。

 だが、腹立たしいことに「しない派」に対してネトウヨあるいは安倍信者のレッテルを貼る人たちが結構いる。

 ふざけるな。

 私は安倍総理も安倍政権も大嫌いだ。今回のウイルス禍が去った後、自分の手柄のようにふるまうとか考えただけで、もう腸が煮えくり返りそうになる。うちは一家でシンゾー嫌いなのだ。

 しかし、今はCOVID-19をなんとか収めて日常に戻ることが最優先だ。

 私は老親を抱えそのうち父は長期入院している。母も入退院を繰り返している。それから犬を一匹と保護した猫を12匹飼っている。もし、このままの状態が続いて、あるいはデマで犬猫のごはんやトイレの砂が入手困難なったらどうしよう。

 オリンピックだってどうでもよい、私は。誘致自体反対だった。だけど、それがなくなったら困窮する人たちが大勢でてくる。今でさえ経済が信じられないくらい落ち込んでいるのだ。なので、延期しても中止はしてほしくない。もうこのままでは感染死よりもはるか多くの死人が出るだろう。安倍一派が無能でも、ウイルス対策で頑張っている人たちはきっと有能だと思う。そして彼らは思わぬそしりを受けながら頑張っている。傍からは何とでも批判できる。

 さて、PCR検査の多用で医療崩壊しかねないという理由は、SNSでも皆が腐るほど言っていることだが、今は体制や人材が検査数に追いつかないということだ。

 積極的検査で大量に陽性者が出ると入院患者がどんどん増える。軽症者は自宅療養することになったとしても、大人しく従わない人が何割か出ることは想像に難くない。マスクや消毒薬さらにトイレットペーパー等の買い占めなど他の人のことは微塵も考えない人たちが一定数いるのは間違いないのだ。

 医者や看護師、ベッドの数、そして薬や医療用品、医療従事者を守る防護服やマスクや手袋。すべて有限だ。

 平時でさえ病院特に大病院は人手が足りない。本当にブラックな職場だと思う。家族が入院している人は特に実感していると思う。特に看護師さんたちは重労働だ。それを笑顔を絶やさずにやってくれる。いつも頭が下がる思いだ。

 そういう手一杯の状態で、さらに絨毯式PCR検査で陽性と判明した大勢の人が病院に殺到したらどうなるか想像してみるとよい。通常業務への支障どころか現在入院している、あるいは入院を必要としている人たちの命にかかわってくるのは目に見えている。

 今はCOVID-19の脅威ばかりが強調されているが、多くの人にとってはまだテレビニュースやワイドショーネタの範疇だろう。身近に感染者が出たとかましてやCOVID-19に罹って亡くなったとかいう人より、身内がガン等の病気や事故で入院あるいは死亡したという人の方がずっと多いと思う。

 このウイルス禍を抜け出し出来るだけ早く日常を取り戻さねばならない。なので、それまでは一に手洗い二に手洗い、とにかく手を洗って咳エチケットを守って乗り切っていくしかないと思う。

 いずれは2009年の新型インフルエンザのように、珍しい病気ではなくなっていくと思う。肺炎球菌や従来のコロナウイルスと同じ扱いになっていくだろう。そう願いたい。 

| | コメント (0)

«令和2年(AD2020) 新年のご挨拶